初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サミット閉幕と日本の収穫

  • 2006/07/19(水) 23:59:35

 本当ならこの記事は昨日アップしたかったのだが、イスラエルとヒズボラの紛争が激化し、そちらの方が緊急事態だと考えて記事をさしかえた。

というわけで、今日はロシア・サンクトペテルブルクで開催されたサミット・主要8カ国首脳会議について取り上げたい。

[サンクトペテルブルク 17日 ロイター]G8サミットでは、国連安全保障理事会が15日、北朝鮮のミサイル発射を非難する決議を全会一致で採択したことを踏まえ「国連安全保障理事会決議に対する支持」(議長総括)を表明した。議長総括ではさらに、北朝鮮に対し1)ミサイル発射のモラトリアムに関する既存の約束の再確認、2)すべての核兵器および既存の核計画の放棄、3)6カ国協議への速やかな復帰--を要求。「北朝鮮に対し、拉致問題の早急な解決を含め、国際社会の他の安全保障および人道上の懸念に対応するよう求める」と拉致問題にも言及されたが、日本が当初求めていた「制裁」は実現せず、「全会一致」を果実とした。

 会議後に記者会見に臨んだ小泉首相は「安保理決議の全会一致は極めて重要」と強調するとともに「(北朝鮮問題について)G8でも協議し、核、ミサイル、拉致の問題の解決のために国際的な連携が必要との認識で一致した。明確なメッセージを北朝鮮側に発出することができた」と述べ、最後となるサミットでの成果をアピールした。同時に「(安保理やG8のメッセージを)重く受けとめるべきだ」として、北朝鮮に対して6カ国協議への早期復帰を訴えた。<



引用記事 

 今回のサミットはプーチン・ロシア大統領の地元、サンクトペテルブルクで開催された。

当初ロシアはこのサミットにおいて、エネルギー安保問題を主要テーマに据え、非OPECの大産油国として国際社会でかつての影響力を取り戻しつつあることをアピールしようともくろんでいた。

エネルギー安保問題のほかに、鳥インフルエンザを含む感染症対策や教育問題も話し合いのテーマとして用意していたが、直前に発生した、北朝鮮によるテポドン発射、イスラエルとハマス・ヒズボラとの紛争激化、それに加えて、欧米が提案したウラン濃縮停止に対する見返り案へのイラン回答拒否で、地政学的リスクへの対処がサミットの主要テーマとなってしまい、ロシアとしては思わぬ展開だったことだろう。

 地政学的リスクへの対処では、不拡散声明として、大量破壊兵器の拡散は世界の脅威としたうえで、テポドンを発射した北朝鮮を非難する全会一致の安保理決議を歓迎し、ミサイル発射が平和と安定を脅かすとして深刻な懸念を表明。 ミサイル発射凍結と六カ国協議への復帰をもとめた。

イランに対しても核拡散への懸念を表明した。

議長総括でも、北朝鮮を非難する全会一致の安保理決議を支持し、核兵器の放棄・ミサイル発射凍結・拉致問題の解決を求め、すみやかに六カ国協議へ復帰するよう呼びかけた。

イラン核開発問題は、不拡散声明と同様の内容がもりこまれたが、イスラエルのレバノン空爆に関しては、イスラエルとアラブの双方に自制を求める内容となった。

その他のテーマに関する議長総括としては、主要テーマとなるはずだったエネルギー安保は、油田開発への投資と省エネの推進、化石燃料以外のエネルギー利用をすすめるといった、新鮮味のないものとなった。

鳥インフルエンザを含む感染症対策や教育問題でも、当り障りのない内容の議長総括だったように思う。

 日本としての大きな関心は、北朝鮮と密接な関係にあるロシアが議長国となったサミットで、テポドン発射を強行した北朝鮮に対する強い非難と、拉致問題の解決を求める日本の立場を、サミットから世界に発信するメッセージにどう盛り込むかにあった。

テポドン発射に対する強い非難は、先に採択された安保理決議に触れながら不拡散声明と議長総括で、拉致問題も議長総括に盛り込むことに成功し、日本にとってまずまずの成果があったといえるだろう。

ロシアとしても北朝鮮を無理にかばうより、自国開催のサミット成功の方が重要だったとみえる。

サミットと平行してイギリスのマッカートニー外務担当閣外相が来日し、拉致被害者家族の横田さん夫妻と面会して、イギリスとしても拉致事件の解決に努力することを申し出てくれた。

国際社会における北朝鮮包囲網はゆっくりだが確実に構築されている。数年前とは比べ物にならない状況だ。

 サミットの形骸化が指摘されて久しいが、以前言ったように日本はサミットを拡充してもっと活用すべきだと思う。

現在日本は安保理の非常任理事国だが、非常任理事国として安保理に実際に参加し米・英・仏などと常に連絡をとれる態勢にあったからこそ、北朝鮮に対する安保理決議採択に影響力を行使することができた。

だがまもなく非常任理事国としての任期が切れるし、日・米と中・露の分裂によって安保理がほとんど機能停止している現状も目の当たりにした。

残念なことだが、北朝鮮やイランによる大量破壊兵器の開発・拡散の問題で、日・米・英・仏の民主主義陣営と中・露の独裁国家との間に深いミゾが存在しているのが、安保理の機能停止の原因だ。

核兵器や弾道ミサイルの拡散など世界に山積する難題を解決するためには、再び民主主義陣営が固く結束することが大切だと思うし、そうすることで、安保理などの国際社会の場で北朝鮮やイランの肩を持つ中国やロシアに対処しやすくなる。

 そこで、民主主義陣営が今以上に結束するために、サミット参加国である日・米・英・独・仏・伊・加・露のG8の枠組みを、もっともっと利用するのである。
(本来なら大きく民主国家から後退してしまったロシアは外したいのだけれども)

できれば常設のG8理事会をおいて各国が大使を派遣して、政治・安保・経済など各種の国際問題について常に意見交換ができ、合意内容を世界に向かって発信して参加国がそれにしたがって協調行動がとれればベストである。

安保理が米・英などと中・露で分裂して拒否権行使をちらつかせたり実際に行使して機能停止状態に陥ったのなら、ロシアを除いたG7が有志連合を組んで国際問題の解決にあたったり、安保理が正常に機能するよう中・露を牽制する。

日・米・英・独・仏・伊・加が協調行動をとれれば、世界に対する影響力はばかにならないはずである。

G8(サミット)を第一回ランブイエ・サミットで宣言された基本精神に戻し、そこから発展させるのである。

ランブイエ・サミット宣言(抜粋)

我々がここに集うこととなったのは、共通の信念と責任とを分ち合っているからである。我々は、各々個人の自由と社会の進歩に奉仕する開放的かつ民主的な社会の政府に責任を有する。そして、我々がこれに成功することは、あらゆる地域の民主主義社会を強化し、かつ、これらの社会にとり真に緊要である。



将来的に民主主義の価値観を共有する大国が出現すれば、新メンバーに加えてもよいし、独裁国家に逆戻りしたような国にはご退会を願わなくてはならない。

こうしたことを、日本が率先して訴えて実現にこぎつけられれば、日本の国益にとって大きなプラスになると思う。

 ところで今回のサミットにおいて、中国などをサミットに加えてG9やG13にしようという声が一部で上がっていたが、次回開催国ドイツのメルケル首相が「加盟国拡大は必要ない」とピシャリと言ってくれたのはありがたかった。

メルケル首相は本当に頼りになる。

引用記事   

これに対抗するようにロシアのプーチン大統領と中国の胡主席・インドのシン首相は”裏サミット”を開催した。
インドの対米接近を焦った中国の提案だったようで、「国際・経済システムの多極化が目的」と説明して、日・米・欧に対抗する新たな枢軸の形成を意図していることを隠さなかった。

引用記事 

地政学ファン?の方は目を輝かせるニュースなのではないかと思うが、やはりG8の常設化・結束強化は必要だと痛感する。


banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

防衛~また続く

ホームズ、今日の「とっておき話」のホームセンターからは・・・「何よりも一人の犠牲者もでなかったことを素直に 喜びたい」&nbsp;&nbsp;&nbsp;朝日の社説は一見正しそうですが、この見解がそもそも間違っています。「軍隊の海外勤務には犠牲はつきもの」と....

  • From: ホームズ☆「とっておき話」のホームセンター |
  • 2006/07/21(金) 00:59:32

この記事に対するコメント

サミットG8にロシアを入れておくことが大事だと思います。ここで中国を外しロシアを民主主義国家予備軍としておくのです。

  • 投稿者: shudo
  • 2006/07/21(金) 00:06:48
  • [編集]

こんばんわ!クロフネさん。
今回もためになる記事ありがとうございます。
さて、自衛隊が無事撤収作業を終了し、任務を遂行しました。
それに対し、朝日新聞は相も変わらず倣岸不遜な社説で答えています。隊員の士気を下げるのは彼らの仕事なのでしょう。日ごろ偉そうに読者に訓戒をたれてばかりいないで、自らも感謝の気持ちを持ってもらいたいものです。
TBお願いします。

  • 投稿者: ホームズ
  • 2006/07/21(金) 01:03:17
  • [編集]

連名で失礼します

shudoさん

>サミットG8にロシアを入れておくことが大事だと思います。ここで中国を外しロシアを民主主義国家予備軍としておくのです。

エネルギー問題もありますし、ロシアを中国から引き離したいのですが、ロシアにその気があるのかどうかが問題ですね。

中・露がくっついたままロシアがサミット参加国に名を連ねていると、足並みが乱れてサミットが安保理のようになりかねませんし...

ホームズ さん

>さて、自衛隊が無事撤収作業を終了し、任務を遂行しました。

自衛隊の皆さんには本当に頭が下がります。 その自衛隊は朝日を守らなければならないのですから、理不尽なものですね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/07/22(土) 01:26:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。