初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮、またもや見苦しい言い逃れ

  • 2006/02/09(木) 23:49:10

 日本と北朝鮮両国政府代表による拉致問題等の一連の協議は昨日閉幕したが、日本からの再三の要求にもかかわらず、北朝鮮からは拉致問題解決への前向きな回答は全くなく、交渉は決裂に終わった。

引用記事

 クロフネはあまり期待していなかったが、やはり今回も見苦しい言い逃れに終始して北朝鮮から前向きな回答は得られなかった。

むしろ北朝鮮は交渉が暗礁に乗り上げて、にっちもさっちも行かなくなることを狙っているかのように、わざと日本側が飲めないような条件をふっかけてきた。

たとえば、北朝鮮を脱出した日本人妻を支援したNGOの人たちを名指ししながら「拉致犯人だ」などとワケのわからない非難をして、北朝鮮に引渡すよう要求した。

これは日本側が、辛光洙に代表される日本人拉致事件の実行犯の引渡しを求めたことに対する、”相殺カード”のつもりなのだろう。

そして国交正常化交渉では、「日韓併合以前の請求権は日朝ともに放棄する」と平壌宣言で約束したにもかかわらず、「”従軍慰安婦”と”朝鮮人強制連行”の賠償金を払え」と北朝鮮は要求し、日本との国際公約なんかクソくらえといった態度であった。

クロフネは以前「北朝鮮が平壌宣言を守るつもりなんかサラサラないのに、なぜ日本だけがクソまじめに平壌宣言を守る必要があるのか?」と言ったが、それがここでも証明されてしまった。

「自分たちの請求権は認められなければならないが、日本の請求権は認めない。」というのは、日韓国交正常化交渉のときの韓国側代表団の論理だが、主権国家間の平等や国際ルールの遵守、契約の履行といった人類共通の普遍的価値観を、へとも思わず平気で踏みにじってみせるところは、北も南も血は争えないようだ。

もっとも、北朝鮮が国際ルールを守るような国なら、外国に工作員を潜入させて何の罪も無い少女を誘拐するなんてことは、はじめからしないだろうが。

 今回の日朝交渉は、昨年9月の6カ国協議で”好転した”日朝関係の延長線上にあるものだ。

その2ヶ月後には久しぶりに日朝交渉が再開され、アメリカの対北朝鮮経済制裁をはさみながら、今回の日朝平行協議へとつながっている。

しかし昨年の6カ国協議で、北朝鮮が突然日本に愛想よく微笑みかけ、さも拉致問題の交渉に前向きに応じる気になったような素振りを見せてきたのは、別に真剣に拉致問題を解決しようと考えたからではなく、”微笑み”をエサに日本をおびきだして日米を分断し、アメリカを孤立に追い込んで6カ国協議を北朝鮮にとって有利な形で終わりにしようとする、北朝鮮の策略だったのではなかったのかと指摘した。

当ブログ記事 

 それに対して日本代表団は、拉致問題解決のための具体的な成果を何一つ確実に手にしたわけでもないのに、北朝鮮が微笑みかけてきたという、たったそれだけで舞い上がってしまい、中国が提示した、北朝鮮に有利で日・米にとって不利な玉虫色の妥結案にうかつにも飛びついてしまい、 結果的にアメリカを孤立させる事になってしまった。

当ブログ記事 

 こうなると北朝鮮としては、とりあえず昨年9月の6カ国協議をしのぐことができたので、拉致問題でうるさい日本なんぞに用は無い。

今までの微笑外交から一転して、いつもの血も涙も無いような冷酷な表情を浮かべて「拉致問題は解決済み。拉致実行犯は引き渡さない。日本は請求権を放棄して北朝鮮の請求権だけ認めろ。」と平壌宣言をいとも簡単にひっくり返してみせて、日本が絶対に飲めないような条件をつきつけてきた。

北朝鮮としては「交渉が暗礁に乗り上げてどんなに長引いても、今のところ自分たちに損はない。 こちらの要求を最大限に吹っかけて、日本が譲歩すればもうけもの。」ぐらいに考えているのだろう。

結局6カ国協議で、ナイーブでウブウブな日本代表団は、まんまと北朝鮮にハメられて、時間をムダにしただけだったのではないだろうか? むさくるしいオジさんぞろいの日本政府が今さらウブでもなかろうに。

 もう外務省も充分気が済んだろう。「経済制裁するぞ」と宣言しなくてもよいから、日本は経済制裁するべき。

もし拉致被害者へ危害を加えられることを恐れているのだったら、「そういう可能性もありますよ。それでも制裁してよろしいですか?」とご家族の方々に内諾をいただいておくのも一案だ。

 また紹介した記事に、某外交筋が「日本が経済制裁に踏み切れば、北朝鮮は『多国間で協議中なのに、日本だけそういう行動に出るのはおかしい』と六カ国協議からの除名を求めるはず。」という話をしているが、どうしてそんな無意味な心配をするのか全く理解に苦しむ。 たとえそうなったとしても、さして問題があるとは思えない。

北朝鮮がやったことは日本に対する重大な主権侵害で、人道的な観点からみても許しがたい凶悪犯罪である。 よって道義は全面的に日本にあるのは明白だ。

本来なら日本が軍事力による報復をしたって独立国家としての当然の権利だし、世界のどの国も文句を言える筋合いのことではない。

軍事的な報復より少しソフトな経済制裁発動とて、自国民を拉致殺害された完全な被害者である日本が持つ当然の権利だ。

 経済制裁をすることで、北朝鮮に日本と真剣に話をするための”用事”をつくってやればいいではないか。

事実、アメリカが制裁を課したことで、北朝鮮の代表が制裁解除と6カ国協議再開に関する会談をアメリカとしなければならなくなっている。

引用記事

 第一、経済制裁をやったからといって、6カ国協議からの日本の除名を求める権利など北朝鮮にないし、他の参加国である米・露・中・韓にとやかく言われる筋合いもない。

それでも除名すると言うなら「日本のいないところで決定された事など我々は知らない。朝鮮半島で不測の事態が発生しても今後日本は一切協力しない。」と表明すればよいだろう。

 こんなわけのわからない事をいう某外交筋とやらが日本の現役の外交官でないことを祈るばかりだが、どうも外務省の中には経済制裁をどうしてもやりたくなくて、北朝鮮の時間稼ぎの交渉にいつまでもつきあっていきたい連中がいるように思える。

 ともかく宣言しなくてもよいから、シレっとした顔をして実質的な経済制裁をせよ。

たとえば日本から北朝鮮に流れる人・モノ・カネを狙い撃ちにしてストップするような策を講じ、北朝鮮が何か言ってきたら、何食わぬ顔をして日本側から拉致問題の解決を要求する。

北朝鮮に自国民を拉致されたタイやレバノン(レバノンはアラブ国家だから、アラブ全体を味方に引き入れることも、やり様によっては可能だろう)といった国々も巻き込んで、国際社会全体で北朝鮮に圧力をかけていく。

ある程度の長期戦も覚悟の上、今はこれでいくしかないと思う。


banner_04.gif

管理人が元気になりますので、もっと記事が読みたいという方はポチッとしてください。

関連記事・日本人拉致は金正日が直接指示

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大韓民国に経済制裁をせよ

拉致問題の解決のためには多国間の協力が不可欠だ。日本が経済したところで、その穴埋めをしようとする輩がいる現実を忘れてはならない。ならばその輩も締め上げればいい。その輩とは

  • From: 「屁っぽこ投資家」の「忘備録」 |
  • 2006/02/10(金) 23:20:44

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。