初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六カ国協議の結果は?

  • 2007/02/15(木) 00:49:38

 難航していた六カ国協議は、北朝鮮が核放棄に向けた”初期段階の措置”を取ることと、見返りとしての北へのエネルギー支援などを盛り込んだ共同文書を採択、13日に閉幕した。

”初期段階の措置”として、北朝鮮が60日以内に寧辺の核施設を廃棄を目的として封印する代わりに、日本を除く他の四カ国が重油5万tに相当する緊急エネルギー支援を開始。

また外交関係の正常化を目的とする日朝・米朝間の協議を含む課題別の五作業部会を30日以内に開催することも加えられた。

次のステップとして、北朝鮮が全ての核計画の完全な申告の提出及び全ての既存の核施設の無能力化等を行い、重油95万tに相当する規模を限度とする経済、エネルギー及び人道支援を供与することが盛り込まれた。

共同声明の実施のための初期段階の措置(外務省HP) 
 
 注目の六カ国協議は、一応共同文書を採択して終了した。

日本の立場から見た場合、特別良かったわけでも悪かったわけでもない結果であり、楽観する必要も悲観する必要も現時点ではないと思う。

ただ「拉致の解決なくして援助なし」の大原則を貫いたことで、わずかではあるが収穫を得たことは重要なポイントになる。(変な密約が無ければの話だが)

 まず日本の拉致問題を除いた、北朝鮮の核廃棄問題に対して今回の合意がどういう影響を与えるかであるが、「すでに生産してしまった核兵器や核物質をどうするかについての明確な指摘が無い」とか「北朝鮮が本当に約束を守るのか」という不安・問題点はあるものの、とりあえず核廃棄へのロードマップは作ったというところは一歩前進だろう。

日本・アメリカと北朝鮮は、お互い相手に対して抜きがたい不信感を抱いているし、お互い譲歩して裏切られたとしても大きな損失とはならない”初期段階の措置”を履行することで双方に信頼感が醸成され、本当に北朝鮮の核放棄が完全になされるのであれば、決して悪くない話である。

もちろん、いつものように北朝鮮が裏切りのそぶりをちょっとでも見せれば、すぐに援助停止・さらなる制裁による締め付けが必要だ。

今後開かれるであろう、初期段階を実施するための五つの作業部会についても、北朝鮮が非現実的なふっかけや裏切り行為をしてくる可能性を否定できず、全く楽観視はできない。

さっそく北朝鮮国内では、寧辺の核施設を臨時停止するだけで100万tの重油支援を受けられると報道されていて、共同声明の内容とは食い違いを見せている。

作業部会における北朝鮮の出方によっては、共同声明が吹き飛んでしまう可能性もあるが、北朝鮮の経済的困窮が進むだけであり、こちらが焦る必要は何も無い。

ウラン型・プルトニウム型を問わず、北朝鮮のすべての核兵器とその生産施設を完全に廃棄させるためには、”金融制裁カード”のような外交の切り札は最後までとっておかなければならないし、相手の出方を見ながら与えるエサはなるべく小出しにして、北朝鮮がこちらを裏切らない担保としておく必要がある。

その点を踏まえて一つ難を言えば、四カ国から切るカードが、5万tの重油提供の次がいきなり95万tというのは、どうかと思う。

 日本の拉致問題については、五つの作業部会の一つに、拉致問題を含む日朝交渉の場が設けられたことで収穫があった。

「拉致の解決なくして援助なし」の大原則を貫いたことで、こちらから何の譲歩カードを切ることなく、北朝鮮を交渉のテーブルにつかせたのだから、わずかではあるが収穫と見て良い。(変な密約がなければ)

日本が「拉致の解決なくして援助なし」の原則を貫いたことで、報酬を与えたわけではないのに中国や韓国なども「日本と交渉したらどうだ」と北朝鮮を説得したようだ。ロシアのロシュコフ次官までが「拉致は重要だ」と言い始めた。(変な密約がなければ)

「えー、こんなのが収穫?」と思う人もいるかもしれないが、ほんの数年前の日本外務省なら「そんなことを言ったら怒った北朝鮮がテーブルを叩いて部屋から出ていってしまうよ」とビクビクして、北朝鮮外交官の目の前で、拉致事件の”ら”の字を言うのも容易なことではなかったのだ。

私は以前から、「それとは逆の発想をしろ。さっさと北朝鮮に経済制裁をして、北朝鮮が日本と交渉をしなくてはならない用事を日本自身がつくり出せ!」と言ってきたが、ようやく当たり前のことが当たり前に出来るようになったわけだ。

今後は、北朝鮮に対するテロ国家指定解除問題についての交渉にのぞむアメリカと連携しつつ、「拉致の解決なくして援助なし」の大原則を曲げることなく北朝鮮と交渉して事件を解決して欲しい。

前述のように「拉致の解決なくして援助なし」というカードが効果を発揮して、ここまでこぎつけたのだから。

 ところで、麻生外相は2月13日夕方の外務大臣記者会見で「拉致の解決なくして援助なし」とおっしゃっていたが、国会で「作業部会がスタートしたら5万t援助はする」と答弁なさったと聞いた。

北朝鮮が話し合いに応じただけでは、拉致問題が進展したとは言えず、5万t援助に日本が加わるなど論外である。 安倍首相や政府全体の方針と食い違うように思うのだが、どうなのだろうか。

何かの間違いだと良いのだが。


(訂正:麻生外相の国会での答弁は、15日づけ産経によると「(作業部会が立ちあがって)具体的に動いていくことがわかったら5万tという話だ」というものだったということでした。

作業部会が具体的に動いていくこと=拉致問題の解決 であるならば何の問題もありません。 おわびして訂正します)

 毎度のことながら、やれ「北朝鮮が暴発する」だの「六カ国協議のバスに乗り遅れるな」だのと寝ぼけたこと抜かす民主党や、「これでは日本だけが孤立する」と大合唱のマスコミについても触れておきたい。

あえて言わせてもらうが、こういう何の原則も信念も持たず、周りの人間の顔をビクビクうかがって自分の行動を決定しようとし、自分自身の頭では何一つ合理的な判断ができない愚か者こそ、拉致問題がなかなか解決しない最大の原因つまりガンである。

いつも日本の足をひっぱるのは、有能な敵(北朝鮮)ではなく、味方の勤勉なバカ(民主党やマスコミの大半)である。

 これに関連して、ロシアのロシュコフ外務次官は「共同文書に盛り込まれている重油5万tの支援にロシアは加わらない」と発言した。

参考記事 

これが事実であるならば、いかにもロシアらしい。

「ロシアは何も持たずに外国へ恩を売る天才」と言われるが、会議に”大国”として出席し、言いたいことを言って、五つの作業部会のうちの一つで議長ポストを獲得し、あげくの果てに1ルーブルも払わずに帰る。

拉致問題が何も解決していないのに、「100万t重油支援のカネを日本が出さなければ、日本は世界から孤立する!北朝鮮が暴発する!」とヒステリー状態の民主党やマスコミと、同じ人類とは思えない。

日本もこれぐらいの図太い神経がなければ、”パルチザン外交”を繰り広げる北朝鮮と渡り合っていくことなどできない。

 今後の作業部会がどうなるかは全く予断を許さないし、下手をすると北朝鮮が裏切って”初期段階の措置”さえ実行されないかもしれない。

北朝鮮がすでに生産した核兵器や核物質をどうするかといった問題や、北朝鮮が保有する各施設を全部正直に申告するか、どうやってそれを確認するのか課題が山積している。

日本も相手の出方を慎重に見て行動する必要がありそうだ。

banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックがこの国の外交を変えます。

関連記事・拉致の完全解決なくして援助なし

関連記事・拉致問題でどう交渉すべきか(その2)

関連記事・拉致問題でどう交渉すべきか(その3)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

今回はまずまずと思えますが・・

5万トンの重油支援は韓国一国というし、アメリカは追加支援をエネルギーではなく農産物をと言っているようです。95万トンも他国でどうぞってことでしょうかね??
 日本は拉致問題解決まで支援を控えるでしょうし、流れ来る情報を冷静に分析すると(裏取引が無ければ)、北朝鮮にとって、実となる部分はあまり無いと思います。
(勿論、日本にとっても進展は少ないですが、拉致で交渉せざる得ない状況に北を追い込んだことに間違いありません)
 皆、北朝鮮を信じてないから中国が証人となって核廃棄の履行を確認する??というフレームに思えるのですが、日本のマスゴミは何を報道しているのでしょうかね。

 この話で我がブログを更新したかったのですが、明日からまた旅の空・・
 うー残念です。

  • 投稿者: SAKAKI
  • 2007/02/15(木) 15:49:50
  • [編集]

SAKAKI さん

>日本は拉致問題解決まで支援を控えるでしょうし、流れ来る情報を冷静に分析すると(裏取引が無ければ)、北朝鮮にとって、実となる部分はあまり無いと思います。

私も今日は時間が無くて記事をアップできませんでした。

とにかく今の時点で言えることは、まだ実質的なことは何も確定していないということですね。

このあたりは明日アップする記事で述べたいと思います。

旅行、お気をつけていってらっしゃいませ。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/02/16(金) 00:07:47
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。