初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外貨準備が増えると日本の借金も増えるというナゾ

  • 2007/05/26(土) 01:12:20

 日本が2004年3月いらい、外為市場へ介入していないにもかかわらず、外貨準備が増え続けている。

なぜ増加したかと言えば、外貨で運用している債券や預金から得られる利息収入があるからである。

最後にドル買い介入を行った04年3月からの三年間で、円に換算して10兆7700億円増加したという。

参考記事 

 このこと自体は大変結構なことなのであるが、外貨準備の増加と比例して国の”借金”も増えてしまったという。

どういうことかというと、政府が外為市場でドル買い介入する場合、外国為替資金証券(いわゆる為券<ためけん>)を発行して円で介入資金を調達し、それでドルを買う。

政府はそのドルでアメリカ国債などを買って運用するので、外貨準備が増えれば、為券のような政府短期証券(FB)もそれだけ増える。

複式簿記で考えれば、政府の資産項目に外貨準備(外国債券など)があり、負債項目にはそれに対応する額のFBがあるということである。だから外貨買い介入のために発行されたFBは、純粋な国の借金とは言えない。

しかも日本よりアメリカの方が金利がだいぶ高いので、FBの金利を円で払っても、高利回りのドル建て債券などから得られる金利収入で、充分おつりが来る。

(三ヶ月もの政府短期証券の金利が0.5%前後、二年ものアメリカ財務省証券が4.8%前後)

ところが、”財政法”では国の歳入と歳出を日本円の現金で計上することを定めているので、外貨準備を使って外債などに投資して得た利息収入を外貨のままで計上できないことになっており、外貨で得た金利収入で円を買うと外為市場に影響を与えてしまうのでそれも避け、結局、利息で増えた分の外貨に見合う額のFBを発行して円を調達し、それによって歳入を計上している。

だからドル買い介入せずとも外貨準備が増えると、国の”借金”も増えてしまうというのである。

日本の外貨準備高が4月末で9156億2300万ドルで、為券残高が100兆円にせまりそうだと言っているので、為券残高と外貨準備がほぼ対応していることがわかる。これについては以前のエントリーで触れた。

さらに、この3年間で為券残高が約10兆1000億円増えているのに対し、外貨準備も同様に、1ドル=121円換算で10兆7700億円増えている。

 ここで問題なのは、外貨準備から得た外貨の金利収入を、FBを発行して円に換えて特別会計に計上しなきゃいけないという”財政法”が定めたシステムである。

私はこのような非合理的な決まりがあるとは全く知らなかった。あるはずが無いと思っていた。現役の財務官僚なら当然知っているのだろうが、今までおかしいとは思わなかったのだろうか。

財務省にとって”前例”は神聖不可侵の領域なのだろうか?

たとえば、外貨で得た金利収入を外為市場が円安に振れている時に、少しづつ円にかえれば、わざわざFBを発行して国の”借金”を増やさずとも済む。 (ドル・ユーロに対し円が非常に安くなっている今がちょうどチャンス)

別に国債を発行しなくても良いのに、財務省はわざわざ国債を発行しているように思えて仕方がない。

これで「国債発行残高がウン百兆円になった! 消費税を15%いや20%にあげなきゃ財政破綻だ! 将来の福祉財源がぜんぜん足りない!」というのは、消費税率を初めからあげたくて仕方ない連中の陰謀なのではないかと疑われても当然ではないだろうか。

外貨準備を3年間運用した金利収入がおよそ10兆円あったのだから、外貨準備から得られた金利収入を少しづつ円転し、将来のために福祉財源基金をつくって外為特別会計からそこにプールしておけば、もしかしたら消費税率をアップして福祉目的の財源なんかにしなくても済むのではないか。

しかも、しばらくは日本と欧米の大きな金利格差は縮まらないだろう。

少子高齢化でこれからいくら財源が不足するのか正確な数字は知らないが、平成17年度の社会保障歳出が20兆円強だから、もし10兆円の基金をつくってプールしておけば足りそうな気もするのだが。

あるいは外貨準備の運用益を円転し、それで財務省が国債を買うなり新規国債の発行高を抑えるなりすれば、国の借金も減るだろう。

なぜそうしないのか。

本当に財政が厳しい、将来の福祉財源が出ないというのなら、消費税アップもやむを得ないと思うが、国民の知らないところで、非合理的なルールの存在を知ってか知らずか、財務省がわざわざ発行しなくとも良い国債を発行し、国のみかけの借金残高を増やし続けるのであれば、消費税率を上げなくてはいけないという財務省の主張の根拠がゆらぐ。

消費税は国民から漏れなく取りやすいから税率をアップすると言いたいのだとしたら、国民をナメているとしか思えない。

しかも消費税は逆累進性があるので、収入の安定した”勝ち組”の高級官僚より、庶民の方が負担が重くなる。

ここまで財政状態が悪化したのは、財務省や日銀の政策の結果である。
それを高級官僚ではなく庶民の負担で尻拭いしろということなのか。

国民はもっと怒ったほうが良い。

 ついでに、消費税率アップと法人税減税を主張する財界について言っておきたいが、結局日本で儲かっている人って誰だろうか?

ビル・ゲイツみたいなケタ違いの億万長者は案外少ないから、世界的に見て日本企業の経営陣がそんなに儲かっているとは思えない。

日本企業株の時価総額は、世界的に見てもその資産価値に比べても低いから、配当を出しているとは言えない。だから株主が儲かっているとも思えない。

バブル崩壊以後、正社員を切ってパートタイマーを雇用して人件費を削ってきたから、労働者が儲かっているとも思えない。

消去法でいくと、本当に儲かっているのは法人という”人”、つまり人間ではなくて会社そのものではないのか?

以前から日本企業は内部留保が多いと言われているのは良く知られている。

財界は「国際競争力アップのために法人税減税を」とも主張しているが、日本企業は国内の雇用を減らしてでも、生産拠点を人件費の安い外国に移しており、さらに内部留保があってもなお法人税減税・消費税率アップを訴えるというのは、社会に甘えすぎではないだろうか。

法人という非人間にそんなに儲けさせる、経営者の目的というのはいったい何なのだろうか。

日本型リーダーの悪しき伝統は、兵隊への補給をケチることである。あるいは補給そのものを全く考えないということである。

企業にとっての兵隊とは、実際に現場で働いている人達だ。

それに、たとえ法人税が多少高くても、治安の良さなど日本に会社を置いておくメリットはあると思う。

欧米ではテロの危険が増大しているし、ロシアや中国は独裁政権の気分しだいで、資産を身包みはがされかねない。

財界が自分達さえ良ければという論理で、法人税減税・消費税率アップを訴えるのであれば、日本全体が衰退することで自分達の首もしめることになると思う。

「日本社会に会社を置いて儲けさせてもらっているのだから、日本社会にいくらか恩返ししたい」というノブレス・オブリージュの精神を持った財界人というのは、もういないのだろうか。

banner_04.jpg

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます。

関連記事・7600億円のゆくえと国の借金(その2)

関連記事・7600億円のゆくえと国の借金(最終回)

関連記事・格差社会と税制改革(最終回)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

はじめまして、楽しく拝見させていただきました。
またちょくちょく拝見させていただきます。応援ぽちっ

  • 投稿者: memaido
  • 2007/05/26(土) 01:16:52
  • [編集]

本日も楽しく拝見させてもらいました。
またこさせていただきます。

  • 投稿者: memaido
  • 2007/05/26(土) 01:27:40
  • [編集]

すみません。素人には難しくてわかりません。
 つまり、何とか法で、為替で損してるてことですか?

「日本型リーダーの悪しき伝統は、兵隊への補給をケチることである。あるいは補給そのものを全く考えないということである。 」
そういえば、国際競争力を強調した経営者と、一律賃上げした組合がありましたね。

なんかうまくやって、費用うかせて、一律はむちゃでも、賃上げある程度したげたらいいかなあて、どうでしょう?
  うちなら時給あがったら何か欲しいもの買うもの。そうしたら会社も売上あがるし。


  • 投稿者: あゆ
  • 2007/05/26(土) 11:25:39
  • [編集]

memaidoさん

応援ありがとうございます。


あゆさん

>すみません。素人には難しくてわかりません。つまり、何とか法で、為替で損してるてことですか?

儲かったドルをそのまま円に換えれば良いのに、換えずにとっておいて、それと同価値の円を借金しているということです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/05/26(土) 23:47:40
  • [編集]

感銘いたしました

クロフネさまは少なくとも二つ、とても大事なことでなおかつ皆が問題にしていないことを教えて下さいました。外貨収入を円での現金換算でなく国債として計上する。。明治の日本じゃないんですから、それが庶民にかかってくるのは速やかに直すべきです。自民党部会にでもぜひ教えてやってください。二つ目:法人をまもる。。これは日本人の性でしょう。栗田艦隊ですよ(泣)。

  • 投稿者: 人生の厄介息子
  • 2007/05/27(日) 00:04:45
  • [編集]

人生の厄介息子さん

>明治の日本じゃないんですから、それが庶民にかかってくるのは速やかに直すべきです。

他にも、国民の知らないところで財務省が国の借金を増やしていく仕掛けがあるんじゃないかと疑心暗鬼になります。

国民はもっともっと怒るべきです。

>二つ目:法人をまもる。。これは日本人の性でしょう。栗田艦隊ですよ(泣)。

やはり日本人の性でしょうか。「組織が一番大事」になってしまうのは(苦笑)

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/05/28(月) 22:28:58
  • [編集]

日銀が

この経済状況でも金利を上げないのはその為なんでしょうか?
しかし円転してないから運用益はあがってない・・
円転させてもらえない理由があるのか?
ドル崩壊した際には元も子も無くなってしまいそうですが・・
僕の頭では理解不能です。
またお時間ある時に考えなどを教えて頂けると幸いです。
失礼します。

  • 投稿者: 社長
  • 2008/02/04(月) 00:01:20
  • [編集]

消費税は、なくしたほうがよい

 日本の経済司令塔は、二つの誤りを犯しています。一つは、累進課税緩和、もう一つは、法人税下げ。
 日本人は金持ちに限らず、「驕れる平家、久しからず」で生きていますから、余裕の出来た金持ちは、消費せず預金します。現在の銀行には、融資が少ないので、国債を買ってしまいます。政府も、財政再建路線をとっていますから、その金を支出せず、借り換えに遣います。かくして、死に金となり、世間を流通しません。デフレ要因となります。
 法人税が高いと、海外へ逃げてしまうと脅されて、下げたことになっていますが、企業が負担に思っているのは、実は、社会保険の企業側負担です。法人税は、もともと払っていない会社のほうが圧倒的に多いのです。
 累進課税緩和と法人税下げをやったので、取れるところから取っていませんから、当然、財政に欠損を作ったのです。
 輸出企業の場合、消費税の戻し分がありますから、消費税が高いほど利益が大きくなります。トヨタの場合、1000億円以上あります。
 消費税を値上げしようという動きには、自らの利益に基づいていることが多いものです。

  • 投稿者: はかたのさとう
  • 2008/02/04(月) 10:06:49
  • [編集]

社長さん

>円転させてもらえない理由があるのか?

財務官僚が前例主義に陥っているか、異常に円高を怖がっているかのどちらかではないでしょうか。

金利政策についてはわかりませんが...
FRBやECBの顔色ばかり窺っているのか、はてさて。


はかたのさとう さん

>消費税を値上げしようという動きには、自らの利益に基づいていることが多いものです。

いやはや、鋭いご指摘だと思います。

>余裕の出来た金持ちは、消費せず預金します。

「金持ちほど多く消費するから消費税は公平な税」などとぬかす学者の机上の空論はたくさんです。

ガソリン税の暫定税率を廃止するなら、消費税を撤廃or減税する方がよっぽど良いと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/02/05(火) 01:09:42
  • [編集]

『 六亜米蜜の教え 』 これを守れば日本国は必ず救われる

1 布施 亜米利加の為に国債を購入し血税を捧げる
2 持戒 亜米利加の為に作られた憲法を有難く守り続ける
3 忍辱 亜米利加の為に税金を払って基地を借与し使用してもらう
4 精進 亜米利加の為に国益を損ねても構造改革を推し進め貧富の格差を広げる
5 禅定 亜米利加の為に先人たちを裏切ってもあらゆる決議に従属する
6 智慧 亜米利加の為に年次改革要望書を金科玉条のように盲信する

  • 投稿者: fukuro
  • 2008/02/06(水) 23:18:12
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。