初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノムヒョン・ダウン、日本の各個撃破戦略に沈む!

  • 2007/01/17(水) 00:46:31

 安倍首相が欧州歴訪と東アジアサミット参加をこなし、帰国した。

その評価については、おいおい書いていくとして、まずは軽~くアンティパスト(前菜)から。

フィリピンで行われた東アジアサミットにおいて安倍首相は、公式声明などに拉致問題を明記させることを重要な目標の一つとして臨んだようだ。

だが東アジアサミットには、北朝鮮のパトロンである中国と、太陽政策の失敗を絶対に認めたくないノムヒョン韓国というハードルがある。

その結果がどうなったかといえば、議長声明で「食糧不足や医療問題と同様、拉致問題は安全保障と人道上の懸念」と定義され、北朝鮮に対し日本人拉致など国際社会が懸念する人道上の懸念に積極的に取り組むよう求めることが明記された。

「拉致を含む人道上の懸念に北朝鮮は実質的に対処する必要がある」という認識を持つ、議長国のフィリピン・アロヨ大統領も応援してくれたとはいえ、外交力には定評のある中国とその金魚のフン・韓国を振り切ってのことであり、これは異例のことと言える。

また、14日の日中韓三カ国首脳会議後に発表された共同声明でも、はじめて拉致問題が人道上の懸念として明記された。

このように、公式声明に拉致問題が明記されたからといって、すぐさま中国や韓国が真剣に日本に協力してくれるということはまず無いが、国際社会への影響を考えれば明らかに日本のポイントである。

フィリピン外交筋から「特に韓国は、拉致問題の言及を嫌がっている」という情報が流れていたが、一方の韓国は痛打を浴びたというところだろうか。

ソウルでの日韓首脳会談では、核武装や拉致など北朝鮮の脅威を主張する安倍首相に対し、ノムヒョンは「過去の歴史!日本の反省!」一辺倒で、共同声明さえ出なかったのと大違いである。

参考記事 

 これには安倍首相側に策があったようだ。

14日の三カ国首脳会談では、中国にねらいを定めてまず”撃破”することを目指し、さらに日中の親密さをアピールするため首脳会談をあえて延長させた。

控え室で一人カヤの外のノムヒョンは、思わぬ日中首脳会談の延長で合流を10分も待たされたという。

ノムヒョンに同行したソン外相がこれに激怒したというし、ノムヒョンも精神的プレッシャーを受け、韓国外交チームは相当動揺したようだ。

中国の温首相は、日中関係の再冷却化をおそれてか、日本が拉致問題を公式声明に明記することに特に反対はせず、「必要な協力はしたい」と一応の社交辞令まで発した。

その後ノムヒョンが合流、「拉致問題は別個の問題だ」と安倍首相に激しく抵抗したが、温首相の「”拉致問題”に代えて”人道上の懸念”と言いかえたらどうだ」という提案をひっくり返す力はノムヒョンに無く、拉致問題の解決が事実上、三カ国の共同声明として明記された。

こうして北朝鮮を支持する中・韓は、”各個撃破”されてしまった。

屈辱的な敗北感を味わったせいだろうか、体調不良を理由にノムヒョンはダウン、その晩の公式夕食会を欠席したという。

参考記事

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2007/01/16
/20070116000013.html

 このブログでは以前から、「中・韓などの反日国家をまとめて相手にするな、分断して”各個撃破”せよ!」「儒教国家の場合、相手の良心に期待するな、アメとムチで”調教”しろ!」と言ってきたわけだが、ようやく日本も戦略論の定石が打てるようになったわけだ。

今までなら、日本人を拉致・殺害した北朝鮮をバックアップするような理不尽な韓国に対し、援助や謝罪・賠償をすることでなんとか日本の味方をしてもらおうとするのが、日本政府・外務省のやり方だった。

韓国がどんなに理不尽な仕打ちを日本にしても、日本が韓国へひたすら謝罪しカネを与え問題行動を見逃してやることで、いずれ韓国が冷静になって日本の味方をしてくれるだろうという発想だった。

だが韓国は、日本からの善意を「自分たちの強さの証拠、日本が自分たちより弱い証拠」と見なし、ますます日本への問題行動をエスカレートさせていくのが常だった。

今回の”ノムヒョン・ダウン”で、「日本が無意味な譲歩カードを韓国に切って目的を達成しようとすることの愚かさ」と「各個撃破戦略の正しさ」「調教戦略の正しさ」が今一度確認できたと思うのだが。

私は、各個撃破戦略を取り入れた、安倍首相の主張する外交を支持したいと思う。


banner_04.gif

↑新しい日本の外交を支持するという方はポチッとしてください。


関連記事・ノムヒョンが日本海を平和の海にと”譲歩”

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

安倍外交の成果

表の話と裏の読み主張する外交について 世間での評価は芳しくないようだが、安倍氏は確実に外交で成果を挙げているように思える。 「北朝鮮の拉致問題への懸念表明」について、中国の支持を取り付けたうえ、韓国をも

  • From: 浦安タウンのオモシロ経済学 |
  • 2007/01/17(水) 18:36:37

この記事に対するコメント

儒教国家に相手の良心は期待出来ない

戦前の欧米列強は支那に対して、下記の通り行なったと聞いています。支那、朝鮮、ロシアにはまともな話し合いは通じない。力には力だ!

>「儒教国家の場合、相手の良心に期待するな、アメとムチで”調教”しろ!」と言ってきたわけだが。

  • 投稿者: ホイド
  • 2007/01/17(水) 10:17:02
  • [編集]

韓国幼児論

韓国は2,3歳の幼児であると言うのが私の持論。
幼児が堪えるのはシカトする事。仲間外れにすれば、その内擦り寄って来る。

中国は相変わらずしたたかな大人振りを発揮した。
日本と仲良くしていた方が金・技術等メリットが大きいのだから、当然の事。
今までその恩恵を十二分に受けていたはずなのに、あまりにも幼稚な韓国。
相手をして欲しかったら、意地を張らず素直に成る事だ。
経済は既に赤信号が灯っているのだから。

  • 投稿者: 青雲大空
  • 2007/01/17(水) 13:04:40
  • [編集]

分断することは正解でしたね

私も今回の安倍首相の主張する外交は成果あったと思います。日本のメディアの評価は低いですけどね・・

  • 投稿者: SAKAKI
  • 2007/01/17(水) 14:42:54
  • [編集]

ホイド さん

>戦前の欧米列強は支那に対して、下記の通り行なったと聞いています。支那、朝鮮、ロシアにはまともな話し合いは通じない。力には力だ!

さすがに数々の外交の修羅場をくぐりぬけてきた欧米列強は賢明でしたね。

反対に日本は、「日本がリーダーとなって朝鮮・中国と力を合わせ欧米と対抗する」なんてのぼせ上がって、中・朝に入れ込んでいましたから。

青雲大空 さん

>韓国は2,3歳の幼児であると言うのが私の持論。

残念ながらそれは事実ですね。

それを戦後日本の外交官は、戦後の平等主義の影響からか、韓国を日本や欧米並みの大人の国と勘違いしていたのが失敗の原因でした。

SAKAKIさん

>日本のメディアの評価は低いですけどね・・

今や日本の大半のメディアは、「安倍政権つぶし」が存在目的となっていますから。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/01/17(水) 21:57:37
  • [編集]

なんというか

現在の政権の努力や成果が分かりづらくなった。
小泉政権の時みたいに、もっと総理大臣が表に出てきて、端的な文章で分かりやすく発言を行うべき。

今の期待したいんですが、全然、心が伝わりません…。

  • 投稿者: 危機!日本包囲網
  • 2007/01/17(水) 22:19:43
  • [編集]

危機!日本包囲網さん

確かに小泉手法と比べると、ふだんあまり政治に関心がない国民には、わかりづらいと思います。

防衛省発足とか教育基本法改正とか、少しづつ成果はあげていると思うんですが。

安倍手法を良く言えば「玄人好み」、悪く言えば「手垢がついて古臭い」といったところでしょうか。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/01/18(木) 21:58:41
  • [編集]

迂回戦術の安倍政権

小泉政権が誕生した時、その歴史的役割を正確に予見できた人はいなかった。5年余の小泉政権時代が終わった時にようやく、おぼろげではあるが、小泉政権の日本政治で成し遂げた役割がわかった。肥大化した官僚制度、産軍複合体ならぬ、官政複合体を解体し、シビリアンコントロールを回復することにあったといえよう。官僚が情報、金、権力で議会を支配するという本末転倒なことが起こっていた。これを正常化したのが小泉政権である。外政問題などこれに比べれば些細な問題である。官政複合体は解体され、安倍政権に引き継がれた。安倍政権は、内政問題を小泉政権が大掃除してくれたので、外政問題に注力できる。安倍政権の外交手法の特徴は、布石を打って敵を追い込む、あるいは直接対決は避け、斜め後方から回り込んで弱点を叩くところにある。あまり華々しいところはないが、いつのまにか相手に優勢を認めさせるやり方は玄人好みである。ある意味、小泉政権よりも安倍政権は強いだろう。

  • 投稿者: 朝日将軍
  • 2007/01/20(土) 02:56:06
  • [編集]

朝日将軍 さん

戦後日本というレジームから脱却するために、官僚の政治介入を排除しなければならないという点は重要ですし、小泉政権でそこにメスが入ったことは私も評価しています。

ただ「谷内外務次官の解任を要求する」のエントリーで書きましたとおり、官僚の政治介入は依然としてそんざいしているのではないか?というのが私の懸念です。

安倍政権の手法が玄人好みというところは同意です。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/01/21(日) 00:36:53
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。