初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナン事務総長が日本を牽制

  • 2005/12/02(金) 00:36:36

 国連のアナン事務総長は、日本の安全保障理事会・常任理事国入りの問題と国連分担金比率見直しの議論を切り離すよう求めた。

これに対して日本政府の一部で動揺がみられるようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051201-00000097-kyodo-pol

 アナン事務総長の発言内容を、国連と日本との二者の関係だけで判断して、「日本が分担金を減らすといったから国連事務総長を怒らせてしまった。国連事務総長にニラまれたら日本の常任理事国入りはパーになる。」と慌ててしまうと判断を間違ってしまう。

 アナン氏がどうしてあのような発言をしたのかといえば、アメリカのボルトン・国連大使がはじめた”国連改革運動”と大いに関係があるとみるべきだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051123-00000010-san-int

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051130-00000412-yom-int

ボルトン大使は、国連における組織改革によって不必要な部門のリストラと国連予算の節約、会計検査の徹底をはかることを求めている。

実際のところ国連の一部の部門の腐敗は目をおおいたくなるほどで、”イラク・石油食糧交換計画”において国連官僚数人が不正に私腹を肥やしていた事が発覚し、アメリカは国連への強い不信感を抱いた。

またこのイラクにおける国連不正事件には、アナン氏の長男・コジョ氏も関わっていたとする疑惑が報道され、アナン氏自身への批判も一部で起こった。

 最近では、国連人権委員会が日本や、日本の特定の政治家を狙い撃ちにして「人種差別が存在する」と厳しく批判したが、

http://news.goo.ne.jp/news/sankei/
kokusai/20051109/
m20051109013.html


この国連人権委員会には過去、リビアやジンバブエ、キューバといった世界でも最低の人権状況の国がメンバーや議長国となって、他の国に対して「お前の国には人権が無い」と非難するという、お寒いジョークのような組織と成り果てていた。

その他にも、中国のチベット人迫害やイスラム・キリスト教を含めた宗教弾圧を非難する”対中非難決議”を、アメリカが国連人権委員会に提出するのはほぼ毎年の恒例行事となっているが、

中国が人権委員会のメンバー国となっている発展途上国に裏で根回しをするので、対中非難決議が採択される事はほぼ有り得ない。

アジアやアフリカの発展途上国の汚職体質がそのまま持ちこまれたような国連官僚たちの腐敗ぶりに、アメリカが苛立つのも不思議ではないだろう。

 そのためにアメリカのボルトン国連大使が国連の組織改革を求めたわけだが、リストラされる側の国連官僚たちと途上国が”官の論理”で抵抗し、改革を妨げている。

それに業を煮やしたアメリカは国連分担金の削減やストップを主張、12月末の成立をめざしていた国連の予算案が大ピンチとなり、国連財政は火の車目前なのである。

そのうえ国連分担金1位のアメリカに加えて、第2位の日本まで分担金を減らすというのでは、国連財政の悪化は決定的になるし、当然、途上国が国連という”錦の御旗”を利用して好き勝手やるのも難しくなる。

だからアナン事務総長は日本に「分担金は減らすな」と言ってきたというわけだ。

 しかし今まで何も言わないことをいいことに、”高額納税者”の日本が国連に納めた税金(分担金)を、”脱税”や”滞納”をくりかえす中国やロシア、その他の途上国が好き勝手に使って、国連を自分たちの都合の良いように動かしてきたわけで、そっちのほうが異常であった。

これまで日本が国連で”評価”されていたのは、「多額の分担金を払って貢献していたから尊敬されていた」というよりは、

カネだけバンバン気前良く払ってくれるが、「国連のやる事に口を出すな!」と言われて「ハイわかりました。」と返答するような、世界でもまれに見る格好の”カモ”だったからだ。

で、あげくの果てに”国連人権委員会”から「日本は人権を弾圧している」と批判されているのだから、日本の国連分担金削減に反対する一部の外務官僚の頭の中もおめでたい。

 日本はボルトン・アメリカ国連大使の国連改革に援護射撃をして、中国やロシアなど途上国の私物となっている国連を改革すべきだ。

そのためには「代表無くして課税無し」の立場を日本が貫き通して、国連官僚や中・露などの抵抗で改革が進まない時は、日本の分担金の削減をすべきである。

(このことをボルトン大使は支持している。当然だろう「代表無くして課税無し」という精神でアメリカは建国したのだから)

 逆にアナン氏の”脅し”にビビって、日本の国連分担金を今までのままにしたらどうなるか? それで日本の常任理事国入りが可能になるだろうか?
いやそうではないだろう。

これまで通り中国やロシアなどの”脱税組”が国連で好き勝手やって、”高額納税者”・日本の常任理事国入りを何としてでもつぶしにかかるだろう。

それにアナン氏はG4(日本・ドイツ・インド・ブラジル)による理事国入りを支持しているようだが、G4案はアメリカやその他のアンチG4(パキスタン・イタリアなど)の妨害でつぶされたばかりだ。

アナン氏の言うことを聞いて、日本が常任理事国になれるとはとても思えない。はっきり言って”現状維持”なら日本の理事国入りの可能性は0%だ。

 だったら、アメリカの国連改革に乗って日本に反対する中・露などを封じ込め、アメリカの援護射撃のもとで常任理事国入りを目指した方が成功確率は高い。

アメリカとの交渉の仕方によっては、中国が最近言い出し始めた拒否権無しの”準常任”ではなくて、拒否権つきのフル資格での常任理事国入りの可能性だってある。

 また、アナン氏の国連事務総長としての任期満了がせまっていて、アナン氏自身の影響力も無くなりつつある。 レームダック化しつつあるアナン氏の言う事を聞いてアナン氏が退任した後の国連の事を決定するのは得策とは言えない。

以上のことをふまえれば、現時点でアナン氏の発言に従うのは逆に日本の国益を損なうのではないだろうか。

 これに関連して、中国が次期国連事務総長にタイ人候補を推薦する動きがあり、これには要注意だ。

「次の国連事務総長は順番から言えばアジア人だ」という主張があって、それに応じた動きだが、ボルトン国連大使は「持ちまわりと決まっているわけではない」と牽制している。

日本としてはタイ人候補を推したいところだが、このタイ人候補が当選した場合、中国の意向を受けて日本の常任理事国入りをつぶしに来たらやっかいである。

タイ人候補の本心を十分探った上で、応援するのか対立候補を推すのか、日本は慎重に検討しなくてはならない。

ちなみに韓国も次期国連事務総長ポストを狙っているが、日本としては全力で阻止しなければならない。

もしそれが実現したら、韓国人国連事務総長が本国からの指令と個人的嫉妬心から日本つぶしに必死となることはミエミエだからだ。
 
 やはりアナン氏の発言に従うのではなく、日本はあくまでも「代表無くして課税無し」を貫き通すべきである。

アナン氏が「日本は分担金を減らすべきではない」と牽制してきたということは、日本がこれまでとってきた「代表無くして課税無し」戦術が効果てきめんで正しかったことの証明だ。


日本の戦術が効果がないのであれば、わざわざ事務総長がそんなことを言うはずがない。さらっとスルーしていただろう。

日本は自分と国連事務総長との二者関係だけに目を奪われて、一喜一憂すべきではない。

関連記事・チグハグな日本の援助戦略

関連記事・頓挫した日本の安保理常任理事国入り


関連記事・頓挫した日本の安保理常任理事国入り2

banner_04.gif

管理人が元気になりますので、もっと記事が読みたいという方はポチッとしてください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国連って、なに?【妻】

国連分担金を2割近く負担している日本。金だけだと非難されれば、「人」も派遣している日本。60年間平和を保ち、自衛の精神の日本。でも未だに「敵国条項で敵国扱いになっている」日本。チベット民族の人権侵害し続けている中国。環境問題にとりくまず、近隣各国を

  • From: 鬱々夫婦の日記 |
  • 2005/12/02(金) 09:05:52

日本は世界経済の中心地!!ふぉー

 ニッポン事大主義が感染してきた。すでに他のアナリストがコメントしているが、榊ファンド総帥も敢えて言おう・・★「日本は世界経済の中心地!!ふぉー」 世界は日本の復活

  • From: 復活ニッポンで儲けましょう。榊雲水雑記帖 |
  • 2005/12/02(金) 15:18:02

村の崩壊に向かって・・・

人気プログランキングに参加しています。http://blog.with2.net/link.php?123273気に入ったらURLにクリック1票お願います。日本という国家を蝕む『邪の集団』が多く生息していながら、なんら手を打とうともしない日本国政府というガラクタ組織。国家と言う、最大の村組織を

  • From: 手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ |
  • 2005/12/02(金) 17:49:14

■また、どの口が言う。

 ふざけるなアナン。  ・国連事務総長 日本の常任理入り戦略で分担金カードにクギ やい、オイルフォーフード野郎。じゃ、お前が国連で儲けた金を出せ。お前と息子でサダムから何億$バックされたって?  すみません。元々アナンは胡散臭くて嫌いでしたが、先日の1...

  • From:  ◆ ケシクズ ◆ |
  • 2005/12/02(金) 23:24:15

国連分担金の現実【夫】

 妻がこのブログで国連の分担金のことを書いていたので、私(夫)も気になって調べてみた。外務省の資料「2003-05年国連通常予算分担率・分担金」によると、2005年の分担比率は 1 アメリカ 22.0% 2 日本

  • From: 鬱々夫婦の日記 |
  • 2005/12/03(土) 18:28:07

常任理事国入りと分担金

アナン事務総長は「国連分担金と安保理の理事国とはリンクしない」との見解を示したそうだ。それっておかしいだろ?国連も一つの機関であるならば、その運営や経営には金がいる。その金を多額に払っているものに対してなんの考慮もしないのはどういうわけだろう。たしかに国

  • From: ikeday1な日々 |
  • 2005/12/03(土) 20:29:00

国連分担金問題、強い姿勢で日本の主張を通せ

国連初の暫定予算へ、改革促し日本など提案国連予算、大詰めの調整続く・途上国が9カ月分を逆提案『国連の2006~07年通常予算について、日本、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドは22日、国連改革の諸課題に関する合意が達成されるまで、歳出を....

  • From: 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース |
  • 2005/12/28(水) 19:49:38

この記事に対するコメント

アナンさん可愛そうね(笑)

今回の訪日は無駄におわった方がいいですね。中国なんか本来理事国の資格はないですからね。日本の国力とポテンシャルを政治家、マスコミは冷静に分析して欲しいものです。
ところで常任理事国になるメリットってどのくらいあるのでしょうか??

  • 投稿者: SAKAKI
  • 2005/12/02(金) 09:16:32
  • [編集]

>アナンさん可愛そうね(笑)

>常任理事国になるメリットってどのくらいあるのでしょうか??

国連内部の情報入手がまず1点ですね。

(会社の経営会議に参加できるかできないかと考えたら良いでしょう。)

 2点目としては”拒否権”でしょう。
これをちらつかせれば、北朝鮮や韓国が”国連人権委員会”を日本にけしかけて、「日本は人権を無視する国」といったプロパガンダを国際社会に垂れ流すのを阻止できます。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/12/03(土) 21:59:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。