初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本はどのように成立したか?

  • 2006/11/23(木) 23:01:03

前回のつづき 

 今日は、以前お約束したとおり、日本という国がどのように成立したかを推理しつつ、韓国で根強く信仰されている「皇室の祖先は百済人」という説を論破していきたい。

 さて、日本がどのように成立したかについてのまとまった歴史資料では、やはり古事記と日本書紀の右に出るものはない。

これらの書物には、日本の建国神話として”神武東征”の話がのっている。

九州を出発した神武天皇が東に進み、三重県の熊野に上陸、そのまま北上して奈良にはいって即位、初代神武天皇となったという話である。

いつだったか「”神武東征”の話は大げさで、事実ではないだろう」というコメントを下さった方がいた。

古事記や日本書紀あるいは漢書のような正史は、ある王朝が国を治める正統性を内外に示すために書かれるものだから、その王朝にとって都合の良いことしか書かれないという可能性がある。

”神武東征”の話はコメントを下さった方が言うように、本当ではないのかもしれない。

だが私は、東征神話が一字一句事実を正確に記録したものではないにしても、それに似た事件が本当にあって、そうした史実をある程度反映したかたちで、東征神話が形成されたと考えている。

そう考えるもう一つの根拠は、弥生時代中期末から後期はじめ(1世紀の前半ぐらい)にかけて、畿内に出現する高地性集落の存在である。

弥生人は水田耕作をしていたので、普通集落は田に水を引くのに便利な低地につくられる。

ところがある時期に、水を引くのに不便な丘や小山の上に集落が築かれはじめた。それを高地性集落と呼ぶ。

高地性集落は、外敵から身を守る当時の砦(とりで)と考えられている。

つまり、この1世紀の前半あたりに山陽から畿内の各国は、戦乱に備え砦を築かなければならなかったということだ。

(高地性集落は弥生後期末にもつくられている)

中国の歴史書にあるように、この時期の日本はおそらく百以上の国に分かれており、ひとつの国の大きさは、現在の市町村が何個か集まった程度の広さだったと思われる。

また弥生中期末の、畿内の高地性集落には、瀬戸内方面の土器がぱったり入らなくなったものもあるという。つまり畿内と瀬戸内との関係が悪化し、交流が途絶えた可能性がある。

私は、紀元前後ごろ瀬戸内海か瀬戸内海に面する平野から畿内各地の国を攻めた勢力があったのではないかと仮説を立てている。

 以上の点から、日本がどのように成立したか推理すると、 

九州の南東部(今の宮崎か大分あたり)の国を何らかの異変がおそった。それは火山の噴火だったかもしれないし戦争だったかもしれない。

そしてある国の領主は危機を脱するために一族と領民それに食料や家財道具を船に積んで、新天地を探すあての無い旅に出た。 

その領主をここでは仮に神武天皇とお呼びしておく。(当時は天皇という称号はもちろん無かった)

”海の民”となった神武天皇の一行は、瀬戸内海を東に進み居住と耕作に適した土地を探したが、すでに人が住んで国をつくっているところばかりで、各地で戦になってしまった。

そしてとうとう瀬戸内海の終点、大阪湾にたどり着き、神武天皇の一行は上陸を決意する。

ところが、そこはナガスネビコという有力な王が支配する国であった。

神武天皇はナガスネビコの軍勢と戦ったが敗れ、上陸はかなわなかった。しかもこの戦いで神武天皇は最愛の兄を失ってしまう。

残った兵をまとめた神武天皇は大阪湾を南下、紀伊水道を通って三重県熊野にたどり着いた。

そこで、大阪方面への通り道があるという情報をつかみ、軍勢を立て直して熊野・吉野の原生林を分け入り、奈良盆地に出た。

思いもよらず背後をつかれたナガスネビコは、神武天皇の軍勢の侵入を許し、神武天皇と一族・領民は奈良盆地に新しい国を建てた。

それから八人の天皇(欠史八代)が統治するうちにその国は実力を蓄え、地域最有力の国の一つとなった。

そして仮に崇神天皇とお呼びしておくが、その方が天下統一を決意し各地に軍勢を派遣、吉備や出雲をはじめとする諸国を従え、皇室のもとに各地の有力豪族が集うかたちで全国が統一されていった。

全国統一といっても、西は九州中部(熊本宮崎あたり)から東は東海・北陸あたりまでだったのではないか。

それでは、東北・北海道や九州南部は無人の空白地帯だったのかというとそうではなく、東北以北には蝦夷(エミシ)、九州南部には隼人(ハヤト)と呼ばれる、言語・文化の違う人たちがいた。

こういう具合に日本という国は成立していったのではないだろうか、というのがクロフネの仮説である。

 ただ、日本書紀にあるように初代天皇が奈良盆地に新しい国を建設したのが紀元前660年であるというのは、今のところ事実であるとは言い難い。

高地性集落の出現時期からみて、紀元前後ごろがひとつの候補となるが、実際にあったことだったとしても、いつかはわからない。 

また、崇神天皇が全国統一に乗り出した時期としては、倭国大乱があったとされる2世紀中ごろがひとつの候補で、それが完成したのは、最古の巨大前方後円墳があらわれはじめる3世紀中ごろと私は推理している。

 それでは次のテーマ、韓国で根強く信仰されている「皇室の祖先は百済人」という話は本当だろうか?

そういう話が在日を含む韓国・朝鮮系の人々に強く信じられているために、「皇室の祖先は朝鮮半島人なのだから最終的には俺たちのモノだ」という潜在意識が彼らにあるように私は思えてしかたがない。

だから毎日の在日系記者が、他国の皇室に向かってまるで自分の所有物であるかのように無礼千万な物言いをするのではないだろうか。

そう言えばうろ覚えだが、辛ナンタラという女性が「皇室を半島に返せ!」と叫んでいたような記憶がある。(ご存知の方います?)

 それでは話の本筋に入ろう。

 百済を建国したのは夫余人で、夫余国・高句麗を建国した民族と基本的に同じだ。

夫余人はもともと中国東北地方にいたのだが、三国時代末から晋時代の中華王朝の混乱と衰退に乗じて南下、

高句麗が313年、晋の朝鮮半島統治機関・楽浪郡を滅ぼし半島内部に侵入すると、その一派はさらに南下して馬韓とよばれた地域の一部を征服、今でいう忠清道から京畿道にかけての地域あたりに百済を建てた。(どういう関係かは知らないが、現在でも忠清南道に扶余という町がある)

朝鮮半島に伝わる歴史書・三国史記では百済の建国を紀元前18年としているが、事実ではないだろう。

おそらく中国東北地方にいた時期を含めているか、ライバルで紀元前1世紀には建国していた高句麗に対抗するために、百済の建国時期を実際より早くしたものと思われる。

第一、紀元前2世紀から紀元後4世紀まで中華王朝の統治機関・楽浪郡が朝鮮半島北部から中部あたりを支配していたので、それより以前に百済がそこに建国していたというのはおかしい話である。

夫余民族に固有のお墓は積石墓と呼ばれるもので、高句麗・百済の王族のお墓はたいていこれであるが、百済の積石墓が半島中部にできはじめるのも4世紀ごろである。

 よって夫余人が朝鮮半島に侵入して百済を建てた時期がだいたい4世紀ごろになるが、先ほど言ったように、皇室のご先祖さまが一応、全国統一の形を整えたのが3世紀ごろだから時代があわない。

日本が一つの国としてまとまりつつあった3世紀に、百済を建国するはずの夫余人は、遠く中国東北地方のあたりにいたのである。

このことから、韓国に根強く存在する「百済人が日本を征服して皇室になったのだ」という話が到底ありえないことだとわかる。

また、半島南部にあった十数個の小国が分立していた地域・任那(加羅・加耶とも)の王族が皇室の祖先だという話も韓国にあるが、

当時倭国と呼ばれていた日本は九州中部から東海・北陸あたりまでだったとしても、日本の一つの県よりも小さいような任那の一国が日本を征服して、皇室の祖先となるのは相当無理がある。

今で言えば、「中米の小さな国ベリーズの大統領がアメリカ合衆国を征服しホワイトハウスの主人となった」というぐらい荒唐無稽な話である。

それに、百済にしろ任那にしろ、そこの王族が日本を征服したといったことが事実なら大事件で、日本・朝鮮半島・中国に伝わる歴史書に記録として残るはずである。

ところがそのような記録は一つも無い。

むしろ日本が大国として4世紀以降、任那諸国や百済・新羅といった朝鮮半島の国々に対して大きな影響力を持つようになることが、日本・半島・中国の歴史書・碑文に記されている。

そして日本と高句麗という二大勢力が、間に挟まれた百済・新羅・任那諸国を自らの勢力圏にすべく争うようになるのである。

 以上、日本という国がどのようの成立したかクロフネなりに推理してみた。
これは前回でも言ったが、なにぶん古い話なので今のところ「これが確実な日本建国の歴史だ」というものは無い。

日本書紀や古事記を読んだり、日本各地の考古学調査の結果を記した本も参考にして、日本がどのように成立したか自分なりに推理してみるのも楽しいと思う。

 当初は日本の支配者だった皇室も、徐々に象徴的な存在となっていた。あたかも明治以前から立憲君主制のように「君臨すれども統治せず」になっていたのである。

ところが、かえってそのことが日本の政治を安定させ、世界でまれに見るほど長い歴史を誇る皇室を持つ国となった。

もし世俗の欲得にまみれた人間が日本のトップについていたら、そうはならなかったことだろう。

残念ながらそのことの有り難さに気づいている日本人はまだまだ少ない。

banner_04.gif

↑管理人が元気になりますので、もっと記事が読みたいという方はポチッとしてください↓
人気blogランキング


関連記事・皇室のナゾ・欠史八代

関連記事・皇室のナゾ・欠史八代 (最終回)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在のダルフールは○ 60年前の慰安婦は×

おいしい「じゃがいも」が収穫できました!!地中海ソルトで喰らうとうまいのなんの・・心躍る倭人 榊が日本人に贈るメッセージ「いいか日本人。よーっく聞け 国際連合とは、中立じゃねーのさ」されど慰安婦問題に「

  • From: 湖北庵通信(旧 浦安タウンの経済学) |
  • 2007/06/23(土) 23:44:29

朝鮮戦争勃発の日に思う

問う!!「韓国人よ」今日が何の日か知っているのか??韓国の自負 経済好調へと向かいそうな韓国。大統領は得意満面でしょう。 そもそも「倭人」が「日本人」として、人間のような生活をしているのは、古来か

  • From: 湖北庵通信(旧 浦安タウンの経済学) |
  • 2007/06/25(月) 18:44:02

この記事に対するコメント

たぶん、その女性は辛淑玉(シンスゴ)のことだと思います。
皇室の方々に対して「役立たず」だの、「拉致被害者の気持ちが最も分かるのは在日」だの、「日本は封建国家」だの、数々の妄言を吹聴して回っている大迷惑な人物です。
在日問題の他にもジェンダーや障害者問題をも脇差として振るう三刀流です。
戦後の日本はこういう手合いに本当に苦しめられてきました。

  • 投稿者: エトワ
  • 2006/11/24(金) 04:26:44
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2006/11/24(金) 16:29:02
  • [編集]

古代国家の成り立ち

私も日本に広い領域を支配する古代国家が成立したのは、漢王朝の史書に記録されている倭国大乱の前後だと思います。

だだし、古代国家建設を当初、主導したのは、出雲のスサノオ一族(フツ一族)だと思います。そして、四隅突出古墳が分布する領域が彼らの勢力圏だと思っています。

出雲の勢力に対抗して、吉備の勢力と大和の勢力が合邦したのが、大和王朝の始まりではないかと考えています。

  • 投稿者: 平凡太郎
  • 2006/11/24(金) 17:20:12
  • [編集]

連名で失礼します

エトワさん

>たぶん、その女性は辛淑玉(シンスゴ)のことだと思います。
皇室の方々に対して「役立たず」だの、「拉致被害者の気持ちが最も分かるのは在日」だの、「日本は封建国家」だの、数々の妄言を吹聴して回っている大迷惑な人物です。

うろ覚えだったんですが、やっぱり辛淑玉ですよね。

他人の国の立憲君主にたいして無礼千万です。

そんなに嫌なら日本から出て行けばよいのに。日本政府専用機を飛ばして希望者を帰国させるべきだと思います。

あと、今上陛下が「百済とのゆかり」についてお話になったとき、韓国マスコミが一斉に「日王が、ようやく祖先が百済人だと認めたぞ!」と大騒ぎしたのは、みっともないの一言でした。

平凡太郎さん

>出雲の勢力に対抗して、吉備の勢力と大和の勢力が合邦したのが、大和王朝の始まりではないかと考えています。

なるほどなるほど。 興味ありますので、もしよろしかったら何故そうお考えになったのかお教え願えますか?

私は、出雲と非常に近い関係にあった吉備が大和の勢力に征服されたことで、出雲の支配者が「私を出雲の宗教指導者にしてくれるなら、政治的な実権は大和に譲っても良い」と大和の勢力に申し出たのではないかと考えていました。

つまりそれが”国譲り神話”のベースになったのではないかと...

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/11/24(金) 20:42:39
  • [編集]

仮に皇室の先祖が百済の人だったとしても、私は「それがどうしたの?」としか言えないです。
ミトコンドリア・イブの調査結果から「世界中の人間はアフリカ人だ」って言っているようなもの。
変なことにこだわる人達ですね~

  • 投稿者: オリオン
  • 2006/11/24(金) 21:47:50
  • [編集]

古代の大和と吉備について

いつも為になる記述を無料で読ませて頂いております。

>もしよろしかったら何故そうお考えになったのかお教え願えますか?

崇神天皇の王都と推定される纒向遺跡の出土品などから推定しました。
纒向遺跡の古墳から、吉備に始まる特殊器台や特殊壷が出土していますし、古墳に葺石するのは吉備が先行していた文化です。

これは、纒向の勢力が吉備の伝統を取り入れたと考えられないでしょうか?

大和が吉備を軍事征服した場合、征服した相手の文化を取り入れる事は考えにくいと思います。

尚、私は、神武東征により銅鐸文化が奈良盆地より消滅したと考えています。

  • 投稿者: 平凡太郎
  • 2006/11/24(金) 22:05:53
  • [編集]

連名で失礼します

オリオン さん

>仮に皇室の先祖が百済の人だったとしても、私は「それがどうしたの?」としか言えないです。
>変なことにこだわる人達ですね~

まさにそこがポイントですよね。

韓国では「血によって能力が遺伝する」という信仰がまだまだ根強く残っている国です。

マックス・ウェーバーはそういう段階の社会は原始的だと言っていますが。

そういう信仰が信じられているからこそ、

日本の支配者の祖先は百済人→優秀な百済人の遺伝子のおかげで日本の支配者になれた→だから日本人よりも百済人を祖先にもつ韓国人の方が優秀

という、彼らのコンプレックスを解消するためのロジックにつながるのでしょう。 ですから「皇室の祖先は百済人説」にこだわるわけです。


平凡太郎さん

>いつも為になる記述を無料で読ませて頂いております。

いえいえ、自分が生まれ育った日本社会に恩返しのつもりでやっております。

どの程度恩返しになっているかは定かではありませんが...

>纒向遺跡の古墳から、吉備に始まる特殊器台や特殊壷が出土していますし、古墳に葺石するのは吉備が先行していた文化です。

>これは、纒向の勢力が吉備の伝統を取り入れたと考えられないでしょうか?

なるほど、吉備の特殊器台を大和の儀礼に取り入れたらしいことは私も知っています。

特殊器台が円筒形埴輪へとつながっていくんですよね。

吉備と大和の合邦の可能性も考えなくてはなりませんね。

よくわかりました。どうもありがとうございます。

これは余談ですが、百済の都城である夢村土城から、円筒形埴輪が出土しているはずです。

なぜ百済が倭国の儀礼用土器を取り入れたか興味深いです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/11/25(土) 23:33:49
  • [編集]

三島明

イザで三島明という方が
独自の古代説を書かれています。

http://kabu003himiko.iza.ne.jp/blog/list/

おもしろいですよ。

  • 投稿者: nhatnhan625
  • 2007/06/24(日) 10:00:36
  • [編集]

歴史ですか

歴史の話をする時にいつも感心するのは
中国の歴史書ですね。
古代の歴史しかも日本・朝鮮までもこれでもかあれでもかと書かれています。
暇な奴がいましたね。

その次ぎに古いのが日本の歴史書でしょう。
これも又懲りずに朝鮮の歴史が書かれています。
日本にも暇な奴がいましたね。

肝心の朝鮮の歴史書はそれよりずっと遅れて出てきて何やら退屈な歴史書です。
満州には満州語又は女真語で書かれた歴史書があるのかどうか知りません。
モンゴルには伝説はあっても歴史書の
欠片もありませんがモンゴル人は気にしていないようです。

歴史書があれば歴史があると思うのは
思い上がり、歴史書が無くてもその歴史を想像するのは歴史です。
最近はどこの国でも暇な奴が多くなりました。
特に韓国には多いようです。

  • 投稿者: 金 国鎮
  • 2007/06/24(日) 14:04:16
  • [編集]

nhatnhan625さん

>イザで三島明という方が
独自の古代説を書かれています。

ご紹介ありがとうございます。

株と古代史ですか、おもしろそうです。


金国鎮さん

>歴史書が無くてもその歴史を想像するのは歴史です。

プッ(笑)

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/06/26(火) 00:10:23
  • [編集]

さて、7月29日は参議院議会選挙ですね?

はじめまして。心から失礼します。
メディアとかが勝手に指図した以外の参院選の争点って?

1)裁判員制度にNO!
http://asyura2.com/07/senkyo36/msg/1233.html
3)著作権法違反の非親告化について
http://asyura2.com/07/senkyo36/msg/1235.html
4)奴隷の電子刻印~年金騒ぎを口実にした「国民サービスカード」
http://asyura2.com/07/senkyo36/msg/1236.html

★なお、「民族問題」関連っていう意味でこちらにお邪魔しましたが、もしご削除なさっても異存ありません;

  • 投稿者: 嗚呼
  • 2007/06/30(土) 02:13:28
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。