初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の気になるニュースから

  • 2005/10/26(水) 23:51:35

 普天間基地移転問題で日米合意

以前の記事の続報になるが、アメリカ海兵隊の普天間基地移転問題がようやく決着した。

これで29日に日米安全保障協議委員会(2プラス2)も予定通り開催にこぎつけられそうで、中国や北朝鮮などの軍拡に対抗する意味で重要な、日米間の安保協力が停滞してしまうことは避けられそうだ。

あたらしい海兵隊の基地建設にともなって、サンゴ礁への影響などが心配されるが、自然環境への悪影響が最小限に食い止められるよう、日米双方の努力を望みたい。

(中国や北朝鮮が今さらバカな軍拡など始めなければ、こんなことにもならなかったろうに)

外務省と防衛庁、そしてアメリカ側の交渉担当者の方々はお疲れ様でした。

 続いての話題

中国政府が、北京アジアカップ決勝戦後の反日暴動で破壊された日本の公用車を賠償

 サッカー・北京アジアカップ2004決勝戦
(日本3-1中国)の試合後に発生した反日暴動の際に、中国人暴徒が、決勝戦の観戦に訪れていた日本外務省関係者の乗った公用車を取り囲んで破壊したのは、皆さんよくご存知のことと思うが、

今年の7月に中国政府が賠償金を支払っていたことが今ごろになってわかった。

 おそらく中国側から「破壊された公用車の賠償金は支払うが、我々の面子のために、このことはしばらく黙っていて欲しい。」という要請があり、日本側が賠償金を受け取る代わりに、中国側の面子をたててやる密約でもあったのだろう。

 なぜ中国政府がこのような事にこだわるかと言えば、「中国政府が日本の賠償要求に屈服して賠償金を支払った」なんて事が反日強硬派の国民や軍にばれたら、

これまで日本に向かっていた暴動の矛先が、”中国の敗戦”の責任を求めて”敗北者”である共産党へと向かいかねないし、軍の反日強硬派が外交へ介入してくるおそれがあるからだろう。

 しかし中国側の面子を立ててやるなんて配慮は必要無い。

「中国国民の日本人への憎悪をあおって、共産党の失政への不満を日本へそらそう」なんて愚かな事をするから、反日暴動が発生して暴徒が日本の公用車を破壊し、中国政府がそれを賠償するなんてみっともない、中国の面子丸つぶれの事件が発生するのである。

日本は賠償金を受け取りながら「いや、中国が賠償金を払った事はすぐ発表する。 中国が自らの面子を守りたいのであれば、それ相当の努力をしろ。 国民の反日暴動をあおったり、放置するなんてバカなマネはするな」と言ってやればよい。

中国という国は(同じ儒教文化圏である韓国もそうだが)、弱腰の相手にはトコトン強いが、強く出てくる相手には腰が低くなるという特徴がある。

魯迅が嘆いた阿Q精神を未だに引きずっているのだろうか。

 最後の話題は

日本、香港での知的財産権の保護に乗り出す

 これからの日本にとって、”メシの種”としての知的財産権は非常に重要になり、政府・民間一体となった保護政策が欠かせないと以前述べたが、さっそく香港で日本の知的財産権保護に本格的に乗り出したようである。

 政府GJ!である。 

本文にもあるように、これまで香港は中国企業が日本企業の知的財産権を侵害するための、抜け道になっていた。

これをつぶしておく事は、香港だけでなく中国本土における日本企業のビジネスにとって非常に重要なことだ。

それでも香港政府が実効力のある対策をとらないようであれば、日本は香港へのなんらかの制裁措置をとってでも、日本企業の知的財産権を守らなければならない。

同じように被害を受けているアメリカやEU企業があれば、彼らと共同戦線をはるのも良いだろう。


banner_04.gif

↑ 管理人が元気になりますので、もっと記事が読みたいという方はポチッとしてください。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

特定アジア?奇妙な造語

このところ日本ではメディアもブログもアジア問題で議論が過熱している。だが私はこう

  • From: グローバル・アメリカン政論 |
  • 2005/10/27(木) 21:50:08

この記事に対するコメント

私の経験から。

 拝啓、クロフネさん。

 今回の御主張の中にある、「中国という国は(同じ儒教文化圏である韓国もそうだが)、弱腰の相手にはトコトン強いが、強く出てくる相手には腰が低くなるという特徴がある。」という部分は、 大変、経験者(被害者?)として、よくわかります。

 私には、幾らか、思い当たることがあり、今回は、私の経験談を、書かせていただきます。

 以前、私が、勉強していました、カンザス州にあるF州立大学で、中国人学生と台湾人学生が、北東アジアの儒教文化について、講演することになり、その中で、ある中国人の学生が、「韓国で、彼らの大統領が、汚職をしても、韓国人民が、とくに、抗議することも、怒ることも無く、許しているのは、儒教の影響だ。」という意味の発言をし、それで、その場に居た韓国人学生全員が、怒ったそうですが、しかし、彼らの誰一人として、その場で、抗議したり、発言の訂正を求めたことは無かったそうです。

 その場に居た私の韓国人の友人が、怒りに燃えた声で、電話を、私にかけてきて、その中国人学生への怒りをぶちまけました。

 彼を、なだめるために、酒を飲むことにして、ビール一箱を買い、彼の部屋で、一緒に飲みました。

 飲んでいる間中、怒りと不満を、爆発させていましたが、私の一言で、急に大人しくなりました。

 「そんなに腹が立つんだったら、なんで、その場で、抗議して、お前の所の歴史や文化を語って反論しなかったんだよ?」

 彼は、口ごもりながら、バツが悪いような口調で、「しょうがないだろ。 誰も抗議しようとしなかったんだから。 それに、上手く説明できないだろうし...」

 はたして、もし上記の韓国人を侮辱する発言をしたのが、中国人ではなく日本人だったら、同じく抗議も反論もせず、黙ったままだったでしょうか?

 現に、彼は、日本人である私には、かなり饒舌に、反論していたのです。

 私が、彼の最も仲のよい友人の一人だったということも、理由の1つではあると思いますが、しかし、別の理由もあったのではないでしょうか?

 やはり、潜在的に、(儒教的、歴史的な上下関係から来た)中国人に対する遠慮があったように私には思えます。

 クロフネさんは、どう思われますか?

 駄文、長文、失礼しました。

  • 投稿者: アメリカ在住
  • 2005/10/27(木) 14:21:52
  • [編集]

初めまして

面白そうなブログなのでTBしました。アジア以外にも色々と記事を書いています。宜しく。

  • 投稿者: 舎 亜歴
  • 2005/10/27(木) 21:57:10
  • [編集]

>私の経験から。

 貴重な体験談をありがとうございました。

韓国人の持つ文化が典型的にあらわれているような気がして興味深いです。

例外的な韓国の人もいるとは思いますが、そのポイントをあげると

1.その問題で「事実かそうでないか」ではなく、「頭にきたかこないか」という点が重要

2.序列上位への屈従

の二つでしょう。

まず1番目の問題ですが、中国人留学生の発言はともかくとしても、”腐敗共和国”の異名をとる韓国の政治家の腐敗・汚職がなかなか改善されず、事件の再発を何度も許してしまっているのは事実で、反論の余地のない韓国人としては痛いところをつかれたと思います。

>「誰も抗議しようとしなかったんだから。」

これは「しなかった」というより「できなかった」でしょうね。

で、これが日本人なら「反論できないのだから悔しいが認めるしかない。 政治家の汚職を撲滅する努力をしなければ」と考えるところですが、韓国の文化はちょっと違うようです。

>「上手く説明できないだろうし...」

ここらへんがポイントですね。
彼らはたとえ反論できなくても抗議するわけです。「頭にきた」という理由で。

日本のある教科書が「韓国は歴史上、中国の属国だった時期がある」と書いただけで、韓国側から「我々の感情を傷つけた。記述を削除しろ」と抗議がきた事がありました。

この問題の焦点も「事実かそうでないか」ではなく、「韓国側が頭にきたかそうでないか」ということです。

 ポイントの2番目ですが、やはり序列上位である、中国には韓国はからっきし弱いというのはあるでしょうね。

今韓国では、輸入された中国産キムチに寄生虫の卵が混入していた事で大騒ぎになっていますが、

本当なら中国が悪いのに「韓国はこれぐらいで大騒ぎするな。」と中国政府に言われて、「ハイおっしゃる通りです。」と韓国側が答えて事態の沈静化をはかっていますよね。

韓国人留学生の方がブツブツ言いながらも中国人に直接反論せず、アメリカ在住さんに愚痴をこぼしたのも同じ事のような気がします。

(時事コラム「にんにく戦争」に関連記事がありますからよろしかったらどうぞ。)

そこで私は思うのですが、中国・韓国といった儒教文明圏には、人種や民族間の平等という思想が希薄ですよね。

彼らにとって、人種や民族間の関係には上か下かしかありえず、自分たちが相手より上位でないということは即、相手より劣位をあらわすわけです。

上下関係の決定については、どちらが正しいかではなく、どちらが強いか弱いかがより重きを置くのではないでしょうか。

そして上下関係がいったん決まると、上位はトコトン下位に強く、下位はひたすら上位にペコペコしてしまう。

中国が韓国に強いのは、儒教文明圏の上位にあるという理由のほか、韓国人の性格を知りつくしていて、自らの強大さを韓国側に思い知らせるのに長けているからだと思います。 なにしろ同じ文明圏ですから。

 日本人はその点、韓国の文化というものを全く理解していない気がします。

戦後の日本と韓国の関係では、韓国が道理があろうがなかろうが抗議してくると、日本は「自分は悪くないけどもとりあえず謝っておこう。そうすれば日韓関係がよくなるから。」と考えて安易に謝罪してしまうのが通例でした。

すると韓国人は「相手が謝罪したということは、自分たちは日本人より上位ということだ。だから劣位の日本人には何をしてもよいのだ」と考えて、ますます無理難題を日本にふっかけてきて、日韓関係がどんどんこじれていくのもまた、通例でした。

この場合日本人がやるべきなのは、中国人のように「韓国側を情け容赦なく完全論破し、相手をねじ伏せること」です。

 このような事を繰り返して、韓国側が日韓の力関係を学習すれば、日本に嫌がらせのようなインネンをつけてくる事も無くなるのではないでしょうか。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/10/27(木) 23:57:17
  • [編集]

舎 亜歴さん

 はじめまして、舎 亜歴さん。
こちらこそ、よろしくお願いします。

あとで逆TBいたしますね。 記事も拝見させて頂きたいと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/10/28(金) 00:10:32
  • [編集]

おっしゃるとおりです。

 拝啓、クロフネさん。

 クロフネさんのおっしゃるとおり、中国人は、本当に、韓国人の「上に弱く、下に強い」という性格を知り尽くし、そして、その利用方法に長けているように思います。

 例えば、今、韓国のバンキムン外交通商長官が、来日して、声高に、靖国参拝中止を、要求しておりますが、事実上の宗主国になり始めている中国は、この問題で、日本には、表面上は、妥協するような素振りを見せながら、韓国を、鉄砲玉として上手く利用して、圧力をかけているように思えます。

 彼らの伝統的な、または基本的なやり方である、夷を持って夷を制す。あるいは、二虎競食の計といったところでしょうか。

 以前、違う韓国人の友人と、歴史問題で言い合いになった時に、「なんで、日本人ばかりに言うんだ、中国はどうなんだ? 朝鮮戦争で、かなり、韓国人が殺されたのに、お前のところの政府は、何もしてないじゃないか!! 日本人には、言えるのに、中国人には言えないのか!!」と本気で怒って、言ったことがありますが、その友人は、当然といった冷たい口調で、「日本人には関係ないことだ。」と答えたことがあり、困ったことがありました。

 そのくせ、裏では、中国を「あれは、社会主義国だから、我々より劣ってるんだよ。」と言った韓国人もいました。しかし、面と向かって、中国人に反論した人物は、私の知る限りでは、一人もいませんでした。

 この手の人物は、日本人に対してと同様、台湾人に対しても、横柄とまではいかないにしても、「自分たちのほうが格が上だ。」という態度を、垣間見せることがありました。

 中国人は、中国人で、あからさまに、韓国人を見下している友人もおり、以前、韓国を「付属中国」と書いた人物もおりました。

 なかには、私的な場で、こういう中国人のあからさまな侮蔑に、悲憤慷慨する韓国人もいましたが、せいぜい「あいつは、むかつく」といった陰口に近いものでした。

 また、自国と中国の交流史に対する知識が皆無に近かったことも、私にとっては驚きでした。そのため、正確に、自分達の立ち位置さえ、わからなくなっているようです。(長らく、政府が、教えず、隠し続けていたツケが、表面化しているのでしょう。)

 どうも、精神的な屈折が、歴史を通じて、現在も拡大しつづけて、それが、中国以外の国、民族に対する歪んだ根拠無き増徴と優越感を生み続け、それを、中国が、上手く統制制御している構図が、浮かびます。

 どちらにしても、治療不可能といったところでしょうか。

 駄文、長文、失礼しました。

  • 投稿者: アメリカ在住
  • 2005/10/28(金) 01:41:16
  • [編集]

くだらない記事ではありますが、投稿させてもらいます。
紳士協定のない国同士が、もめているようです。

韓国、中国が「キムチ戦争」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051101-00000153-kyodo-int

  • 投稿者: 東京
  • 2005/11/02(水) 00:38:32
  • [編集]

東京さん

にんにく戦争の次はキムチ戦争ですか。

前回のように中国が韓国を実力でねじ伏せるのか見物です。

ここは日本としては、高みの見物といきましょう(笑)

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/11/03(木) 14:38:22
  • [編集]

対日 ギョウ虫テロ

対日輸出業者の製品にも=韓国産キムチに寄生虫卵

【ソウル3日時事】韓国の食品医薬品安全庁は3日、国内のキムチ製造業者が生産した502の商品を対象に実施した安全性検査の結果を発表した。それによると、全体の3.2%に当たる16の商品からイヌ、ネコに寄生する回虫の卵などが検出され、日本向けに輸出している大手業者1社の商品も含まれていたことが明らかになった。当該商品は回収処分とし、再発防止策を徹底する方針。
 韓国のキムチ輸出はほとんどが日本向けで、今年1-9月の対日輸出量は約2万4千トン。寄生虫の卵が発見されたことで、日本政府が対応を迫られる事態も予想される。韓国政府はこの日、発表内容を日本側に伝えた。 

  • 投稿者: ROOTS
  • 2005/11/03(木) 21:51:13
  • [編集]

ROOTSさん

中国・韓国の食べ物は恐ろしいですね。

韓国製・生ゴミ入りギョウザが日本に輸出されていたなんて事がありましたし。

私自身、もう何年も前からキムチは食べないようにしていますが、最近は中国産の野菜を買わないように気をつけています。

国産はちょっと高いのですが、自分の命にはかえられません(苦笑)

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/11/05(土) 23:37:44
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。