初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人学者のあきれた主張

  • 2006/07/28(金) 00:25:16

 島根県で竹島問題研究会が25日開かれたが、同研究会が初めて韓国人研究者を招待した。

招待されたのは、崔長根(チェジャングン)大邱大専任講師。

崔講師は、晴れた日に鬱陵島から竹島が”見える”ことを根拠として「東海(日本海)には鬱陵島と独島(竹島)があることを、朝鮮は6世紀ごろから認識していた」と主張したという。

朝鮮の古地図に登場する于山島が、実際の竹島の位置と大きく異なっている点については、空島政策で鬱陵島が無人島となったため混乱が起きたと説明し、「于山島は独島であり、朝鮮が認識していたことは明らか」と述べたらしい。

日本側の下條正男拓殖大教授らが「”見える”ことと領有権は別問題」「本当に6世紀から”見ていた”のか、竹島をいつ領土編入したのか、きちんと文献で示すべき」と質問したが、崔講師は何ら証拠を示さなかったという。

引用記事 

 以前、雑誌・月刊WiLLに、竹島の領有権問題について韓国側の学者と討論した経験を持つ日本人の学者さんと、桜井よし子女史との対談が載っていたが、対談の中に出てきた、韓国側の竹島問題専門家のレベルの低さにあきれ果てたことがある。

日本側が竹島の領有権が日本にあることを主張すると、韓国側が一斉にエキサイトして抗議し出し、日本側が「それではこちらの主張の根拠として、事前にお配りした資料をご覧ください」と言って日本側の主張の根拠を説明しようとすると、

しばらく口をモゴモゴさせた後、韓国側が一斉にイスから飛び上がって「お前たち、学者としての良心が無いのかー!!」と絶叫し、

困惑した日本側が「ですから、お手元の資料をまずご覧になって...」と言うと、

再び韓国側がイスから飛び上がって「お前たち、韓国に対する愛情が無いのかー!!」と絶叫して、まったく議論にならなかったという。

(”韓国への愛情”など竹島領有権となんの関係も無いし、そもそも日本人の知ったことではない)

日本や欧米の学者からすれば、科学的・論理的思考からまったくかけ離れた韓国人”学者”たちの存在は、「信じられない」の一言だろう。

こういう人達と歴史認識の共有もへったくれも無いと思うのだが、今回、竹島問題研究会に招待された韓国人学者も、歴史文献のような証拠を一切示せず、「お前たち、学者としての良心が無いのかー!!」と絶叫するような人達と大した違いは無かったようだ。

 この韓国人学者の「鬱陵島と独島(竹島)があることを、朝鮮は6世紀ごろから認識していた」という主張の根拠は、おそらく”三国史記”という書物だろう。

”三国史記”は高麗時代の重臣、金富軾(1075~1151)が仁宗に命じられ編纂した歴史書で、12世紀に完成した。

その”三国史記”の新羅本記第四・智證麻立干・十三年条にこういう記述がある。

十三年 夏六月 于山國歸服 歳以土宜爲貢 于山國在溟州正東海島 或名鬱陵島 地方一百里 恃嶮不服 伊異斯夫爲何瑟羅州軍主 謂 于山人愚悍 難以威來 可以計服 乃多造木偶師子 分載戰船 抵其國海岸 誑告曰 汝若不服 則放此猛獸踏殺之 國人恐懼 則降

智證・麻立干(王)の十三年(西暦512年)六月、于山国が服属してきて、年ごとに土地の産物を貢ぎ物として献上した。 于山国は溟州(現在の江原道)の真東の海上にある島で、またの名を鬱陵島という。 (以下略)



韓国側は、ここに出てくる于山国こそ竹島だと主張し、「だから6世紀に竹島は新羅のものとなった。」と言い張っているわけだ。

そして漢字が読めない韓国民に”独島我らの土地”という歌を歌わせ、子供のときの柔らかい脳にウソを刷り込む。

”独島我らの土地”には「三国史記に独島は新羅のものと書いてある」といった内容の歌詞があって、この歌を根拠に多くの韓国人は、竹島は韓国のものと信じて疑わないのである。

 しかし、漢字が読める我々日本人にはすぐウソが見破れる。

「于山國在溟州正東海島 或名鬱陵島」 「于山国は溟州(現在の江原道)の真東の海上にある島で、またの名を鬱陵島という。

つまり于山国は鬱陵島の別名だということ。決して竹島ではない。 しかも当時の半島人たちは、鬱陵島の正確な位置さえ良くわかっていなかった。

その証拠に昔の地図には、混乱して于山国は鬱陵島と別の島だと勘違いして、二つの鬱陵島が描かれたものさえある。

于山国が竹島ではないもう一つの根拠は、三国史記にしろ三国遺事にしろ太宗実録にしろ、古文献に出てくる于山国が集落と耕地を持つ大きな島として記録されていることである。

竹島は集落や耕地をつくれるような島ではない。

 三国史記が出たついでに、対馬についての面白い記述を紹介しよう。

新羅本紀第三 実聖・尼師今(王)の七年(西暦408年)条にこういう記述がある。

七年 春二月 王聞 倭人於対馬島置営 貯以兵革資粮 以謀襲我 我欲先其未發 揀精兵撃破兵儲 舒弗邯未斯品曰 臣聞 兵凶器 戰危事 況渉巨浸以伐人 萬一失利 則悔不可追 不若依險設関 来則禦之 使不得侵猾 便則出而禽之 此所謂致人而不致於人 策之上也 王從之



これをおおざっぱに訳せば、こうなる。

七年 春二月、実聖王は倭人(日本人)が対馬に基地を設置して、武器と資材・食糧を貯えて、新羅を襲おうと準備しているという情報を手に入れた。

王は、倭(日本)が動き出す前に精鋭の兵を選び、敵の兵站基地を撃破しようと思ったが、部下の未斯品が諌めて言った。

「兵は凶器であり戦は危険な事です。ましてや大海を渡って他国を討伐し、万が一に勝つことができなければ、後で悔やんでも仕方ありません。」 

これに従って王は思いとどまった。



 「対馬は古来から韓国のもの」というデマを信じる韓国人がいるらしいが、この文献からもわかるように、古代から対馬も倭国(日本)の勢力圏内にあったことは明白。

そもそもこの時代、倭国の国力は新羅より大きく、対馬を拠点にしばしば新羅など半島に攻め込み、ここに出てくる実聖王(第十八代新羅王)は、奈勿王(第十七代新羅王)の王子・未斯欣を人質として倭国に差出し、和平を請うている。

(未斯欣(ミシキン)は日本書紀には微叱許智(ミシコチ)として神功皇后前紀十月条などに記述されている。 いずれチャンスがあったら、地政学的観点からみた日本・半島の古代史を取り上げてみたい。)

 というわけで、話がちょっと脱線してしまったが、古文献からみても、竹島や対馬が古代から韓国領だったというのは大ウソである。

ましてや、「鬱陵島から竹島が見えていたから韓国領」などという主張は、馬鹿も休み休み言えと言いたい。

対馬から晴れた日には韓国が見えるそうだが、韓国の主張が正しければ「対馬から見えたから韓国は日本領」ということになる。

「竹島は韓国のもの。いや絶対そうでなければならない」という妄想が先にあって、あとから適当にヘリクツをつぎはぎしただけの、低レベルな韓国の学者の主張には、ただただあきれるほかない。

素人の私でさえ論破できる、こんな低レベルの”学者”たちを競争相手に、日本に竹島領有権があることを世界に納得させるのは造作もないことだと思うのだが。


banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます。


参考記事・于山島は竹島ではない

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

姦国人の主張にびっくり

>以前、雑誌・月刊WiLLに、竹島の領有権問題について韓国側の学者と討論した経験を持つ日本人の学者さんと、桜井よし子女史との対談が載っていたが、対談の中に出てきた、韓国側の竹島問題専門家のレベルの低さにあきれ果てたことがある。

ここでの姦国人の主張の、「韓国に愛情はないんですか」「学者としての良心はないんですか」には正直言ってあきれますね。
自国の不利益になることまで、外国に対する愛情を持つ義理はないし(そもそもこんな国に愛情なんて持ちえません)、かの国では自身にとっての不都合を不良心とでも言いたいのでしょうか。

  • 投稿者: DUCE
  • 2006/07/30(日) 10:22:06
  • [編集]

>姦国人の主張にびっくり

>自国の不利益になることまで、外国に対する愛情を持つ義理はないし(そもそもこんな国に愛情なんて持ちえません)、かの国では自身にとっての不都合を不良心とでも言いたいのでしょうか。

まったくです。 韓国は戦後さんざん日本を裏切ってきましたから。

しかも、ここでの論点は、「歴史的事実かそうでないか」しかありません。

証拠文献を出されたら韓国側に反論の余地はありませんから、ワケのわからないことを絶叫したのでしょうが...

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/07/30(日) 20:56:25
  • [編集]

早急に短期査証廃止止めましょう!

拝啓、韓国には付き合いきれません。

早急に韓国からの査証無し入国を取止めましょう。
友好幻想に溺れているのは日本だけです、馬鹿馬鹿しくなりました。 人がいいのを通り越して 間抜け です。

乱文にて。草々

  • 投稿者: (^-^)風顛老人爺
  • 2007/01/14(日) 03:57:45
  • [編集]

韓国の歴史は「神をも恐れぬ捏造」と陰謀。

科学的事実も根拠も無く、あるのは
PARANOID韓国国民の執拗な日本人への恨み、嫉妬と執着。

まるで、言掛りをつけながら一方的な愛を脅迫、強要で得ようとする精神障害的ストーカー国家と国民。
・・・・・・・・・・・・・・
「日韓併合は朝鮮人が望んだものである事実」

李朝末期の政治家・朝鮮併合時の総理大臣李完用侯の心事と日韓和合:

「現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても独立国家としての体面をもつことはできない。亡国は必死である。亡国を救う道は併合しかない。
 そして併合相手は日本しかない。欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思っているが、日本は違う。日本は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは気に入らないが、これは朝鮮人を同類視しているからである。
 そして、日本人は朝鮮人を導き、世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者である。それ以外に我が朝鮮民族が豚の境涯から脱して、人間としての幸福が受けられる道はない。
 日韓併合が問題になるのは、変な話だ。我輩の併合観は欧米人の朝鮮人観を基に考察したのだ」

出典:「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著 国際企画
(日本図書館連盟選定図書)
政府関係者が怒りの暴露!「竹島海流調査強行は盧武鉉の裏切りだ」

http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20060726-01-0401.html

     ・・まるでオレオレ詐欺。

韓国政府は東海海警と独島警備隊の非常警戒の中、これら会員らが韓国領海を侵犯する場合、拿捕と乗船者逮捕など断固として対応する方針だ。

「日本を狙うテロリスト韓国朝鮮の竹島領土侵略」

1952年の竹島侵略の結果、多数の日本人に犠牲者が出ています。
1952年から日韓基本条約が結ばれる1965年までの被害はWikipediaによれば、以下のとおり。
  抑留者数:3929人
  拿捕された船の数:328隻
  死傷者数:44人

北朝鮮は拉致被害者を人質にして援助を引き出す外交カードに使いました。
かつては韓国も、抑留した日本人を人質にして、日韓基本条約交渉の切り札として使いました。
国家体制が違っても、人質外交は朝鮮の得意技でしょうか。

2004年の現在でも、竹島に近づいた日本漁船は銃撃され、犠牲者は出続けています。

http://www.geocities.jp/savejapan2000/korea/k094.html

 「日本に二十万人の朝鮮人が日本に強制的に強制的に連れてこられた」と、韓国の主張する当時の事実は下記の通り。

朝鮮人労働者の戦時徴用は245人!
その後殆どが自発的に永住を希望。
朝日新聞報道
http://www.youtube.com/watch?v=nphQDygKRtQ

   宋旻淳外交次官補、昨年6カ国協議にて:

  「日本人拉致問題は日本政府のでっち上げ」

余談:
台湾は、歴史を嘘で塗りつぶさない誇り高い民族で感心するね。

日本から金を強請る集り民族日本を食い潰す。

「日本を陥れる盧武鉉詐欺」

日本は国家統一すると(いつも)韓国にきて踏み荒らすなど、(周辺に)力の強い国が登場すると必ず韓国にやってきては食い荒らした。中国も新しい王朝ができると決まって韓国を食い荒らしてきた」などと、朝鮮半島に対する日本と中国の“侵略史”を強調したという。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/31235/

日本人が韓国の文化財宝を34,369点盗み、米国も17,803点盗んでる
韓国政府は日本に博物館返還賠償要求をしている。

「Histry of Korea」←韓国政府日本極悪世界宣伝英語サイト
http://en.wikipedia.org/wiki/History_of_korea

日本は敵だから、いくら法螺吹いても良いという世界一危険な国。

〇捏造歴史宣伝に対する日本への謝罪、
〇事実に基づき韓国史改定、
〇拉致問題解決なくして、国交正常化無し。

国際ルールを守らぬ、最低最悪特亜三国。

  • 投稿者: K・SHAW
  • 2007/01/14(日) 04:46:28
  • [編集]

こういう図式が成り立つだろうか?

※(バ)韓国の主張
『晴れた日に竹島が見える。だから俺様の国のものだ』
    ↓
『晴れた日に隣りの家の美人が見えた。だから俺のもんだ』

  • 投稿者: お笑いお花畑
  • 2007/01/14(日) 10:34:38
  • [編集]

勉強に来ました

でも、難しいですね(泣)
また遊びにきます^^

「脱サラIT生活」
http://atit.livedoor.biz/

  • 投稿者: at(あっと)「脱サラIT生活」
  • 2007/01/14(日) 10:55:25
  • [編集]

『逆説の日本史』によると・・・

クロフネさん、こんにちは。
元々、任那日本府は大和朝廷のもので、それを奪還するために、しばしば新羅に遠征した・・・というような記述が『逆説の日本史』にありました。
その文脈からいくと、竹島はおろか、朝鮮半島の一部は日本に返して欲しいものです。
あと、韓国側の学者の火病な反応は、靖国神社問題で、東条由布子さんが韓国の女性と討論したときの、当該女性の反応と全く同じですね。
学問を語る相手として、韓国人はあまりふさわしい人々ではないようです。

  • 投稿者: ナルト
  • 2007/01/14(日) 16:36:51
  • [編集]

(^-^)風顛老人爺さん

私も、ウオン危機時のための通貨スワップ協定を一刻も早く破棄してほしいと思っています。


K・SHAW さん

>科学的事実も根拠も無く、あるのは
PARANOID韓国国民の執拗な日本人への恨み、嫉妬と執着。

この一言に凝縮されていますね。これまでのあの国のやり方は。

>かつては韓国も、抑留した日本人を人質にして、日韓基本条約交渉の切り札として使いました。
国家体制が違っても、人質外交は朝鮮の得意技でしょうか。

韓国は日本海で操業していた日本人漁民を射殺したり拉致したりして、本当に許せません。

韓国はいくらでも昔のことを蒸し返すのですから、この問題で日本も謝罪と賠償を求めるべきでしょう。

お笑いお花畑さん

>『晴れた日に隣りの家の美人が見えた。だから俺のもんだ』

韓国の主張のレベルの低さは、そのようなものです。

ナルトさん

>その文脈からいくと、竹島はおろか、朝鮮半島の一部は日本に返して欲しいものです。

そんなことをすると日本が再び「かの国の法則」に巻き込まれてしまうんじゃないでしょうか。

そんなのまっぴらごめんです(苦笑)

それはさておき、朝鮮半島の一部に日本が直轄領を持っていた可能性は高いと思います。(現在の全羅南道に)

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/01/15(月) 22:12:54
  • [編集]

韓国名、響きがワロス かわうそ~竹島

竹島なのにドクトなんて名前を付けられてテラカワイソス。まるで虐められて無理やり付けられたあだ名みたい。ドクトの『独』なんて孤独のドク。更にドクトなんて音の響きがhttp://blog4.fc2.com/image/icon/e/286.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">ドクロだし。
占領している韓国(北朝鮮)軍をドクロに してやりたいが…。

お後が宜しいようで~。m(_ _)m


  • 投稿者: 日本危機!
  • 2007/01/16(火) 11:30:15
  • [編集]

日本危機!さん

>竹島なのにドクトなんて名前を付けられてテラカワイソス。

実際、独島なんて名称、古文献に出てきたことがあるのかさえ疑問です。

少なくとも私は知りません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/01/16(火) 22:34:36
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。