初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本政界に存在するねじれ

  • 2006/11/06(月) 23:30:49

自民党の中川政調会長や麻生外相が核論議を容認したことについて、野党各党が反発、麻生外相の不信任決議案の提出の動きを見せている。

そんな中、同じ自民党の二階俊博国会対策委員長はきのうTV出演し、「(中川政調会長や麻生外相が)国際社会の誤解を招きかねない発言を何回もすることは、任命権者(安倍首相)の責任を問われるような事態になりかねず、発言は慎むべきだ」と発言した。

引用記事 

 核論議にタブーをもうけることのバカバカしさ・空想的平和主義の不毛さについては以前の記事で述べたとおりだが、同じ自民党の国対委員長ともあろう者が、野党のそうした動きにのっかかって、外相批判・首相批判を行うとはなんということだろうか。

だったら、二階氏が尊敬してやまない中華人民共和国に「核論議どころか、実際に核保有をするなんてとんでもない。今すぐ核を放棄すべきだ」と、説教でも垂れに言ったらどうだ。

 前々から思っていたのだが、二階氏をはじめ、河野洋平・加藤紘一各議員に代表される自民党内の複数の勢力は、自民党主流派の政策とは違いすぎる。

政治政党とは、ある程度政策や主義主張が同じ者が集まってつくるものであり、そうでないと有権者が混乱するばかりだ。

こういうことを言うと、独裁だの非民主的だのと言い出す連中がいて、うんざりさせられるが、政策が違うのだったら別の党へ行くなり、新党を結成するなりすればよいのであって、そうした自由が日本では認められているのだから、政策がほぼ同じ人たちだけで政党を組むのは、独裁でも非民主的でもなんでもない。

 自民党はもともと、主義主張が違う派閥が寄せ集まってできた政党だった。(以下敬称略)

その中でも、吉田茂や池田勇人に源流を持ち、宮澤喜一から加藤紘一や河野洋平・谷垣禎一につながる、自虐思想・左翼思想の強い影響を受けている旧宏池会系の各派閥は、”保守本流”というのとは裏腹に、保守政党のはずである自民党にまったくふさわしくない議員が非常に多い。

また、吉田茂・佐藤栄作から田中派に源流を持つ、竹下派-橋本派につながるラインも、金丸信全盛期のころに象徴されるように、自らの利権の拡大のためには、北朝鮮や中国といった”悪魔”とでも手を結ぶようなところがあり、保守政治家としてあるまじき状態だった。

岸信介に源流を持つ、森派が現在の党内では最大勢力といえるが、ここから小泉前首相や安倍現首相が出ており、皮肉なことに”保守傍流”といわれたこのグループこそ近年、最も保守らしい保守かもしれない。
近年の日本政治をたて直したのも彼らだと言える。


 これは、郵政民営化選挙の時に自民党を出ていった造反議員の復党問題ともからんでいるが、ただ、安倍首相と彼を支えるグループだけでは、権力基盤が絶対的に安定しているとは言えず、(つまり選挙で勝てるかどうかということ)それが原因で、自民党があいかわらず主義主張の違う人たちが集まる雑多な集団となってしまっている。

また公明党との連立を解消しないのも、同じ理由からだろう。

 しかし有権者のひとりとして、たとえば比例名簿の一位に河野洋平と書いてあって、それで自民党に比例票を入れるのは、自由民主主義者たるクロフネにとって相当複雑なものがある。

さらに言えば、自民党と公明党はかかげる政策が違いすぎるので、一刻も早く連立を解消して欲しいと強く思っている。

 そこで必要なのは、政界に存在する”ねじれ”を解消することではないだろうか。

民主党にも前原・前代表みたいな右寄りの人たちがいるし、自民党を割って出た、新生党の流れをくみ選挙区の事情で仕方なく民主党から出ている人たちもいるはずである。

だったら、自民党の河野洋平・加藤紘一両氏のような左翼思想を持つ人は民主党でも社民党でも行って、そのかわり民主党の保守思想を持つ人たちが自民党へ来ればスッキリするし、有権者も断然投票しやすくなる。

麻生外相も、政策的に河野グループとは天と地の違いがあって、そこに所属しているほうが不自然だ。本当の自民党本流に加わって、総理総裁を目指したほうが自然ではなかろうか。

保守政党としての自民党にふさわしい主義主張を持った、中堅・若手議員をしっかり育て、党の有力者にしていく努力も必要だろう。

それで安倍首相と主義主張を同じくする者が党内でも国会の議席に関しても増加して権力基盤が安定するなら、理想的である。

公明党との連立が解消できればなお良い。

 選挙対策のプロからすれば、「青臭い書生論だ」と思うかもしれないし、実際これでは勝てなくなる選挙区もあるのかもしれない。

ただ、安倍政権や自民党が、権力を握って自らの信念に基づいた政治をするのではなくて、ひたすら権力を維持するために権力を欲するのであれば、遅かれ早かれ自民党も安倍政権も自滅すると思う。 もちろん、そんなことは無いと信じているが。
 
理想と現実の折り合いをつけるのは難しいけれども、集票力があるが左翼くさい自民党議員を追放して、民主党がガチガチの左翼ばかりになり、その結果民主党が選挙で勝ったとしても、悪いことばかりではない。

民主党の左翼ガチガチの政策が実施されれば、「一回は民主党にまかせてみるか」などと言っている、寝ぼけた国民の目もさめると思うのだが。

 それはともかく、安倍首相も選挙に影響しない程度のスピードでもかまわないので、日本の政界に存在する”ねじれ”を解消するための手を打ってはいかがだろうか。

それが安倍政権の権力基盤強化につながり、ひいては日本の国益のため、自民党をはじめとする各党のためになると私は信じる。



banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます。

関連記事・財務官僚閥と大アジア主義

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

いつも拝見させていただいています。
応援ポチッ!

  • 投稿者: 優良銘柄のススメ
  • 2007/05/28(月) 23:17:16
  • [編集]

優良銘柄のススメさん

ご愛読ありがとうございます。
今後ともよろしくどうぞ。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/05/30(水) 00:13:16
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。