初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回 明日の中東のために

  • 2005/02/17(木) 07:37:31

 最後に、このシリーズをしめくくるにあたって中東での”不幸の連鎖”を終わらせる外交・安保政策を考えてみたい。

それを実現させるカギは、なんといってもパレスチナ問題の解決にあるのは論を待たないだろう。
そのためには

1.イスラエルはヨルダン川西岸とガザ地区の入植地から完全撤退し、両地区をあわせて東エルサレムを首都とするパレスチナ国家の建国をもってパレスチナ問題の解決とする。

2.そしてユダヤ人右派もハマスやヒズボラといったイスラム原理主義過激派も含めて双方はそれを認め、相手に対する攻撃をすべて停止する。同時にイスラエルとパレスチナ国境には国連軍がはりつき双方を監視する。

3.ユダヤの聖地・嘆きの壁とイスラムの聖地・岩のドーム、キリスト教の聖地・聖墳墓教会があるエルサレム旧市街は当面、国連もしくはそれに準ずる組織が非武装エリアとして統治し、その警察組織が治安維持に当りイスラム・ユダヤ・キリスト各教徒の聖地への自由なアクセスを保障する。

この3点が重要だろう。
これら政策の実現には多くの困難が伴うだろうが、中東で手を血で汚しておらず、イスラム側ともイスラエル側とも友好関係にある日本の果たせる役割は少なくないはずだ。

また日本が主導となって石油に代わる次世代エネルギー源の開発を世界全体によびかけ、それに成功すれば中東地域のさらなる安定に寄与しよう。

-----------------------------------------

★関連図書―もっと詳しく知りたい方は...
20050523165920.jpg
まんが パレスチナ問題

◆イラストで複雑なパレスチナ問題をわかりやすく解説。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

びっくりしました

まず最初に感想ですが、日本の近所の問題に関してはあれ程多かったコメントがえらく少ないのに驚きました。戦前の我が国の支配層が自国の近所とその利権にしか目が届かず結果世界情勢を読み違え、前大戦の敗戦につながった事を思い出し、少々考え込みました。次に私なりの夢想的解決法ですが、世界地図でアラブに辺りの国境線を見ると異常に直線ですね幾何学的に、これは前大戦前までの英国を中心とした植民地支配の名残ですね。あの辺の民族は元々遊牧民で国境などと言う概念は無いに等しいのですが、それにしても不自然です。ここは植民地支配時期の前に遡って、せめて民族か宗派別に国境を画定し直せば少しは平和になるのかなあと思います。但し前提として欧州の旧宗主国が植民地支配に使った民族分断策を総括して発表(謝罪では無いですよ念の為)する事でしょうか、それでも油田資源等の所有権争いで紛争は絶えないかもしれませんが、今よりはすっきりした形に成ると思います。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2007/08/26(日) 23:01:00
  • [編集]

火天大有さん

>ここは植民地支配時期の前に遡って、せめて民族か宗派別に国境を画定し直せば少しは平和になるのかなあと思います。

アラブには、全アラブ国家の統一を主張する人もいるのですが、ことごとく失敗しています。

アラブ各国の指導者が、権力を手放したくないからでしょう。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2007/08/28(火) 00:59:59
  • [編集]

それでは終わらない?

歌手ベット・ミドラーやマンハッタン・トランスファーのマネージャーを務め、映画のプロデューサーとしてはミドラー主演の『ローズ(The Rose)』やエディー・マーフィー主演の『大逆転(Trading Places)』を手がけ、アカデミー賞ノミネートをはじめ数々の賞に輝いたアロン・ルーソ(Aaron Russo)が
“友人”ニック・ロックフェラーとの会話内容を語ったインタビューの一 部がネット上で公開されています。
二ック・ロックフェラーは
「全住民にマイクロチップを埋め込むのが最終目標だ」
と言っ た
<アレックス・ジョーンズ インタビュー>
プリズン・プラネット
2007年1月29日(月)

アロン・ルーソ
その彼が、9/11の11ヶ月前に「これからある出来事が起こる」と言ったんです。それがどんな出来事かは言わなかったけれども、その出来事ゆえに我々はアフガニスタンを侵略してカスピ海から(石油の)パイプラインを引くし、イラクを侵略して油田を確保し、中東に(米軍)基地を構築してあの辺をニュー・ワールド・オーダー(新世界秩序)に取り込むと。それからベネズエラのチャベスをやっつけるんだと。
そうしたら彼の言った通りに9/11が起こって。彼は米兵がアフガニスタンやパキスタンの洞窟を探しまわることや、「対テロ戦争」が始まるけれども本当は敵なんかいないし、それら全部が巨大なでっち上げだと話していましたよ。政府がアメリカの人々を支配するための手段だって。・・・
そうです。永遠に続く・・・敵が存在しない戦争が。だから勝者も特定できない。
えぇ、誰が勝ったかなんて言えないんです。だって倒す敵がいないんだもの! だから戦争は延々と続く。その間彼らはやりたい放題だ。アメリカ市民は恐怖で縮み上がって。いいですか、この対テロ戦争というのは詐欺です、茶番なんですよ。これを声に出して言うのは容易なことじゃない。なぜって、みんな怖気づくんです。言うと奴らにキチガイ扱いされる。でも真実は、真実は暴露されなければいけない。だから私はこのインタビューを受けてるんです。

  • 投稿者: fukuro
  • 2007/11/13(火) 18:14:33
  • [編集]

貴兄の尽力に敬意。

  • 投稿者: fukuro
  • 2007/11/15(木) 22:49:25
  • [編集]

どもショボケンです(´・ω・`)
イラク関係ですが、誤爆ではあるでしょうが完全な的外れでは無い気がします。(原油価格の操作が目的じゃないかと…)
また武器の密輸ですが仏・露・中だけでなく米も関わっていますね。非公式らしいですが…
大体テロリストやその他諸外国の内戦や紛争の多くは大国同士の武器の販売競争市場でしょうから。米・仏・露・中などの軍事関係の株が平時も安定しているのはそのためだろうと大体の想像は付きます。それにそれらの国は武器の密輸にかんせてはあまり言及していません。まあ当然金入ってくるしね。
それに予想どうり原油価格が暴落しましたしね。
なんか必死に買いあさっている国がありますけど。
…何するんだろ?(;´ω`)

 最近メジャーになりつつあるソマリアの海賊ですが彼等は物資を無差別に襲いその金で武器を買っています。つまりA国から物資を奪ってまたそのA国からその物資を売って武器を買う…
 なんてされてたらただの赤字な訳ですからそりゃーもー相当な怒りを各国から買ったわけです。なんせあの中国が真っ先に動くほどですから(;´・ω・`)
 それを考えるとイラク戦争は何かしら下心があったのではないでしょうか?

  • 投稿者: (´・ω・`)KEN
  • 2009/01/26(月) 01:38:20
  • [編集]

(´・ω・`)KENさん

イラク戦争の原因については「石油のため」とかいろいろ言われています。

ただ確固たるソースがある話は、ドイツの諜報機関が暗号名”カーブボール”という人物からイラクが大量破壊兵器を開発しているという情報を入手、その情報をアメリカに提供したところ、ブッシュ政権が真偽を良く確かめず鵜呑みにして戦争を始めた、というところまでのようです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2009/01/28(水) 00:53:43
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。