初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六カ国協議のロードマップは事実上崩壊

  • 2007/05/08(火) 00:34:53

 今年2月の六カ国協議で合意した、エネルギー支援などの見返りに北朝鮮が60日以内に寧辺の核関連施設を停止すると約束した初期段階の措置の期限(先月14日)から3週間が過ぎたわけだが、ロードマップで定められたことが何一つ前進していない。

北朝鮮は、凍結されていたバンコ・デルタ・アジア(BDA)の北朝鮮関連口座の全面解除を求め、それが達成されない場合は、核関連施設の停止はできないと再三主張してきた。

参考記事 

参考記事 

2月の六カ国協議で「BDA問題を30日以内に解決する」と言明していたアメリカ側は、BDAの北朝鮮資金の凍結を全面解除し、それを中国銀行にある北朝鮮口座へ送金することによって問題を解決することを3月19日に発表した。

当初は、ニセ札製造や麻薬売買にからむ不正な金が含まれているBDAの北朝鮮資金を全面返還することは出来ないと言っていたアメリカとしては、思いきった譲歩だった。

ところが、中国銀行が北朝鮮資金の受け入れを拒否したため、この方法が使えなくなってしまった。

六カ国協議もそれ以来中断したままだ。

初期段階の措置の期限が迫った翌月、アメリカ側がBDA問題の解決をマカオ当局に一任する形ではかり、4月10日マカオ当局は、BDAの北朝鮮関連口座について口座名義人によって自由に資金の引き出しができるようになったと発表した。

参考記事 

アメリカのヒル次官補も、北朝鮮の資金が引き出し可能になったことを再三、北朝鮮側に伝え、核施設の停止など初期段階の措置に着手するよう求めた。

参考記事 

ところが、北朝鮮は一向に資金の引き出しに現れず、とうとう期限の4月14日が過ぎても核施設の停止措置はとられなかった。

すると北朝鮮側は、「BDA問題の解決には、凍結資金の解除だけでなく送金まで完了する必要がある」と、凍結の解除に加え、六カ国合意には無かった「送金完了」という新しい条件を後だしジャンケンのように付け加えて、現在でも初期段階措置の実施を拒否し続けている。

参考記事 

北朝鮮は、タイやロシア・イタリアなどの銀行への送金を試みているとも、アメリカの銀行への送金を要求しているとも言われているし、韓国が国営の韓国輸出入銀行に北朝鮮資金を一旦受け入れる準備をすすめているという報道もある。

だが、今のところ六カ国協議のロードマップに定められた事はまったく前進していない。

 「行動対行動」の原則を持って実施されると定められた「六カ国協議・共同声明の実施のための初期段階の措置」だが、アメリカ側が懸命にBDAの北朝鮮口座の資金返還に動いたのに対し、

北朝鮮側は、口座の資金が引き落とし可能になっても動こうとせず、60日以内と定められた核施設の停止とIAEA査察の受け入れも行わず、六カ国協議での合意事項には無かった「北朝鮮資金の送金」を新たに追加条件としてくるなど、極めて不誠実な対応を繰り返している。  

北朝鮮は、核施設の停止やIAEA査察の受け入れを実施すると口にはするが、一向に行動に移す気配が無い。

もはや北朝鮮のデタラメな行動にこれ以上の忍耐は出来ないし、六カ国協議で定められた「行動対行動」という原則に基づく、朝鮮半島非核化のロードマップが完全に崩壊してしまった以上、それを見過ごすわけにもいかない。

アジアでも西の方が気になって仕方ないのか、議会多数派の民主党への配慮なのか知らないが、アメリカの、特にヒル次官補を筆頭とする国務省のズルズルと無原則に譲歩していく外交姿勢には、さすがに懸念せざるを得ない。

ヒル次官補やライス長官は、この問題についてどのような出口戦略をお持ちなのだろうか。

 ここは一度期限を区切って、北朝鮮にBDAの口座から現金による資金引出しと核施設の停止など初期段階の措置の履行を求め、一定の猶予期間内にそれが実行されない場合は、北朝鮮が国際社会に対し誠実な行動をとる気になるまで、対北朝鮮制裁の再強化をすべきである。

ヒル次官補も「茶碗に注ぎすぎるとあふれ出し、何も残らない」という朝鮮半島のことわざで、相手から奪うだけ奪って何一つ与えようとしない北朝鮮に警告してきたが、そのことわざを今こそ北に思い出させる時だ。

参考記事 

「北朝鮮と対話すれば核問題は解決されるのだ。ブッシュ政権が北朝鮮との対話を拒否したから核問題が解決しないのだ」と主張する民主党の意見の通りに北朝鮮と交渉した結果がこれなのだから、民主党もよくよく納得したことだろう。

今度はアメリカ側が一枚岩となって、不誠実な北朝鮮に対処することが可能になるのではないか。

そのような措置を取った後で、北朝鮮が国際社会に対し誠意を見せる気になるのであれば、再びアメリカや日本と北朝鮮が交渉すれば良いだろう。

苦労してまとめた、2月の六カ国協議における合意がご破算になってしまうが、金融制裁にはホトホト困っているという北朝鮮のホンネがうかがえたことと、アメリカ民主党や中国・韓国・ロシアといった「北朝鮮と対話さえすれば核問題は解決するのだ」という宥和主義者たちを黙らせる材料が手に入ったことで収穫もあった。

この間、北朝鮮へのエネルギー支援は実施されておらず、北の不正資金もBDAに塩漬けのまま、特に「拉致の解決なくして援助無し」を貫いた日本が失ったものは無い。

ともかく、今のズルズルと無原則に譲歩していく外交姿勢を続けていくのは、アメリカの国益にとっても国際社会にとっても良くないのは明白だ。

banner_04.jpg

↑北朝鮮のやり方は極めて不誠実だと思う方はポチッとしてください。


関連記事・北の資金凍結は全額解除へ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

纏めて経済制裁

拝啓 北朝鮮はまとも国ではありません。 一味のシナ韓国と纏めて経済制裁すべきです。     草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/05/08(火) 09:30:17
  • [編集]

(^O^)風顛老人爺さん

北朝鮮はおイタが過ぎるようです。

まだまだシメあげる必要がありそうです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/05/08(火) 21:08:01
  • [編集]

草の根から

拝啓、管理人さん ご意見賛同致します。 徹底的に経済封鎖・制裁を掛けて放置し 平壌宣言は日本が騙されと堂々と宣伝破棄して締め上げましょう。    金書記の料理人藤本氏の受け売りですがあらゆる高級品・メロン 高級車等の下賜品は日本からのものが圧倒的に多いらしいです質量共に。 ギャンブル好きの知人にはパチンコより公営ギャンブルの方がましと草の根からの経済封鎖を実行中です。       乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/05/08(火) 23:03:25
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。