初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回 北朝鮮の核兵器開発問題にどう対応すべきか

  • 2005/02/25(金) 17:40:37

 北朝鮮の核開発問題について日本はどう対応すべきだろうか。
それに対して適切な答えを出すためには北の核開発がどの程度まで進展しているかが関係してくる。

しかしながらそれについては、まだ脅威となるレベルまでいっていないという意見から、数発の核爆弾を完成させたという情報も有り、信頼の置ける確実な情報はない。

北の核開発が初期段階であればアメリカ軍の先制攻撃というシナリオも可能性としてありうるが、情報が不足している現在、先制攻撃というオプションはリスクが高すぎる。

 日本政府は主に六ヶ国協議を通して北朝鮮に核開発を中止させる政策をとっているが、この政策に多くは期待できない事、北朝鮮は各国の説得をふりきって、核兵器と弾道ミサイルの実戦配備まで突き進む可能性が高いことは以前述べた通りである。(第4回参照)

日本としては日朝交渉や六ヶ国協議を通じて北朝鮮に核開発を中止するよう働きかけ続ける事はもちろん重要だが、北が核ミサイル配備を済ませてしまったシナリオを想定して政策を策定すべき段階に来ていると思う。

その場合に日本の選択肢は限られている。アメリカの核兵器によって防衛された日本が、核保有した北朝鮮に応対するミニ冷戦の開始である。

そしてみずからの武装の重みに押しつぶされるなどの北朝鮮の失策を辛抱強く待ち、北朝鮮の体制崩壊をもって核兵器の武装解除と拉致被害者の奪還をはかるのである。

重武装の負担に耐えきれなくなった北朝鮮が、再び交渉のテーブルにつかざるを得なくなるシナリオも充分あるだろう。

 かつての米ソ冷戦を終わらせたのは、共和党・レーガン政権の毅然とした安全保障政策であった。ソビエトはその重武装ゆえの重みに耐えきれず自壊した。彼は自由主義世界を全体主義から守ったのである。

だがレーガンの前任者、民主党カーター政権はまったく対照的であった。

”人権外交”をかかげたカーターは”ソビエトの善意”に期待してアメリカの核戦力を一方的に削減したが、アメリカの軍事力の低下と力の行使を表明しないカーターの政策がもたらしたものは、皮肉な事に新たな戦争と革命の混乱だった。

クレムリンの独裁者(ソ連首脳)はカーターを”いい人”というよりむしろ”腰抜け”とみた。

そしてアメリカの反発と軍事介入は無いと確信して、中東での影響力拡大のためにアフガニスタンにソ連軍を侵攻させた。これが今日まで続くアフガニスタンの内戦と混乱の発端である。(忘れ去られた内戦

同時期にイラン帝国でイスラム原理主義革命がおこったときも、カーターは皇帝パーレビを”見殺し”にした。結果としてアメリカは中東における第一の同盟国を失ったのみにあらず、のちにサウジやクウェートなど他の同盟国を守るために多大な苦労をする事になるのである。(1979年に生まれたロキの子供たち?

イギリス外務省のシノロジスト(中国専門家)で、サッチャー首相の顧問だったサー・パーシー・クラドックは自らの回顧録で、カーターほど小平などの中国人から軽く見られたアメリカ大統領はいなかったと書いている。

 「覇権主義はとらないし我が国の軍事力はあくまで自衛的なものだ」といった美辞麗句とは裏腹に、ソビエトや中国・北朝鮮といった全体主義独裁国家のトップにとっては軍事力こそ自分の権力の源泉であり、軍事力の大小が権力の強弱に比例する。

そしてライバルの軍事力の弱さはライバルそのものの弱さであり、彼らにとって侮蔑の対象にはなっても尊敬には値しない。
である以上、日本の「軍事力は少ないほど良い」といった価値観は通用しないのである。

そういった意味でいえば近年の日本の指導者はすべて”カーター”であった。しかしながら独裁者が統治する北朝鮮に応対する日本のリーダーとしてふさわしいのは”ジミー・カーター”ではなく”ロナルド・レーガン”なのではないだろうか。

日本の一部世論には、北朝鮮のミサイルを防ぐ手段が無いから制裁はダメだというものもあるようだが、彼らは歴史から何を学んだのか?

ソ連のミサイルを防ぐ手段のなかったアメリカ・イギリス・フランス・ドイツが、ソ連の全体主義に降参しただろうか?

 最後にまとめとして、日朝関係において日本が関心を持つべきなのは拉致問題と核開発問題の解決である。

国交正常化などは二次的な問題であり、前記のニ問題が解決されるならば北朝鮮に深く介入する必要性は、日本の国益上あまり感じられない。

感情に流されながら北とかかわるならば手痛いしっぺ返しをくらうだろう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

じつに無責任極まりない。

クロフネ
第9回 拉致問題でどう交渉すべきか(その3)
 「経済制裁をすれば日本が弾道ミサイルなどの攻撃を受ける」という見方が一部の政府の人間や評論家にあるらしいが、その可能性は極めて少ないと思われる。

柳 四郎
君は国防の基本を忘れているか・・・無視して論を組み立てているよ!!
可能性は極めて少なことに対処することが国防の基本だ!!

小泉総理は万が一万が一万が一に備えると国防を主張しているんだよ。

クロフネ
北が核ミサイル配備を済ませてしまったシナリオを想定して政策を策定すべき段階である以上

柳 四郎
・・対処の仕方は一つだ!!

クロフネ
北の核兵器や弾道ミサイルは、アメリカから先制攻撃を受けて金正日体制が崩壊しないためのカードであって、

柳 四郎
であるなら・・・何時アメリカから先制攻撃するかを金正日は絶えず恐れて緊張して入りのだ!!

クロフネ
飛行機が怖くて北京どころかモスクワまで列車で行くような男が、

柳 四郎
君は気の小さい男との喧嘩をしたことがあるか?
一番危険な男だよ・・・恐ろしさから・・・核のボタンを押す可能性が高い!!

クロフネ
自分の命と引き換えに日本にミサイルを打ちこんで割に合うと考えるかどうかを。たとえ日本にミサイルを発射したとしても全世界に展開するアメリカ軍のほとんどは無傷だという事実を。

柳 四郎
日本が消滅して
「アメリカ軍のほとんどは無傷だという事実」
が何を意味するか君には理解できないのですか?

日本の弔い合戦をしてもらって君はうれしいの?

国防の基本は日本が消滅しないことですよ・・・君の国防論はむちゃくちゃだ!!

クロフネ
 北が核ミサイルを撃つとすれば、それはアメリカの核による先制攻撃を受けた後だろう。

柳 四郎
200ものミサイルは日本で炸裂して中に数発の核・・・原発がメルトダウンして日本が消滅・・朝鮮が消滅しても日本が消滅したら無意味だよ!!

クロフネ
結局、経済制裁をすれば平壌放送のアナウンサーがヒステリックに絶叫するだろうが、どんなに勇ましい言葉を並べてみても、北はたいしたことはできまい。

柳 四郎
北はたいしたことはできまい???

こんな憶測で日本の国防を放棄するの?

じつに無責任極まりない。

  • 投稿者: 柳 四郎
  • 2005/12/21(水) 14:54:56
  • [編集]

朝鮮の核を攻撃を防ぐには

柳 四郎
只一つ
小泉総理の朝鮮国交回復を支持して・・・・・友好国となること・・それでも尚・・万一米国の朝鮮先制攻撃の可能性があるならば・・・米国と安保を解消して・・米軍基地を撤去すること。

これで朝鮮の核は脅威にならない。

日本の国防は安泰だ。

しかし次に!!

米国が日本に対して理不尽な・・核の恫喝をするなら・・・其のときはまた・・別の対策をする。

これは恐ろしい!!

前面のトラ後門の狼だ。

その間にすかさずに日本国軍を国連軍に編入することだ。

日本を国連軍が守るなら米国も手を出せない。

これが決め手だね。

詳細はYAHOOの掲示板で論じています。
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835559&tid=bf7cabdxa1vbf79qoa273a1wa4o2dgbda4aba1a9&sid=1835559&mid=20


僕は
貴方のような解決策のない論は展開していません。

  • 投稿者: 柳 四郎
  • 2005/12/21(水) 15:16:07
  • [編集]

概ね賛成だけど

個人的な感想ですが、まだまだてぬるい気がします詳細は韓国関連を読んでから投稿します。それと柳(ユンですか)という御仁がなにか寝言を言っていますね、この手のしたり顔の他国の国防の根幹を腐らす発言が最も要注意ですね、剣呑剣呑

  • 投稿者: 火天大有
  • 2007/08/23(木) 22:18:35
  • [編集]

火天大有さん

>それと柳(ユンですか)という御仁がなにか寝言を言っていますね、この手のしたり顔の他国の国防の根幹を腐らす発言が最も要注意ですね、剣呑剣呑

「イスラエルは滅亡すべき」などと口走ったキチガ×ですから、相手にするだけムダというものです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/08/25(土) 01:56:00
  • [編集]

大変興味深い議論

北朝鮮は果たして核を放棄するのでしょうか?
大変流動的で予測困難な問題です。

国際金融資本は中国のマーケットを狙っています。
一方で、日本に武器を売り続けたい。
(安全保障の危機を煽り両方と商売を行う得意の手法です)

郵政民営化で日本の財政の悪化を狙い、三角合併で企業の乗っ取りを押し進め日本の国力の弱体化、富の収奪を目指しているのは間違いないと思います。(バブル崩壊が第一幕でした)
その時に利用するのが北朝鮮だと考えます。
安部政権成立まえにミサイル発射で強行派の安部政権成立を決定的にしました。(世論操作)
これはミサイル防衛網推進の為です。

ただし日本が核武装をするのを大変恐れています。
そうなっては彼らは手も足もでないからです。
そのため中国と連携し北朝鮮を押さえ込みにかかります。
金成日、文鮮明、池大作は朝鮮トライアングルとしてロックフェラーと繋がっていそうです。
北の偽ドル技術はどこから来たのでしょう)

日本国内で悪さをしないとも限りませんので注意が必要です。(オウム真理教の松本は帰化朝鮮人です)

まだまだ核を巡って熾烈な駆け引きが米国、中国、北朝鮮で行われて行くと考えます。日本も油断なりません。
参考資料
http://jp.youtube.com/watch?v=CbztHnb5-l8&feature=related

  • 投稿者: fukuro
  • 2007/11/19(月) 18:48:39
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。