初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日暴動の真の黒幕は誰?

  • 2006/03/07(火) 23:55:07

 最近、ちょっと心に引っかかることがある。

それは昨年、中国各地で発生した反日暴動の真の黒幕は誰かという問題だ。

中国各地で起こった反日暴動に、中国国民に対して日本への憎悪を植え付けるといった、江沢民政権時代に強化された反日思想教育が大きな役割を果たしたのは、疑いようが無い事実である。

そして実際反日暴動が発生して、中国の民衆が日本人や日本大使館・日系企業を襲っても一切それを鎮圧せず、「責任はすべて日本にある」と黙認したのも中国政府である。

しかし一番最初に、反日暴動が爆発するきっかけとなる導火線に火をつけたのが誰なのか、今のところ全くの謎である。

 暴動発生当時は、中国の民間反日団体もしくは中国政府そのものが、暴徒をあおって日本人や日系企業を襲わせたのではないかと推測したのだが、その後、反日民間団体はともかく、中国政府自身が直接関与した可能性は極めて少ないのではないかと考えるようになった。

 なぜなら、反日暴動はいつ反政府暴動に発展するかわからず、共産党独裁の維持を至上命題とする中国政府にとって極めてリスクが高いからだ。 また暴動の発生は、「中国に投資すれば安全で確実にもうかる」という中国の成長神話に大きなダメージを与えてしまった。

こうしたことから、たとえ日本の国連安保理常任理事国入りを防ぐためとはいえ、中国自身が大量の反日暴徒をあおっても、中国の国益に多大な損害を与えこそすれ、利するところはほとんど無いのは明白で、中国国内の反日団体が火をつけたという可能性は排除できないものの、誰か他に反日暴動をあおった人間がいる可能性を考えるべきではないかと思うに至ったのである。

中国政府にとって反日暴動はいわば義和団事変の繰り返しのようなもので、政府の知らないところで反外国人の民衆が暴走をはじめ、よく考えもせずそれに政府が乗っかって”宣戦”をしてしまい、結局中国政府に暴徒もひっくるめて、世界から叩きのめされてしまったというのが真相ではないか。

 ところで、中国での反日暴動で、あのように暴動を大規模なものにすることができたのは、携帯電話のチェーンメールが絶大な威力を発揮したからに他ならない。

 そのチェーンメールの内容があるサイトで紹介されている。

 その中で気になるのは以下の部分だ。

日本の松下という会社のある重役が、「我々が靖国神社へ行かなくても、韓国人は我々の商品を買ってくれない。しかし、我々が如何に靖国神社を参拝しても、中国人は我々の商品を買ってくれる」と言っていた。これはまさに、中国人たちを淋しくさせる一言である。



もちろん松下の重役うんぬんという内容は根も葉もないデマだろうが、「韓国はしっかり反日運動をしているのに中国は反日が足りないではないか」と、あたかも韓国が中国に対して反日をあおっている内容になっている。

 思い返せば、2005年4月はじめの中国の反日暴動発生の前に、韓国で異常な反日ムードが盛り上がっていた。

1月に日韓条約の関連文書を韓国政府が公開したが、これが全くの自爆で、外交文書公開で日韓併合の賠償問題が一切解決していたことが明らかとなり、「謝罪も賠償も済んでいない」とする韓国の主張が間違っていたことが証明されてしまった。

それでもノ・ムヒョンは「(条約を結んだと言っても)日本が賠償すべき」と順法精神のかけらも無い発言を繰り返したが、対日外交の失敗は明らかだった。

 3月はじめに島根県議会が”竹島の日”制定条例案を可決すると、韓国政府は日本政府に条例制定の撤回を要求したが、中央政府が地方議会の決定に介入するわけにはいかないと、当然の理由から日本は韓国の要求をつっぱねた。

これに対してノ・ムヒョンは日本に対して外交戦争を宣言し、”新対日ドクトリンに基づく5大対応”を発表した。

それは、

1.竹島問題は確固たる対処をする。
2.歴史歪曲問題は日韓間で認識を共有できるよう努力する。
3.日帝被害者問題は日本にできる限り事を遂行するよう促し(ママ)、日本政府に対する民間の賠償請求に対しては、韓国政府が判断するに、その主張が妥当である場合、放置しない。
4.日本が国際社会で主導的位置に立とうとしているが、そのためには隣国の信頼が前提されるべきだということを鮮明にする。
5.人的、物的、文化的、経済的交流は持続的に行っていく



というようなものであった。

つまり、対立の発端は竹島問題であったにもかかわらず、2番目にあるように歴史認識問題や3番目の賠償問題、4番目の日本の国連安保理・常任理事国入り問題にまで、一挙に”戦線”を拡大して一方的に反日政策をエスカレートさせたのだった。

これで低迷していたノ・ムヒョンの支持率が50%以上に上昇したのだが、日本に自らの主張を認めさせることは全くできなかったし、韓国の主張は国際社会においても全く無視された。

 するとキム・サムフン韓国国連大使は3月31日に突然、「日本の常任理事国入りに反対する」という立場を表明した。

そして4月10日前後から何の前ぶれも無く突然、中国各地で日本の常任理事国入りに反対する反日暴動が勃発したのである。 暴動が中国にとって利益になるような事は一つも無かったにもかかわらず。

で、最初の中国国民に反日運動をあおるチェーンメールの話に戻るわけだ。

 反日暴動が起こってからしばらく経って、反日暴動のきっかけは、アメリカ発のメールが原因かもしれないという報道があったように記憶しているし、「暴動の黒幕は実は韓国」という専門家の話も聞いた。

そのときは「よくある陰謀論のひとつ」と流していたのだが、最近はそうとも思えなくなってきた。

 ここからは今のところ何の裏づけも無い、ただの妄想にすぎないが、国力が小さすぎて到底日本を屈服させられる見込みが無い韓国が、中国国民の反日暴動をあおり、中国を日本に向けて衝突させることで、日本を破滅させようとしたと考えると、日本も中国も勃発を望んでいなかった、危険な反日暴動の点と点がすっきりとつながるのである。

当時、ノ・ムヒョンが「韓国を極東のバランサーにする」などと、妄想に満ち満ちた外交戦略ゴッコに血道をあげていたことにも注意を払わなければならない。

今になってみると、従来の日・米・韓の同盟から韓国が離れて中国とくっつき、韓国が中国をあおって日本に向けて衝突させるということが、”バランサー”とか”外交戦争”という語句が本当に意味するところだったとも受けとれる。

 ただ、もし真犯人が韓国政府(民間の反日団体が犯人の可能性もあるが)だったとしても、公安の監視の目が光っている中国国内に工作員を潜入させて暴動をあおるようなことは出来ないだろう。

だから、まず韓国の工作員が在米の中国系反日団体に接触して反日感情をあおり、彼らに中国国内の反日団体の仲間に連絡を取るように仕向けて、連絡を受けた中国国内の反日団体のメンバーが中国国民に、日本人への敵意をあおるチェーンメールを大量にばらまいたというのが真相ではないだろうか。

 日本政府にも、”竹島の日”条例制定に対する韓国の反発が中国に飛び火し「一連の反日デモにつながった」(外務省幹部)という認識がある。

引用記事 

これを読んで今回の記事を書こうと思ったのだが、日本政府・外務省も、韓国と中国の反日暴動のつながりに関して、何か情報をつかんでいるのではないだろうか。 あるいは、日本より諜報能力が格段にすぐれているアメリカか中国に、もっと詳しく調べてくれるよう要請した方が良い。

 以上のことが事実であるならば、絶対に許されないことである。

世界の大国である日本と中国が真正面から衝突すれば、致命傷を負うのは日中だけではない。

アメリカやEU、ASEAN各国すべての国益が損なわれ世界中が迷惑するのである。

 もし反日暴動の真の黒幕が韓国であるならば、韓国がおかした罪にふさわしい償い(つぐない)をさせなければならない。

靖国問題は一旦休戦とし、日中が協力して、愚かな戦争ゴッコの報いを韓国に与えるのもよいだろう。

 昨年の3月の一連のエントリーで

>水面下の外交ルートで、うやむやのまま手打ちにしてノ大統領による、日本の叩き逃げを許す事も断じてあってはならない。

>竹島・歴史問題でも韓国側の主張は「事実に決まっている」という思いこみだけが根拠の単なる妄想にすぎないが、ここまで問題がこじれたのも日本がいちいち反論して、しらみつぶしにしてこなかったことが大きな原因だったといえる。

>首相もしくは外相が、きちんとした根拠をあげつつ竹島が日本の固有の領土であること、日韓基本条約締結で過去の謝罪と賠償の問題は完全に解決している事、教科書や対馬の問題など日本の主権を侵害するような行為は断じて許さない事を声明として発表すべきだ。

と書いた。

そしてこれを踏まえた上で、以下のチャーチルの言葉を引用した。

「血を流す事無く簡単に勝てるというのに戦わないならば、勝利は確実だというのに戦わないならば、いつの日か、不利な条件で、しかも生き残れる可能性の少ない戦いを戦わなければならない羽目になるだろう」

 日本政府はあの時、韓国の妄想を論破する努力が果たして充分だったのだろうか。 今再び、私はチャーチルの言葉をかみしめている。

banner_04.gif

↑管理人が元気になりますので、もっと記事が読みたいという方はポチッとしてください。


韓国の謀略と慰安婦問題

関連記事・笑わせる、韓国の新対日ドクトリン

関連記事・日本がとるべき対韓外交を今一度考える。

関連記事・今こそ日韓関係打開の好機である。

関連記事・ノ・ムヒョン大統領の”日本叩き逃げ”を許すな!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美しい国

ホームズ、今日の「とっておき話」のホームセンターからは・・・安倍首相の目指す「美しい国」というフレーズを聞いて、先日他界した丹波哲郎氏を思い出しました・・ん? 我ながら、この連想はなんのだろう、と自問した結果、「美しい国」⇒ある映画のワンシーン⇒丹....

  • From: ホームズ☆「とっておき話」のホームセンター |
  • 2006/10/01(日) 01:20:52

この記事に対するコメント

チェーンメール

んー私も当初はアメリカ、次は中共思いました。しかし、
>韓国の反発が中国に飛び火し
という表現について、韓国の反日騒動の情報なんぞ一般中国民衆には他人事だと思います。まして情報を遮蔽しているワケですから。
クロフネさんの推測は説得力がありますよ・・。ニュースは隅まで読むべきですね。

  • 投稿者: SAKAKI
  • 2006/03/08(水) 09:45:32
  • [編集]

確実に言える事

ハッキリと覚えている事、それは、韓国の竹島騒動と中国の反日暴動が時期的に密接に連動していたという事です。

竹島騒動が持ち上がって間もなく、中国の一部メディアが反日記事を書き始めました。アメリカの市民団体による反日デモの傍らには、いつも韓国人団体の姿があり、五星紅旗と太極旗が仲良く並んで翻っていました。

怪しくないわけがない。

  • 投稿者: さば
  • 2006/03/08(水) 11:42:51
  • [編集]

最初に日本に対する常任理事国入り
反対のネット投票をしたのは在米の
アジア系団体だったのはガチ。

中国政府は2005年2月の日米2+2会談で
台湾問題の平和的解決を求める
戦略目標を敵視していたのでは?

  • 投稿者: 無名戦士
  • 2006/03/08(水) 16:46:44
  • [編集]

>チェーンメール

>クロフネさんの推測は説得力がありますよ・・。ニュースは隅まで読むべきですね。

今のところは、何のウラもとれていない妄想レベルの話なので、マユにツバをつけておいて下さい(笑)

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/03/08(水) 22:37:03
  • [編集]

>確実に言える事

>竹島騒動が持ち上がって間もなく、中国の一部メディアが反日記事を書き始めました。アメリカの市民団体による反日デモの傍らには、いつも韓国人団体の姿があり、五星紅旗と太極旗が仲良く並んで翻っていました。
怪しくないわけがない。

アメリカで日本に対する訴訟さわぎを起こすのはいつも彼らですよね。

情報ありがとうございました。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/03/08(水) 22:39:25
  • [編集]

>最初に日本に対する常任理事国入り
反対のネット投票をしたのは在米の
アジア系団体だったのはガチ。

情報ありがとうございました。 この在米団体が、どのように本国とつながっているのかがわかれば、ナゾがとけるのですが...

>中国政府は2005年2月の日米2+2会談で台湾問題の平和的解決を求める戦略目標を敵視していたのでは?

中国政府が2+2を敵視していたのは間違い無いですが、やっぱり中国政府が反日暴動を勃発させたとは思えないんですよね。 リスクが大きすぎですし...

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/03/08(水) 22:44:35
  • [編集]

誰が利益を得たか

クロフネさんの推理は成り立つと思います。が、謀略説で黒幕を考えると、最大利益者は誰かで推測することになると思います。

私は、日米合作の推理をしてしまいます。むしろ韓国の願望と中国の反発に便乗したのではないでしょうか(妄想です)?


正直なところ、現在の中国首脳は、チベットで過酷な弾圧を行った功績でトップに上り詰めたので、その延長での行動だと単純に感じています。

  • 投稿者: hakanosita
  • 2006/03/09(木) 01:27:29
  • [編集]

>誰が利益を得たか

>謀略説で黒幕を考えると、最大利益者は誰かで推測することになると思います。

 お久しぶりです。 

最大利益者で考えて、韓国と推理したのですが...

中国が日本を打倒すればそれでよし。
それに失敗しても韓国にほとんど害はないですし、共倒れだとウハウハの結果に...

まあ推測の域を出ないんですが。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/03/09(木) 23:57:26
  • [編集]

ありえるかも知れませんね。

>>キム・サムフン韓国国連大使は3月31日に突然、「日本の常任理事国入りに反対する」という立場を表明した。
そして4月10日前後から何の前ぶれも無く突然、中国各地で日本の常任理事国入りに反対する反日暴動が勃発したのである。 暴動が中国にとって利益になるような事は一つも無かったにもかかわらず。


私は、北京と上海閥の戦いの一環だと思っていましたが、これも可能性としては有り得ますね。
どうしてかというと、中国や日本の掲示板を見ていて解るのですが、中国の憤青が「対馬」や「竹島」の事を知っていて、なおかつ韓国支持の立場を採っているからです。間違いなく連動はしていますね。
それから、日本のエロゲは中国でも人気が高いのですが、以前韓国の一流紙が「中国人が大激怒」などとして離間を煽っていた事がありました。やる事が非常に臭いですね。韓国が国家レベルで反日を煽っている事は疑う人はいないでしょう。

  • 投稿者: nanashi
  • 2006/10/01(日) 08:34:25
  • [編集]

あれ?

よく見たら、最初のコメントは私のものですね。勝手にHN変えてすみませんでした。

韓国の陰謀はともかく、ここ1~2年、ネット上での個人的な活動は隆盛を極めたんじゃないでしょうか?
機械翻訳も可能な時代なのでご存知の方も多いことでしょうが、アメリカのブログ、欧米のウェブニュースのコメント欄、中国、香港等の掲示板、英語版Wikipedia、そしていわずと知れた2chなどでは頻繁に見かけました。I'm Japanese is not Japanese!
という事を指摘されて目前で逃亡する人もいましたし、Wikipediaは、IPがスッパ抜かれるので、何国在住である事が把握できます。世界規模で縦横無尽に活動している事だけは、確認できました。

中国が陰で操っているにしても、それ以上に悪乗りしているように思えましたね。

  • 投稿者: nanashi
  • 2006/10/01(日) 10:30:33
  • [編集]

次期国連事務総長は?

ならば、です。次期国連事務総長にファンギブンとやらの韓国外相が下馬評トップとかで。この始末によってアメリカの韓国に対する考え方がわかりますがもしなったらたいへんなことになりますね。安倍さんどう対処するのかな?

  • 投稿者: 人生の厄介息子
  • 2006/10/01(日) 21:22:31
  • [編集]

連名で失礼します

nanashiさん

>中国の憤青が「対馬」や「竹島」の事を知っていて、なおかつ韓国支持の立場を採っているからです。間違いなく連動はしていますね。
それから、日本のエロゲは中国でも人気が高いのですが、以前韓国の一流紙が「中国人が大激怒」などとして離間を煽っていた事がありました。やる事が非常に臭いですね。韓国が国家レベルで反日を煽っている事は疑う人はいないでしょう。

情報をありがとうございます。

個人レベルから国家機関まで、韓国人が世界中で日本を陥れるための工作をしているのは間違いないですよね。

私が首相だったら、情報機関に真っ先に調べさせるのですが...


人生の厄介息子さん

>次期国連事務総長にファンギブンとやらの韓国外相が下馬評トップとかで。この始末によってアメリカの韓国に対する考え方がわかりますがもしなったらたいへんなことになりますね。

 私も忌々しき事態だと思っています。

安倍首相には、「たとえ韓国人であっても、事務総長になれば各国に対し中立公平に活動してくれるだろう」なんて甘い考えは捨ててほしいです。

ただ、今のところバン・ギブンに常任理事国のうちの一つが反対しているらしいですから、油断はできませんが、まだ決まったわけでもない、ということを付け加えておきます。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/10/01(日) 22:39:29
  • [編集]

博士復活ですよ!!

http://specialnotes.blog77.fc2.com/

  • 投稿者: another world
  • 2006/10/02(月) 18:27:56
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2006/10/02(月) 23:32:06
  • [編集]

another world さん

本当に良かったですね。私も実は心配していました。 

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/10/03(火) 00:10:41
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2006/10/04(水) 16:55:17
  • [編集]

nanashiさん

当該コメントは、こちらで保存の上、削除いたしました。ご心配なく。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/10/04(水) 23:13:10
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。