初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盧武鉉のクレージーな歴史認識

  • 2006/05/07(日) 00:41:40

 韓国のノ・ムヒョンが3日、政府機関である”民主平和統一諮問委員会”の在米代表団を前に、1時間近くにわたって”歴史講義”を展開した。

【ソウル=黒田勝弘】「米国にはたしかにお世話になった。しかし韓国は大きくなったからもう米国には頼らない。独自の道を選択してもいいのではないか」「日本は昔から"兄貴面"をするので問題が起きる、中国や日本に強大な勢力が現れるといつも朝鮮半島に戦争が起きる」「しかし、心配はあるが韓国はすでに力をつけた。過去のような侵略や支配、抑圧の歴史は決して繰り返されないものと信じる」-。

このところ、歴史づいている韓国の盧武鉉大統領が、また長々と"歴史講義"を展開し話題になっている。政府機関である「民主平和統一諮問委員会」の在米代表団を前に3日行ったもので、東アジア情勢から米韓、中韓、日韓関係などについて歴史を引用しながら1時間近く熱弁を振るった。

米国については「過去、50年間、大いに世話になった。感謝している。永遠の友人だ。しかし友人を疑うわけではないが、国家の選択はその時々で変わるものだ。いつまでも頼ってはおられない」と述べ、かねてからの"対米自主"論を繰り返した。

一方、対日関係では「歴史問題でケンカしている」とし、最近の日本の動きは、(1)古代・朝鮮半島に対する支配権の主張(「任那日本府」の話?)(2)豊臣秀吉による壬辰倭乱(文禄・慶長の役)(3)日韓併合による植民地時代-に続き、「日本が自慢、自信感から国家的栄光を求める4度目のもの」だという。

さらに、日本は中国(唐)のマネをして「皇帝(天皇)」をつくったため、その下に「王」が必要になって琉球や韓国を「王」にし、自分は"兄貴風"を吹かしてきたが、中国を"兄貴"と思ってきたわれわれにはこれはとんでもないことだとし、こうした背景もあって盧大統領は「今日の日本に国粋主義傾向を感じる」という。

また16世紀の「壬辰倭乱」についても「陶磁器技術など産業基盤が完全に崩壊され、知識人や農業技術者など10万人が日本に連れていかれ、農地は3分の1に減った。こうした被害がなければ韓国は近代化過程で産業的に相当発展していたかもしれない」などと"アマチュア歴史談義"を披露している。

そして、「東アジアでは中国が強くなってもコトが起き、日本が強くなってもコトが起き、韓国は被害を受けてきた」としながら、韓国が力をつけ独自の"戦略"を選択することで「歴史の繰り返し」から逃れられるという。持論である日米中と等距離の"東アジアの均衡者"という理想論を、あらためて力説したかたちだ。

【2006/05/05】



引用記事 

 はっきり言って、ノ・ムヒョンの歴史に対する知識は、まるっきり韓国の一般市民の間に広まっている”民間信仰”レベルで、「この程度の教養で、よく国家の指導者になれたな」とあらためて驚かされる。

さすがに2002年サッカーW杯で、のぼせ上がった韓国民がその時の勢いだけで当選させただけのことはある。

このノ・ムヒョンの歴史観は、韓国政府が韓国に不利な事実を一切排除して編纂させた国定教科書”国史”の歴史観そのものであり、ノ・ムヒョンも、韓国政府による洗脳教育の結果出現した哀れなあやつり人形と言えるだろう。

 韓国国定教科書の歴史観のベースにあるのは”中華思想”であり、これこそ日本と韓国・中国の外交摩擦のもっとも根源的な原因である。

中華思想とは「儒教発祥の地である中国こそ世界の”中”心であり、文明の”華”を咲かせた唯一の国である」というものだ。

中華思想は韓国にも伝わり、ある意味、本家である中国よりも強化され「朝鮮半島国家は数千年間、中国の属国として儒教文明の忠実な模倣者つまり”小中華”であったのであり、中国から朝鮮半島までが文明圏である。よって、朝鮮半島人は周辺の日本人や満州人・モンゴル人といった未開人より優秀で文化的に優れている」という”小中華思想”とでもいうべきものが生まれた。

「日本は中国(唐)のマネをして”皇帝(天皇)”をつくったため、その下に”王”が必要になって琉球や韓国を”王”にし、自分は"兄貴風"を吹かしてきたが、中国を"兄貴"と思ってきたわれわれにはこれはとんでもないことだ」という、ノ・ムヒョンの歴史認識が韓国特有の”小中華思想”のすべてを物語っている。

 小中華思想に従えば、「中国は長男・韓国は次男・日本は出来の悪い末っ子で、末っ子は長男・次男の言うことには絶対服従しなければならない」のであって、こういう歪んだ人種差別的な歴史認識や思想を韓国が持ち続ける限り、日本と正常な外交関係を結べるわけが無い。

「靖国問題・ガス田問題・竹島問題などで、出来の悪い末っ子が年上の長男・次男に口答えするな」というわけで、どちらの言うことが論理的で正しいかなどまったく関係が無く、はじめから「年長者である長男・次男が正しい」ありきなのである。

また、長男の中国・次男の韓国より出来の悪いはずの”末っ子”日本がアジアで最初の先進国となったことも、長男・次男としては決してあってはならないことで、一番に成功した”末っ子”への嫉妬とコンプレックスに悶え狂った長男・次男はあの手この手で嫌がらせをして足を引っ張ろうとする。

韓国が要求しているのは「韓国が上、日本はその下」という前近代の極めてアジア的な国際関係である”華夷秩序”を日本が受け入れる事であって、「国力の大小はあっても、近代国家同士は名目上、対等の関係を有する」という、近代ヨーロッパで生まれ、現在の国際社会を規定している普遍的な原理など、まったく無視されている。

日本がそのような妄想を受け入れられるワケが無い。

日韓関係悪化の諸悪の根源は「国家は対等ではない」ということが前提となっている、前近代的な華夷秩序を、21世紀にもなって復活させようとたくらむ韓国側にあるのである。

だから日本の対韓外交がうまくいかないことと、日本が過去を反省したとか謝罪が充分かどうかなんて、ほとんど関係が無いことだ。

日韓関係を正常化させたいのであれば、韓国側が人種・民族間に生まれつきの優劣はない事、独立国家間の関係は平等であることを認めることが、他のなによりも重要なのである。

 またノ・ムヒョンの歴史認識の内容そのものも全く間違っている。

日本が中国のマネをして天皇をつくったというよりは、東アジアにおいて独立国家の長がエンペラー(皇帝・天皇あるいは大王やハーンも含まれよう)であったのであり、エンペラーに服属した国の長がキング(王)だったのである。

日本はどこかの属国ではなく独立国家だったから大王や天皇がいたのであって、天皇をつくるために琉球や朝鮮を属国にしたなどという主張は、本末転倒の妄言もいいところだ。

だいたい、琉球を征服したのは17世紀の島津氏であり、天皇という称号が用いられはじめた7世紀より千年後の話だ。 ノムヒョンの言うことはデタラメすぎる。

ノ・ムヒョンの言ったことを現代に置きかえれば、「韓国はアメリカのマネをして大統領をつくった。それはとんでもないことだ。」といったところか。 だったら韓国の首長は今後、州長官と呼ぶ事にしたらどうだ?

ノ・ムヒョンが日本に天皇がいたことを非難するのは、裏を返せば長いこと中国のエンペラーの属国で、キングしか名乗ることを許されなかった、朝鮮半島の歴史的事実からくる嫉妬が原因なのだろう。

そもそも歴史上の朝鮮半島国家が堂々と独立国家としての地位を求めて努力していれば良かったのであって、日本人に嫉妬をぶつけるのは全くのやつあたりだ。

それを「日本は弟、韓国は兄なのに、中国の支配者はエンペラーを名乗るのは当然だが、日本の支配者が兄貴風をふかしてエンペラーを名乗るのは許せない」というのである。 なんと差別的な思想だろうか。
 
「(秀吉の朝鮮出兵で)陶磁器技術など産業基盤が完全に崩壊され、知識人や農業技術者など10万人が日本に連れていかれ、農地は3分の1に減った。こうした被害がなければ韓国は近代化過程で産業的に相当発展していたかもしれない」という部分も、

「朝鮮半島は古代から先進国で、日本は原始社会だったが、朝鮮が文明を教えてやった結果、日本文化は発展した。 しかし日本はその恩を仇で返し、朝鮮を侵略したので朝鮮は先進国から発展途上国へと転落した」という韓国の国定歴史教科書史観そのもので、まったくのデタラメである。

 特に中世以降、日本と朝鮮半島の社会発展の差は急速に開いた。

極端な重農主義に陥り、商工業を蔑視してその発展を阻害したために、貨幣経済さえ未発達だった李朝朝鮮とは対照的に、日本では鎌倉末期から室町以降、商人や職人などが力をつけて商工業が栄え、江戸時代に成熟期を迎えた。

農業技術においても、日本では稲作において田に直接種をまくのではなく苗床で稲の苗を育ててから苗を田に植える田植え(移秧法)が8世紀ごろには始まっていたが、朝鮮半島で移秧法が始まるのが日本より約900年も遅い17世紀のことである。

 また、日本や中国の文化と朝鮮半島のそれとを比較すると、朝鮮半島の文化には深みと幅が欠けるように思う。

深みとは独創性、幅とは文化の担い手のことだ。

日本は中国から文化的影響を受けたが、日本人に合わないものは捨てられたり改変されたりした。

遣唐使をやめた9世紀末以降、日本文化は独自の発展をとげて文化の深みを増した。このころに日本独自の文字である”ひらがな”や”カタカナ”も生まれた。

商工業が発展した室町以降、貴族や武士といった権力層だけでなく、裕福になって力をつけた町人が文化を生みだし、その消費者ともなり、文化の幅が広かったことも、日本の特徴である。

茶道を確立した利休も町衆であったし、蒔絵で有名な本阿弥光悦も同様だ。

江戸期には、町人から歌舞伎役者が出現したり浮世草子のような小説が盛んに書かれ、こうした文化を消費したのも同じ町人だった。

浮世絵は”ジャポニスム”の代表としてヨーロッパに伝わり、ゴッホのような印象派の画家達に影響を与えている。

 一方、朝鮮半島の文化は、両班貴族のような支配層が主に生みだし、それを消費するのも彼らであって、幅が狭かった。

両班貴族は中国文化の模倣に努めたので、絵画にしろ陶磁器にしろ、中国のものとあまり変わりが無い。 朝鮮半島独自の文字の普及にいたっては、朝鮮の支配階級が漢字で読み書きしていたために、まったく振るわなかった。

ハングルが普及し始めるのは日韓併合以後で、日本のひらがな・カタカナに遅れること、千年近くになる。

近世ヨーロッパで”ジャポニスム”(日本趣味)や”シノワズリー”(中国趣味)といった芸術ジャンルが確立するが、朝鮮半島の文化が独自ジャンルを築いたという話は、寡聞にして知らない。

 以上のことから「日本人は韓国人より人種的・文化的に優れていた」などと言うつもりは毛頭無いが、秀吉の朝鮮出兵以前に、日韓の社会発展の度合いにはかなりの差があったし、日本だって応仁の乱以降の戦国時代を乗り切って江戸時代の繁栄を築いたのである。

近世以降、日韓の社会発展の差が決定的に広がった原因は、朝鮮出兵よりも李朝支配層の商工業蔑視の方がむしろ大きかった。

「(秀吉の朝鮮出兵の)被害がなければ韓国は近代化過程で産業的に相当発展していたかもしれない」というノ・ムヒョンの歴史認識も、

「朝鮮半島は古代から先進国で、日本は原始社会だったが、朝鮮が文明を教えてやった結果、日本文化は発展した。しかし日本はその恩を仇で返し、朝鮮を侵略したので朝鮮は先進国から発展途上国へと転落した」という韓国の国定歴史教科書史観も、まったくのデタラメであることが理解頂けると思う。

ちなみに、朝鮮を侵略した秀吉軍が連れ帰った陶工には、農民が使う粗末な飯茶碗のような雑器をつくっていた者が多く含まれていた。

当時日本で流行していた、粗末なもの、はかないものにも価値を見出す”わびさび”の影響で、大陸の雑器が人気を集め、高値で取引されていたからである。

韓国側が言うように、必ずしも朝鮮の陶工は高い技術を持っていたから連れてこられたというわけではないのであって、大きいもの、豪華なものにしか価値を見出せない、韓国人ならではの勘違いである。

 韓国の多くの人達がこうしたデタラメな歴史認識にこだわるのも、「本来日本は弟、韓国は兄なのに、長兄である中国が韓国より進んでいるのは当然だが、日本が韓国より進んでいるのは許せない。」という人種差別思想から発生したコンプレックスの裏返しである。

「弟である日本が兄である韓国より進んでいるのは許せない」から、「野蛮な日本に韓国が文明を教えてやった。だから日本文化のルーツは韓国だ」とか
「日本が韓国を侵略して何もかも奪っていったから、もともと先進国だった韓国は発展途上国へ転落したのだ」といった、デタラメなストーリーをデッチ上げて白昼夢に浸ることで、日本へのコンプレックスを解消し精神的安定を取り戻さなければならないのである。

(韓国文化が日本文化の起源なら、たとえ日本に奪われたとしても、なぜ韓国人自身の手で復元できないのか?)

だったら、朝鮮半島の支配層が中国文化のコピーなんかせず、独自の文化に誇りを持ってそれを発展させていけば良かったのであって、日本独自の文化を野蛮とみたり、そのルーツは韓国にあるといったデタラメを言いふらすのは、日本人に対するやつあたりというものである。

何度も言うが、韓国側が「日本人も韓国人も人種・民族的に優劣は無い」「独立国同士は対等である」という事実を受け入れて人種差別思想である中華思想や華夷秩序の妄想を振り払わない限り、健全な日韓関係の構築は有り得ない。

 また、日本人もこの事実から目をそらすべきではないし、政府や外交関係者も韓国の”小中華思想”(中国の”中華思想”も)をもっと研究すべきである。

banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます。

関連記事・近代日本の対朝鮮外交 (その2)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■盧政権存続のダシにされ続ける日本

【専門家が見る「お前のせい」現象】  (中央日報 11月13日) 盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府の「お前のせい」現象に対し、心理学者は外部の敵が消えればまた別の敵を作り出すと自分の存在を確認することができると思うからだと分析する。政治学界では「説得できるリー

  • From: FUNGIEREN SIE MEHR !! |
  • 2006/11/13(月) 16:59:35

この記事に対するコメント

ペ・ヨンジュン以前にもあった「ヨン様」

黒田勝弘氏の著作「韓国は不思議な隣人」のなかに、前にも日本で韓流ブームがあったことを知りました。
ペ・ヨンジュン以前も、チョー・ヨンピル、キム・ヨンジャという二人の「ヨン様」がいたようです。
とはいえ、自分にはもとよりもともと韓国に関する興味がなかったわけで、そのようなことも今年になって知りましたしだいです。
世間一般でも、それは一過性のブームに過ぎず、自分がそれに気づかなかったのも当然のことと思います。
こんな程度で文化先進国なんぞとチャンチャラおかしい。アメリカ物のように当たり前に定着していなければそのような主張は妄言でしかありません。

  • 投稿者: DUCE
  • 2006/05/07(日) 08:37:11
  • [編集]

韓国の虚栄心

韓国のテレビ・新聞・雑誌はて又は教育を通じて日本の虚像が刷り込まれています。
彼等が言う日帝支配についていうなら
それは紛れもなくその当時朝鮮半島に
駐留していた旧日本軍でしょう。
しかし韓国のメディアから流れてくる
日帝は何故かイメージとしてですが
日本人になっています。
日帝云々という韓国人、特に韓国の知識人に直接質問することをお勧めします。
あなた達は半島の日本軍とどう具体的に係わり合いをしたのか?
自分の日々の具体的所業・努力を説明できる言葉を使うことが基本です。

  • 投稿者: 金 国鎮
  • 2006/05/07(日) 12:19:18
  • [編集]

呆れましたね・・

この演説は日本に対する明らかな差別ですね。普通なら「クビ」であり「謝罪」ですが・・・

  • 投稿者: SAKAKI
  • 2006/05/08(月) 11:14:08
  • [編集]

連名で失礼します

DUCEさん

>こんな程度で文化先進国なんぞとチャンチャラおかしい。

韓国民が、日本における”韓国ドラマブーム”で異常にエキサイトしたのは、文化先進国という妄想がようやく現実になって、コンプレックスが解消されたように思ったからでしょう。

私は韓国のドラマを見たことはありませんが、一部の日本人で受けている理由は、韓国のドラマが先進的だったというよりは、70~80年代の古い日本のドラマのなつかしい雰囲気が残っていていたからではないかと思います。

個人的な意見ですが、韓国の俳優・女優さんって、ファッションセンスがどことなく垢抜けていないんですよね。10年ぐらい前の日本といった感じを受けます。

SAKAKI さん

>この演説は日本に対する明らかな差別ですね。普通なら「クビ」であり「謝罪」ですが・・・

まあ、白昼夢に浸っている状態ですから、罪悪感など一切ないでしょうね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/05/08(月) 21:21:38
  • [編集]

憎悪の政治・外交

盧武鉉の発言を考えると、憎悪を煽る民族主義者と感じています。

民族主義の場合、他民族に優越する根拠を示して自民族を上位の存在にします。その根拠は軍事・文化・血統・宗教・etc...様々なものがあります。韓国の場合は、残念なことにフィクションの歴史しか優越するものがありません。そのため憎悪を煽って補填しています。

政治・外交の根底に憎悪がある場合は、極端なエイゴイストの外交・政治になり、国際協調・軍事同盟は形骸化してしまいます。

ただ、韓国の暴走は現在の日本にとって決してマイナス面のみではなく、むしろ長期的には大きなプラスになると思われます。

  • 投稿者: hakanosita
  • 2006/05/09(火) 02:42:07
  • [編集]

韓流とは?

拝啓、韓流とは 実体は無く。 ヤラセ 作りなのではありませんか。 NHKは 未だに韓国ドラマを沢山 放送しています。 全く面白くないのですが。 拙文にて。 草々

  • 投稿者: (^-^)風顛老人爺
  • 2006/05/09(火) 06:01:41
  • [編集]

連名で失礼します

hakanositaさん

>ただ、韓国の暴走は現在の日本にとって決してマイナス面のみではなく、むしろ長期的には大きなプラスになると思われます。

確かにノ・ムヒョンはじめ、歴代の韓国指導者は日本への憎悪を煽って、国をまとめ自らの支持率アップの麻薬としてきました。
しかし麻薬のおかげで韓国は暴走し、自滅へと突き進んでいるようにみえます。

(^-^)風顛老人爺さん

>韓流とは 実体は無く。 ヤラセ 作りなのではありませんか。

受けているのは日本でも一部の層でしょう。あと、「はやっているらしいから、ちょっと見てみるか」という人達も多いと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/05/10(水) 21:13:53
  • [編集]

はじめまして

クロフネ様。

こんにちは、ねたねこと申します。

本記事をトラバさせていただきましたので、そのご報告に参りました。


韓国史は他律的な歴史であると分析した研究者がいましたね。
今になってアイデンティティ構築のダシにされる日本はいい迷惑だと思います。

  • 投稿者: ねたねこ
  • 2006/11/13(月) 17:02:28
  • [編集]

ねたねこさん

 これはこれはご丁寧に、ありがとうございます。

>韓国史は他律的な歴史であると分析した研究者がいましたね。
今になってアイデンティティ構築のダシにされる日本はいい迷惑だと思います。

まったくです。

韓国人は、中国の属国だったというありのままの歴史を受け入れるべきだと思います。

それを恥じる必要は全くありませんし、私も恥だとは思いません。

小国には小国なりの生き方というものがあります。

むしろでっち上げの歴史を精神安定剤にすることこそ見苦しいですね。

追伸、トラックバックのお返しをしたいのですがトラバURLがわかりませんでした。

どうしたらよいでしょう(涙)

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/11/14(火) 00:37:47
  • [編集]

返信ありがとうございます

クロフネ様

>>むしろでっち上げの歴史を精神安定剤にすることこそ見苦しいですね。

おっしゃる通りですね。このような妄動に付き合う日本国内の自称知識人がいることも辟易してしまいます。


トラックバックの件、ありがとうございます!
ご指摘を受けて確認いたしましたところ、なぜかTB禁止という拙ブログの方が設定になっておりましたので直しておきました。

トラックバックをいただける際は、よろしくお願いいたします。

  • 投稿者: ねたねこ
  • 2006/11/14(火) 17:36:56
  • [編集]

ねたねこ さん

了解しました。さっそく逆TBいたします。 今後ともよろしくどうぞ。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/11/14(火) 21:10:42
  • [編集]

ありがとうございます

こちらこそ、よろしくお願いいたします!

  • 投稿者: ねたねこ
  • 2006/11/15(水) 09:43:19
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。