初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国は帝国主義国家である

  • 2006/04/20(木) 00:50:47

 竹島問題に揺れる韓国だが、あの国を見ていると「100年遅れでやって来た帝国主義国家」という言葉がぴったりだと、つくづく思う。

近代国家というのは多くの場合、産業革命によって国力が充実すると民族主義(ナショナリズム)・軍国主義の高まりを生み、そのパワーが外に向かいはじめると、領土を拡張し植民地をつくろうとする。

それが帝国主義であり、一番最初に産業革命を成功させたイギリスからフランス・ドイツ・アメリカ・ロシア・日本へと広がっていき、二度の世界大戦を経て、少なくとも西側先進国では帝国主義の時代は一応終わりを告げた。

これ以後、アジア・アフリカの植民地が解放されるとともに、「武力を使って領土を拡大することは、割に合わない」というコンセンサスが、徐々に先進国に広まっていった。

 しかし、社会の発展が先進国よりも遅れた韓国はそうではなかった。

独立後の韓国は、いきなり排他的ナショナリズム全開の帝国主義国家となった。

だが、アジアの最弱・最貧国レベルの韓国が
侵略できそうな国は無かった。
まわりの日本も中国もソビエトも韓国より強い国ばかり。

そこで目をつけたのが竹島である。

当時の日本は第2次大戦でアメリカにノックアウトされて気を失っているような状態で、竹島を盗み取るには千年に一度あるかないかのチャンスだったと言える。

そこで韓国は勝手に李ラインを設定して、そこに近づく日本の漁民を射殺し、ついには竹島に”守備隊”を置くようになった。

 1960年代後半以降、日本からの援助金と日本企業の技術によって、韓国は産業革命を達成し国力を充実させると、韓国の排他的ナショナリズムと帝国主義・軍国主義的性格はいっそうエスカレートしていった。

パク・チョンヒ、チョン・ドファンら軍人による独裁体制、排他的ナショナリズムに基づく洗脳的歴史教育、マスメディアを使った言論・思想コントロールなど...

「原始社会だった古代日本に文明を教えてやったのは韓国。だから人種的にみて韓国人の方が日本人よりも力量がある。しかし近代になって日本は韓国を併合し恩を仇で返した。そのせいで韓国は先進国から途上国へ転落した」
「韓国は経済5ヵ年計画で漢江の奇跡を実現させ、独力で世界11番目の国になれた。 サムソンはどの日本メーカーよりすぐれている」といった具合に。

近年では「昔、日本海は東海と呼ばれていた。それを日本が韓国を支配している隙に、日本海と変更したのだ。だから元に戻さなければならない」と世界に訴え、サッカー・ワールドカップで勝ったというだけで気が大きくなると、韓国は世界を動かすキープレーヤーであり、バランサーなのだと言い出す始末。

排他的ナショナリズムから発生した妄想は悪化するばかりだ。

 そして今回の、竹島近海の海底測量の問題である。

4年前から日本の抗議を無視して、韓国は力ずくで海底測量を強行し、それによって海底地形に韓国名をつけ、竹島と周辺の日本海を完全に支配下に置こうとやっきになっている。

力で相手をねじ伏せ、自らの勢力圏の拡大をめざすのは、帝国主義の考え方である。

 左翼の影響力の強い日本では、

韓国は日本に侵略されたかわいそうな国
      ↓
だから平和を愛する国
      ↓
だから正義の国 

といった”神話”が、さも事実であるかのように流布されていたが、

実際は、好戦的なナショナリズムを持ち、自らの勢力圏・領土領海の拡大にあこがれる、「100年遅れでやって来た帝国主義国家」なのである。

それが目立たなかったのは、ただ領土領海を拡大するだけの能力が無かっただけだ。

 こういった国が「しばらくほっとけば冷静になる」ということは、まずないだろう。

韓国の大多数の国民が妄想から目を覚まし、自らの愚かさを悟るのは、韓国全土が焼け野原になるぐらいでないと無理なのではないだろうか。 そんな愚かな国につきあってはいられない。

このような愚かな国は日本の友人として全くふさわしくないし、韓国とつきあっていくことで得られる利益と、韓国を日本の友好国にするためのコスト・損失を冷静に比較してみると、どう考えてもコストや損失の方が大きすぎる。

日本は残りの約200ヶ国と仲良くやっているのだから、それでよいではないか。

 戦後日本の国是だった、世界のすべての国と仲良くしようとする”友好原理主義外交”は、かえって日本を平和・友好から遠のかせるのは、皮肉なことだが真理である。

どこの国の格言だったかは忘れたが、「敵が全くいないという人物には、親友と呼べる友もいない」というのがある。

日本で言えば「八方美人」に当たる言葉だが、自ら全く主張せず、どの国に対してもヘラヘラと良い顔をしようとする”友好原理主義外交”は、短期的には敵をつくらないかもしれないが、長期的にみれば、世界各国に日本への敬意を失わせ、日本をバカにするような感情を生み出す。

その結果、友人達は日本のもとを離れ、日本をバカにしきった敵を多くつくり出すのである。

一方、敵をつくることを恐れず、自らの哲学・信念にもとづいた”主張する外交”をすれば、敵ができるかもしれないが、それに共感してくれる友人だってできる。 いざと言う時は日本のために駆けつけてくれる親友がその中から現れるかもしれない。

そのことが敵にも日本への敬意を生み、日本と和解できなくとも、ケンカを売ろうというモチベーションを失わせる。

”友好原理主義外交”が生み出すのは、
日本をバカにしきった敵と日本を哀れむ隣人。

毅然とした”主張する外交”が生み出すのは、
日本に共感してくれる親友と、競争相手として日本を恐れ、一定の敬意を払う敵である。

そのどちらが良いか?後者であるのは明々白々だろう。

 多くの日本の政治家・外交官にはそれがわかっていない。
自戒も込めて言うが、それが理解できないのは人間的に成熟しているとは言えないと強く思う。

banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます。

関連記事・日本は外国と、どうつきあったらよいのか?(その2)

関連記事・低信頼社会と、うまくつきあうために

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

竹島問題の裏

竹島問題の過去については「Let's Blow! 毒吐き@てっく」さんのエントリ...

  • From: Coolog |
  • 2006/04/21(金) 12:07:40

この記事に対するコメント

賛同致します

拝啓、おっしゃる通りです。 韓国は帝国主義国家なのですね。 百年遅れの、気付きませんでした。 草々

  • 投稿者: (^-^)風顛老人爺
  • 2006/04/21(金) 09:35:35
  • [編集]

たま~のブログ

お久しぶりです。右側に貼ってある本の表紙、どれをみても面白そうですよね。このブログは毎日読むべきブログですが、私のは1ヶ月に1回読むようなブログです。たま~に読んで下さいね。
私は竹島の問題のみについては治安維持システムを韓国が現状回しているから韓国の言い分にも分があると思いますが、ここで譲歩すると次から次へと譲歩を求める、おっしゃる通りの帝国主義的な思想がありありと見える以上、譲るべきではないと考えます。

  • 投稿者: 理人(マサト)
  • 2006/04/21(金) 17:34:10
  • [編集]

連名で失礼します

(^-^)風顛老人さん

>韓国は帝国主義国家なのですね。 百年遅れの、気付きませんでした。


人類は帝国主義時代から多くの教訓を得たはずですが、韓国人は歴史から何も学ばなかったようです。

理人さん

>ここで譲歩すると次から次へと譲歩を求める、おっしゃる通りの帝国主義的な思想がありありと見える以上、譲るべきではないと考えます。

同感ですね。 竹島問題を棚上げにして、アメだけを与えたのは完全に日本の失敗だったと思います。

>たま~に読んで下さいね。

ハイ、時々のぞかせて頂きます。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/04/22(土) 00:41:08
  • [編集]

coolさん

いつもTBありがとうございます。

日本が竹島近海で調査を実施したら、発砲してくる可能性は低いと思いますが、血迷った韓国側による拿捕はあるかもしれません。

もちろん、こちらとしても国際海洋法裁判所に提訴するチャンスですし、どうころんでも、何かしら日本がカードをゲットできると思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/04/22(土) 00:48:38
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2006/04/22(土) 00:54:16
  • [編集]

二枚舌の伝統

「親日家」として知られる故パク・チョンヒ元大統領は典型的な二枚舌でした。
日本人との集まりでは「朝鮮半島が日本の支配下に入った事は、ベストではないがセカンドベストであった。」とお世辞を言い、国内向けには、体制維持の為に「反日」を強化して行ったのです。

この事は何もパク元大統領に限った事ではありません。
朝鮮の竹島領有を認めさせたというアンなんとかも二枚舌を駆使していたようです。常識的に考えて、外国の漁民風情が外国のお殿様に領土を承認させるという事はあり得ないのですが、この二枚舌男の虚言癖は余程酷かったのか、自国に帰ってから「認めてもらいました」と作り話をしていたようです。

  • 投稿者: 嘘つきは泥棒の始まり
  • 2006/04/22(土) 11:02:01
  • [編集]

「テーハミング、どどんがどんどん」なんてやってますからねぇ。
「大」韓民国だなんて、帝国主義じゃなきゃ使いませんもん。

  • 投稿者: ちょっと通りすがり
  • 2006/04/22(土) 19:05:10
  • [編集]

連名で失礼します

嘘つきは泥棒の始まり さん

>日本人との集まりでは「朝鮮半島が日本の支配下に入った事は、ベストではないがセカンドベストであった。」とお世辞を言い、国内向けには、体制維持の為に「反日」を強化して行ったのです。

彼らは本当に呼吸をするようにウソをつきますね。 

ただパク・チョンヒ時代はまだ政府首脳たちが心の隅で、「反日強硬姿勢は国内世論向けのポーズ」みたいなことを少しはわきまえていたと思うんです。

しかし、現在の韓国の反日強硬姿勢は完全に狂った犬状態です。

国内の結束のために、長年反日外交という”麻薬”を使いすぎたために、完全にイッちゃった状態といえるでしょう。

今の今まで、ボタンの掛け違いを直す勇気のある人があの国にはいなかったんですね。

ちょっと通りすがりさん

>「大」韓民国だなんて、帝国主義じゃなきゃ使いませんもん。

本当ですね。 つい、日本からシベリア・中国全土に朝鮮半島をあわせた、あの大百済国の妄想地図を思い出してしまいます。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/04/22(土) 20:26:03
  • [編集]

旧宗主国が、取るべき常識的態度。

 拝啓、クロフネさん。

 お久しぶりです。

 昔の韓国の政治家は、だいたい、日本人に対しては、言葉巧みに、友好を吹き込んで、こちらを取り込むことが、多かったようです。

 例えば、盧泰愚政権時代に、ある建設会社の社長が、ソウルに、仕事で行った時に、韓国の政治家との宴席で飲みながら、言葉巧みに、相手に、日韓友好論や、未来志向を吹き込まれ、筋金入りの親韓派として、洗脳されて、帰ってきたことが有ります。

 こうした近年までの韓国側のやり方が、我が国の政治家、外交官、財界人に妙な友好幻想を、強固に形作っていったように思います。

 これに対して、、現在の盧武鉉政権の閣僚や支持者層は、反日教育の激しい時代に、教育を受けて育った連中ばかりで、しかも、高度経済成長期に、自国の発展成長を体感して育った連中ですので、どうしても過剰な民族主義的思考を基盤として、政策を打ち出す連中であり、日本の統治時代に、曲がりなりにも、日本社会に、多かれ少なかれ、触れて、相手を知っていた過去の連中とは、思考自体が、異なっていると思います。(以前、クロフネさんが、書かれていたバーチャル外交という表現が、適していると思います。)

 そう考えた場合、韓国人自らが、自身の醜い姿を余すところ無く、さらけ出し続けてくれているので、我々にとっては、非常に、やり易くなり始めている様に、思います。(今まで、古い世代が、抱いていた贖罪意識と妙な友好幻想を向こうの方から、ぶち壊してくれたわけですから。)

 今回、クロフネさんが、書かれているような帝国主義的要素は、韓国だけでなく、第二次大戦後に、独立した国々は、偏狭な民族主義の高揚と領土紛争の多発という意味では、ほとんどが、これをもっており、例えば、中東、アフリカなどでは、こういう国々の間で、領土紛争が、繰り返されました。

 ただ、これらの国々と旧宗主国(欧米の旧帝国主義諸国)の関係と日本と韓国の関係において、全く異なっていた点は、旧宗主国側が、旧植民地側に対し、明確な一線(1:独立は認める、そのかわり、過去のことは、もう言うな。 2:もう対等な国同士の関係になったのだから、普通の国として扱う。 3:我々の国益に反する行為を行なうならば、いかなる理由があろうが、断固として戦う。)を引き、有無を言わせぬ強い態度を貫いたからです。

 典型的なのが、アメリカ人のフィリピンに対する態度であり、過去のことに対して、謝らない、(現実の政治に)持ち出させない、そして、国益を貫く。ということが、根本にあります。

 アメリカでは、日本と違い、かつての植民地や奴隷の子孫(黒人)に対して、謝罪や賠償をしようなどと要求している連中の背後には、必ず、それを金儲けの為に、利用しようとする連中か、または、反政府運動の活動家が居ると警戒している人が、多いようです。

 また、植民地にされた側も、こういう旧宗主国側の態度を「常識」として、政府レヴェルでは、有無を言わず、受け入れているようです。

 日本の政治家、外交官、財界人には、こういう常識こそ、学んで欲しいと思います。

 小生のアメリカ人の友人の言葉を、最後に、紹介させていただきます。

 「あなたの父親が、誰かを殺したとしても、あなたが、その殺した側の子供に、殺されるなんて、そんなばかなことを受け入れるのかい?」

 「過去は過去、現在は現在。後の世代に、謝罪や賠償を請求することに、正当性が、有るわけが無い。」

 駄文、長文、失礼しました。

  • 投稿者: アメリカ在住
  • 2006/04/24(月) 06:51:00
  • [編集]

どうもです(^^/

いつも読ませていただいてます。

海保の方々は拿捕は勿論、発砲される危険も承知で、命がけで行くつもりだったそうです。

が、なんとも微妙な幕切れになったようですね・・・。

いつもの弱腰が出てしまったのでしょうか?

  • 投稿者: Cool.
  • 2006/04/24(月) 14:15:37
  • [編集]

連名で失礼します

アメリカ在住さん

お久しぶりです。アメリカ在住さんのコメント、読み応えがありました。

> 例えば、盧泰愚政権時代に、ある建設会社の社長が、ソウルに、仕事で行った時に、韓国の政治家との宴席で飲みながら、言葉巧みに、相手に、日韓友好論や、未来志向を吹き込まれ、筋金入りの親韓派として、洗脳されて、帰ってきたことが有ります。

>こうした近年までの韓国側のやり方が、我が国の政治家、外交官、財界人に妙な友好幻想を、強固に形作っていったように思います。

こういった極めてアジア的な”情”に訴えてくる韓国側に対し、「義理と人情・浪花節」の世代の日本人はころっとやられてしまうんですよね。

>これらの国々と旧宗主国(欧米の旧帝国主義諸国)の関係と日本と韓国の関係において、全く異なっていた点は、旧宗主国側が、旧植民地側に対し、明確な一線(1:独立は認める、そのかわり、過去のことは、もう言うな。 2:もう対等な国同士の関係になったのだから、普通の国として扱う。 3:我々の国益に反する行為を行なうならば、いかなる理由があろうが、断固として戦う。)を引き、有無を言わせぬ強い態度を貫いたからです。

大事なのはこの3原則を冷徹に貫き通すことですよね。

それを「義理と人情・浪花節」世代の日本人政治家や外交官がズルズルとなし崩しにしていくから、いつまでたっても日韓関係はよくならない。

日本はひたすら韓国を甘やかし、韓国はひたすら日本に甘えてくるといった、これまでのベタベタとしたウエットな日韓の関係は、私には気持ち悪くて仕方ありません。

> 「あなたの父親が、誰かを殺したとしても、あなたが、その殺した側の子供に、殺されるなんて、そんなばかなことを受け入れるのかい?」

>「過去は過去、現在は現在。後の世代に、謝罪や賠償を請求することに、正当性が、有るわけが無い。」

まったくその通りです。

Coolさん

>なんとも微妙な幕切れになったようですね・・・。 いつもの弱腰が出てしまったのでしょうか?

政府や外務官僚のトップより、よっぽど海保の現場の人達の方が度胸が座っているようですね。 

彼らには本当に頭が下がります。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/04/25(火) 20:33:42
  • [編集]

(^-^)風顛老人爺

拝啓、受け売りですが 篠原千絵 作 天は赤い河のほとり という漫画があります。 漫画と侮る事なかれ。 作品中、ヒッタイト皇帝が 決戦前夜、 歴史上 永遠の平和は無い。 しかし 戦いに勝ち、私の治世の最後の戦いとする。 後世にツケを廻すまいと。 時には、国の為 平和の為に戦い。そして 後世にツケを廻さない。これが為政者のあるべき姿では、ありませんか。乱筆乱文御容赦あれ。 草々

  • 投稿者: 無名戦士
  • 2006/04/26(水) 00:01:44
  • [編集]

(^-^)風顛老人爺さん

>ヒッタイト皇帝が 決戦前夜、 歴史上 永遠の平和は無い。 しかし 戦いに勝ち、私の治世の最後の戦いとする。 後世にツケを廻すまいと。

紀元前の昔から、為政者に求められる覚悟というものはあまり変わらないようですね。

良いお話ありがとうございました。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/04/26(水) 22:22:17
  • [編集]

<丶`д´>ウリナラが帝国主義だと!癇癪起こる!



<丶’∀’>ウリナラは傾国主義ニダ

  • 投稿者: あああ
  • 2006/10/22(日) 18:42:16
  • [編集]

>ウリナラは傾国主義ニダ

確かに国を傾けましたよね、ノムヒョンは。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/10/23(月) 22:35:04
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。