初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいエリートを育てよう!

  • 2006/05/01(月) 23:52:50

 今日は本題に入る前に、ちょっとおとぎ話をしよう。 これは有名な話だから知っている人も多いだろう。

むかしむかし、あるところに老人と少年がいた。

ある日、彼らは自分たちの貴重な財産であるロバを町まで売りに行くことになった。

二人がロバを引いて歩いていくと、前から見知らぬ人がやって来てこういった。

「年寄りを歩かせるとは何事だ。ロバに乗せてやればいいじゃないか」

そこで老人はロバに乗った。

すると、また見知らぬ人が声をかけてきた。

「子供だけ歩かせて大人はロバに乗って大いばりだ」

そこで、老人は少年をロバに乗せてやった。

すると、やっぱり見知らぬ人が二人を見てこういった。

「あんな小さなロバに人間が二人も乗るなんて無茶だ。ロバが気の毒だ」

そこで二人は、ロバの足を棒に縄で結わえ付けて、老人と少年でロバをかついで運び出した。

二人がロバをかついで、川にかかった橋の上にやって来た時、ロバは恐怖から突然暴れ出した。

二人はバランスを崩しロバを川に落してしまい、足を縛られたロバは泳ぐことも出来ず溺れ死んでしまった。

こうして二人は大切な財産のロバを失ってしまった。

 このおとぎ話の教訓としては、「他人の意見を聞くのもほどほどにしなさい」「ものごとの善悪の判断をするための思想・哲学といった人間の芯・背骨となるものをしっかりと持ちなさい」といったところだろう。

 近年、日本を指導してきたエリート層をみていると、私はどうしてもこのおとぎ話を思い出してしまう。

ものごとの判断をマニュアルや他人の意見に頼るばかりで、自分の頭で考えようとしない。 自分の頭でものを考えないから、人間としてのしっかりした芯(哲学・思想・愛国心または郷土愛でも良いが)が無い。

マニュアルが想定していない困難な事態が起こっても、決断を先送りするだけ。

誰かが引いてくれたレールの上を走ることにかけては、抜群の才能を見せるけれども、レールの無いところはまったく走れない。

しかも自分が走っているレールの先に、高さ100mの断崖絶壁があってもレールを信じるばかりで、疑うことすらしない。

例えれば顕微鏡のようなもので、自分の専門分野についてはミクロン単位の細かいところまで良く見えるのかもしれないが、国家をトータルでみた場合の将来については見とおすことが出来ない。 顕微鏡をのぞいても5m先さえ見えないのといっしょで。

 国内政治では、メンバー全員の意見を取り入れて参加者数で割るような、政策が決定するまで時間がかかりすぎて、しかも責任の所在がどこにあるのか極めて不明確な、コンセンサス政治となってあらわれる。

そうでなければ、首相官邸の他に、財務省や外務省が政府内政府として官邸を無視し、勝手に決めて勝手なことやって、失敗しても誰も責任は取らない。

戦前の帝国陸軍・海軍と関東軍のように。

財務省や外務省の当の官僚連中は「自分たちのやっていることは正義で、戦前の軍部とは全く正反対だ」と思っているのだろうが。

外交について言えば、アメリカが右といえば右へフラフラ、中・韓が左と言えば左へフラフラ、挙句の果てにロバ(日本の国益)を橋の上から深い川底へと落っことす。

アメリカの通貨・金融政策に盲目的に従って、バブル経済の発生とその崩壊、”失われた10年”と呼ばれるその後の社会混乱を招き、教科書問題や慰安婦問題などで中・韓の内政干渉を唯諾々と受け入れて、”内政干渉権”ともいうべき既得権益を守ろうとする中・韓と”不平等条約改正”を求める日本との今日の外交摩擦の原因をつくりだした。

これが、東大を頂点とする”一流大学”を出て大蔵省(現・財務省)や外務省に入り、さらに官界から政界に転じて自民党入りするような、宏池会(旧宮澤派)に代表される自民党ハト派と、歴代の官房副長官や財務省・外務省などの少なくない官僚を含む、オールドジャパン型のエリート達がやって来たことだ。

(これに続くのが、福田康夫氏や山崎拓氏、あるいは谷垣財務相になるのだろうか?)

 上海領事館員自殺事件やガス田問題、竹島問題への対処など、外交・安保から財政再建・税制改革問題に至るまで、オールドジャパン型のエリート達には、本当に限界を感じる。

以前は、日本の官僚や官僚出身者の政策立案能力は高いと言われていた。

アメリカに軍事やインテリジェンスといった、つらくて手の汚れる仕事を任せて、日本がひたすらアメリカが引いたレールの上を走っていくだけで済んだ時代には、こうしたオールドジャパン型のエリートが掲げた政策でもよかったのかもしれない。

しかし、そんな時代はとうの昔に過ぎ去った。

世界が激変するなか、日本は独立国家として一人立ちし、”普通の国”にならなければ生きて行かれない。当然、手の汚れる仕事だって自分でしなければならない。

以上のことを踏まえれば、時代も日本国民も国際社会もマーケットも、もはやオールドジャパン型のエリートを全く必要としていないと思う。

彼らを必要としているのは、日本の弱体化を望む中国・韓国・北朝鮮ぐらいだろう。

 これまで、このブログで派閥政治のようなコンセンサス政治や官僚による超然主義を一切排除し、首相がトップダウンでスピーディーに政策を決断・実行し、他の閣僚も官僚もそれに従っていく新しい政治システムの必要性を訴えてきた。

任期の少ない小泉首相も次期首相も指導力を発揮し、こうしたことを一刻も早く実現するために動いて欲しい。 官僚の人事権を首相が完全に掌握することも不可欠だ。

これに抵抗する官僚は、民主主義と憲法への挑戦者であり、厳罰に処すべきである。


しばらく実務能力が落ちても仕方ないから、改革に意欲的な若手官僚を要職にどんどん抜擢して職務に習熟させるとともに、改革に抵抗した官僚は懲戒免職にした方が良い。

また、官僚の給与を大企業並に引き上げたり長時間勤務の見直しをする一方、天下りを完全に禁止してムダな公益法人などは、かたっぱしからつぶす必要もある。

 これに加えて、新しい時代に対応できるエリート(政治家・官僚)を養成するための、国立の政治大学設立を提案したい。

明治時代に近代国家・日本を担う官僚を養成するため、東大を頂点とする教育システムがつくられ、これが現在まで続いている。

しかし、東大を始めとする日本の大学教育にもはや限界を感じる。

日本の大学や国民全体の意識が変わるのを待ってはいられないので、国立の政治大学を新しくつくって、政治家・官僚など(企業家・ジャーナリストも含む)次世代を担うエリート層を養成するべきだ。

 愛国心と日本人としてのアイデンティティーを土台・人間の芯として、日本文化と民主主義という日本の価値観を尊重しつつ外国文化にも理解を示し、ノブレス・オブリージュ(地位の高い者としての義務)を果たす、士気の高いエリートを育成する。

特に、民主的な憲法の条文を丸暗記しながら、民主主義に反する超然主義を平気で振りかざし、省益のために国益をないがしろにする官僚のような、”論語読みの論語知らず”の人間が現れないよう注意する。

また政治学や経済学・語学の他に、地政学や軍事学も必修とする。

授業は、教授が板書するのを多数の生徒がひたすら書き写すよりも、教授と小人数の生徒がマンツーマンに近い形でやったほうが良い。

生徒には、マニュアルから学ぶとともにそれを常に疑うクセをつけさせて、単に学ぶだけでなく自分で考える能力を養わせる。

さらに教授陣の人選にも注意して、自虐思想や空想的平和主義に侵されている人が教授陣に含まれないようにする。

それに文句のある生徒・教授は入学をご遠慮願って、東大でも京大でも他の国立大学へ自由に行ってもらう。

高い能力があるにもかかわらず、金銭的余裕が無いという生徒のために、奨学金制度や寮などを整備しておく。

これが軌道に乗れば、他の大学に同様の学部を設けても良い。

 この政治大学から巣立ったエリートが、政治家や官僚として国家の中枢を担って活躍するようになれば、中・韓の言いなりになって「私は中国・韓国とのパイプだ」などと恥知らずな自慢をするような、売国政治家・売国官僚の影響力を一掃できると確信するのだが、どうだろうか。


banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます。

関連記事・”嫌韓派”を解剖する(その2)

関連記事・超然主義の復活を許すな!

関連記事・指導者としての覚悟

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

百年の計は

拝啓、百年の計は 人を育てる也。 草々

  • 投稿者: (^-^)風顛老人爺
  • 2006/05/02(火) 05:52:35
  • [編集]

こんにちは
日本には、官僚を作る大学はありますがエリート(リーダー)を作る大学は皆無といっていい。
バランス感覚に優れ、科学、環境、古文、歴史、政治、哲学等に造詣の深く人間性の豊かな人材を育てる機関が今の日本には必要だと思います。

  • 投稿者: nasadon
  • 2006/05/02(火) 10:23:06
  • [編集]

連名で失礼します

(^-^)風顛老人爺さん

すべてのコメントにお返事できませんが、日本が早く普通の国になって、当たり前のことを当たり前のように出来るようになってほしいです。

nasadonさん

>日本には、官僚を作る大学はありますがエリート(リーダー)を作る大学は皆無といっていい。
バランス感覚に優れ、科学、環境、古文、歴史、政治、哲学等に造詣の深く人間性の豊かな人材を育てる機関が今の日本には必要だと思います。

同感です。ともかく官僚が一番というのが日本のこれまでの教育でしたから。

国民全体の底上げも大切なのですが、ノブレス・オブリージュをもった真のエリートをつくる教育も大切だと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/05/03(水) 00:49:46
  • [編集]

本当のつよさ

エンジンが立派でも操舵する人間が怯惰な国家はカルタゴのように滅びる。。 八原大佐や栗林中将のような強烈な個性の指導者をいただかなければ日本の未来はないでしょう。なんですか今日のあの鳩ポッポのコメントは。。麻生さんを罷免しろと。あの語り口のもってまわった甘さ、民主党の語り口にいつもでてくる甘ったるい一種独特の声音です。気味悪いことこの上ないですね。多くの国民がその本質にはやく気づいてほしいです。。

  • 投稿者: 人生の厄介息子
  • 2006/11/04(土) 00:01:46
  • [編集]

人生の厄介息子さん

>エンジンが立派でも操舵する人間が怯惰な国家はカルタゴのように滅びる。。

最近の日本の指導者は、外からくる”刺激”に対してその場しのぎで右往左往するだけで、戦略というものが皆無でした。

小泉政権以後ようやく戦略的思考の重要さが見なおされはじめたのは良い傾向です。

民主党の鳩山議員に代表されるような、空想的平和主義者は全くお呼びではありませんね(苦笑)

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/11/05(日) 18:04:19
  • [編集]

成る程、そうですね

思い返せば我が国の昔、旧制高校にはそんな感じの教育的信念が有った様に思えます(で、占領軍に解体されましたが)。その他の前例を言えば、満州国に設立した五族協和のエリート養成校、大同学院が有りましたね、ここは宮沢喜一や朝鮮の金種泌が卒業生で仲の良い同窓でした(慰安婦問題の下敷きかなと思うのは考えすぎでしょうか?)そう考えると我が国でエリート教育は本当に難しい気がします。株成金を持て囃す国柄に成りましたから。やはり基本は武士道で雛形は松下村塾あたりでしょうか。まずは教える側の大人に胆力が求められる事でしょうね。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2007/09/10(月) 07:24:43
  • [編集]

火天大有さん

>株成金を持て囃す国柄に成りましたから。やはり基本は武士道で雛形は松下村塾あたりでしょうか。まずは教える側の大人に胆力が求められる事でしょうね。

本当に嘆かわしいことです。

エリートを育てる前に、教育者を育てないといけないのかもしれません。

>大同学院

お恥ずかしながら、知りませんでした。

旧宏池会の”大アジア主義”的傾向はこれが原因じゃないでしょうか。
それが慰安婦につながると。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/09/10(月) 23:08:25
  • [編集]

期待通りの出来レース知らぬが自民党

あっエロチカ7の歌詞だな。2010年消費税12%の自民党に2014年消費税15%の民主党か。新聞は?密約か?民主党と公明党マニフェストの主張接近、9条・世襲・献金の欄、なるほど民主党30年政権になるなあ。自民党議席三けた陥落100議席もむつかしい、小泉7、安倍トラマン7、ウルトラマンガタロウ対ダンガードA鳩山の戦い

  • 投稿者: 芹沢獅堂
  • 2009/08/21(金) 20:47:44
  • [編集]

芹沢獅堂さん

>民主党30年政権になるなあ。

そうなると日本が食い物にされすぎて、すっかり干からびてしまいそうです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/08/22(土) 20:41:51
  • [編集]

百ねんに一度のの危機にまだ臨時国会開かず

まずマニフェストにない、850円ハローワーク受付金額と交通費1000円【1日】法案を急がんかい!国の危機感が薄い麻生太郎総理

  • 投稿者: 余りに間伸びした危機感のなさ 自民党は
  • 2009/09/07(月) 12:29:26
  • [編集]

>まずマニフェストにない、850円ハローワーク受付金額と交通費1000円【1日】法案を急がんかい!国の危機感が薄い麻生太郎総理

もう麻生政権は終わりましたが?

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/09/08(火) 01:22:14
  • [編集]

手招きハート鳩山総理は何してるの?呟きかな携帯ブログページで

先ずは西日本からの新幹線の新大阪、東日本からの新幹線梅田が進まねば平成の薩長土肥連合が10年以内に起こるぜよ。と坂本竜馬さんも霊前で言ってる

  • 投稿者: 芹沢獅堂
  • 2009/10/19(月) 02:04:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。