初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝鮮通信使四百年イベントの茶番

  • 2007/04/21(土) 00:49:53

 江戸時代に朝鮮通信使が始まって四百年を記念した行事が、今韓国で行われている。

当時の衣装を”再現”した行列がパレードしたり、韓国から日本へのウォーキングなど、日韓各地で朝鮮通信使開始四百年記念のイベントが行われるという。

参考記事 

「四百年前から日本と韓国は友達だったんだ!」とばかりに、日本の”日韓友好原理主義者”が好んで飛びつきそうなイベントだが、本当の歴史を少しでも知っていれば、朝鮮通信使を古来からの日韓友好のシンボルだとする見方に、無邪気に賛成することはできないだろう。

私なぞは、「日本人と韓国人の心のすれ違いの歴史は、四百年一日だな」とさえ思ってしまう。

日韓交流に対する日本人と韓国人の考え方の違いにはどうにも越えられない溝があって、この四百年間それはほとんど変わっていないと思う。

 江戸時代の朝鮮通信使が始まったいきさつは、秀吉の朝鮮出兵以後、断絶していた朝鮮との国交を回復させ、それを幕府や将軍の権威を高めるために使おうと考えた徳川幕府の朝鮮王国側への要請からだった。

そのため、朝鮮通信使は新しい将軍が就任した時など、徳川将軍家の慶事を祝うために派遣された。

一方、儒学者や文人など日本の知識人層にとっては、鎖国で外国文化の流入が厳しく制限されていたため、幕府公認の数少ない海外との文化交流の場として、大変貴重なものだった。

特に、中国の儒教文化への強いあこがれのあった江戸時代の知識人達は、朝鮮を儒教が国の隅々までいきとどいた国、まさに”東方礼儀の国”として理想化して見ていたために、自分のつくった漢詩を持参して朝鮮通信使の宿泊先をたずねるなど、真剣に文化交流を行いたいという熱意があった。

幕府側も、儒教の礼がいきとどいた東方礼儀の国の客人にそそうがあってはならないと、儒教の知識のあるえりすぐりの人間を接待の責任者として据えた。

 ところが、通信使として派遣された朝鮮人の多くは、中華思想にすっかりと毒されていて、中華文明を忠実にコピーした小中華の朝鮮に対し、日本は中華文明の及ばない未開の国で日本人は儒教も知らずなんと野蛮なことだ、といった態度をとった。

儒学者・雨森芳洲は、朝鮮を儒教的礼儀のいきとどいた理想の国と見ていた日本人の一人であり、朝鮮通信使としてやってきた申維翰を大切な客人として心づくしのもてなしをした。

ところが申維翰は国に帰ると「雨森芳洲は心のねじれた人物」とカゲ口を書き記すありさま。

他の朝鮮人たちも、日本の文人が持ってきた漢詩を見ると、まるで書道の先生が生徒の習字を赤い墨で添削するように、筆を持ってきて”指導”したという。

また、朝鮮通信使が日本の町民・農民の鶏を盗むなど、礼儀どころの話ではない記録が残っている。



黒い笠をかぶっている方が朝鮮通信使で、色のついた着物を着ているのが日本の町人。

 こういった事実を知っていれば、朝鮮通信使を古来からの日韓友好のシンボルとしようといった発想は出てこないのではないだろうか。

朝鮮通信使を日韓友好のシンボルだと考えている日本人は、朝鮮王朝を東方礼儀の国として理想化した江戸時代の日本人とまったく同じ過ちを繰り返しているように思える。

そうした日本人にとって、朝鮮通信使は日韓友好のシンボル以外の意味はないだろう。

だが、朝鮮通信使の再現イベントを喜ぶ韓国人は、必ずしもそうではない。

韓国は国定教科書”国史”を使って、朝鮮通信使を韓国民にこう教えている。

日本は朝鮮を文化の先進国と考え、使節を派遣するよう要請してきた。これに対し、朝鮮では通信使を派遣したが、その一行はおよそ400余人になり、 国賓として待遇を受けた。
日本は通信使の一行をとおして先進学問と技術を学ぼうと懸命であった。したがって、通信使は外交使節としてだけでなく、朝鮮の先進文化を日本に伝播する役割も果たした。



このようなゆがんだ考え方には全面的に反対するが、韓国人の多くは朝鮮通信使に対して「先進文化・先進技術を持っていた朝鮮が文化的に劣る日本を文明化させたのだ」という非常に民族差別的な意味をこめ、意識的にしろ無意識的にしろそれが前提となっているのである。

そして日本人がそうは考えていなくとも、朝鮮通信使を四百年ぶりに再現することに賛成するということは、「韓国人は日本人より優秀である。韓国人のおかげで日本は文明化したのだ」という韓国の国策歴史教育を喜んで受け入れるという意味があるのである。

朝鮮を東方礼儀の国として理想化した日本の文人と、日本人を野蛮と見下していた朝鮮通信使の間に越えられない溝があったように、朝鮮通信使は日韓友好のシンボルと見ている現代の日本人と、韓国側の間には決して乗り越えられない溝がある。

四百年たっても進歩しない人は沢山いるものだとため息が出る。

banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックで多くの人に真実を!

関連記事・近代日本の対朝鮮外交 (その1)

関連記事・近代日本の対朝鮮外交 (その2)  

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

白い衣装着用禁止令

韓国の新聞を読むと「昔朝鮮が日本に文化を教えてやったんだ、ありがたく思え野蛮国!」って感じでホントカ~と思ってたところです。
日本で盛り上がってるのでしょうか?けばけばしい、下品な色使いの衣装と小道具という印象しかないです。でも本当は朝鮮人は白い衣装しか着なくて、朝鮮併合のときに、白い衣装を着ないよう日本が命令を出したと記憶してます。
とすると、茶番行列の衣装は捏造でしょうか?

  • 投稿者: LYS
  • 2007/04/21(土) 02:56:46
  • [編集]

違和感がない

おはつです。

十八史略や史記の列伝などを読むにつけ、人間は2000年経っても変わらないものだと思い知らされます。

ましてや、たった400年、人間の英知に民族間で差異は余りないと私は思うので、このようなイライラはずっと続くことでしょう。

ほんのちょっとの差が大きな差になることもあるのがこの世の中の奥深いところですが・・・(^^;。

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2007/04/21(土) 08:12:37
  • [編集]

たかりに来たのです

拝啓、管理人さん久々の書き込みになります。           確か漫画「美味しんぼ」で朝鮮通信使が日本に多くの文芸・書を伝えとあります。
         しかし、当時の日本と朝鮮の農業生産力の差から考えてたかりに来たと私は考えております。
 「韓国の妄言」別宮暖朗氏の著作を読んでよりそう感じております。
韓国が自国の歴史を美化するのは勝手ですがそれに日本が付き合って合わせる必要は一切ありません。           何より第一に隣国とは利害が対立するものだと肝に命じ 譲歩や謙遜は相手国を図に乗らせるだけです。         交通事故の現場検証・交渉を思い浮かべると当たらずとも遠からずと愚考しております。        受け売りで出典は忘れてしまいましたが 世界を造る時に神様が日本に陸地の広さ以外の全てを与え 傍らの天使が それでは日本が恵まれ過ぎです と云と 神様が 安心しなさい 隣に朝鮮とシナ そしてロシアを置いた。 是で公平になる がオチでした。          唐突にこの小話が脳裏に浮かびました。     長文乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/04/21(土) 08:39:31
  • [編集]

感性が合わない

よくTVで韓流特集でみる、韓国の衣装。
所謂、韓服は日本人には全く馴染めませんね~、それどころか、あの色彩を見ると、朝鮮民族の異常性を感じます。
当時の日本人にも、今の日本人と同じ様な感覚(見せ物)として見ていたのでは?

  • 投稿者: 危機!日本包囲網
  • 2007/04/21(土) 11:08:21
  • [編集]

清のスパイ役

朝鮮通信使は「清国」のスパイ役と見るのが正常ではないでしょうか?
よって徳川幕府でも正式な謁見は無いのでしょう?
朝鮮の道路の酷さを嘆く使節、日本の街道に驚く一向、大阪、名古屋の大きさにも驚いています。帰国すれば「清国」の礼部(朝鮮半島を管理、監督をする部)に報告を義務としています。
とても朝鮮だけで使節団を日本に送るとは考えられません。
先進技術、もうポルトガルから鉄砲、オランダ医学、近代的なものは中国に頼る必要が無いと思いながらも中国を意識していた徳川幕府、情報収集の一端、山田長政の動向も掴んで居たのですから、当時の日本人の方が鎖国をしながらも世界(アジア)の動静を把握しようと努力はしていたのでしょう。
当時の朝鮮にすれば「迷惑」な話だったでしょうね。金、物自前、使命は命令一つで400人分を手当てしなければならない、日本からは得るものは「ご苦労さん」、第三者が見れば何で「朝鮮」からばかり「日本」に参内するのかな?常識ですよね。

  • 投稿者: 猪
  • 2007/04/21(土) 16:39:42
  • [編集]

LYSさん

>けばけばしい、下品な色使いの衣装と小道具という印象しかないです。でも本当は朝鮮人は白い衣装しか着なくて、朝鮮併合のときに、白い衣装を着ないよう日本が命令を出したと記憶してます。

確かに昔の写真を見ると圧倒的に白い服を着ている人が多いですよね。

朝鮮宮廷内ではどうだったか知りませんが、韓国の歴史ドラマの派手派手な衣装を見ると、時代考証になんとなくアヤシサを感じます。

クマのプータロー さん

>十八史略や史記の列伝などを読むにつけ、人間は2000年経っても変わらないものだと思い知らされます。

こちらこそはじめまして。

人間が歴史から学ぶというのは簡単そうで難しいということですか...タメイキです。

(^O^)風顛老人爺さん

>確か漫画「美味しんぼ」で朝鮮通信使が日本に多くの文芸・書を伝えとあります。しかし、当時の日本と朝鮮の農業生産力の差から考えてたかりに来たと私は考えております。

”美味しんぼ”はあっち側にバイアスがかかってますから。

中世の農業技術については、日本のほうが進んでいたのは事実だと思います。

田植えが始まったのも日本の方が数百年早かったですし、揚水器も日本の足踏み式水車のほうが中国・朝鮮の竜骨車より効率が良かったと聞いています。
施肥技術も日本のほうがすすんでいました。

危機!日本包囲網 さん

>所謂、韓服は日本人には全く馴染めませんね~、それどころか、あの色彩を見ると、朝鮮民族の異常性を感じます。

韓国人は派手なもの、大きいものに価値を見出しますが、日本はワビサビの世界ですから美的感覚は正反対といっても良いくらいですね。

よって日本人や日本文化の起源が韓国だというのは真っ赤な嘘だと思います。

猪さん

>帰国すれば「清国」の礼部(朝鮮半島を管理、監督をする部)に報告を義務としています。

これは知りませんでした。ありがとうございます。

通信使としてやってきた朝鮮人は日本を野蛮とけなしながらも、大都市の繁栄ぶりに驚いたりしているんですよね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/04/21(土) 23:45:47
  • [編集]

朝貢?

朝鮮通信使と言えば、一方的に朝鮮側から日本へ行くばかり。しかも、日本の将軍の代替わりごとに出向くとか。どうもそれって、臣下の者が主のところへ挨拶に出向くようで、朝貢と変わりないでしょう。
別段、幕府の側が返礼的にソウルに使者を送ったと言う話はありませんからねぇ。どうみても、対等な外交とは言えませんよ。

  • 投稿者: DUCE
  • 2007/04/22(日) 14:21:34
  • [編集]

DUCEさん

>別段、幕府の側が返礼的にソウルに使者を送ったと言う話はありませんからねぇ。どうみても、対等な外交とは言えませんよ。

幕府が自らの権威を高めるために呼んだものですから。

ただ漢城へ入ることは拒否されたものの、日本側も朝鮮へ使節を送ってはいました。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/04/24(火) 16:48:23
  • [編集]

美味しんぼ

拝啓、管理人さん美味しんぼは食べ物の話題は秀逸ですが韓国シナ贔屓美化が目立っております。     読む時は 違うだろ! と思いながら読んでおります。       草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/04/30(月) 08:40:22
  • [編集]

(^O^)風顛老人爺さん

私も以前から”美味しんぼ”は面白いところもあると思っていたのですが、ひどい歴史歪曲には鼻白む思いでした。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/05/02(水) 00:36:20
  • [編集]

歴史歪曲

拝啓、管理人さん 美味しんぼの歴史歪曲は売らんが為なのか 作者の方針なのか不明ですが 売れ行きから鑑みるに影響力が大きいです。       乱文にて  草々

  • 投稿者: (^O^)風顛老人爺
  • 2007/05/02(水) 07:41:28
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2007/12/30(日) 08:35:25
  • [編集]

通信士は朝貢しですよ。再びせめてこられないためdす。
。この事実は日本政府と韓国政府との話し合いでも昔から話あわれていますが、韓国はみとめず怒鳴るだけです。最近又捏造している、みたいですね。日本人は相手のことを考えて真実を言わないからだめです。朝貢しであったことを叫んで宣伝していきましょう。韓国人の歴史は500年です。北から南下してきました。日本人の歴史は数万年せす。日本人は叫ばないといけない。

  • 投稿者: 英雄
  • 2008/01/01(火) 01:21:20
  • [編集]

韓国人は等身大の自分を過不足なく正確に認識することが出来ない。致命的な欠陥です。滅亡も近いのでは。

  • 投稿者: 英雄
  • 2008/01/01(火) 01:24:33
  • [編集]

このイベントは朝鮮人の文化感がでて、興味深い。

朝鮮人が、朝鮮通信使に関する主張を聞くたびに、「朝鮮では庶民の文化はないんだな、さすが一部の人が多数を指導する儒教社会の人間」と私は苦笑します。

  • 投稿者: 粕谷真人
  • 2008/01/03(木) 16:03:30
  • [編集]

英雄さん

>この事実は日本政府と韓国政府との話し合いでも昔から話あわれていますが、韓国はみとめず怒鳴るだけです。

他の歴史問題でも日本側が客観的な資料を出しても、韓国側は大声で怒鳴るだけらしいですね。

「それでも良心があるのかー」とか言って。

これでは歴史認識の共有なんて、とてもとても...。


粕谷真人さん

>朝鮮では庶民の文化はないんだな...

朝鮮の庶民文化は、中国文明のコピーしか頭に無かった貴族階級から蔑視されていましたから。

バラエティに富んだ庶民文化が花開いた江戸日本と好対照だと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/01/03(木) 18:40:01
  • [編集]

朝鮮通信使は過大評価されすぎです

もし、江戸時代の日本が
朝鮮の影響を強く受けた儒教国家になっていたら明治維新は失敗し、日本は
イギリスか、ロシアの植民地になったことでしょう。

今日本の教育では蘭学者の業績が強調されていますが、調子に乗った韓国政府や在日が朝鮮通信使の功績も載せろと言ってきそうで欝です。

不定期に短期間しかやってこなかった
朝鮮の使節と長崎の出島を通じて
細々とながらも長期間知識が流入してきた蘭学の方が江戸時代の日本に好ましい影響を与えてきたと思います。
 
それにオランダの出島の館長は定期的に江戸を訪れていたのにそのことは教科書では何故かスルーされていることが多いですね。

  • 投稿者: 通りすがりのネットユーザー
  • 2008/01/03(木) 19:39:37
  • [編集]

通りすがりのネットユーザーさん

>もし、江戸時代の日本が 朝鮮の影響を強く受けた儒教国家になっていたら明治維新は失敗し、日本はイギリスか、ロシアの植民地になったことでしょう。

私も強く同意です。

日本の儒教化が中途半端に終わったからこそ、言いかえれば中国文明の忠実なコピーなんて馬鹿げたことをやらなかったからこそ、日本は非白人国家で唯一、19世紀に近代化をなしとげ先進国となれたのだと思います。

>それにオランダの出島の館長は定期的に江戸を訪れていたのにそのことは教科書では何故かスルーされていることが多いですね。

これは知りませんでした。勉強になります。

そういえば出島に向かっていたオランダ東インド会社の船が難破し、乗組員数十人が朝鮮半島に流され、そこで13年間も拉致監禁されてから命からがら日本へ脱出、

平戸で救助されたという実話があるのも何か暗示的です。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2008/01/04(金) 22:59:26
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。