初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓タンの夢

  • 2007/05/22(火) 00:20:25

 今月17日、北朝鮮と韓国は共同で、黄海側の京義線と日本海側の東海線において南北直通列車の試運転を行った。列車は南北それぞれが用意し、双方から選ばれた150人ほどの客を乗せて、軍事境界線を通過した。

韓国のノムヒョン政権は、南北直通列車の歴史的意義を強調している。

単に韓国がおしすすめる北朝鮮への”包容政策”が新たな段階へと達しただけでなく、ロシアのシベリア鉄道との連結実現へ向けて、大きな一歩を踏み出したものと意義付けられている。

李庸燮・建設交通部長官も「早ければ今年下半期(7~12月)にも南北鉄道の開通が可能」「朝鮮半島からヨーロッパまでの鉄道がつながれば、韓国は太平洋と連結する物流拠点として大きく飛躍できる」と鼻息が荒い。

参考記事 

南北朝鮮とロシアの鉄道会社トップも具体的に動き出している。

参考記事 
 
 ノムヒョンは以前から、「南北朝鮮の鉄道を連結してさらにはシベリア鉄道へとつなげ、釜山から欧州までの鉄道路線を開通させ、韓国を東北アジアの物流ハブにする」という国家戦略構想をブチ上げていた。

その狙いはいくつかある。 

・まず南北間の鉄道連結によって、対北宥和政策を目に見える形で前進させることで韓民族ナショナリズムに訴え、韓国民の支持を取りつける。これによって左派出身の大統領が次の政権を担うことをもくろむ。

・北朝鮮の鉄道インフラは、大日本帝国が建設した当時からほとんど投資が行われておらず、ほとんどの路線で最高時速を40km以下に制限せざるを得なくなっている。近代化整備にも天文学的数字の資金が必要である。

それが韓国にとって重い負担となるのは目に見えており、日本など周辺国の南北直通鉄道への投資とそれが実現した時の運賃収入・通過料によって、北朝鮮の鉄道近代化に必要な資金をまかなう。

・韓国のシーレーンは、ノムヒョンが仮想敵と考えている日本と中国の海軍にがっちりと押さえられている。これは地政学的にみて致命的な弱点である。

南北直通鉄道がシベリア鉄道と連結されれば、そのような包囲網を突破する道ができるし、日本・中国と欧州の間を行き来する物資が、朝鮮半島を経由して欧州へと運ばれるようになれば、逆に日本のライフラインを自分達が握れる。

少なくともノムヒョン政権の狙いはこうだろう。

 それでは「南北直通鉄道によって韓国が東北アジアの物流ハブになる」という話の現実味はどうか。

まずシベリア鉄道と自国の鉄道が直接連結している中国やモンゴルは、自国を発着する貨物列車をわざわざ遠回りさせて半島を経由させる必要が無い。

韓国発着の物資だけでは輸送量が限られてしまうので、物流ハブの実現のためには日本が最後の頼みとなる。

そうした思惑から、「日韓海底トンネルを実現させ、日韓の鉄道をつなげよう!」という声が韓国側から上がるのだろう。

http://www.chosunonline.com/article/
20070511000034
 
http://japanese.joins.com/article/
article.php?aid=83415&servcode=200§code=200

既に韓国鉄道公社が先んじて動いており、JR貨物と共同で日韓間の鉄道貨物を一貫輸送する”日韓レール・シー・レールサービス”をスタートさせている。

参考記事 


 だが、日本を含むアジアと欧州間の物流シェアは、95%以上が大型コンテナ船などを利用した海運によって占められている。シベリア鉄道経由と比べて何といっても運賃が安く、輸送日数も計算できるからである。

シベリア鉄道を経由させて欧州へモノを運ぶ場合、何カ国もの国境を通過しなければならないため、コストと時間が無駄にかかり、正確な輸送日数も計算できない。

日本と南北朝鮮、南北朝鮮・中国とロシア、ロシア・ベラルーシとポーランドの間で線路の幅が違うため、荷物をのせかえるか貨車の車輪を交換しなければならず、余計にコストと時間が無駄になる。

さらに、北朝鮮・中国・ロシアといった低信頼社会の国々を貨車が通過するとき、荷物の盗難や破損が非常に心配である。

さらにさらに、北朝鮮では将軍様の特別列車が通る時、すべての列車が強制的に停止させられてダイヤはマヒ状態になってしまうし、釜山-元山-ロシアを結ぶ路線の沿線には、核実験場のある咸鏡北道・吉州郡豊渓里やミサイル実験場の舞水端里があり、とても物流ルートとして適しているとは思えない。

偏狭なナショナリズムに沸き返るロシアの機嫌をちょっとでも損ねると、シベリア鉄道をストップさせられるという心配もある。

 以上のことを考慮すれば、日欧間の物資輸送は安くて安心な海上輸送が一番適しているのは明白だ。

近年の地球温暖化の影響で、アジア-欧州間の海運に今まで考えられなかったような新しい展開が発生することも予想される。

もし温暖化によって北極海の永久氷が縮小すれば、北極海航路を安定的に利用できる可能性が出てくるからであり、そうなると、マラッカ海峡からインド洋・スエズ運河を経由するより、アジア-欧州航路の距離と所要時間を大幅に短縮できるようになる。

海洋国家である日本は神から様々なチャンスを与えられていると言えよう。

どうしてもシベリア鉄道を利用して日本から貨物を運ばなければならないというのであれば、日本の港から船で直接ロシア極東の港へと荷物を運び、そこからシベリア鉄道を利用すれば良いわけで、何もわざわざ線路の幅が違っていて遠回りな半島を経由する必然性は無い。

 韓国・ノムヒョン政権がブチ上げた、一見派手でロマンあふれる国家戦略も、現時点では儚い(はかない)夢でしかない。

海洋国家・シーパワーの日本は、「大陸へのロマン」に惑わされることなく冷静に状況を判断し、深入りを避けた方が賢明だ。

日韓トンネルの実現には、一説に12兆円以上の巨費がかかると言われるが、そんな余裕は韓国側に無い。

もしこれを日本側の資金で行うならば、「平成の三大バカ査定」の汚名は免れないだろう。


----------------------------------------

”アジア・ゲートウェイ戦略会議と航空自由化”でも述べたけれど、航空業界のみならず日本の海運関係者も日本の地政学的優位性をまったく生かせていないと思う。

地図でアメリカ西海岸から出発して、アジアで一番最初にぶつかる先進工業国はどこか?

ヨーロッパから出発して北極海・ベーリング海峡を経由して、アジアで一番最初にぶつかる先進工業国はどこか?

それは日本である。

だから南北アメリカ大陸とアジアとの海上輸送を考えた場合、ハブを設けるのに一番適しているのは本来日本なのである。

大型コンテナ船を日本に集め、そこから中国・台湾・韓国などに貨物を振り分けた方が、効率が良い。

ところが現在、アジアの海運ハブは香港・シンガポール・高雄・釜山である。
日本を発着する貨物は余計に時間がかかっているのではないか。

 私だったら鹿児島の志布志湾か種子島あたりにコンテナ港特区をつくり、フィリピンなど東南アジアの安い労働力を誘致して、アジア-アメリカ間・アジア-オーストラリア間(北極海航路が実現するならアジア-欧州間も)の物流ハブに育てることを考える。

香港や珠江デルタなど華南地方や東南アジアと南北アメリカとの物流ハブとして沖縄に同じようなものをつくるのもいいかもしれない。

政治家・官僚・経営者等、日本の指導者層には地政学的発想とその知識が欠けているように思う。


banner_04.jpg

↑日韓トンネルに反対という方はポチッとお願いします。

関連記事・韓国、大陸横断鉄道のトンネルを抜けるとそこは上海協力機構だった!

関連記事・海洋は21世紀日本のフロンティア

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北朝鮮と「中国・ロシア」、韓国との鉄道連結についての話・・・若干の最新情報も

 去る8月8日に韓国・北朝鮮両国が、来る8月28日から30日までの3日間、北朝鮮

  • From: 音楽とのりものと・・・ |
  • 2007/08/18(土) 00:31:20

この記事に対するコメント

海洋大国 日本

拝啓、日本を小国と卑下する輩が居ますが海洋大国だと思っております。        治安が悪いと言っても現金を郵便で送れます、荷物も途中で盗まれません。      凶悪犯も無傷で逮捕・保護します? 是は発砲した時点で射殺すれば良いと思うのですが。              閑話休題、私が欧州迄陸路行く若しくは荷物を送るなら ロシア沿海州迄空路で行きます。       日韓トンネルは絶対に反対です、万が一始まったら管理人さん一緒に埋めに行きましょう。
 さて、日本はやはり大陸に深入りするのは避けるべきです。 あのトヨタも採算は合っていませんし ユニクロもベトナムへと分散し始めました、ヤオハンの二の舞にならぬ様特ア4国とはドル・ユーロの現金決済のみに限定し 勿論偽札鑑定は厳重に。             以前と重複しますが日本本土と経済水域をきちんと守れる効率的な軍備を整えれば事態は一変します。  シナの軍事情報はロシアが勝手に教えてくれるでしょう、おそらく。         自分勝手な連中に振り回されずに 国是を鎖国とし 江戸時代の元禄みたいにミラクル・ピースを実現出来る稀有な国です 我らの日本は。  あまり税金払っていませんが 極貧ですから。          駄文長文乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/05/22(火) 03:26:19
  • [編集]

切実なんですよねぇ

こんにちは毎回興味深くかつ愉しんで読ませてもらってます。
最初に断言しておきますが私は半島と
大陸に対して敵意しかありません。


丁度トンネル着工の対岸側の某県に住んでいますが何箇所かにトンネル推進についての看板をたまに見かけます。数年前までは特に何も思わなかったのですが昨今の状況考えると正気を疑います。

ただでさえ博多の街の道路標識は日本語とハングルがスタンダードであり不安を隠せません。トンネルがあれば第二次朝鮮戦争勃発や平和的に統一がなされたとしても内戦はそれこそマクドナルドのバーガーセットに付いてくるポテトの様にもれなく付いてくるでしょうから避難民が押し寄せてくるのは必定でしょう。となれば発生するのは難民による社会不安はもはや約束されたも同然と考えるのは自然な事です。

他国を見ても難民受け入れによる社会不安の発生は常識ですしそれによる外交的な対立もありうるでしょう。
受け入れたら外交的な対立+難民による社会不安。受け入れなくてもても外交的な対立は免れません。それに仮に受け入れたとしても朝鮮人に対する感情悪化等で結局は日本から叩き出すでしょうから意味は無くなるでしょう。

私も大陸とは離れて付き合うべきだと考える側の人間です。
かつての日本の失敗は大陸と太平洋の二つの草鞋を同時に履いたことが大きいと思います。まぁ当時の白人優越主義の蔓延と利害が合わなかった事で欧米との対立が激化したことも含めますが・・・

少し話が逸れますが私は歴史が好きでしてそれが嵩じてWW2の兵器や戦史にはまっています。で気が付いたのですが各国の兵器はその国の技術的には勿論当然ながら地理的な縛りから出ていないのです。
簡単に言うと日本は航空機や艦船について語られるエピソードや技術について不足はありませんが戦車にはそれが少数です。
同じことはドイツは戦車と航空機やや落ちますが潜水艦。
ソ連は戦車と航空機(マニアックであり私も調べが進んでませんが)
例外なのが米英ですね。この両国は基本ベースが艦船・潜水艦・航空機なのですが技術提携等で一定水準以上の戦車を投入しています。
私も把握しきれていませんがこれらは技術水準・採用する戦術及び戦略・経済力・地理的環境・生命倫理等の多岐に渡る分野で経済力以下の分野での発想を技術で実現したのだろうと考えています。

それらを実現する力として国力とでも表現するとしてもそれを全く違う分野で発揮するにはそれ相応の国力を伴うのが当然でしょう。
翻って考えてみても当時の日本には不足していたのは明らかでもあります。
以上は駆け出しのミリオタの戯言と聞いてもらえれば結構です。

それに歴史的経緯ですね。シナの言葉で遠交近攻という物があります。端折って説明するならば隣国とは領土問題等で軋轢がある上に侵攻するのも容易であること。遠国はそうした軋轢は少ない上に利害一致を試み易い為同盟を持ちかけた方が得策であるとの事です。これはそのまま日本の現状にも当てはまります。日露戦争等はその好例とも言えるでしょう。

少々長くなりましたがこれで失礼します。

  • 投稿者: 住民ピエール
  • 2007/05/22(火) 09:00:02
  • [編集]

この鉄道は

この鉄道は日米と戦争になってシーレーンが封鎖されるのを防ぐためでは?
気休めにしかならないけどないよりもマシなのでは

  • 投稿者: TTT
  • 2007/05/22(火) 10:34:29
  • [編集]

朝鮮のインフラは日本が整備したそうですよね。それ以前は近代化してないし・・。
ろくにそれ以降してないから、今からでは大変でしょうね。
日本から鉄道でヨーロッパいけるようになったら素敵です。ゆめみたい。

でも今の現実ではできても怖くてのれないです・・。
いつまた拉致されるかわかんないもん・・。

  • 投稿者: あゆ
  • 2007/05/22(火) 11:35:45
  • [編集]

初めてコメントさせていただきますMacと申します。
いつもブログの更新を楽しみにしております。

さて、シベリアランドブリッジの話、懐かしく拝承しました。というのも、かつて仕事でウズベキスタンに設備を輸出したことがあったからです。もちろん、悪名高きシベリア鉄道経由で・・。

当時はウラジオストク港より貨車に載せ、列車にて遥かなるウズベキを目指す・・・というものでしたが、まさにクロフネさんが書かれている(QCDが全て最悪)通りの状態でした。
到着時、全体の10%程度に当る20~30の木箱が破損し、部品が紛失(盗難?)および破損していたため、サービスマンを派遣した上で、現地での修理に莫大な金と数週間の時間を要した、と記憶しております。
大変苦労したので、それ以来「シベリア鉄道」と聞くと体が拒否反応を起こすようになってしまいました(笑)
中央アジアのお客様はわりと珍しかったのですが、改めて物流品質の大切さを実感した案件でした。
このような経験があるので、今回の韓国の構想は・・、絵に描いたモチで終わる可能性が高いでしょうね。

ところで、私は現在物流に携わっておりますが、国際複合物流のプロでもクロフネさんのようにシベリア鉄道の問題点を明確に指摘できる人はなかなかいないです。また、「鹿児島あたりにハブを作って、海洋立国としての物流の拠点とする」というようなビジョンを持っている物流会社の経営者、国交省の役人さんや政治家が果たして存在するのか・・・。
改めてクロフネさんの慧眼に感心致しました。

乱文失礼致しました。

  • 投稿者: Mac
  • 2007/05/22(火) 15:11:54
  • [編集]

このコメントは管理人の承認待ちです。これはまずいですよ。
自分がブログを書いている以上はすべてを載せるべきだと思いますよ。
しかし貴殿の考えは支持します。
上位を目指してください。応援します。

  • 投稿者: 無尽
  • 2007/05/22(火) 20:51:51
  • [編集]

(^O^)風顛老人爺さん

>さて、日本はやはり大陸に深入りするのは避けるべきです。 あのトヨタも採算は合っていませんし ユニクロもベトナムへと分散し始めました、ヤオハンの二の舞にならぬ様特ア4国とはドル・ユーロの現金決済のみに限定し 勿論偽札鑑定は厳重に。

同感ですね。でもヤオハンのおじいさん、ま~だ日中両国のために働きたいなんて言ってますよ。 だから中国に身包みはがされたのでしょうが。


住民ピエール さん

>丁度トンネル着工の対岸側の某県に住んでいますが何箇所かにトンネル推進についての看板をたまに見かけます。

日韓双方でアヤシイ団体がうごめいていますよね。

>例外なのが米英ですね。この両国は基本ベースが艦船・潜水艦・航空機なのですが技術提携等で一定水準以上の戦車を投入しています。

アメリカは、海軍も陸軍もそれなりに強い、例外的な国ですね。

戦車を発明したのはイギリスですが、2次大戦のころにはすっかり落ちぶれてしまいましたね。”マチルダ”以外ボロボロで。 おかげでアメリカのM3・M4なんかを使わざるを得ず、屈辱的だったことでしょう。

日本だと、空冷ディーゼルエンジン搭載戦車を世界に先駆けて実戦投入したことぐらいでしょうか。火力・装甲が激弱でしたが...


TTT さん

>この鉄道は日米と戦争になってシーレーンが封鎖されるのを防ぐためでは?
気休めにしかならないけどないよりもマシなのでは

そういうことでしょう。


あゆ さん

>日本から鉄道でヨーロッパいけるようになったら素敵です。ゆめみたい。

モスクワまでたぶん一週間以上かかりますけど...


Macさん

>さて、シベリアランドブリッジの話、懐かしく拝承しました。というのも、かつて仕事でウズベキスタンに設備を輸出したことがあったからです。もちろん、悪名高きシベリア鉄道経由で・・。

>このような経験があるので、今回の韓国の構想は・・、絵に描いたモチで終わる可能性が高いでしょうね。


そうでしたか、貴重なお話ありがとうございます。 やはりその道のプロの方がおっしゃると重みが違います。

低信頼社会の人達が物流をやると、どうしてもそうなってしまう可能性が高いようですね。

>ところで、私は現在物流に携わっておりますが、国際複合物流のプロでもクロフネさんのようにシベリア鉄道の問題点を明確に指摘できる人はなかなかいないです。また、「鹿児島あたりにハブを作って、海洋立国としての物流の拠点とする」というようなビジョンを持っている物流会社の経営者、国交省の役人さんや政治家が果たして存在するのか・・・。

そうおっしゃって頂けると非常に嬉しいです。 

プロの視点から見て、没落した横浜・神戸にかわる、香港や高雄などと競争できるコンテナ港の育成など、海運王国・日本の復活は可能でしょうか。 

エバーグリーンとか韓進にやられっぱなしで、どうも日本の海運会社にやる気がみられないようなイメージがあるのですが...

もしよろしければご教示ください。


無尽さん

>このコメントは管理人の承認待ちです。これはまずいですよ。
自分がブログを書いている以上はすべてを載せるべきだと思いますよ。

何か勘違いなさっておられるようですが、たとえ批判されたからといっても、承認待ちとなっているコメントを削除したことはありません。

基本的に私が平日にブログの管理者画面にアクセスできるのは夜だけなので、それまでに頂いたアクセスはすべて保留状態となり「このコメントは管理人の承認待ちです」と表示されてしまうのです。

私が管理者画面にアクセスし、コメントの公開ボタンを押すと、公開されるというシステムになっています。

何でしたら、承認待ちとなっているコメント数と実際に公開されたコメント数をチェックしてみてください。

ただ、アダルトブログのリンクを貼ったコメント等は削除しています。(当ブログのグーグル・ヤフー等の検索順位を下げるための嫌がらせ)

アダルトブログの経営者はそっち関係の人が多いってことでしょうけれど。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/05/22(火) 22:41:58
  • [編集]

こんにちは 韓国の鉄道のニュースを聞いて 同じ事を考えていました
物を運ぶのに物は何処から 又、運んできた物は何処へを考えれば 市場から考え日本しかありえません
まして鉄道は国によりシステムが違い税関の仕組みも違います
何よりも国の主義主張の違いすぎる所を通過させるなどまともに運営できるとは思われません
やはり韓国の大統領の偉大なる妄想としか考えられません

  • 投稿者: 無名戦士
  • 2007/05/23(水) 12:03:11
  • [編集]

無名戦士さん

>まして鉄道は国によりシステムが違い税関の仕組みも違います

>やはり韓国の大統領の偉大なる妄想としか考えられません

やはり、「ロマンあふれる壮大な机上の空論」ですよね。

韓国のドラマや新興宗教の教祖の主張なんかと、深く通じるものがあるように思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/05/24(木) 00:14:31
  • [編集]

拝啓、ヤオハンのおじいさん・社長は懲りないですね。        昔、生長の家の合宿で私の父が一緒に酒を呑み 謙虚や腰の低い人だ、と。             側聞するに明らかになっているだけで いきなり家賃が20倍になった、と。
 阿片みたいに骨絡みになってしまうのかもしれません。               うーむ。    乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/05/24(木) 01:03:15
  • [編集]

すみません。脱線します。載せなくていいです。
ウィペディアでは、なんと独島と表記で竹島を併記してないんですって。

島でなくリアンクール岩に名称かえるかもとか。
http://en.wikipedia.org/wiki/Talk:Dokdo

  • 投稿者: あゆ
  • 2007/05/25(金) 17:41:02
  • [編集]

クロフネさん

コメントありがとうございました。
私は物流のプロといっても海運には詳しくありませんが、クロフネさんのコメントを見て興味をそそられちょっと調べてみました。すると驚くべきことがわかりました。
<世界のコンテナ扱い量ランキング2004年>(国交省HPより)
1.香港
2.シンガポール
3.上海
4.深セン
5.釜山

22.東京
27.横浜
35.神戸

日本の港が、トップ20にも入っていないとは・・。さびしい限りですね。
ちなみに国交省のHPには15位まで乗っているのですが、そのうちアジアの港は8港ありました。とにかく、日本は「海洋国家」の弊害でしょうか、港が多すぎ(笑)そのせいで貨物が分散されてしまうのだと思います。
上のデータはちょっと古いのですが、現在の1位は、新しい深水バースも作って今ノリノリの上海でしょう。中国はインフラ建設は国の主導なので、規模もスピードもすさまじい。この新しい上海(洋山)港も、それまでは海に面した果樹園ぐらいしかなかった上海の片田舎に、突如完成したらしいです。しかも港湾設備を作るだけでなく、隣接する街も作ってますからね・・。それも何十~何百万人規模のですよ。
(申し遅れましたが、私上海に駐在しております)

上海港の例を出すまでもなく、海運国家日本の没落は、統括省庁(国交省)および政府の怠慢(長期ビジョンの欠落)以外の何物でもないですね。

一方、船会社に目を向けますと・・・、これがデータが出てこなくてランキングはわかりませんでした(笑)
私の記憶では、クロフネさんが例に挙げられていたエバーは扱い量2位か3位、Hanjinは5位までには入ってませんが日本の大手3社(日本郵船、商船三井、川崎汽船)より大きかったと思います。
邦船3社にはがんばってもらいたいところですが、今のままの高コスト体質では難しいですね。展開方法としては①合併・統合によるスケールメリット追求、②日通との業務提携によるトータル物流サービスの構築、ぐらいしか思いつきませんが、これも政府主導で思い切ってやって欲しいですね。
日通との合弁はいいと思いますよ、何と言っても世界一の物流会社ですから・・。

長々と駄文失礼しました。

  • 投稿者: Mac
  • 2007/05/25(金) 18:32:09
  • [編集]

あゆ さん

>ウィペディアでは、なんと独島と表記で竹島を併記してないんですって。

そうらしいですね。 ネットでも韓国側の粘着質な工作が行われているようです。


Mac さん

>上海港の例を出すまでもなく、海運国家日本の没落は、統括省庁(国交省)および政府の怠慢(長期ビジョンの欠落)以外の何物でもないですね。

同感です。 日本は港湾も海運会社も、小ちゃいのが沢山ありすぎるのではないでしょうか。

>邦船3社にはがんばってもらいたいところですが、今のままの高コスト体質では難しいですね。展開方法としては①合併・統合によるスケールメリット追求、②日通との業務提携によるトータル物流サービスの構築、ぐらいしか思いつきませんが、これも政府主導で思い切ってやって欲しいですね。

私も、郵船・三井・川崎を統合してスケールアップすべきだと思います。

それでも世界の巨人・マースクには歯が立たないかもしれませんが、船が増えればフリークエンシーサービスのアップになって荷主さんも使いやすくなりますから。

それを日本の小さい会社同士でシャモのケンカみたいなことをやっていてはいけないと思います。

しかもそれぞれが、釜山港を利用したいためでしょうが、韓国の同業者とアライアンスを組んで争っているのですから、ますます日本の港が没落してしまいます。

まず国策で日本の適当な場所に、税制面で優遇されるコンテナ港特区をつくる必要がありますね。

そして日通を巻き込みながら、海運会社の統合をして世界に通用するようにすることが解決策となりそうです。

貴重なご意見ありがとうございました。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/05/26(土) 01:55:21
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。