初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮との全面戦争はあるか? (その2)

  • 2006/10/20(金) 21:42:47

前回のつづき

 それでは、次に北朝鮮の陸軍力を見ていきたいが、北朝鮮と日本は陸続きではないので、北朝鮮陸軍を渡海させる能力がなければ意味がない。

よって、海軍力とセットで考えることにするが、北朝鮮海軍には大量の陸軍部隊を輸送するための揚陸艦が決定的に不足している。

仮に商船や漁船を徴発して、ある程度の輸送力を確保できたとしても、それを護衛するための戦闘艦艇が全く不充分だ。

北朝鮮は、ラジン級フリゲートを二隻、ソホー級フリゲートを一隻保有しているが、対空ミサイルさえ装備していない旧式艦であり、個艦防御にしろエリアディフェンスにしろ、防空能力の低さはお話にならない。

その他にコルベット(砲艦)・ミサイル艇や魚雷艇を若干数保有しているが、たいした戦力とはならないだろう。

前回お話したとおり、自衛隊にはE-767空中早期警戒管制機があるが、同機が搭載しているAN/APY-2レーダーには”マリタイム・モード”と呼ばれる機能があり、航空機だけでなく日本海海上の艦艇も遠距離から探知できる。

北朝鮮が商船や漁船をかき集めて陸軍兵力を輸送し、なけなしの戦闘艦艇を護衛につけたとしても、E-767あるいはP3C哨戒機、SH60対潜ヘリによってすぐさま発見され、E-767によって誘導されたF-2やF-4EJ改戦闘機の対艦ミサイル、海上自衛隊の護衛艦が搭載している艦対艦ミサイル、潜水艦の魚雷等によって、北朝鮮艦隊は日本上陸部隊もろとも日本海のもくずとなるのがオチだ。

ただ、北朝鮮咸鏡南道新浦市の沖合いに浮かぶ馬養島を主な基地とする潜水艦部隊は少々やっかいだ。 北朝鮮はソ連製のロメオ級潜水艦を20隻前後保有している。

旧式で騒音も大きく現代戦に適応できるとも思えないが、海自の潜水艦や対潜哨戒機で完全に排除してしまうまでは、念のため日本側も戦力をそちらにさかなければならない。

 このように、北朝鮮の正規軍が大量に日本に上陸して、陸上自衛隊と沖縄戦のような死闘を繰り広げるといった可能性は限りなくゼロに近い。 北が日本海に海底トンネルでも掘っていれば別だけれども。

オマケとして純粋に陸軍力を比較するなら、質はともかく量だけなら戦車・大砲・兵士等で北朝鮮人民軍は陸上自衛隊を相当上回っている。

だが、量の多さだけで相手に勝てる時代は終わっている。

こういう比較はあまり意味のないことだが、北朝鮮の主力戦車であるソ連製T-62と陸自の90式戦車を比較してみると、T-62の115mm戦車砲は有効射程が1600m前後、射撃距離1000mで330mmの装甲(数字は均質圧延鋼鈑に換算してだと思うがはっきりしないので参考程度に考えておく。以下同様)を打ち抜くというが、これでは90式の正面装甲は撃ち破れまい。照準システムやペリスコープ等はイカれるかもしれんが。

よほどの至近距離に近づくか背後や側面に回り込んで撃たない限り、90式を撃破するのは難しそうだ。

一方T-62の正面装甲は砲塔前面で242mmとされる。 90式の120mm戦車砲は、他の西側戦車のデータを参考にすれば、射撃距離2000mで600~700mmの装甲を打ち抜くことが可能だろうから、90式の戦車砲はT-62の正面装甲を問題無く撃ち破れるものと思われる。

北もT-62の改良をしているだろうが、戦車砲の有効射程の長さと威力、暗視装置や照準器の性能の差を踏まえれば、90式とT-62が一対一で撃ち合ったら、90式がかなりの確率で勝利するだろう。

日本側が90式ではなく74式戦車を出すとなると、先に相手に砲弾を命中させた方が勝つことになりそう。 74式の105mm砲の有効射程の長さや照準器の性能から質では74式が有利そうだ。

 北朝鮮の陸・海・空軍の通常戦力を公開情報から分析する限りでは、常識的に言って日本との”全面戦争”などあり得ない。

もちろん安保条約によってアメリカ軍の援護もある。

だが北朝鮮の戦闘・爆撃機に片道分の燃料と大量破壊兵器を積んで日本へ特攻してくるような、特殊なケースには警戒をする必要があるだろう。

これは実際どうなるか何とも言えないが、政治将校にみっちり思想洗脳されたエリート部隊でもないかぎり、実際に特攻作戦を命令すれば北朝鮮軍将兵の士気はがっくりと下がるだろうし反乱の可能性もある。 能力の高い人材も失われるから、もしやれたとしてもそう何度も使える手ではないかもしれない。

日本側もこうした可能性を考えれば、防空識別圏に近づく北朝鮮機には要注意だし、警告を無視して領空に突っ込んでくるようならば、早めに撃墜しないと大変なことになりかねない。(北朝鮮の船舶を含む)

とは言うものの、やはり北朝鮮軍で脅威なのはノドンのような弾道ミサイルと、日本に潜入してくる特殊工作員だろう。

次回へ続く

banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックで管理人に少しだけパワーを分けてください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メタンハイドレードと天然ガスハイドレード

★アメリカも中国も欲しがる凄い技術マズは引用から・・三井造船と三井物産、天然ガスハイドレートで新会社=中小ガス田開発も  4月19日20時1分配信 時事通信*三井造船 と三井物産 は19日、天然ガスをシャーベッ

  • From: 湖北庵通信(旧 浦安タウンの経済学) |
  • 2007/04/23(月) 22:29:41

この記事に対するコメント

すっかり

軍隊では無く、一般市民による残酷な殺人事件に押されて、最近すっかり影を潜めた北朝鮮。

もし、日本と武力的な衝突があるとしたならば、アメリカの事件の時の様に、それは潜在的に漂っていた人間により日本内部から勃発するだろうと思う。

  • 投稿者: 危機!日本包囲網
  • 2007/04/23(月) 13:05:33
  • [編集]

危機!日本包囲網さん

>それは潜在的に漂っていた人間により日本内部から勃発するだろうと思う。

私も、普段は一般市民のふりをして生活している北朝鮮のテロリスト・”スリーパー”の存在を危惧しています。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/04/24(火) 16:51:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。