初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国への円借款決定へ

  • 2006/03/30(木) 00:34:37

◆中国が外貨準備世界一に 

 28日付の中国紙、第一財経日報は、中国の2月末現在の外貨準備高が8537億ドル(約99兆8000億円)に達し、初めて日本(8500億ドル)を抜いて世界一になったと伝えた。

まあ、遅かれ早かれこうなることはわかっていた。

にもかかわらず、

◆700億円規模の対中円借款、4月に決定へ 

もうね、バカかとアホかと。

「2004年度分の859億円から700億円代に削減したから良いだろう」とか、そういう問題じゃない。

まもなく中国が、東シナ海のガス田・白樺のガス吸い上げを強行するという情報があるし、中国が強大な軍事力を背景とした覇権主義的な外交をやめるという確信も、まだまだ持てない状況だ。

日本としては今後もしばらく、中国との厳しい交渉が続くことを想定しなければならないのは、誰の目から見ても明らか。

にもかかわらず、日本が中国へ経済援助を継続するのは、まったくバカげている。

 対中円借款の年度内決定を延期したとたん、24日付の中国青年報が大慌てで、「日本の円借款は中国に多大な貢献をしている」なんて論説を掲載した事からもわかるように、円借款は日本が持つ、中国に対しての強力な外交カードである。

中国が日本に対する内政干渉を止め、領土・領海拡張主義を捨て、日本と共存共栄していくという事を、言葉ではなく行動で証明してみせてから、このカードを切るべきなのに、中国から全く誠意が見えない状況で、何を焦って円借款カードを切ろうとしているのか、全くワケがわからない。

 こうしたことは、多くの日本国民が感じ始めていることだが、「中国への援助を打ち切れ」という国民の声が高まるのに対抗して、何としても対中円借款を減らしたくない財務省と財務省管轄下にある国際協力銀行(JBIC)が必死となっている。

(ODAの内、借款などの”有償資金協力”を担当しているのはJBIC。)

引用記事 

こうやって財務省とJBICが「日本の円借款は、中国の環境保護に絶大な効果がありましたよ!!」と大騒ぎして、国民から上がっている「対中援助を打ち切れ」という声を何としてもかき消そうとしている。 そして共同通信のような反日・親中メディアがそのお先棒をかつぐというワケ。

 中国の環境保護や公害防止、貧富の格差是正、社会インフラの整備といったことは、巨額の貿易黒字をあげている中国自身でやれば良いことで、日本の援助は一切必要ない。

中国は日本の2倍以上、10兆円前後の軍事費をかけているし、有人宇宙ロケットだって飛ばしている。 そんな道楽をやる金があるなら、それを公害防止や貧富の格差是正に回せば良いだけのこと。


にもかかわらず、財務省が必死になって繰り広げている”対中援助継続キャンペーン”は本当に見苦しい。

 中国の胡錦涛政権は、日本の政治家のうち、中国に従順な者だけに、中国指導者との”お目通り”を許しているが、最近北京詣でを許された谷垣財務大臣も、どうやらその仲間入りを果たしたようだ。

(二階経産相や北側国交相も同じ事だが、政策ではなく派閥の論理で閣僚を選ぶから、対中政策のベクトルが正反対の人間が同じ内閣に同居することになって、日本の対中外交がにっちもさっちもいかなくなる。 図で示せば、 ←・→ こうなる。これでは動けない。 ・→⇒ こうなるべき。)

戦後日本の”エリート”の最高峰は、東大法学部から財務省(旧大蔵省)に入省して主計局へというのが相場だったが、それはともかく、財務省というのは典型的な”お受験秀才”が集まっているところであり、

そうした”お受験秀才”のおりこうさんは、左翼の影響の強い学校教育が原因で、中国の言うことを”絶対に間違いの無いマニュアル”として崇拝しがちなのは、以前述べたとおり。

日本型エリートの特徴のひとつは、官僚になると、学生時代の受験勉強から自分の所属する”省の論理”(省益と言いかえても良い)が新たなマニュアルとなる事だ。

そうしたことが、世界を広く見渡した上で総合的な国益を考えて政策を立てるという視点を決定的に失った人間、狭い自分の専門分野の論理や自分の所属する省の利益だけに目を奪われて、政策をごり押ししようとする”タコツボ官僚”を次々と生み出していく。

全員がそうだとは言わないが、世界情勢オンチ・外交オンチの財務省に、そういったタコツボ官僚が特に多い気がするし、彼らが日本の国家予算の配分に大きく関与するだけに始末が悪い。

東シナ海の日本の経済水域内で中国がガス田開発を開始し、一方では日本政府・外務省がそれに抗議しているのに、もう片方では、財務省管轄のJBICが、中国の東シナ海ガス田開発に何の疑いを抱くこともなく融資をしていたのがその典型。

もうね、バカかとアホかと。

世界銀行などに出向して「あいつはバカで能なし」と他国出身の同僚に陰口をたたかれながらも、ろくに仕事もせず早く帰国して天下り先を探すことばかり考えている財務官僚もそれは同じ。

 小泉首相やその次の首相は、円借款を含めた全てのODAを、日本の国益に矛盾することなく実施できるよう、全力を尽くすべきだ。

そのためには、外務省の国際情勢分析と助言をもとに、首相が統一されたODA政策を決定し、それに基づいてODAを実施することが欠かせない。


政府は最近、政府系金融機関の再編とあわせて、新ODA戦略を打ち出したばかりだが、財務官僚があの手この手で骨抜きにしようとしている。

民主主義を否定し、あからさまな超然主義をふりかざして、国民が主権行使を委託している首相に挑戦するような官僚がいるのであれば、首相が容赦ない処分を下すべきだし、国民はそれを支持する。

「財務省の省益と財務官僚の天下り先の確保のために日本が中国に巨額の援助を行い、中国は浮いた金で強大な軍事力を養いつつ、それを使って日本国民を恫喝し、ひざまずかせようとする」といった、これまでの悪循環をもう繰り返すわけにはいかない。

省益という狭い視野しかもたない愚かな官僚と一緒に、日本国民は破滅への坂道を転がっていくわけにはいかないのである。

 今後は、世界銀行やアジア開発銀行など、国際機関経由の公的金融にも、大口出資者としての日本の利益と矛盾しないかどうか、チェックを入れなければならない。

 ただ、以上のことは一朝一夕には実現しないだろうし、当分は財務省の省益を最優先させるタコツボ官僚による、円借款の私物化も是正されないのかもしれない。

対中円借款の継続に必死になっている財務官僚よ。 君たちがODA利権を手放したくないのも、おバカさんなのもよくわかったから、今は円借款を止めろとは言わない。

せめて円借款の供与先を中国以外の、日本に対して友好的で、本当に援助を必要としているアジア・アフリカの国に変更してくれ。


banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます。

関連記事・”嫌韓派”を解剖する(その2)

関連記事・超然主義の復活を許すな!

関連記事・中国の宇宙開発と日本の経済援助

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

同意いたします。
官邸にメールで抗議しておきました。
遺棄兵器もサハリンの韓国人の件もそうですが、無駄なお金を散々使って増税とは国民をバカにしています。

  • 投稿者: 奈々氏
  • 2006/03/30(木) 18:26:38
  • [編集]

対中円借款を中共政府にするのではなく、台湾政府にするというのはどうでしょうか。日本はひとつの中国路線を支持しているとか言えば皮肉が効いていていいと思うのですが。
国民党が政権とったら不味いとは思いますが。

  • 投稿者: ヘンテコ
  • 2006/03/30(木) 23:37:27
  • [編集]

 この時事の情報は特ダネなのでしょうか。各種新聞社の Web Site を見ても何ら報道されていないのですが。
 折角 ODA 供与を先延ばしし、凍結迄行くものと期待しましたが、時事報道の通りとすれば腰砕けですね。媚中ニ階辺りが裏で動いているとすれば、とんでもない話。
 明治人の副島種臣、大久保利通の行った堂々たる対清交渉が貴重に思われます。

  • 投稿者: 雪中花
  • 2006/03/31(金) 17:27:15
  • [編集]

連名で失礼します。

奈々氏さん

>官邸にメールで抗議しておきました。

GJです! 消費税を15%だ。いや20%にすべきだなんて声が上がっていますが、その前にやることがありますよね。


ヘンテコさん

>対中円借款を中共政府にするのではなく、台湾政府にするというのはどうでしょうか。日本はひとつの中国路線を支持しているとか言えば皮肉が効いていていいと思うのですが。

それはいいですね。 まあ、台湾政府が「援助は今のところ必要ない」と言うかもしれませんが...

私が首相だったら、日台の政府高官や閣僚同士の接触を解禁します。 
ガス田問題や靖国問題などで、中国が日中共同声明の相互内政干渉禁止を破っているのは明らかですから。
日本だけが律儀に共同声明を守りつづける道理はありませんし。


雪中花さん

>この時事の情報は特ダネなのでしょうか。各種新聞社の Web Site を見ても何ら報道されていないのですが。

今のところ時事以外は報道していないみたいですね。

真偽のほどは、はっきりとしませんが、もしこれが本当だと困るので、日本政府や財務省の親中派を牽制しつつ、国民の注意を喚起しておく意味で、あえて取り上げておきました。

>明治人の副島種臣、大久保利通の行った堂々たる対清交渉が貴重に思われます。

陸奥宗光とかもそうですが、昔の人は骨がありましたね。 彼らのおかげで今の自分があるということを痛感します。

それにひきかえ、現在の財界人とか財務官僚なんかの多くはフニャフニャです。 中・韓が右と言えば右へフラフラ。左と言えば左へフラフラ。

情けないかぎりです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/03/31(金) 19:16:19
  • [編集]

はじめまして

何故?ですね。
公明党が延期に関して批判をしておりましたね。
何で日本政府は、強硬姿勢をとる事が出来ないのだろう。

領事館員の自殺の原因にしても、明らかに中国は仕掛けてきている。
尖閣諸島にしても、ガス田にしても。

靖国問題や教科書問題ならいざ知らず、すでに命が奪われ、資源も取られようとしている時に、それなのに、垂れ流しODAの意味がわからない。
国内でODAが使われるならまだしも、ロシアへたらいまわしでしょ?

領事館員のように「日本は売らない」と自決した、骨のある凛とした態度を日本政府に要求したい。

TBさせていただきます。

  • 投稿者: のぶにい
  • 2006/03/31(金) 19:37:38
  • [編集]

>はじめまして

こちらこそはじめまして、のぶにいさん。

>公明党が延期に関して批判をしておりましたね。
何で日本政府は、強硬姿勢をとる事が出来ないのだろう。

やっぱり、中国に弱みを握られているとか、中国ODA利権がおいしくてたまらない人がいるからではないでしょうか?

あと、自民党は公明とはいい加減、手を切って欲しいですね。 政策が違いすぎますし。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/04/01(土) 01:41:20
  • [編集]

縁切り

拝啓、遺棄兵器 サハリン在留韓国人、一つずつ行きます、本来 通州事件その他の当時のシナ蒋介石政権の数々の日本側居留民居留地に対する強姦殺人略奪に寄り始まったので 本来 シナの側から賠償金を払うべきでした。言っておきますがアメリカと その虎の威を借りるイギリスには負けたが、説教強盗国家の特亜三国とロシアに負けた覚えはありません。サハリンには金儲けの為に自ら赴き 東西冷戦の為に帰国出来なかった。いわば自業自得也。引き揚げの交渉補償ですと、そんなのは教科書に世界ナンバーワンの国と明記されている偉大なる特亜三国とロシアの間でやつてくんろ。日本では、そったら金は鐚一文出さない、出す謂われも義理もしがらみも一切無い。はあ、冷たい 日帝36年を忘れたか。特亜三国と日本は同文同種、一衣帯水ですと。 遠い親戚で、困っていたら助け合うのが当たり前で。 昔は文化文明を伝えたですと? べらぼうめい、とおの昔に、そんなこたあ忘れたわい!(怒)何回も何十回も謝罪して 国を傾けてのあらゆる援助・技術供与。商売をしたらギフトプライス(只同然の値段)と成らぬ勘忍を日本がして来たのは、解ってくれると云々・ 無駄だね、縁切りますわ。乱筆乱文御容赦あれ 草々

  • 投稿者: (^-^)風顛老人爺
  • 2006/04/26(水) 01:04:38
  • [編集]

>縁切り

ホントに韓国だけは縁を切った方がよいです。 

相手が日本を嫌いだと言っているのに、それを引きとめようとするから無理が出てくるのです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/04/26(水) 22:25:46
  • [編集]

縁切りましょうぞ

拝啓、この話題にコメントして、ざっと一ヶ月経ち。特亜三国の暴虐に対する怒りは込み上げるばかり也。もう我慢に我慢を重ねて譲歩してきましたが限界であります。縁切りすべし。同時にロシアへの アメリカへの金も徹底的に値切り。その浮いた分にて日本はイスラエル並の核武装すべし、舐められていますぞ。日本という国は。・戦後60年間武力行使しない稀有な国である我が国こそがサクッと核武装して 独走 自滅しかねないアメリカの負担を減らしましょう。小泉さんにブッシュから日本核武装の協力・同意を取り付けるという小泉マジックを期待しております。 天下の 暴論と取られてもやむを得ない、日本核武装すべし。軍学者兵頭二十八氏の受け売りでしたが、現実にすべき時が来ました。抑止力 交渉力の厳然たる裏付けとして核武装すべし。さすれば、説教強盗国家にして時代遅れの帝国主義国家たる特亜三国からの侮りも防げます。いたずらな譲歩は、逆効果です。重複なれど核武装すべし。乱筆乱文御容赦あれ。草々

  • 投稿者: (^-^)風顛老人爺
  • 2006/05/30(火) 01:38:14
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。