初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国がガス盗掘を本格化?

  • 2006/08/07(月) 23:31:55

 中国の石油企業・中国海洋石油(CNOOC)が、東シナ海の白樺(中国名は春暁)ガス田で本格的な生産を開始したとウェブサイト(www.cnooc.com.cn)で明らかにし、日本政府が事実関係の確認と情報提供そして生産中止を中国側に求めていた問題で、同社のウェブサイトから当該記事が削除される一方、中国政府から「現状に変更があったということではない」と返答があった。

引用記事 

 ご存知のとおり、白樺(春暁)ガス田は地下で日本の経済水域内のガス田とつながっているおそれがあり、日本政府からの再三の中止要求にもかかわらず、中国政府はそれを無視して開発を強行し、最近では既に生産がはじまっているのではないかという推測も流れている。

 今回の事件は、中国海洋石油のウェブサイトに、中国国家発展改革委員会の張国宝副主任が7月下旬に白樺を視察して「(白樺の)第1期工程は既に全面的に開発生産段階に入った」と発言したとする記事が掲載されたことが発端だった。

日本はさっそく生産中止と情報提供を求めたが、「現状に変更があったということではない」と中国政府から返答があった。

 だが外交辞令には十分気をつけねばならないし、相手が中国となればなおさら警戒のレベルを上げなければならない。

まず第一に、中国は一言も「白樺で生産はしていない」とは言っていない。 記事によれば「現状に変更があったということではない」と言っただけである。

もし、秘密裏に白樺での天然ガス生産が始まっていて、日本側がそれを知らないだけだったとしたら、日本が生産中止と情報提供を求めたことに対し、「現状に変更があったということではない」と返答しても、中国はウソをついたことにはならない。

「以前からガス生産はしていたが、今もしている。だから現状に変更はない」と解釈することも可能だからだ。

ここで日本が「現状に変更があったということではない」というメッセージを中国から受け取って、「よかった。日中関係の悪化を避けるために、中国はガス生産を自制してくれている」と簡単に思い込んでしまっては負けである。

中国との交渉において、”相手の言い値”を鵜呑みにするのは、一番やってはいけないことだ。

 ところが、外務省のある東京を中心とした東日本で生活する人間は、普段ほとんど値切るということをせず、相手の言い値を”鵜呑み”にして買い物をするから、訓練をつまないかぎり交渉の達人は生まれてこないと思う。

特に中国のような低信頼社会型の人間との交渉には決定的に弱い。

今回の事件についても「現状に変更があったということではない」という中国の言い分をそのまま鵜呑みにせず、哨戒機や情報衛星など取れる手段を総動員して、日本が自分自身の手で白樺における天然ガス生産が本格化していないかどうか、確かめなければならない。

 もし、中国によるガス盗掘がはっきりとしたのであれば、即刻中止を求めるとともに、中国がいつものように日本側の要請を無視した場合、自分のやっていることが悪いことだと理解しそれを止めるまで、”おしおき”をしなければならない。

そう、飼い犬が客間のソファにあがらないよう繰り返し繰り返し飼い主が叱るように。

勘違いしてはならないのは、犬にエサをあげたり頭をなでて誉めてやっても、ソファにあがらないようになることは絶対にありえないということである。

むしろソファにあがることでエサをもらえたり頭をなでて誉めてくれるのであれば、犬はもっとソファにあがるようになるだろう。

以前の日本政府・外務省のやってきたことは、正にそれだった。 私が「中国に誤ったメッセージを送るな」と言ってきたにもかかわらず。

エサをあげたり頭をなでて誉めてやりたいのであれば、犬がソファにあがるのをやめるようになったことに対して行うべきだろう。

もし中国による天然ガス生産開始が発覚した場合、今からでも遅くないから中国が日本の中止要求を受け入れるまで、対中ODAの供与中止や遺棄化学兵器の回収事業への協力停止などを”おしおき”として実行すべきである。

財務官僚が抵抗するかもしれないが、”海外経済協力会議”の緊急会合を開いて首相なり官房長官なりがリーダーシップをとって対中ODAを全面凍結すべきだ。

そして中国が日本の主権侵害を止めて、はじめて中国への援助を再開すべきである。


 日中両政府が中国国内で行っている旧日本軍遺棄化学兵器の回収事業の話が出てきたので少しふれておくが、回収された兵器には、旧日本軍のものでは無いものも相当数含まれているという。

ぜひ日本政府関係者には、回収された兵器が日本軍のものなのかそうでないのかの見極めをしっかりとやっていただきたい。

そして日本軍のもので無い遺棄兵器が日本国民の税金で処理されることのないよう、くれぐれもお願いしたい。

繰り返すが、中国の”言い値”を何の疑いもなく鵜呑みにするのは危険である。

banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックが日本の国益を守ります。


関連記事・犬の調教

関連記事・低信頼社会と高信頼社会

関連記事・低信頼社会と、うまくつきあうために

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

日中談合

残念ながら二階は中国の発言を鵜呑みするようです。
恐らく騙された振りをしてあげてるつもりで中国のご機嫌でも伺ってるのだと思います。
どうして日本の政治家は国益を考えて行動する人物が少ないのでしょうか?
中国のご機嫌伺いをしてもどんどん侵食されるだけです。
今日発表された政治家の靖国参拝の是非を見ても近い将来日本は中国に合併か属国になりそうです。

  • 投稿者: take
  • 2006/08/08(火) 18:43:43
  • [編集]

take さん

>どうして日本の政治家は国益を考えて行動する人物が少ないのでしょうか?

やはり左翼の影響をうけた戦後教育が一番の原因かと。

自分たちが外国に敵意を抱かなければ、外国から危害を加えられることもないだろうという神話を信じきっていたからでしょう。

>今日発表された政治家の靖国参拝の是非を見ても近い将来日本は中国に合併か属国になりそうです。

内外の情勢はきびしいですが、だからこそポジティブにいきましょう!

21世紀とそれ以前の決定的違いは、マスコミや教育界を牛耳ってきた左翼に対抗しうる、優秀なブロガーが日本にたくさん育ってきているということです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/08/08(火) 21:22:43
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。