初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚きのドーハ・アジア大会開会式

  • 2006/12/05(火) 00:37:32

 2日土曜の深夜、なんとなくアジア大会2006の開会式を観ていたのだが、ちょっと驚いてしまった。

アジア大会とは、4年に1度開かれるアジアだけでやるオリンピックのようなもので、今年はカタールの首都ドーハで開催している。

何が驚いたかと言えば開会式のあまりの派手さ・豪華さで、オリンピックどころかアラブ圏で初のアジア大会開催ということもあって、カタールの気合をヒシヒシと感じた。(演出はオーストラリア人だとか)

 開会式のテーマはイスラムの歴史で、ギリシャやインドを起源とする数学・化学がイスラム世界で発展を遂げ、それが西欧へと伝わって、近代科学に影響を与えたというストーリーとなっていた。

バックスタンドの上部が巨大なスクリーンとなっており、アル・ヒラル(三日月)が浮かぶ夜空になったり、イスラムの偉大な科学者たちの顔が次々と映し出されたりして面白かった。

各国選手団の入場行進のときも、スクリーンに巨大な国旗とその国がアジアのどこに位置しているのかの地図が出て、非常に分かりやすく画期的。

 開会式のクライマックスとなる聖火の点灯式もまた、派手な演出と独創的なアイデアで、

馬に乗った18歳のカタールの王子様が、最終ランナーから聖火をバトンタッチされると、いったんメインスタンドへ馬をすすめて挨拶をし、くるりと向きを変えてバックスタンドへと走り出し、そのままバックスタンドにつくられた急勾配の階段を馬ごとダダッと駆け上った。

当日ドーハでは雨があがった直後ということもあって、聖火台まであともう少しというところで、馬がゼイゼイいってなかなか上がれなくなるし、足元でなんども滑っていたので、王子様もろとも落っこちたら大変とヒヤヒヤしながら観ていた。

王子様も手綱で何度も馬にカツを入れていた。



 TVではVIP席にいるカタールのハリファ首長陛下が何度も映されていて、馬に乗った王子様が登場したり、大会の組織委員長(たぶんこの人もお名前から察するにカタールの王子様)がスピーチをすると、手を叩いてお喜びになるのに、アジア・オリンピック委員会の重役(たぶんお名前から察するにクウェートの王族)がスピーチすると関心が無いといった具合で、あさっての方向を向いていらっしゃったのが微笑ましかった。

カタール・バーレーン・クウェート・サウジ・UAE・オマーンのいわゆるGCC諸国の王族同士は、ちょっとしたライバル関係にある。

GCC諸国ナンバー1を決めるサッカーの大会・ガルフカップは、ある意味ワールドカップ予選より厳しいかもしれない。

GCC諸国のサッカー代表チーム監督を引き受けた外国人は、「負ければ即クビ」でプレッシャーがかかるガルフカップを「近親憎悪の大会」と呼んで、警戒している。

そういえば、GCC諸国は近い将来、統一通貨をつくって経済統合をするとのことだが、大丈夫なのだろうか(笑)

 開会式を〆るのは、大花火大会で、その数36000発だったとのこと。
TVで観るだけでも凄かったから、現地で生で観たらもっと凄かっただろう。

何十秒間で数十億いや百億円ぐらいブッとんでいったのではないか。

ともかく下手なオリンピック以上に楽しめた、開会式だった。
これも原油が1バレル=60-70ドルの威力か(笑)

 ところでクロフネが気になった点がひとつだけ。

各国の選手入場の時に、各選手団はアラブの太鼓のリズムで行進したのだが、”アジアの大国”の選手団に限ってその前を、その国の伝統の太鼓楽団が乗った山車に先導されて、行進していた。

中国・インド・イラン・UAE・マレーシア・タイなどが、その国の太鼓楽団を乗せた山車に先導されて行進していて、まあ納得だった。

日本選手団も和太鼓の山車に先導されるのかと思いきや、全くの山車なし。



そのかわり統一朝鮮選手団の前には、山車があったが、そこに乗っていた楽団が和太鼓そっくりで(以下略)

朝鮮は中華文明をひたすらコピーしてきたのだから、あれは無いと思った。

もっとも、開会式で行われたアジア各国の文化紹介では、日本・中国・インドなどは紹介されたが南北朝鮮は無く(まあ当たり前)、そのことで韓国民の一部は怒り狂っているそう。

歴史的に自分の国の文化を大切にしてこなかったことが悪かったのに、隣国を妬んで皇室・日本語・剣道柔道・孔子・漢字・漢方薬・中秋なんでもかんでも韓国起源にしてしまう。

まったく、あのオカルト国家の文化コンプレックスには付き合いきれない。

banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックで管理人に少しだけパワーを分けてください。





この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

演出ミスだよ

侍と花魁の装いも不気味でした。
特に髪型が、ハリウッドのなんちゃってジャパニーズみたいでした。

  • 投稿者: nanashi
  • 2006/12/05(火) 05:56:19
  • [編集]

nanashi さん

あれがアラブなり白人演出家なりの日本文化理解なんでしょうね。

ああした誤解の半分は、日本自身による自国文化のアピールが足りないということだと思いますよ。

だからご愛嬌ということで目をつぶってやってください。

アラブから遠い遠い日本の文化を紹介しようと彼らなりに努力したわけですから。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/12/05(火) 21:51:00
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。