初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国海軍、イギリスであまりの大人気に嫉妬

  • 2006/11/15(水) 21:36:37

 おととい、ちょっと韓国海軍について触れたが、それで急に思い出した。

これは、右側にあるオススメ本コーナーの雑誌・軍事研究の何月号かに載っていたのだが、「韓国海軍がイギリスであまりの大人気なのに、クロフネも嫉妬!」という話をしたい。

昨年6月、イギリス・ポーツマスでトラファルガー海戦200周年イベントが行われた。

リンク 

トラファルガー海戦とは1805年、イギリス上陸をうかがうフランスのナポレオンに対し、ネルソン提督率いるイギリス艦隊が、フランス・スペイン連合艦隊をジブラルタル海峡付近で打ち破った、大海戦のことである。

その戦勝200周年を記念するイベントが、エリザベス女王をはじめ王室ファミリー列席のもと行われた。

このイベントの一環として国際観艦式があり、世界36ヶ国59隻の海軍艦艇がイギリスを訪問し、日本からは護衛艦”むらさめ””ゆうぎり”と練習艦
”かしま”が参加した。

参加艦艇一覧 

”極東の果て”から遠路はるばるやって来たせいか、それともアドミラル・トーゴーを生んだ国の軍艦のせいか、日本の護衛艦はイギリスでかなり注目されていたそうだ。

関連記事 

イベントの公式出版物のひとつに、日本の護衛艦の写真が表紙を飾っていたものもあったという。

ポーツマスに集まった各国の報道陣の関心も高く、「”ユウギリ”見学ツアー参加希望者は、○×にお集まりください」という場内放送がかかると、各国報道陣が殺到してたちまち定員いっぱいになり、日本からきたジャーナリストが自分の国のフネなのに取材できない、といった事態にまでなっていた。

このイベントには、韓国海軍もノムヒョンご自慢の駆逐艦”Chungmugong Yi Sun-Shin”を参加させていた。

そして場内に、見学ツアー参加希望者への案内放送がかかった。

「それでは次に、チュ、チュ?、ウ~ン?」

クスクス (会場にいた各国報道陣)

「チュ、チュング?、チュグム?」

クスクス クスクス

「チュグ... ”サウスコリアン・シップ”見学ツアー参加者は...」

アーッハハハハハハ! (場内大爆笑)

とうとう韓国海軍の駆逐艦は正式名で呼んでもらえず、アナウンサーに”サウスコリアン・シップ”という、ありがたいニックネームを頂戴してしまった。

韓国海軍だけの特別待遇とあまりの大人気に嫉妬!である。

その後、日本人ジャーナリストのところにイギリス海軍の広報担当者がやってきて、「”サウスコリアンシップ”は本当はどう発音するのか教えてくれ」と言ってきたので、「チュンムゴン・イ・スンシン(忠武公・李舜臣)じゃないか?」と教えたものの、最後まで読めなかったという。

 韓国のローマ字表記って、文字と実際の発音が違いすぎるから無理ないと思う。

Leeで”イ”とか、Roで”ノ”とか、Busanで”プサン”なんて外国人は普通読めない。

韓国式ローマ字表記をつくった人は「文字通り読まない方がカッコイイ」とでも考えたのだろうか?

しかも李を Yiと書く人もいればLeeと書く人もいて、もう何が何だかワケがわからない。

 ところで、世界三大提督といえば、トラファルガー海戦に勝ったホレーショ・ネルソン、アメリカ独立戦争でイギリス艦隊を打ち破ったアメリカの軍人ジョン・ポール・ジョーンズ、そして日本海海戦の東郷平八郎だが、

韓国人はこれに今回登場したイ・スンシン(李舜臣)を加えて世界四大提督と言っているという話をよく聞く。

もちろん、ネルソン提督の偉業をたたえるイベント”トラファルガー200”に韓国が駆逐艦”イ・スンシン”を派遣したのは、四大提督をバリバリに意識したせいだろう。

ところが、イギリスでは全く知名度がなかったので、イギリス海軍アナウンサーも”Yi Sun-Shin”が読めなかったのだろうか?

 というわけで、「韓国海軍、イギリスで大人気!」という話でした。


banner_04.gif

↑管理人が元気になりますので、もっと記事が読みたいという方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ほのぼのとした気持ちになるいいコラムでした。たまにはいいですね。

  • 投稿者: yamamoto
  • 2006/11/16(木) 00:27:25
  • [編集]

どういう話の流れの中だったかは忘れましたが、うちの子供が少し前、東郷平八郎って誰?と聞いて来た事がありました。私達は、日露戦争の時の英雄だよね確か、日本海海戦でバルチック艦隊を破ったとか言う…詳しくは知らないけど、と答えたと思いますが、こう言った歴史を私達以上に良く知らないんですね。
で、子供の使った中学の歴史教科書や参考書には、東郷元帥の名前は本文にも索引にも全く載ってないのに、それに対してシャクシャインとかいう、松前藩の不当な支配に抵抗して戦ったアイヌ民族の英雄の事は結構詳しく載ってます。日本の歴史にとってそんなに、世界史に影響を与えた一大事 日露戦争 の英雄東郷元帥より重要な人物ですか、この人。これって何だか異常な感じがしませんか?

  • 投稿者: 無名戦士
  • 2006/11/16(木) 12:14:31
  • [編集]

非常に興味深い話ですね。
私の韓国人の友人の名のローマ字表記を見ても明らかにそう読めないだろ!と思ったのを思い出しました。

また面白い話をお聞かせください^^

  • 投稿者: asse
  • 2006/11/16(木) 20:22:07
  • [編集]

連名で失礼します

yamamoto さん

>ほのぼのとした気持ちになるいいコラムでした。たまにはいいですね。

ありがとうございます。たまには肩のこらない話もどうかと思いまして...


無名戦士さん

>日本の歴史にとってそんなに、世界史に影響を与えた一大事 日露戦争 の英雄東郷元帥より重要な人物ですか、この人。これって何だか異常な感じがしませんか?

 日本の歴史学会も相当左翼がかっていますから。

「日露戦争は、ロシアじゃなくて日本が一方的に悪かった侵略戦争だ」みたいな歴史観をもつ人間すらいるみたいですし。

日露戦争のことはちゃんと事実を教えるべきだと思います。

東洋の貧乏国家がなけなしのお金をはたいて戦艦を買い、軍事力も国家予算もはるかに強大なロシアを打ち破って、ロシアの南侵を食い止めたわけですから。

asse さん

>私の韓国人の友人の名のローマ字表記を見ても明らかにそう読めないだろ!と思ったのを思い出しました。

やっぱり読めないですよね、韓国式ローマ字表記は。

韓国人はPとB、TとD、KとGの音の区別ができないことも混乱の一因だと思います。

あと、韓国人が数字のゼロを「チェロ」と発音するので、噴出しそうになります。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/11/16(木) 20:46:26
  • [編集]

韓国語語頭の 'L,R' 音

うろおぼえの話で恐縮ですが、韓国語の漢字音では、語頭の 'L,R' 音は脱落します。たとえば、姓の ’李’は ’イ’となります。また、韓国語は日本語やアイヌ語などと同様に 'L,R' 音の区別がないことも、韓国語のローマ字表記をややこしくしていると思われます。

  • 投稿者: がいたん子
  • 2006/11/17(金) 10:30:58
  • [編集]

がいたん子さん

>韓国語の漢字音では、語頭の 'L,R' 音は脱落します。

なるほど、そうなんですか。

ということは中国人みたいに、朴さんと李さんが結婚して、子供が”朴李”の姓を名乗ったとしたら、”パクリー”と発音するということになるのでしょうか。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/11/17(金) 20:19:55
  • [編集]

4大提督?

かつては李舜臣を高く評価していたものですが、彼の働きも所詮は局地戦だけのものでしかない訳ですね。別段、彼が率いる水軍のおかげで、日本軍の上陸が完全に阻止できた訳でもないのですから。
と言う訳で、もし、4大提督の4人目にしたい人物がいるとすれば、カール・デーニッツを推薦しますよ。結果のよしあしはともかくとして。

  • 投稿者: DUCE
  • 2006/11/18(土) 00:07:05
  • [編集]

先ほどの補足

'L, R ' 音の脱落はあくまでも単語の語頭の場合です。元韓国大統領李承挽(正確な表記は忘れました)氏の韓国読みは”イ・スンマン”だったと記憶しています。

  • 投稿者: がいたん子
  • 2006/11/18(土) 17:53:26
  • [編集]

連名で失礼します

DUCEさん

>かつては李舜臣を高く評価していたものですが、彼の働きも所詮は局地戦だけのものでしかない訳ですね。

三大提督の場合、劣勢の戦力でより大きな敵を打ち破ったというのが選考基準になっているみたいです。

秀吉軍ってそんなに強大な水軍(海上戦専門部隊という意味で)を朝鮮に送っていましたっけ?

むしろ李舜臣は、輸送船団を襲って補給線を脅かしたイメージがあるのですが。

がいたん子さん

>'L, R ' 音の脱落はあくまでも単語の語頭の場合です。

ありがとうございます。韓国語のローマ字表記はなかなかやっかいですね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/11/18(土) 22:18:58
  • [編集]

「李舜臣」って「島津義弘」に・・・

いつも素晴らしい記事をありがとうございます。

4大提督(?)の「李舜臣」ですが、島津の名匠、島津義弘に敗れて死んでいませんか?
池之宮彰一郎の「島津奔る」では不慣れで戦力に劣る水軍を指揮した義弘が船隊の一部を仕掛けてわざと敗走させておき、本隊で朝鮮水軍と戦って壊滅寸前となった時に敗走したはずの船隊が現れ挟み撃ちにしてます。
「大河平某手記によると」と引用してあるので信用してよいのでは・・・

島津義弘は20万の朝鮮軍を6000人の薩摩兵で壊滅させたり、野戦では無敗の名将ですが、水軍を指揮したことはそれまでなかったのではないかと考えられます。

ただ、これは指揮官の戦果を比較しただけで秀吉の朝鮮出兵を賛美しているわけではありません。

  • 投稿者: 微力男
  • 2007/07/02(月) 08:43:43
  • [編集]

淋しい

之に比べて日露戦争を戦った日本海軍を称えるべき日の淋しい事、記念行事も国はやらない。プリンス・オブ・ウエールス・レパルスと今次大戦で日本帝国海軍に「けちゃん、けちゃん」にやられた英国帝国海軍が続けている、勝ちは勝ち。自信も無くして仕舞った日本人ですが考え直す機会だとも思います。

  • 投稿者: 猪
  • 2007/07/03(火) 16:45:51
  • [編集]

世界三大提督
英→ホレイショ・ネルソン
米→ジョン・ポール・ジョーンズ
日→東郷平八郎
とWWI以降WWII以前の戦間期に世界三大海軍国から一人ずつ出すたら、こうなったというところではないでしょうか。
今選ぶならアメリカ枠には誰が入るか。ハルゼーはレイテ海戦での暴走で減点です。スプールアンスは組織管理者として有能だったと思いますが、「海軍軍人」「海の男」というイメージがわかないんですよね。

  • 投稿者: sdi
  • 2007/07/06(金) 17:29:41
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2016/09/01(木) 18:18:25
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。