初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言論の自由は保証されなければならない!

  • 2006/08/17(木) 00:21:18

 15日夜、山形県鶴岡市の加藤紘一・元自民党幹事長の実家と事務所が火災で全焼した。

現場で男性が腹から出血して倒れているのが発見され病院の集中治療室に運ばれた。

警察は容体が回復し次第、詳しく事情を聞く方針だが、その男性は東京都内の右翼団体構成員であるという。

引用記事 

 本当なら、事件の全貌が解明されてから取り上げたかったのだが、鉄は熱いうちに打ったほうが良いと判断して、記事をアップすることにした。

まだ、火災の原因と倒れていた男性との因果関係が定かではないので、この事件とは関係なく思ったことを述べる。

 ご存知のとおり、おととい8月15日に小泉首相が靖国神社を参拝し、一般の参拝者も過去最高の25万人にのぼったという。

知識人・マスコミから我々のようなブロガーに至るまで、思想信条に多少の差異はあれ、保守系の人々の地道な言論活動によって、戦後日本にかけられた左翼思想の呪いがゆっくりと解かれつつある。

そうしたことの結果のひとつが首相の靖国参拝であったり、25万人にものぼる参拝者だったりするわけで、本当に喜ばしい限りだ。

 しかし、もしも靖国神社を否定する人に対して、靖国神社を肯定する人が暴力を使ってしまえば、今までの苦労が水の泡になる。

日本には、中国や韓国・北朝鮮の代弁者のような活動をしている人達が少なくない。

民主党・社民党や共産党などの左翼政党はもちろん、河野洋平氏のように自民党内にも存在する。

加藤紘一代議士も、外務省の中国語学留学組のいわゆるチャイナスクール出身で、まるで中国共産党のエージェント・オブ・インフルーエンスのような言動を繰り返していた。

もちろん、私も彼らの言動には日頃からハラワタが煮え繰り返る思いをしているが、人は、例えどんなに馬鹿げた考えでも主張する権利があるし、そうした言論の自由は絶対に保証されなければならない。

中国や韓国・北朝鮮の政策を日本国内で代弁するような人物の馬鹿げた主張に反対する人は、相手を徹底的に論破すれば良いのであって、それはたいして難しいことではない。

それを見ている多くの国民も説得力のある方を支持し、馬鹿げた主張をするような人物はいずれ相手にされなくなるだろう。

実際、社民・共産両党の泡沫政党化や、「中国・韓国・北朝鮮の言うことは絶対に正しい」という、これまで日本国民に根強く信仰されてきた神話の崩壊が、それを証明している。

保守派が暴力を否定して非合法な活動を避け、地道にコツコツやってきたからこそ、大きな果実を収穫することができたのだ。

 もし、保守派が対立する意見を持つ人に対し暴力を使ったら、ダメージを受けるのは相手ではなく保守派の方である。

靖国神社を否定する人に対して、靖国神社を肯定する人が暴力を使ってしまえば、靖国神社を肯定する人たち全員のイメージが失墜し、国民に対する影響力・説得力が無くなってしまいかねない。

それを見て歓喜するのは、他でもない日本国内の左翼勢力であり、その背後に控える中国・韓国・北朝鮮である。

 例えどんなに馬鹿げた考えでも主張する権利つまり言論の自由は絶対に保証されなければならないし、我々も熟慮して、相手を喜ばせるような行為・”利敵行為”は厳に慎まなければならない。



banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックが国益を守ります。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

私も加藤議員には批判的ですが、日頃巡回しているブログで、「加藤議員に同情できない」とか、ひどいのになると「自業自得」とか「自宅の火事まで政治利用」とか書いているのを見て、ものすごくいやな気分になりました。

>もし、保守派が対立する意見を持つ人に対し暴力を使ったら、ダメージを受けるのは相手ではなく保守派の方である。

本当におっしゃるとおりです。

  • 投稿者: j.seagull
  • 2006/08/17(木) 10:13:21
  • [編集]

全く同感です。

こういう問題への対応で、似非愛国者の、化けの皮が剥がれると思いますね。

  • 投稿者: 波乗り
  • 2006/08/17(木) 14:41:01
  • [編集]

連名で失礼します

j.seagull さん

>日頃巡回しているブログで、「加藤議員に同情できない」とか、ひどいのになると「自業自得」とか「自宅の火事まで政治利用」とか書いているのを見て、ものすごくいやな気分になりました。

そうなんですか、困ったものですね。

「自分は絶対正義なのだから、”悪いやつ”にはどんな手段を使っても良い」という論理で、自己批判力や自浄能力を失った組織は、必ず滅びます。

共産主義者に代表される極左はそれが原因でほぼ滅亡しました。

自戒を込めて言いますが、ブロガーは己の発言には責任とモラルを持たなければなりませんし、読者の皆さんも、良いブログと質の悪いブログを見分ける目を持ってほしいですね。

このブログも含めて、アクセス数が多いからブロガーの言うことを正しいと決め付けて鵜呑みにするのではなく、読者の皆さんが感情に流されず、事の善悪を冷静にご自分の頭で考えてほしいと思います。


波乗りさん

>こういう問題への対応で、似非愛国者の、化けの皮が剥がれると思いますね。

私も今回の事件は、日本の保守派の民度の高さが問われる事件だったと思います。

日本もまだまだのようですね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/08/17(木) 21:51:40
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。