初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノムヒョンのブーメラン体質

  • 2007/03/01(木) 23:58:11

 韓国のノムヒョンは、3・1節記念式において、

「日本は誤った歴史を美化したり、正当化したりしようと考えず、良心と国際社会で普遍性を認められている先例に従い、誠意を尽くすよう望む」

「今や私たちは大韓民国の安全と自尊を守り抜くだけの十分な力量を備え、誰も見下すことのできない強力な国軍を持ち、世界12番目を誇る経済力がこれを裏付けている」

などと演説した。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/
2007/03/01/20070301000040.html


 ノムヒョンの相変わらずの妄想と「韓民族は世界四強」という夜郎自大なところは「もう本当にお腹いっぱい」という感じだが、演説のこの部分については、ノムヒョンに代表される韓国政府による国策歴史教育に洗脳された人間が持つ妄想のエッセンスが凝縮されていると思う。

歴史的に他国に害を及ぼしたことのない私たちは北東アジアの平和を主導するに値する十分な道徳的名分と資格を持っている」



つまり「自分たち韓国人は絶対に正しい全知全能の歴史の神であり、だから歴史問題で韓国人と違う意見を言うものは全て悪魔だ。自分たちは最高の道徳心を持った神だから悪魔を退治する資格があるのだ」というわけである。

人間が全知全能の神になろうとするなんて、何と愚かで危険な思想だろうか。

 しかし「韓国人が全知全能の歴史の神」ということの前提条件である、「歴史的に他国に害を及ぼしたことのない私たち韓国人」という部分については、別に歴史の専門家でなくとも簡単に論破できる。

1274・1281年の二回に渡ってモンゴルは日本を侵略するわけだが(いわゆる元寇)、朝鮮半島国家でモンゴルの属国だった高麗の軍も多数参加していた。

しかも嫌々モンゴルの手伝い戦(いくさ)をさせられたというわけではなく、高麗の王子・椹(後の忠烈王)が皇帝フビライに「日本はいまだ皇帝陛下の家来となっていません」と”ご注進”しているし、

日本侵略をはじめたものの鎌倉武士のしぶとい抵抗にあって、モンゴル軍の将軍が「戦況が思わしくない。撤退すべきだ」と言うと、高麗軍の金方慶将軍が「すでに敵地を占領している」と言って撤退に反対している。

そして侵略された壱岐・対馬の日本人に高麗軍は蛮行を働き、日本人捕虜の手に穴をあけ綱を通して強制連行していった。

日本人捕虜のなかには、奴隷として高麗王・王妃に”戦利品”として献上されたものもいたという。

(朝鮮には20世紀近くになるまで奴隷制度があった。皮肉にもそれを廃止したのは日本である)

この他にも、戦後、何の正当性もない李ラインを設定して日本人漁民を射殺したり、ベトナム戦争で韓国兵が戦争犯罪を犯したりと、韓国はさんざんひどいことをやってきた。

高麗の日本侵略を韓国の国策歴史教育では「日本を懲らしめた」と子供たちの柔らかい脳にすり込んでいる。(ノムヒョンもすり込まれた1人) 日本人漁民の射殺やベトナム戦争での蛮行については教科書でスルーされているから韓国人はほとんど知らない。

他人には鬼のように厳しく当たるくせに、自分に対してはハチミツと練乳と水あめをミックスして練りこんだように甘甘の大甘なのである。

だから韓国・中国・北朝鮮の特定アジアと、それを応援する日本の民主・社民・共産の左翼勢力が他人を批判して石を投げると、いつもブーメランのように自分たちに返ってくるのである。

他人には鬼のように厳しく当たるくせに、自分に対しては甘甘の大甘という、このブーメラン体質こそ、特定アジアと左翼の本質だ。

韓国が自分だけに甘甘のブーメラン体質を捨てれば、歴史問題や竹島問題なんぞ簡単に解決するのである。

 ノムヒョンは演説で、アメリカでの慰安婦決議問題についても言及し、「いくら天を手で隠そうとしても、日本帝国主義が行った蛮行に対しては国際社会も受け入れないということを再確認できた」とも発言しているが、

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/
2007/03/01/20070301000041.html

アメリカで決議が通るように工作しているのはほとんどが韓国人であって、国際社会も何も、まぎれもなく「韓国の自作自演」である。

北朝鮮の拉致問題では、「拉致は絶対許さない。拉致問題の解決なくして援助なし」という日本のゼロ・トーレランス政策によって、米・中・露が北を説得するなど、これまで見られなかったような効果をあげている。

これまで何度も言ってきたとおり、ノムヒョンと韓国政府の露骨な日本敵視政策を、日本が笑って見逃してきたことが諸悪の根源なのであって、「日本は韓国の反日敵視政策を絶対に許さない。それをやめない限り一切の援助は与えない」というゼロ・トーレランス政策を韓国に対しても適用すべきだ。

あくまでも韓国がアメリカで世界で反日政策をやりとおすというなら、日韓通貨スワップ協定を破棄し、朝鮮半島有事の際に米軍による日本国内のすべての基地使用を認めず日本は局外中立を宣言するといった具合に、経済面・安保面での対韓援助を一切ストップしてやると内々に通告すればいい。

こうすることによって、度し難いノムヒョンは別としても、韓国の次期政権が現実を直視して少しはブーメラン体質から脱却するかもしれない。

あんまり期待はできないが。

banner_04.gif

↑韓国・特定アジア・左翼のブーメラン体質にNOという方はポチッとしてください。


関連記事・”左翼”を解剖する(その1)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。