初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和天皇のメモに思う

  • 2006/07/21(金) 00:38:47

 昭和天皇が靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に関し、「だから私はあれ以来参拝していない。それが私の心だ」などと語ったとするメモを、当時の富田朝彦宮内庁長官(故人)が残していたことが20日、明らかになった。

 昭和天皇はA級戦犯の合祀に不快感を示し、自身の参拝中止の理由を述べたものとみられる。参拝中止に関する昭和天皇の発言を書き留めた文書が見つかったのは初めて。

 遺族によると、富田氏は昭和天皇との会話を日記や手帳に詳細に記していた。このうち88年4月28日付の手帳に「A級が合祀され その上 松岡、白取までもが」「松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々(やすやす)と 松平は平和に強い考(え)があったと思うのに 親の心子知らずと思っている だから私(は)あれ以来参拝していない それが私の心だ」などの記述がある。

(読売新聞) - 7月20日13時4分更新



引用記事 

 いわゆるA級戦犯の靖国神社合祀について、昭和天皇がお言葉を述べられたのを、当時宮内庁長官だった富田朝彦氏がメモに書きとどめたものが、このほど見つかったという。

これについては、陛下も薨去されて久しく、富田宮内庁長官も故人となっているので、メモの内容が真実であるかどうかは確認のしようがない。

そこで一応メモの内容が真実だとして、私の思ったことを少し綴ってみたい。

 昭和帝はご在位中に、激しく後悔なさったことが少なくとも一度あった。

それは、1927年に発足した田中義一内閣時代のことで、当時、中国大陸の日本軍と蒋介石の北伐軍が対立を深めていたのを陛下は大変心配なさっていた。  
陛下は、大陸にいる日本軍に自重するよう指示するようにと田中首相にお言葉をかけたが、その後、満州の軍閥の首領だった張作霖が暗殺されるという大事件が発生した。

これは関東軍のしわざとされたが、このことが原因で田中首相は陛下から厳しく叱責され、田中首相は責任を感じて内閣総辞職をした。

しかし、「君臨すれども統治せず」を理想的君主の姿とお考えになっていた陛下は、結果的に田中首相を解任するかたちになってしまったことを激しく後悔されたという。

「君臨すれども統治せず」というのは、君主が国家元首として存在しながらも、主権は行使しないという状態のことである。 陛下が皇太子時代に立憲君主国・イギリスへ留学をなさったことと、関係があるのだろう。

戦後になり、天皇が統治権を掌握することが定められた大日本帝国憲法が廃され、新たに日本国憲法が定められたことによって、昭和天皇は名実ともにご自身の理想である「君臨すれども統治せず」の立憲君主になられた。

 今回のメモによれば、陛下はA級戦犯の合祀に反対なさっていたとされる。だが、陛下は一言もそのことを公になさらなかった。

その理由は明白だ。 

陛下が「A級戦犯の合祀に反対だ」とご発言なされば世間に大きな影響を及ぼし、「君臨すれども統治せず」の立憲君主ではなくなってしまうからである。

だからご自身のお気持ちを決して公表なさらなかったのだろう。

今回のメモはありのままに受け止めるにしても、だから首相は靖国参拝を止めるべきだとか、A級戦犯をすみやかに分祀すべきという議論は、「君臨すれども統治せず」という陛下のご遺志とは違うように思われる。

靖国に参拝すべきかどうかは、主権を持つ国民の代表者たる首相が考え行動すべきだし、A級戦犯を分祀すべきかどうか、それが可能なのか不可能なのかは、宗教法人の靖国神社側が判断するべきことだ。

 もし、左翼マスコミに代表される、戦前の”天皇制”や国家神道を激しく批判し、今でも天皇を国家元首とする立憲君主制に懐疑的で、政教分離を声高に主張する人たちが、このメモを根拠にして「昭和天皇が反対していたのだから、小泉首相も靖国に参拝するべきではない」という論法を使うのならば、こっけいとしか言いようがない。


-----------------------------------
追記

 危惧したとおり、さっそく朝日新聞・民主党・共産党などの左翼勢力が騒ぎ出したようだ。

それでは、もし昭和帝が「いわゆるA級戦犯を合祀しても問題はないだろう」とするお言葉を発せられて、後にそれを書きとどめたメモが発見されたら、

それをもって朝日新聞・民主党・共産党などの左翼勢力が「昭和天皇が賛成なさっていたのだから首相は堂々とA級戦犯が合祀された靖国神社に参拝をするべきだ」という主張をしただろうか?

いや、絶対に有り得ない。

「天皇は過去を反省していない。天皇の意見に左右されてはならない」とキーキーわめいてヒステリーを起こしていたに違いない。

彼らのダブルスタンダードぶりには本当に嗤うしかない。


banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

富田メモの疑問点

やっとネットの方にも資料や意見が出始めたようですが、なんだか民主党の偽メール事件を思い出させるような展開になってきたような。個人的には「死人に口なし」なので、こういうやり方は好きではないのですが。 仮にこのメモの内容が本当だとして、故人が公にしなかったこ

  • From: coool! |
  • 2006/07/21(金) 10:49:28

靖国と昭和天皇メモ

ホームズ、今日の「とっておき話」のホームセンターからは・・・北朝鮮のミサイル発射問題をうけて、防衛に関する話題を書いてましたが、靖国神社をめぐり興味あるニュースが流れました。その前に、・・・福田康夫元官房長官は今回の自民党総裁への不出馬を決めたよう....

  • From: ホームズ☆「とっておき話」のホームセンター |
  • 2006/07/22(土) 23:35:26

この記事に対するコメント

こんばんは、クロフネさん。
以前私は、石原都知事と田原氏の対談で、松井石根大将は昭和天皇の代わりにA級戦犯にされたという旨の話を聞いたことがあります。
陛下自身も戦犯扱いされるところだったのに、それを免れたからといってA級戦犯に対して差別的発言をなさるとは到底思えません。また、昭和天皇ともあろうお方が、A,B,Cの区別が付いてないとも思えません。
これは、単に松岡洋右外相らに対する個人的な思いを述べたに過ぎないのではないでしょうか。

  • 投稿者: エトワ
  • 2006/07/21(金) 04:05:37
  • [編集]

何か変です

陛下は御自らのことを『朕は…』とは仰いますが、『私』とは言いませぬ。側近に対してもそうです。ということは、たまたまその場にいた、別人(例えば徳川氏)の記録ではありませんか。それに、後から切って貼り付けた、別人が書いたメモのようにも見えますね。
更に言えば、こんなメモがこのタイミングで出てきたのは、財界(シナ)からの圧力と、日経にインサイダー疑惑で捜査の手が伸びたからでしょう。報道上はうやむやになりますからね。それを疑いもせず、一斉に鬼の首でも取ったかのように報道する各社マスゴミ…。
何かおかしくないですか?

  • 投稿者: 通りすがり
  • 2006/07/21(金) 13:01:04
  • [編集]

偽物もしくは徳川従事の話

これからすると
いわゆるA級戦犯なるものが合祀される三年半前に昭和天皇は靖国参拝をやめられた。
天皇は三年半前にA級戦犯が合祀されることが解っていた事になるのだが。
まさに現人神なんだろうかネェ。

このメモは発言後十年を過ぎた時点で書かれた物という事だが、
十年も前の発言を一言一句きちんと覚えていることが出来るのだろうか。
テープにでも録ってると言うのならそれもありだが、
それだってTBSのように故意に変えて載せるインチキ野郎だっているのである。
しかも二十年も経つのに見たところ
色あせほとんどなく、しかもノートに後から貼り付けてある。
どう見てもインチキ臭いよネェ。

天皇の話ではなく徳川侍従長の話を書いたって事は無いのだろうか。
大体昭和天皇が人の名前を挙げて非難をしたなんて聞いたことが無い。

  • 投稿者: 佐衛門
  • 2006/07/21(金) 15:10:59
  • [編集]

左の人たちが喜びそうなことを投げかけたらいい。「このメモを歴史資料にしましょう」・・って。彼等は賛成すると思う。でも一部には「ヤバイ!!」と思う連中もいる。歴史資料にするには、このメモが本物かどうか徹底的に調べなくてはならないからだ。
さあ、皆でこのメモを歴史資料にする呼びかけをしましょう。・・もちろん左の方々も巻き込んで・・・。

  • 投稿者: shudo
  • 2006/07/21(金) 18:36:20
  • [編集]

一石二鳥

これは靖国だけでなく、昭和天皇までターゲットにしてますね。

いわゆる「A級戦犯」について詳しい人間に、昭和天皇は臣下の献身と自己犠牲を無視する愚帝である、と印象付けようとしています。

  • 投稿者: 街の常識人
  • 2006/07/21(金) 23:53:03
  • [編集]

連名で失礼します

エトワ さん

>これは、単に松岡洋右外相らに対する個人的な思いを述べたに過ぎないのではないでしょうか。

確かに、松岡・白鳥両氏以外についてどう思われていたのか、あのメモからはわかりませんね。

通りすがりさん

>更に言えば、こんなメモがこのタイミングで出てきたのは、財界(シナ)からの圧力と、日経にインサイダー疑惑で捜査の手が伸びたからでしょう。

メモが本物かどうかは今後を見守らなくてはならないでしょうが、本物だったとしてもメモは昔から存在していたわけですから、今この時期に出てくること自体、何らかの政治効果を狙ったものであるのは明白ですね。

佐衛門 さん

>しかも二十年も経つのに見たところ
色あせほとんどなく、しかもノートに後から貼り付けてある。

私もそれが気になっています。

shudoさん

>歴史資料にするには、このメモが本物かどうか徹底的に調べなくてはならないからだ。

よく調べもせず、すでに本物ということになってしまっていますよね。 

街の常識人さん

>これは靖国だけでなく、昭和天皇までターゲットにしてますね。
いわゆる「A級戦犯」について詳しい人間に、昭和天皇は臣下の献身と自己犠牲を無視する愚帝である、と印象付けようとしています。

ご発言が事実だったとしても、あのように軽軽しく公表してよいものだったのかは、非常に疑問です。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/07/22(土) 01:37:23
  • [編集]

こんばんわ。
いつも役立つ記事とご意見ありがとう
ございます。

靖国問題は国内問題なのに、どうしても
外交問題に発展させたい勢力が消えません。
僕は今回の昭和天皇メモが首相の参拝を
しばるものではないと思います。
そうしたことを記事にまとめてみました。

TBお願いします。

  • 投稿者: ホームズ
  • 2006/07/22(土) 23:37:13
  • [編集]

落し所

昭和天皇のメモを受け、靖国側が自主的に分祀するシナリオは、
1度祀った御霊は分けられないとする、
神社の主張もあり、不可能なのでしょうか。
外圧によらない妙案の気がしますが。
靖国批判が中国の外交手段であり、
それが解決しても次の無理難題が待ってるのは、
アーミテージ氏も指摘してますが、
常々中国が言ってる「靖国以外何の不満もない」
が二枚舌だと看破する機会では。
天皇陛下の参拝がかなえば、
次にどんな言い掛りが来ても、
大したことないと思います。

  • 投稿者: 太郎
  • 2006/07/24(月) 10:35:19
  • [編集]

連名で失礼します

ホームズさん

>靖国問題は国内問題なのに、どうしても外交問題に発展させたい勢力が消えません。

ほんとうに日本のガンですよね。
民主とか毎日・共同とか。

太郎さん

>昭和天皇のメモを受け、靖国側が自主的に分祀するシナリオは、1度祀った御霊は分けられないとする、神社の主張もあり、不可能なのでしょうか。

私は神道の専門家ではないので、詳細はわかりませんが、少なくとも靖国神社側はそう言っていますよね。

靖国神社側が「分祀できない」、あるいは逆に「分祀できるしそれが望ましい」と言ったとしても、私はそれにとやかく言うのは適切ではないと思っていますが...

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/07/24(月) 20:23:50
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2006/07/26(水) 18:04:16
  • [編集]

シリーズものの読者さんへ

ブログ画面の左にあるメニューバーの一番最後に、トップページ(1)というのがあります。

それをクリックすると、シリーズもの記事の一覧が表示されます。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/07/26(水) 23:08:44
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。