初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定アジアが日本の機密を狙う

  • 2006/08/12(土) 00:29:47

 軍事に転用可能なヤマハ発動機製の無人ヘリコプターが、中国人民解放軍系の企業にわたっていたことが発覚したことはまだ記憶に新しいが、

最近、日本の軍事関連情報や軍事に転用可能な技術が、中国・北朝鮮・韓国のいわゆる特定アジア諸国やロシアに漏洩した、あるいは漏洩した疑いがある事件が連続して起こっている。

 今月5日には、海上自衛隊の対馬防備隊所属の1等海曹(45)が、極秘資料ではないものの、自衛隊の護衛艦が装備している砲弾や銃弾に関する内部資料を勝手に持ち帰っていたことが発覚した。

この1等海曹は、交際相手の中国人女性と会うために中国に何度も無断渡航しており、なんと自殺した上海領事館員がかよっていた上海市内のカラオケ店(実質的には風俗店)に出入りしていたという。

引用記事 

 さらにこの自衛官のほかにも、特定アジア諸国へ無断渡航をしていた海上自衛官の存在が続々と発覚している。

特定アジア諸国への無断渡航について、事情聴取を受けていた1等海曹(42)が護衛艦内で自殺していたのが10日みつかった。

この1等海曹は、今年2月までに韓国へ11回、中国へ4回、無断で渡航していたことが判っているが、どこまで特定アジア諸国に機密が漏れたか全容は解明していない。

引用記事 

 他方では、同日、在日朝鮮人が経営する企業が、生物兵器を製造可能な凍結乾燥機を北朝鮮に不正輸出したとして逮捕された。 逮捕されたのは”明昌洋行”(文京区)元社長、金英根・容疑者。

金容疑者は2002年9月、軍事目的に転用されるとの認識がありながら北朝鮮の軍関係企業の依頼で、日本政府の許可を得ずに凍結乾燥機を台湾経由で北朝鮮に輸出した。

警察によるその後の調査では、凍結乾燥機は金正日や朝鮮労働党の高級幹部しか診察を受けられない”烽火診療所”に運び込まれた可能性が高いという。

北朝鮮の工作船から日本製のGPS受信機やレーダーなどが見つかっており、日本の技術が北朝鮮の軍事力向上に貢献しているということは以前から言われてきたが、それが繰り返されてしまった可能性が高い。

引用記事 

引用記事 

 さらに11日づけ産経新聞朝刊によると、在日ロシア通商代表部のV.ペトケヴィッチ部員が、大手精密メーカーのニコンの元研究員と共謀して、軍事に転用可能な光ファイバー通信関連部品をニコン社内から盗み出した疑いで、両名とも書類送検されたという。

ペトケヴィッチ部員のロシア通商代表部所属というのは表の顔で、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)のメンバーだという。

ニコンの元研究員はペトケヴィッチ部員から十数回にわたり接待をうけ、現金数万円を受け取っていた。

ペトケヴィッチ部員は警視庁公安部の出頭要請を無視し、すでに日本を出国している。

 
 中国・韓国はそれまでの陸軍重視の姿勢を転換して、海軍力の増強を急ピッチですすめているが、海軍力で優位に立つ日本の軍事情報・技術は、魅力あるものだろう。

中国とは東シナ海の海底ガス田問題、韓国とは竹島問題をかかえており、海軍力の強弱がそれらの問題に大きくかかわってくる。

軍拡をすすめ軍事技術を欲しがる韓国は、ロシアにも触手をのばしている。
今月8日、ロシアの科学者が韓国企業に軍事機密を漏洩させたとして、懲役六年の判決を受けた。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/08/10/20060810000013.html

一方、大量破壊兵器の取得に血道を上げる北朝鮮は、乏しい技術力をカバーするために、従来から日本のレベルの高い民生技術を手に入れ、それを軍事に転換して利用してきた。

ハイテク分野で弱点をかかえるロシアにとっても、日本の民生技術は宝の山だ。

 こうした日本の周辺国の動きに対して、当の日本人の国防意識や情報管理能力は驚くほど低い。

前述の在日朝鮮人企業は”祖国に忠実だった”だけだから別としても、ヤマハ発動機にしろニコン元社員にしろ、たいした価値も無いナゲット(Nugget=祖国を裏切らせるために与える報酬。 カネ・異性・利権など)をつかませられただけで、ホイホイ技術や情報を与えてしまう。

まるで、深海にすんでいる魚・ちょうちんアンコウの頭についているちょうちん(ニセモノのエサ)につられて、アンコウの口のまん前へノコノコやってくる小魚のようだ。

 警察もよくやっているとは思うが、やはり日本に本格的な防諜活動を行う情報機関が無いのは問題だと思う。

日本を外国のスパイ天国にしないために情報機関を作ったり、日本国民による国家機密の漏洩を厳しく取り締まる法律を制定したりしないと、日本から機密がどんどん漏れていくし、信頼を失った日本は大切なときに同盟国から重要な情報がもらえないといった困った事態が発生することになる。
  
反米ナショナリズムをもつ日本人の中には、「米・英などが運用する”エシュロン”と呼ばれる情報収集システムに日本は土地を提供しているのだから、アメリカにどんどん機密情報を要求しろ」という人がいる。

まず、”エシュロン”や、そのシステムを共同運用する米・英・豪・加といった国々で結ばれた”UKUSA協定”の存在をアメリカは一切認めていないはずだから、日本が「エシュロンで集めた情報をくれ」とアメリカに言っても、「エシュロンって何だ? んなものは知らん!」と返事がくるだけかもしれない。

それを脇に置いておいて、仮にアメリカがエシュロンの存在を認めたとしても、日本に重要な情報をホイホイくれるとは限らない。

情報の世界はギブアンドテイクが基本だから、こっちが持っている情報の質と量によって相手がくれる情報が決まってくる。

日本は本格的な情報機関を持たないから、手持ちの情報の質と量がどうしてもアメリカなどと比べると劣ってしまう。

だから、与える情報も無いのに「情報をくれ、くれ」と言っても相手から重要な情報はあまり出てこないだろうと思う。

それでも日本はエシュロンシステムに土地を提供していると噂されるから、その報酬として情報を要求してもよいとは思うけれど、防諜活動をする本格的な情報機関がないので、アメリカが日本に提供した情報が、そのまま中国とかロシアに筒抜けになってしまうとアメリカとしても困る。

(現在の韓国・ノムヒョン政権は、北朝鮮に情報が筒抜けも同然だから、アメリカから大切な情報は入っていないと推測する)

そういったもろもろの事情を考慮せずに、ただアメリカに突っ張って「情報をくれ、くれ」と言ってもダメで、大切なときに同盟国から情報が欲しければ、日本自身も努力しなければならない。

防諜活動を行う情報機関が日本にも必要だし、情報機関が暴走しないように、盗聴を含む防諜活動に歯止めをかけるためにも関連法の整備が欠かせない。
そして情報漏洩を禁止し違反した者は厳しく罰する法律の整備も大切。

 日本に情報機関を作れというと、すぐ「戦前の特高警察の再来だ」と言う人が出てきて、尻すぼみになってしまうのだけれども、もうそんな時代ではないと思う。

外国のスパイという病原菌がうようよしている現状を打開するために、それを退治する薬が求められている。

薬は毒にもなるし、毒にならないものは薬にもならない。

「毒になるのを恐れて一切それを使わない」ということは「薬を使わない」というのと同義だ。

だったら薬が毒にならないよう法律で厳格に使い方を決めて、使用方法が守られているか国民の代表(国会などに特別委員会をつくるとかして)が常に監視すれば良い。

日本国民の国防意識の向上と、本格的な情報機関の設立と育成が今、求められていると思う。


----------------------------------

数日前、イギリスからアメリカへ向かう米系航空会社の旅客機・10機を爆破しようと計画していた、アルカイダと関係のあるアジア系イギリス人のグループが逮捕されたが、テロを未然に防ぐのにイギリス国家保安部(MI5)が活躍したらしい。

たぶんアメリカのCIAやNSAなんかも協力していたのではないだろうか。

引用記事 

MI5やCIA・NSAは「テロを完全に防げなかった」と、さんざん批判されているけれども、こういうニュースを聞くとやっぱり本格的な情報機関を持つ両国がうらやましい。


banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます。

関連記事・ホリエモン逮捕と無人ヘリコプター

関連記事・中国が日本に軍事転用可能技術を要求

関連記事・自殺した日本人外交官の背後に中国スパイの影

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中国の国防費の伸びに思う。

「中川「脅威論」発言を激賞…親日モンゴルよ、ありがとう」について国防費、23%の大幅増=5兆円超、日本を上回る-19年連続2ケタ伸び・中国(時事通信)を見た。別に驚くようなニュースではない、と思う。今の経済情勢から考えて、中国の国防費が日本を上回るのは時間の問

  • From: 3番目の落書き帳 |
  • 2007/03/05(月) 03:46:51

この記事に対するコメント

輸出規制

私は一応輸出企業の技術者の端くれですが、
最近明らかに輸出管理が厳しくなりました。

通産省も北朝鮮のミサイル実験・核実験
の後、特に規制徹底の指導を強化しているようです。

私の会社でも輸出管理許可プログラムの教育が全社員対象で行われました。

ただ、ケーブル一本・ボルト一個でも許可証明書類を作らないといけないのが面倒ですがw

特に中○向けは厳しいですw

  • 投稿者: きゅう
  • 2007/03/04(日) 00:41:21
  • [編集]

きゅう さん

>私は一応輸出企業の技術者の端くれですが、最近明らかに輸出管理が厳しくなりました。

>通産省も北朝鮮のミサイル実験・核実験の後、特に規制徹底の指導を強化しているようです。

政府もちゃんとお仕事をしてくれているようで、国民のひとりとしては応援したいです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/03/06(火) 00:18:32
  • [編集]

自衛隊vs朝鮮半島

http://tkj.jp/book/book_20142901.html
今度はこんなのが出たようです。

  • 投稿者: 通名反対
  • 2007/05/17(木) 12:40:23
  • [編集]

通名反対さん

へ~面白そうですね。

今度本屋で探してみよっと。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/05/17(木) 23:42:46
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。