初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古森論説委員のワシントンからの情報

  • 2007/03/16(金) 00:26:28

 15日づけの産経朝刊に、慰安婦決議を通そうとしている例のホンダ議員と中国系アメリカ人との密接なつながりについて取材した、古森義久ワシントン駐在論説委員の記事がのっていた。

記事によれば、ホンダ議員にバックアップを与えているのは、”世界抗日戦争史実維護連合会”のような中国系反日団体が多く、2006年の下院選挙で受けた個人からの政治献金約37万ドルのうち、中国系からだけで94人、約11万ドルを受け取り、その金額は全体の30%を占めた。

韓国系は10人で献金額は中国系の十数分の一だという。

これをもって古森氏は、ホンダ議員は中国の意思を色濃く反映して動いており、その背後には、日本の道義面での弱体化や日米離反をのぞむ中国の政治意図がにじむと述べている。

一方、米国における韓国系の動きとしては”ワシントン慰安婦連合”という組織があるだけで、韓国系勢力の組織的な動きはほとんどうかがわれないとしている。

参考記事 

参考記事 

 私は、今回の慰安婦決議騒動の黒幕を韓国と見てきたのだが、古森論説委員は中国と考えておられるようである。

もし今回の慰安婦決議騒動の黒幕が中国である確実な証拠が出てきたならば、韓国黒幕説をすぐさま撤回する用意があるのだが、私自身、ノムヒョン政権の反日原理主義と2年以上にわたって”闘ってきた”経緯があるので、どうしても疑り深くなっている。

もちろん私よりも、ワシントンで活躍されている古森論説委員の方が情報収集力は上であり、古森論説委員の記事にケチをつけるような気は全く無い。

 さて、仮に今回の黒幕が中国だったとすると、様々な疑問が浮かんでくる。

前回の記事でも述べたように、温首相訪日を成功させ日中関係を安定軌道に乗せたい中国が、なぜ日本を挑発してそれと逆行するようなことをしているのか?

ホンダ議員と中国系団体のつながりがミエミエで、すぐにも尻尾をつかまれそうなのにもかかわらずだ。

在米中国人団体は自らの意図で動いているのか、それとも中国政府の指示のもとに動いているのか、

後者だとしたら、胡主席や温首相はそのことを知っているのか、それとも反日原理主義者である江沢民の影響を受ける上海閥や軍の強硬派などが、胡指導部の知らないところでやったのか。

 それとも古森委員の記事にあったように、ホンダ議員に献金していた10人の韓国系アメリカ人が日本側に気取られぬよう陰で動いている可能性は無いか。

アメリカにいる官民の韓国人が見えないところで、影響力のある中国系反日団体をあおって動かし、反日パワーのレバレッジを効かせているのではないか?などなど...

前回の記事では触れなかったが、ノムヒョンの3.1反日演説と同じころ、韓国のソン・ミンスン外相が慰安婦決議でゆれるアメリカをちょうど訪問しているのも、どうしても出来すぎていると感じてしまう。

(ちなみにそれと同じころ、北朝鮮のキム・ゲグァン外務次官も訪米してコリア・ソサエティという民間団体を訪れている)

 以上の疑問はともかく、精力的に取材を重ね、有益な情報をもたらしてくれる古森義久氏には頭が下がる一方である。

記事の質の高さでは定評のある古森氏からの続報に期待したい。

banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます。

関連記事・臥薪嘗胆 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

多分中国にとっては、日中会談よりも、『北朝鮮に対する日本の制裁解除』のほうが喫緊の過大なんでしょう。
中国としては、せっかくアメリカが懐柔できたのに、
いつまでも『拉致問題』で強硬姿勢を崩さない日本をなんとか折れさせようと考えている。
(もしかしたら、アメリカだって一枚かんでいるかもしれない。)
日本を折れさせる最大の武器は、「日本がかつてやった人権蹂躙(?)」です。
これは、現在安倍政権が国際社会に訴えている『拉致という人権蹂躪』に説得力を失わせる効果がある。
まずは安倍政権にカウンターパンチを食らわせ、その後は政権の転覆工作を目論んでいるのだと思います。
これに対抗するには、特亜に抱き込まれた政治家やマスゴミに撹乱されない正しい認識に立った世論を形成する必要がある。




  • 投稿者: アサピー嫌い
  • 2007/03/16(金) 10:09:51
  • [編集]

むしろ黒幕は

むしろ黒幕は北朝鮮じゃないかなあ

盧政権が執着しているのは「竹島・教科書・靖国」という歴史がらみの“反日3点セット”でその中に「慰安婦」の文字がなくなっている。


中国には朝鮮族もいるし拉致問題をなかったことにしたい将軍様が中国の朝鮮族を経由してホンダ議員に金を渡したのでは?

証拠はなにもないけどそう考えると合理的で辻褄があう。

ただ特定アジアの人間は「反日」になると「合理的」な思考をとらないからなあ・・・OTL



  • 投稿者: TTT
  • 2007/03/16(金) 11:36:55
  • [編集]

こちらではこのように説明されています。

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C01012.HTML
>『抗日戦争史実維護会』という団体>は、江沢民時代に中国の意向を受け>て、日米両国を離間させることを目>的として、米国で情報工作に従事し>ていたのではないかと思います。

この団体は、江沢民時代に暗躍に告ぐ暗躍を行った団体です。私はむしろ、米国民主党との深いつながりを心配しています。

もしかすると、中国系反日団体(あるいは上海派)が「金銭」面で、韓国系反日団体は「実動」で、という分業体制があるのかも知れませんが、日本人の反日団体(社民・共産含む)も「慰安婦」問題で盛り上がっており、「誰かが黒幕」というよりはむしろ、「横のつながりによって動いている」のではないかと思いました。

  • 投稿者: xingfu
  • 2007/03/16(金) 15:26:15
  • [編集]

では何故「南京」映画の許可を出したのか?
彼らは口では日中友好を唱えながら人民の反日圧力を抜かねばなりません
また日本の国際的発言力向上を阻止しなくてはいけません
歴史問題で永遠に日本を非難できるカードを巣簡単に手放しはしないでしょう
慰安婦という歴史問題でけん制できれば「南京」の真実味も増し、より外交において日本より優位に立つことができます
何か要求を通したい時は歴史問題を出せば良いのですから

  • 投稿者: take
  • 2007/03/16(金) 17:23:00
  • [編集]

中国国内の反日

それからもうひとつ、気になるのは、中国国内でも反日機運が高まりつつある点です。
これは、現政権的に見て、好ましい事態なのでしょうか?

かなり危ない状況だとは思うんですけどね…。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070316-00000000-rcdc-cn

  • 投稿者: xingfu
  • 2007/03/16(金) 22:22:14
  • [編集]

アサピー嫌い さん

TTT さん

>多分中国にとっては、日中会談よりも、『北朝鮮に対する日本の制裁解除』のほうが喫緊の過大なんでしょう。

もしそれが理由だとすると、TTTさんがおっしゃっている通り、北朝鮮が左翼ノムヒョン政権と協力して黒幕として動いていると考えた方がよさそうな気がします。

もちろん、北朝鮮には米国内に大きい工作ネットワークがないでしょうから、在米韓国人が手足となって動く必要があります。

3月の頭に韓国の外相と北の外務次官がそろって訪米したことについて、勘繰ってしまいます。

xingfu さん

>この団体は、江沢民時代に暗躍に告ぐ暗躍を行った団体です。私はむしろ、米国民主党との深いつながりを心配しています。

私も今回の騒動にもし中国が関与しているとすれば、江沢民の影響力が残る上海閥あたりではないかと推測します。

>もしかすると、中国系反日団体(あるいは上海派)が「金銭」面で、韓国系反日団体は「実動」で、という分業体制があるのかも知れませんが、日本人の反日団体(社民・共産含む)も「慰安婦」問題で盛り上がっており、「誰かが黒幕」というよりはむしろ、「横のつながりによって動いている」のではないかと思いました。

私も分業や横のつながりがある可能性は高いと思います。

>それからもうひとつ、気になるのは、中国国内でも反日機運が高まりつつある点です。これは、現政権的に見て、好ましい事態なのでしょうか?

安倍首相の慰安婦発言で盛り上がってしまった憤青の反日気運を沈静化させるための報道工作がうまくいっていないのかもしれません。

胡指導部にとってはうまくない話ですね。

takeさん

>では何故「南京」映画の許可を出したのか?

杉本さんにも申し上げましたが、まず中国が常に一枚岩ではなく、胡指導部と地方閥・軍などが対日政策決定でしのぎをけずっているということを忘れてはいけないと思います。

南京映画をすすめているのは胡指導部ではなく地方閥かもしれません。

それに、まだ南京映画は仕込みの段階でホットイシューにはなっていないですよね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/03/17(土) 01:02:38
  • [編集]

ついでに、

こちらのブログにコメントを寄せされていた方(中国在住者だと思うのですが)によると、中国国内では「慰安婦」をめぐっては、やはりこういった状況だったようです。

最近まで中国国内では、高句麗問題や南京に関して韓国を非難する論調も目立ったのですが、ここに来て「韓国に加勢せよ」という民間の動きが目立ち始めたことは、当然事情があっての事なのでしょう。

http://chinabbs.seesaa.net/article/35774930.html

>(ヨコヤリ)
中文の各BBS上ではCNNサイトの投票を呼びかけるスレッドがたくさんあります。英語が読めなくてもわかるように図解つきのものも。
ttp://club.pojaa.com/viewthread.php?tid=8357&extra=page%3D1
「再び謝罪すべきか」が争点なのに、単に「謝罪すべきか」と紹介するスレッドが目立ちます。
温首相の訪日を前に主要メディアは安倍首相の最新の見解を紹介し、収束を謀るようです。

  • 投稿者: xingfu
  • 2007/03/17(土) 06:42:51
  • [編集]

xingfu さん

>温首相の訪日を前に主要メディアは安倍首相の最新の見解を紹介し、収束を謀るようです。

残念ながらリンク切れで確認はできませんでしたが、日本でも同様に、温首相訪日を成功させるため、中国メディアは抑制的だったと報じられていました。

ただ、有名チャイナウオッチャーさんから、ここにきて沖縄知事の尖閣視察をネタに反日気運が高まりそうという指摘もあり、反日強硬派と胡指導部との暗闘が示唆されます。

アメリカの慰安婦決議が中国国内に火をつけたような格好です。


>最近まで中国国内では、高句麗問題や南京に関して韓国を非難する論調も目立ったのですが、ここに来て「韓国に加勢せよ」という民間の動きが目立ち始めたことは、当然事情があっての事なのでしょう。

これは2005年の反日大暴動と同じパターンなんですよね。

つまりノムヒョンの3.1演説で韓国の反日気運が最高潮になったあと、どういうわけか在米中国人勢力が騒ぎ出して、それに呼応するように中国国内で反日強硬派の動きが活発化、胡指導部がそれを望んでいる形跡がみえないのに、中韓共闘というかたちで反日包囲網が形成される...

こう何度も偶然って重なるのでしょうか(苦笑)

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/03/18(日) 00:57:12
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。