初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇室のナゾ・欠史八代 (最終回)

  • 2006/11/10(金) 23:50:49

前回のつづき

 それでは書紀の作者がどうやって神武天皇の即位年を決定したかであるが、それには中国の讖緯思想(しんいしそう)が大きくからんでいる。

讖緯思想とは、後漢時代に流行した陰陽五行説の影響を受けた予言思想の一種である。

それによれば、前回お話した干支で辛酉(しんゆう)の年は、天命が改まり王朝が交代する革命の年であるとされ、特に1260年に一度(干支が一周<=60年>するとこれを1元といい、それが21周で1蔀<=1260年>という)の辛酉の年には大革命があるとされた。
(別の説あり)

神武天皇が即位したとされる年(西暦で言えば、紀元前660年)は、ちょうど辛酉の年にあたり、推古天皇9年(西暦601年)を基準として干支を1蔀さかのぼるとちょうど紀元前660年になるのである。

書紀の作者は、正確な年代のわからなかった神武天皇の即位年をこうして特定したのではないだろうか。

 以上お話したとおり書紀の作者は、一部年代のわからない事件を記述した資料をもとにして正確な年表をつくるために、神武天皇と神功皇后のお二人を年代特定の最重要人物として考えたのではないかと私には思える。

そして書紀の作者は、神武天皇の即位年を紀元前660年の辛酉の年に、神功皇后を倭国の女王卑弥呼もしくは壱与とみて、丙戌の年とされる神功皇后66年を、倭の女王が中国に使いを送ったと記述のある中国の歴史書を参考にして西暦266年と考えたのだ。

(だが、神功皇后66年の丙戌の年は、266年ではなくそれより120年後の386年の丙戌の年だと思われる。 書紀の作者は日本や朝鮮半島の資料より中国の資料を正しいと思って採用したわけだが、実は前者の方が正しかったようだ)

その証拠に、正確な在位年がほぼわかっている、たとえば敏達天皇から日本書紀に記された歴代天皇の在位年を逆算していくと、5世紀の中ごろに実在したと思われる第21代雄略天皇までは、書紀の年代と実際に書かれている事件にそれほどのズレはない。

ところが第19代允恭天皇あたりから年代がズレはじめ、第16代仁徳天皇でおよそ100年ほど、神功皇后で先ほど言ったように、事件が実際に起こった年より干支二周つまり120年古くなってしまっている。

神功皇后から先は、日本書紀から中国や朝鮮半島で起こった事件のような絶対年を特定できる記述がないので、どれほどズレがあるのか正確にわからないが、神武天皇の即位年が紀元前660年にまでさかのぼってしまった。

残念ながら今のところ、紀元前660年ごろに神武天皇が即位したということを証明するような遺跡は発掘されていないので、それが事実だとは言えない。

 それではいよいよ、初代神武天皇や欠史八代の歴代天皇は本当にでっち上げであったのか?について推理していく。

結論から言えば、神武天皇以下第9代の開化天皇まで実在したのではないかと私は考えている。

書紀の作者が持っていた資料から、たとえば書紀ができた奈良時代の聖武天皇は初代からかぞえて第45代だということがわかっていたのではないか。

その他にも、第2代から第9代までの欠史八代の歴代天皇は、お名前だけはわかっているが実際にどういった統治をなさったのかという詳細な記録までは資料になかったのではないか、

書紀の作者がもっていた資料は、5世紀ぐらいまでは年代がおおよそ特定できたが、それより古くなると事件がいつ起こったのか詳しくわからなかったのではないだろうかと思われる。

 書紀の作者は、神功皇后を中国の歴史書にある倭の女王と同一人物、紀元前660年を神武天皇の即位年としたのだが、それでは手元の資料にある歴代天皇の数が足りなくなってしまう。

そこで書紀の作者は、資料にある歴代天皇の数を増やすわけにはいかないので、そのかわりに歴代天皇お一人お一人の在位年数を引き伸ばしたため、百数十歳のご長寿天皇が続出することになってしまったのではないだろうか。

もし日本書紀の内容を完全にでっち上げるのであれば、こんな不自然なことはしないと思う。 歴代天皇の在位年を常識的な数字にして、その分架空の天皇を創作し”偉大な業績”を書き加えただろう。

これが、私が初代神武天皇から欠史八代の歴代天皇が実在したのではないかと推測する理由である。

 コメント欄である方が言っておられたが、昔日本には春~秋で一年、秋~春で一年と数える二倍暦があったとする説がある。 どういう根拠からそういう話が出てきたのかわからないが、私には干支による普通の一年の数え方でも十分説明可能だと思うのだがどうだろう。

なにぶん古い時代の話で確実な資料も残っていないので、はっきりしたことは誰にも分からないが、クロフネなりに、一番可能性が高いと思われる推理をしてみた。

興味がある方は日本書紀や古事記を読んで、自分なりにいろいろ推理してみると面白いかもしれない。

 それでは次回、日本という国がどのようにまとまり成立していったのかを推理しつつ、韓国で根強く信仰されている「皇室の祖先は百済人」という説を論破していく。(不定期連載です)

banner_04.gif

↑管理人が元気になりますので、もっと記事が読みたいという方はポチッとしてください。↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

いわゆる神代天皇

はじめまして、よろしくおねがいします
ホツマツタヱ(秀真伝)をよむと、クロフネさんのいわれる「神武天皇以下第9代の開化天皇まで実在した」のにくわえてイザナギ・アマテルから実在したとかんがえられます。
一読ください。

  • 投稿者: ハンディ12
  • 2006/11/11(土) 07:06:26
  • [編集]

倍年説

倍年説は晋の頃に書かれた「魏略」に「当時の日本は年を春の耕作と秋の収穫で数えた」とあり、それを根拠に八木壮司氏が提唱した説です。

以下をご参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%AD%A6%E5%A4%A9%E7%9A%87
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%8F%E7%95%A5
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h17/jog381.html

  • 投稿者: 序の段
  • 2006/11/11(土) 11:15:46
  • [編集]

連名で失礼します

ハンディ12 さん

こちらこそ、はじめまして。

>ホツマツタヱ

ちょっと聞いたことがあります。

ただ、五十音図に”ン”に当たる文字があることから、ホツマが成立したのはかなり新しい、という話を聞いたので、今まで読んでいませんでした。

でも、決め付けはよくないのかもしれませんね。

コメントありがとうございました。


序の段さん

倍年説についてのご紹介、ありがとうございました。大変よく理解できました。

八木壮司氏のお説には、やはりちょっと問題があるかと思います。

本文にも書きましたとおり、日本書紀における神功皇后の時代の記述は、記載された年月より起こっている事件が120年遅いのですが、これについては倍年説ではうまく説明できないのではないかと思います。

少なくとも神功皇后の時代については、干支できっちり2周=120年のズレがあるので、書紀の作者が参考とした資料は春夏秋冬で1年の、ふつうの暦を使っていたものと思われます。

もしかしたら神功皇后以前の時代には二倍暦を使っていたのかもしれませんが、そうなるとそれより後の、応神天皇や仁徳天皇が大変なご長寿だったことが説明できません。

というわけで、私は今のところ倍年説は採用しないことにしたいと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/11/12(日) 00:02:00
  • [編集]

二期作=2年説

古代日本では稲の収穫回数で1年をカウントしていたという仮説はどうでしょう?
で、昔の日本は二期作が可能な時期があったと仮定する訳です。二期作自体は、沖縄、鹿児島、高知などで今でも行われていますから、気候条件しだいで当時でも可能だったと思われます。
そして、年に二回収穫=2年とカウントしたと。
その後、気候が寒冷化して二期作が不可能になった為、年に一回収穫が普通になり、通常の一年歴でカウントするようになったのかもしれません。中国式暦の普及もその流れを後押ししたかもしれません。
これなら、允恭天皇以前の暦が少しづつズレていく理由を説明出来るのではないでしょうか。

  • 投稿者: 通りすがり
  • 2006/12/04(月) 21:55:32
  • [編集]

通りすがり さん

>その後、気候が寒冷化して二期作が不可能になった為、年に一回収穫が普通になり、通常の一年歴でカウントするようになったのかもしれません。

そういう可能性もなくはないですね。
その説を裏付ける証拠が発見されるとはっきりするのですが。

ただそうだとしても、神功皇后の時代に書かれている事件と、書紀の年代がきっちり120年ずれているという問題を説明できない気がしますがどうでしょうか。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/12/05(火) 21:46:30
  • [編集]

節目節目の年代に陰陽五行説を利用したのは確かですが、実は、天皇の即位年や在位は、当初から、架空の年を使う予定だったという説があります。年代を架空にするのが主目的で、その年代に陰陽五行説を使わせてもらったということです。(他に適当なものがあればそちらでも良かった。)

では、なぜ架空にする必要があったのか?崇神天皇以前に、当時の覇権国家(魏?)に対して大逆罪を犯した人物がいるのではないかという説です。

例えば「1941年S天皇は有色人種解放のために悪の米帝に天誅を加えた」という書物を英語で書いたらト印です。逆に、1945年、S天皇がM将軍に命乞いしたという事実があれば、正史では伏せたいはずです。

事実を架空にするには年代詐称もひとつのテクニックです。

日本書紀というのは漢文で中華圏に読ませるものですから、中華側に不都合な思想は暗号化し、当時の日本人だけにわかるように記述したのでしょう。

  • 投稿者: 無名戦士
  • 2007/06/10(日) 16:29:35
  • [編集]

ご挨拶

はじめまして、突然のコメント失礼いたします。

この度、日本ブログ新聞というサイトをオープンいたしました。

ブログランキング&ブログパーツ&SNS&YouTubeなどの付加サービスを備えております。

よろしければ、ご参加下さい。

なお、このご案内が重複しておりました場合は、ご容赦下さい。

失礼いたします。

http://japanblog.jp/

  • 投稿者: 日本ブログ新聞
  • 2007/06/11(月) 16:37:49
  • [編集]

無名戦士さん

>では、なぜ架空にする必要があったのか?崇神天皇以前に、当時の覇権国家(魏?)に対して大逆罪を犯した人物がいるのではないかという説です。

はじめて聞く説ですね。非常に興味深いです。

>日本書紀というのは漢文で中華圏に読ませるものですから、中華側に不都合な思想は暗号化し、当時の日本人だけにわかるように記述したのでしょう。

ただ日本書紀には、あたかも中国の南朝が日本へ朝貢していたような記事がありますから、どうなんでしょう...

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/06/11(月) 23:26:15
  • [編集]

ここでは、名無し=無名戦士のなのですね。

さて、出展。

『日本書紀』は何故荒唐無稽な本にしたか


> ただ日本書紀には、あたかも中国の南朝が日本へ朝貢していたような記事がありますから、どうなんでしょう...

この辺りは良く分かりませんが、私の感想では、当時の日本人は、中華圏における北朝と南朝の違いを認識していて、南朝には踏み込んだ記述は許されたと。

とにかく、日本人は聖徳太子以前の外交をもう少し知らないと、今後、中国と外交戦を戦えないのでは?日本人の中国観は未だに唐朝とか清朝という統一強大国でしょう。明朝時の中国は地政学的に周辺国との関係で相当苦労していましたから。(歴史的に抹殺されていますが、明朝時代でも、中国北部は立派に北元がいましたから、明は正式な中国の統一王朝ではないとも言えます。)


  • 投稿者: 無名戦士
  • 2007/06/12(火) 11:40:14
  • [編集]

無名戦士さん

>ここでは、名無し=無名戦士のなのですね。

そうなんです。”名無し”では芸が無いと思いまして。

>『日本書紀』は何故荒唐無稽な本にしたか

もしチャンスがあれば読んでみたいと思います。

>とにかく、日本人は聖徳太子以前の外交をもう少し知らないと、今後、中国と外交戦を戦えないのでは?

私もそう思います。 

日本と中華王朝だけでなく、百済や高句麗とどういう関係にあったか、ということを調べると、現代日本の外交にも非常に参考になると思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/06/12(火) 21:20:09
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。