初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹島海洋調査は一応決着か?

  • 2006/04/24(月) 23:55:59

 日本の海上保安庁による竹島近海の海底調査に対して、韓国側が強硬に反発していた問題は、「韓国が6月の国際会議で、竹島近海の海底地形に韓国名をつけるための申請をしない」かわりに「日本も海底調査をいったん中止する」ことで一応の決着をみたのは、皆さんご存知の通りだ。

同時に、5月にも日韓両国による排他的経済水域(EEZ)に関する交渉を開始することでも合意した。

引用記事 

 しかし韓国側は「適切な時期に(韓国名をつけるための申請を)推進する」としており、「韓国が6月の国際会議で、韓国名を申請することはない」と発表した谷内外務次官の見解と食い違いをみせている。

これに関しては、日韓両政府が持ちかえった合意文書を入手して、どういった表現になっているかを確認でもしない限り真相はわからない。

マスコミ各社も「韓国は6月の申請を断念」と報道しているところと「韓国は断念とは明言しなかった」と報道しているところがあり、情報が錯綜している。

 以前にも述べたとおり今回の問題は、よっぽど日本側がドジを踏まない限り、どう転んでも日本にとって有利な形で終わるような状況だった。

そしてソウルで行われた交渉の結果を見る限りでは、両国はそれぞれ、韓国名の申請と海洋調査の実施をとりあえず保留した形となったものの、竹島問題の紛争化に韓国を引きずり込んだという意味では、まずまずの成果があったと言えるだろう。 EEZに関する交渉が再開されるのも評価できる。

ただ、日本としては一番”もうけ”が少ないシナリオに落ち着いてしまったのも事実だ。

 日本政府が、今回の戦術的な勝利を「竹島返還」という戦略的勝利へと、どう結びつけるつもりなのか、いまいち私には見えてこない。

ソウルでの交渉に悪影響を与えないように、あえて言及を控えていたが、そもそも海保による海洋調査実施は、何の目的で策定されたのだろうか?

それが単に「韓国が6月の国際会議で、韓国名を申請するのを止めさせるため」だったとしたら、志というか目標設定が低すぎる。

また、国際世論を日本の味方につける根回しも充分だったとは言えない。

ともかく、5月に開始される予定のEEZ交渉や、6月の国際会議で韓国が本当に申請をあきらめるのかを見極めてからでないと、今回の交渉妥結による日本の”もうけ”が充分だったのか、それとも少なすぎたのかを判断するのは早い。

 最後に、竹島問題についての交渉で、これまで日本の外交官はいったいどんな事を韓国側に言ってきたのか疑問で仕方が無い。

韓国の竹島領有の根拠は近代以前の場合、鬱陵島や鬱陵島を誤認した結果である架空の島などに関して記録している古文書を「あれは竹島の事を書いたものだ」と強引にこじつけて言い張っているにすぎない。

そもそも近代以前の韓国側には竹島について正確に記述した資料も地図も皆無であり、韓国人は竹島の存在をほとんど、もしくは全く知らなかったと見てよいだろう。

だから1905年に日本が近代国家として竹島の領有を宣言したことについて、日本側に何の非も無いし、もちろん日韓併合とは全く関係の無いことだ。(念の為言っておくが、当時の大韓帝国は外交権を奪われてはいなかった)

現代以降の韓国の竹島領有の根拠は、第2次大戦が終わった時に、占領統治の便宜上GHQなどによって竹島が本土から切り離された点についてだが、これは日本の最終的な領土の範囲を決定するものではなかった。

実際、サンフランシスコ講和条約によって竹島は日本領に確定したのであって、竹島を我が物にしようとした李承晩政権の訴えは連合国側から却下されている。

 日本側に竹島領有の正当性を示す根拠がこれだけありながら、なぜ日本の外交官は議論によって韓国側をねじ伏せられないのか、不思議でならない。

韓国側のデタラメな竹島領有権の根拠など、素人でも簡単に論破できるのは前述のとおりだ。

にもかかわらず、竹島問題がここまで来てしまったのは、ちょっと勉強すればわかることにもかかわらず、日本の外交官・政治家が竹島問題の歴史的経緯に全く無知だったせいなのだろうか?

だったら、竹島問題に精通していない外交官・政治家は一切交渉からはずして欲しい。いないのなら政府が早急に育ててくれ。1ヶ月あれば充分のはずだ。

 それとも、わざと韓国側をねじ伏せようとせずに見逃して来たせいだろうか?

韓国側は多くの場合、歴史問題などで論破されそうになると「歴史に科学を持ちこむのか?」とか「日本は大国なのだから韓国人の情緒に配慮すべきだ」と言って、「ウソを見逃してくれ」と甘えてくるのが相場となっている。

そこで日本人が「義理と人情・浪花節」のような、極めてアジア的なウエットな感情に引きずられて韓国側のウソを見逃してやると、彼らは勝ち誇ったように「竹島の領有権はやっぱり韓国にある」と大声で言いふらすのも相場となっている。

「義理と人情・浪花節」のようなアジア特有のウエットな感情は、これまで日本の対アジア外交の明らかなトラブル原因となっており、絶対にそういったものを外交に持ちこんではいけないと声を大にして言いたい。

韓国側が「歴史に科学を持ちこむのか?」と言ってきたら、「そうだ」と答えて議論に科学と論理的思考を持ちこみ、

「韓国人の情緒など知ったことではない。問題は日韓の主張のどちらに正当性があるかだ」と答えて、感情を排し冷徹に韓国側を論破して、議論によって相手を完膚なきまでにねじ伏せることで、はじめて竹島問題が根本的な解決に向けて動き出すのである。

韓国側の妄想をそのままにして、日本が議論で相手を完全にねじ伏せる事から逃げ続ける限り、竹島問題は一向に解決しない。 むしろこじれていくばかりだろう。


(「義理と人情・浪花節」のようなアジア特有のウエットな感情の外交への害は先に述べたとおりだが、それを国内政治に持ち込むと腐敗と汚職にまみれた個人・集団による独裁体制や派閥政治を生みだし、経済に持ちこむとクローニーキャピタリズムを生み出す。

「義理と人情・浪花節」を日本人がプライベートでやるのは一向にかまわないが、日本は先進国なのだから、いい加減そういうのを政治・外交・経済に持ち込むのは止めて欲しいし、そういったアジアの悪い体質から日本は距離を置くべきだと思う。 ハッキリ言って、クロフネがアジア的なもののなかで一番嫌いなのがこれだ。)


banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます。

関連記事・竹島近海の海底調査を実行せよ!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

同感です

おっしゃるとおり、地名表記を見送らせるだけなら志が低すぎると思います。危険かも知れませんが、丸腰で測量を実行すべきだったと思います。しかしそのように考える人は少ないです。あの国が「韓国名をつける提案を見送る」って本当に約束守るのでしょうかね。5月の交渉の成り行きによっては斜め上を行く可能性のほうが高いと思います。

  • 投稿者: SAKAKI
  • 2006/04/25(火) 09:30:59
  • [編集]

>「ウソを見逃してくれ」
>と甘えてくるのが相場となっている

具体例としていつの交渉でしょうか。
韓国は通貨危機で日本が助けたのを当然と思ってるのか。
日本がしてるウォン保証、やめるわけにはいかないのか。
天安門後の危機を助けてやった中国といい、東亜3国ときたら。

  • 投稿者: 太郎
  • 2006/04/25(火) 13:28:18
  • [編集]

問題はすぐに始まりますよ。
七月に竹島西方を韓国が海底調査をするという情報が入ってます。
勿論日本の経済水域を含めておりますのでね。

  • 投稿者: 佐衛門
  • 2006/04/25(火) 14:48:03
  • [編集]

連名で失礼します2

SAKAKI さん

>あの国が「韓国名をつける提案を見送る」って本当に約束守るのでしょうかね。5月の交渉の成り行きによっては斜め上を行く可能性のほうが高いと思います。

私も極めてアヤシイと思っています。

太郎さん

>具体例としていつの交渉でしょうか。

いえ、交渉ではなくて、日韓の学者で歴史の共同研究をしたときの話です。

古田博司氏(筑波大大学院教授)がおっしゃっていたのですが、日韓の学者の意見が対立して、日本側が根拠となる客観的な資料を韓国側に示すと、

それに反論できない韓国側は、資料から目をそらし、ひたすら韓国への配慮を要求して席を立ち上がって絶叫するのだそうです。

つまり日本側の歴史資料に科学的に反論できないから、日本は韓国側に配慮して資料をひっこめろ、科学的・論理的な議論を日本はするなというわけです。

雑誌・諸君!の四月号の、古田教授と桜井よしこ女史の対談記事に詳細が出ています。

佐衛門さん

>問題はすぐに始まりますよ。
七月に竹島西方を韓国が海底調査をするという情報が入ってます。

やはり問題を先送りしただけかもしれませんね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/04/25(火) 20:47:42
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。