初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇・皇后両陛下、欧州からご帰国 ほか グローバルインテリジェンス

  • 2007/05/31(木) 22:20:37

◆天皇・皇后両陛下、欧州からご帰国 

欧州五カ国を訪問された天皇・皇后両陛下は昨日、政府専用機で帰国された。

両陛下は今回はじめて、エストニア・ラトビア・リトアニアのバルト三国をご訪問なさった。

バルト三国は、東のロシア、西のドイツという大国に挟まれ翻弄されてきた歴史を持つ。そのバルト三国も今やソビエト左翼独裁政権から独立し、民主国家として着実に前進している。

「天皇皇后両陛下の外交力は百人の外交官にも勝る」とは良く言われることだが、今回の両陛下のご訪問は、自由と民主主義の価値観を共有する日本とバルト三国の友好を深める上で、非常に意義深いものになったのではないかと確信する。

バルト三国歴訪のハイライトの一つが”杉原千畝・記念碑”ご訪問だった。

杉原千畝氏は皆様もご存知の通り、ナチスから迫害を受けていたユダヤ人などおよそ6000人に、生命の危機から脱出するためのビザを発給し続けたリトアニア第二の都市カウナス駐箚(ちゅうさつ)の日本外交官であった。

杉原氏が助けたユダヤ人のなかには、のちに”先物の父”と呼ばれることになる、シカゴ・マーカンタイル取引所名誉会長レオ・メラメド氏もいた。

これは私見だが、将来の一万円札の肖像には杉原千畝氏がふさわしいのではないか。 一万円札の裏の絵は当然、カウナス駅に停車中の列車の窓から、殺到するユダヤの人々に”命のビザ”を発給し続ける杉原氏。

いまだに戦前の日本とナチスを同一視する人が沢山いる。
キッシンジャー氏のようにどういうわけか、反日指向のユダヤ人も少なくない。

この一万円札が世界で流通することによって、日本へのそうした偏見も少しはやわらぐのではないだろうか。ただ反イスラエルの人達は嫌な顔をしそうだが。

関連記事・天皇皇后両陛下の東南アジアご訪問と日本の”孤立”


◆血も涙も無い民主党、松岡氏密葬への首相参列許さず

今まで民主党・小沢党首が、地方回りを理由に党首討論からさんざん逃げ続けてきたのに、松岡氏の密葬当日にいきなり党首討論を挑んで、安倍首相の葬儀参列を阻止するとは、血も涙も無いのか民主党!

こんなときぐらい権力闘争を棚上げして、たとえ政敵であったとしても故人の冥福を祈ることができないのか。

「地方回り」で党首討論をすっぽかすことは許されて、松岡氏の密葬に参列するために党首討論を延期することは許されないというのか。

民主党のあまりの非人道的態度、アンフェアーさには呆れ果てた。

「人権の尊重」とか「格差の是正」とか、うわべではきれいごとを並べても、
「自分の主張と違う者=ゴミ右翼は死ね」と言って人権と表現の自由を無視し、「フリーターのような低学歴・低所得者の言うこと・支持することは考えるまでも無く間違っている」といったような、全くの差別によるレッテル貼りをするのは、たいてい民主党のような左翼政党の支持者の方である。

左翼が自分の主張と違う者を批判するとき、論理的な批判よりも、下品な差別語・罵倒語・レッテル貼りを多用する傾向にあるのは、良く知られている。

左翼が政権を取るとしばしば、自分の主張と違う者の口を暴力でふさぎ、それでも言うことを聞かないと殺してしまう、左翼がブログを開設するとコメント欄を閉じて反論を許さないのは、まったく同じ行動原理によるものだと思う。

ともかく、左翼勢力のアンフェアーさには我慢ならない。

関連記事・”嫌韓派”を解剖する(その2)

関連記事・”左翼”を解剖する(その2

関連記事・ゴミ溜めと便所の落書き


◆台湾の李登輝・前総統来日 

台湾の李登輝・前総統が曽文恵夫人らとともに来日、長年の念願だった”奥の細道”をたどる旅をスタートさせた。ご兄弟が祭られている靖国神社を参拝する意向も表明されている。

李登輝さん、曽文恵さん、ぜひ日本旅行を楽しんで下さい。心から歓迎いたします。

ところで、例によって例のごとく中国政府がつべこべ言ってきているが、中国が抗議する必要は全くないし、中国政府は、相互に内政干渉の禁止を約束した日中共同声明の原則を遵守しなければならない。


banner_04.jpg

↑あなたのワン・クリックで管理人に少しだけパワーを分けてください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

杉原さん日本の誇りですね。
ナチスと日本は、もちろんちがいますが少しにている面も?

ドイツは民主主義国家でした。
賠償金・通貨暴落とか問題抱えていました。
世界大恐慌で政府が倒れました。
選挙民はこぞって共産主義者・国家社会主義者に投票しました。左右両方に大きく分かれました。
国家主義のほうが勝ちました。(どっち勝っても独裁ですよね)
1933年ヒットラー首相登場です。
1933年1月基本法無効
 3月共産党員はすでに逮捕
社会民主党の反対押し切り全権委任法可決
これにより国会無力化・全権が首相に。
数々の憲法規定無効とされました。

労働組合・社会民主党を禁止
市民政党解散

社会民主主義の抵抗
共産主義者の抵抗
教会関係者の抵抗
やがて
保守派
軍人の間に抵抗勢力

  • 投稿者: あゆ
  • 2007/06/02(土) 20:29:09
  • [編集]

あゆ さん

もちろん、日本とナチス・ドイツは全体主義という共通点がありました。

私が言いたかったことは、戦前の日本がある民族の絶滅を狙ったようなことは無いということです。

しかし、日本が朝鮮・中国人の絶滅を狙ったかのように言う人が外国にはいます。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/06/04(月) 21:05:19
  • [編集]

それは誤解ですよね。
ナチスはユダヤ人以外に多くの弱者・マイノリティの人を殺害・断種してますよね。

日本統治時代は植民地という批判のみかたによってはありますよね。いろんな見方できるんで。
でも少なくとも絶滅はないはず。
鉄道はともかく、現地の人の学校は絶滅さすのに作るとは合理的に考えにくいですよね。
韓国の方の研究で、日本植民地時代に近代的な学校作られ、子供達は行きたがったとあります。
 
日本人では説得力が不足ですが、(自国に有利だからととられるので)韓国側なんで、信用されやすいじゃないかと。

中国人絶滅は物理的に不可能ですね。

  • 投稿者: あゆ
  • 2007/06/04(月) 21:51:20
  • [編集]

脱線しますが、左右両方に相手の話聞いてくれる人はいます。
クロフネさん嫌な思いされたんでしょうが、左側の人みんなを非難控えめだといいかなぁ~て・・。

確かに相手がなんでも悪いとコメントする方はいるでしょうけど。

過激になって二極化していくのが怖いんです。

反対グループを崩壊でなく、いいライバルで、相手のいい点を取り入れあえるようになれたらなあて。
理想論ですよね・・。


先日のニューディールですが、問題はあるんですが、考えそのものが全部まちがってるわけではないような気がします。

クロフネさんのコメント「兵隊に兵糧やらない」でした?
 世界大恐慌で、労働者・貧困層は危機的でしたから、兵糧あたえるような政策が必要になったのかなあと。

いい経営者ならいいんですけど、そうでない所は介入しないと、追い詰められる人がどんどんでてきそうだったのではと思いました。

以前は自由放任主義で、国家が個人・法人とかに介入するのはいやがられたそうです。



簡単にいうと右手と左手でしょうか。両手ないと不便でしょ。御互いちがう特性があり、左手のほうがやりやすい時・右手のほうがやりやすい時ありますよね。

  • 投稿者: あゆ
  • 2007/06/04(月) 22:10:54
  • [編集]

あゆ さん

>日本人では説得力が不足ですが、(自国に有利だからととられるので)韓国側なんで、信用されやすいじゃないかと。

残念ながら韓国では多くの場合、そういう主張をする人は「親日派=売国奴」というレッテルを貼られて社会的地位を剥奪されてしまいます。

一旦そうなってしまうと、その人の主張が正しいか間違っているか、科学的に検討されることはまずありません。

>クロフネさん嫌な思いされたんでしょうが、左側の人みんなを非難控えめだといいかなぁ~て・・。

おっしゃりたいことはわからないでもありませんが、

まず、自分の感情から左側の悪口を言っているわけではありません。

間違っていると思ったことについて、根拠をあげて論理的に批判しただけです。

その区別はつけて欲しいです。

あと、左翼の人達の言うことが全て間違っていると主張したことも一度もありません。

左翼思想が生み出した福祉という考え方は支持しています。

それは、

>◆ベネズエラの民主主義が瀕死状態

http://gaikoanzenhosyo.blog4.fc2.com/blog-entry-502.html

で、

>「格差反対! 競争反対! みんなで仲良くいっせいのせで同時にゴールしましょう!」みたいな左翼的思想は、私自身気味が悪くて仕方が無いのだが、かといって私が「100%なすに任せよ」の完全な自由主義経済を支持しないのもそういう理由からだ。

と書いた通りです。

また、左翼側の人のコメントを「自分の考えと違うから頭きた」という感情的理由で削除したこともありません。

話はこれまで十分聞いてきたつもりです。

”左翼を解剖する”の記事で、「たとえ自分が左翼思想に反対でも、他人がそれを主張する権利は認める」と書いております。

私は左翼の絶滅なんて狙っていません。

もしそうなったら、私の主張の優秀さが全く目立たなくなってしまいますから(笑)

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/06/05(火) 23:37:29
  • [編集]

もちろん感情論でないのはわかっています。
クロフネさんはうちが選んだ人だもの。


相手側敵視してる方が、中にはおられてそれが不安ということなんです。
レッテルはられ二極対立すると、過激なほうが目立つそうなので・・。

韓国の件も悪い事だけでなく、いいことも両方伝わればと思いました。第三の外国のマスコミが報道してくれるといいんですけど・・。

 

  • 投稿者: あゆ
  • 2007/06/06(水) 21:34:22
  • [編集]

あゆさん

>相手側敵視してる方が、中にはおられてそれが不安ということなんです。
レッテルはられ二極対立すると、過激なほうが目立つそうなので・・。

まあ、いろいろな人がいますから。

日本国民の良識に期待しましょう。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/06/06(水) 23:30:11
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。