初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国株式市場はバブルと警告

  • 2007/01/10(水) 23:59:33

◆シティバンクなどが中国株式市場はバブルと警告 

参考記事 

 最近思うのだが、中国は経済政策を失敗しつつあるのではなかろうか。

これまで中国は、大規模なドル買い元売り介入を行って、ドルに対する元の切りあがりを必死になって防いできた。

また国家発展改革委員会を中心に政府が物価の上昇を極力おさえ、中国の国策エネルギー企業が世界中から相場より割安で油田を囲い込んで、市場を通さずに原油を本国へ直送してきた。

それもこれも全て、中国における生産コストを低いままにおさえて世界から投資を呼び込み、生産された財を欧米・日本などへ輸出することで驚異的な発展スピードを維持するという、中国政府の戦略のためだった。

だから元高・物価高・賃金上昇は即座に中国の競争力下落に直結するとして、中国政府が外国為替や物価を操作してきたわけだ。

中央銀行である人民銀行も、人民元の為替政策に間違いは無いとこれまで胸を張ってきた。

 だが、経済発展とともに本来なら自国通貨高、物価・賃金上昇という現象がみられるのが自然なのに、これまで中国ではそれがほとんどみられなかったというのは異常だった。

例えるなら、体が大きくなっていけば足のサイズも大きくなっていくのが当たり前なのに、中国の前近代の習慣である纏足(女児の足を包帯できつく巻き、強制的に大人になっても足が大きくならないようにする習慣)のように、中国経済という体が大きくなっていっても、足(人民元の対ドルレート)が小さいままなのだ。

このままいけば、小さな足が巨大化した体を支えきれなくなって、ぶっ倒れるのは当然の成り行きだろう。

中国の外貨準備がとうとう1兆ドルを超えたにもかかわらず、人民元の切りあがりが亀のように遅いのは、中国がドル買い元売り介入を行っているせいであるのは前述のとおり。

だが、不胎化がうまくいっていないのではないか。

中国はドルを買うために大量の元を売っているので、そのままでは流動性過剰になってしまう。 こういう場合、中央銀行などが債券を発行して市場からマネーを吸い上げるという政策をとるのだが、それを不胎化という。

中国の場合、貿易黒字が巨額すぎてドル買い・元売りの量があまりにも多いために不胎化がまったく追いついていない可能性がある。

2006年の貿易黒字が史上最高の1774億7000万ドルにのぼったという。

参考記事 

流動性が過剰になれば、当然インフレが発生する。

人民銀行は、預金準備率を9.5%に引き上げたばかりだが、果たして効果があるのか?

参考記事 

昨年の11月から12月にかけて、中国の物価が急上昇して市民の不満がかつてなく高まっているというニュースがあったが、クロフネは、これはいつもとは風向きが違うなと感じていた。

そして今回、シティなど外資系銀行が中国の株式市場でバブル崩壊の危険性があると警告している。

資産インフレがそこまでひどくなったということか。

中国が人民元の切りあげを無理やり抑えているために、将来の人民元高を期待する投資家のさらなるマネーが中国の株式・不動産市場に流れ込む結果となっている、というのもあるだろう。

胡指導部は地方に対してブレーキをかけるために号令は発しているのだが、効果はあがっていない。 固定資産への投資は依然高水準だし、住宅市場もバブルだと指摘されて久しい。

アメリカがどんなに批判をしようが圧力をかけようが、人民元を何が何でも切り上げさせないという中国の戦略は、失敗しつつあるのではないだろうか。

日本も、中国経済というプレートにたまったひずみが元に戻ろうとして大震災が起こるのに備える時期では?

あと、韓国経済も知らず知らずのうちに自分からワナにはまりつつあるような気がする。 あえて理由は言わないが。


banner_04.gif

↑管理人が元気になりますので、もっと記事が読みたいという方はポチッとしてください。

関連記事・中国の国家戦略


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

東欧の中国企業

ご苦労様です。同感です。オリンピック後にメルトダウンが現実身を帯びてきました。
ところで、中国企業は中国内でためこんだ金を東欧で使っているようです。BusinessweekのEUの欄、The Chinese Discover Central Europe をご覧ください。
著作権侵害の中国最大のテレビメーカーが、パクった技術で東欧でビジネス。FlatTVといえば日本の技術。ほんとに日本企業の天然さには呆れるやら、情けない限りです。

  • 投稿者: makotobito
  • 2007/01/11(木) 11:14:01
  • [編集]

貿易黒字が史上最高というニュースを見て単純にすごいなーと思ったのですが、手放しに喜んでいられるというわけではないということですか?

  • 投稿者: asse
  • 2007/01/12(金) 00:41:45
  • [編集]

makotobitoさん

>ところで、中国企業は中国内でためこんだ金を東欧で使っているようです。BusinessweekのEUの欄、The Chinese Discover Central Europe をご覧ください。
著作権侵害の中国最大のテレビメーカーが、パクった技術で東欧でビジネス。FlatTVといえば日本の技術。ほんとに日本企業の天然さには呆れるやら、情けない限りです。

情報ありがとうございます。 韓国に続き中国もですか、懲りないですねお人よし日本企業は。


asseさん

貿易黒字は良いのでしょうけれど、通貨・金融政策でかなり問題があるように思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/01/12(金) 00:51:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。