初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7600億円のゆくえと国の借金

  • 2006/12/05(火) 23:12:46

 旧本州四国連絡橋公団の債務返済が今年度で終わるために発生する5000億円以上の余剰金の使い道について、自民党内部が色めき立っている。

財務省は財政再建のために、余剰金を国債の償還に使いたいようだが、自民党の議員は「そんな地味な使い方をするな」とばかりに反発している。

参考記事 

 小泉純一郎という怖~い”おやかた様”がいなくなって、「元の濁りの自民こひしき」という連中が、どうも復活してきているように思う。

民間の試算で、景気回復による税収増で約7600億円に上るとの見方もある余剰金を、地方に派手にバラ撒いて、きたるべき選挙戦を有利にしようという魂胆が、彼らにはあるようだ。

 しかし、そんなことで大多数の国民が喜ぶとは思えないし、そもそも有効に使えるのだろうか?

バブル真っ盛りの竹下政権時代に、「ふるさと創生」とか何とか言って地方にカネをバラ撒いたが、純金のカツオ像をつくって眺めていたら盗まれたとか、ろくな使い方じゃなかった。

今現在、バブル期以上の低金利で、長期のゆるやかな好景気の只中にある。どうしても「ふるさと創生」を連想してしまうのだが。

 今回は、私も財務省の意見に賛成。

「国・地方の借金が大変」と大騒ぎしているのだから、道路族議員なんぞほっといて、一般財源化して国債を償還するなり、新規国債を減らすなりすれば良い。そうすることで、消費税アップを何としても回避すべき。

消費税アップで、内需が落ちて好調な景気を冷やすのを避けなければならないし、逆累進性のために貧富の格差が拡大しすぎて、日本の国力が減退するのを防ぐという観点からも、消費税アップは避ける必要があると私は考えている。

国債を減らし財政再建で実績を残すことで、小泉政権のかかげた行財政改革が進んでいることを国民によくアピールすれば、それがひいては選挙対策にもなろう。

それでもバラ撒きたいというのなら、MDを防衛予算とは別枠にして7600億円を防衛費に回してくれ。

7600億あれば、旧式戦闘機のF-4ファントムを使っている沖縄の一個スコードロンをまるまる最新鋭のF-22ラプターに交換して、おつりがくると思う。

そうすれば、中国の脅威から日本を守る上で非常に大きな戦力となる。こんな有意義な使い方は無い。

 怖~い”おやかた様”がいなくなって、「元の濁りの自民こひしき」という連中がうごめき出している。

安倍首相には、しっかり指導力を発揮して小泉政権が開始した行財政改革を徹底させて欲しい。

このままなし崩しになると、安倍政権の命取りになりかねない。

現在の衆議院の自民党議席は、小泉前首相の行財政改革を支持したから国民が与えたのだ。政官財の癒着といった古い自民党の復活を国民が望んでいるわけではない。

すべての自民党議員は、そこを勘違いしてはいけない。

 今回ちょっと国債と国の借金の話をしたが、次回はもうちょっとつっこんだ話をしたいと思う。

banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます。

関連記事・格差社会と税制改革(その2

関連記事・格差社会と税制改革(最終回)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

レーザー砲を作れ

7600億全部投入してきちっとしたレーザー砲を作れ。これさえあれば、弾道ミサイルだろうが、超音速の航空機や飛翔体だろうが、人工衛星だろうが、全部「光速」で撃破できる。次の軍事のトレンドは防御不能の指向性エネルギー兵器と無人兵器(ロボット)だ。必ず、必ずこれが世界を変えるぞ・・・。

  • 投稿者: 技術革新が未来をつなぐ
  • 2006/12/06(水) 00:12:28
  • [編集]

自民党は所詮自民党

実は私は長らく野党支持でして、
小泉さんになって初めて自主的に自民に投票しました。
特に都市部でそういう人が多いと思います。
しかし今度の造反組復党には呆れました。
それに久間発言、
「地方では復党を望んでる人が多い」
開いた口がふさがりません。
>「元の濁りの自民こひしき」
これで参院選で勝つつもりなのかな?
と言って「あの」民主に入れる気は更々ないですが・・・困ってます。

  • 投稿者: 太郎
  • 2006/12/06(水) 23:35:00
  • [編集]

連名で失礼します

技術革新が未来をつなぐ さん

レーザー砲いいですね。

大電力が必要無い、化学ガス方式が良いかもしれません。

太郎さん

私は造反議員の復帰そのものは悪いわけではないと考えています。

過去エントリー
http://gaikoanzenhosyo.blog4.fc2.com/blog-entry-417.html

日本社会は昔から潔癖症的な空気が強くて、「1度でも失敗したやつは腹を切れ! 名誉挽回のチャンスは絶対に与えない」と考える日本人が多くて残念に思います。

ただ、造反組復党で「昔の自民党に戻るチャンスだ」と勘違いしている議員が存在するのが問題かと。

>と言って「あの」民主に入れる気は更々ないですが・・・困ってます。

同感です。自民党以外にもう一つ保守政党が欲しいところです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/12/06(水) 23:57:56
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。