初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国から日本の選挙有権者へのメッセージ

  • 2005/09/10(土) 09:08:42

 日本が排他的経済水域(EEZ)と主張する東シナ海の日中中間線付近に、中国が開発を進めている春暁ガス田の周辺海域で九日、中国海軍のミサイル駆逐艦など五隻が活動しているのを警戒監視飛行中の海上自衛隊第一航空群(鹿児島県鹿屋基地)所属の哨戒機P3Cが確認した。

「日本へのなんらかの示威行動の可能性も考えられる」(防衛庁関係者)との見方もでている。

http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20050910-00000006-san-pol



 さて、中国がなぜこのような行動に出たかであるが、防衛庁関係者の言をひくまでもなく、武力を使った日本への脅迫(おどし)なのは間違い無い。

「中国は歴史的にみて、かわいそうな被害者なのだから、絶対に悪いことをするはずが無い」という信仰にとりつかれている人達には、お気の毒だが、今回は「船が故障して間違って近づいてしまった」という言い訳は使えない。

今回の中国の行動は、チンピラが弱そうな人に目をつけて、ナイフを見せつけながら、「カネを置いていけ! でないとケガするぜ。」とすごんでいるのと大した違いは無い。 もっとも今回のターゲットはカネではなく、日本の経済水域に眠る海底資源(石油・天然ガス)だ。

 しかし、クロフネが最も注目するのは、なぜ衆議院選挙直前のこの時期に、中国が日本に対して、このようなおどしをかけてきたのか?ということである。

理由の1番目は、「日本が現在、権力の空白状態にある」ということだろうと思う。

投票日を数日後に控えて、小泉首相をはじめとする日本の指導者層は、選挙運動に気を取られているし、今後の日本の運命を左右するような決断は、政権を獲得する事が決定するまで、下しにくい。

だから中国が軍艦を派遣して、日本におどしをかけても、日中武力衝突に発展する可能性が一番低いのが、今なのである。

中国側にとってリスクの一番低い、今の時期に軍艦を派遣して、日本におどしをかけるとともに、日本に自国の海底資源を守る覚悟が、どれくらいあるのか試しているのである。

 もし、日本が中国側の軍事力を使ったおどしに”ビビッて”何もしなければ、中国は「我々の脅迫にビビッて、日本は自国の海底資源をあきらめた」と判断して、

今回、日本の経済水域境界ラインの手前で引き返させた中国の戦闘艦を、次回は日本の経済水域ライン(日中中間線)を越えて進出させて、東シナ海の大半を中国の海とする、既成事実を作ろうとするだろう。

 このような状況で、日本はビビッて何もできないかのようなサインを、中国に送るのは非常に危険で、かえって武力衝突を招きかねないのは、歴史が教えるところである。(第二次大戦直前のミュンヘン会談しかり、朝鮮戦争しかりである)

選挙後に、日本は速やかに自衛隊艦艇を派遣し、中間線の内側付近を航行させるべきである。 現場にとどまる必要は無い。1回行って帰ってくれば今は充分である。

しかしその場合は、中国が今回、中国最強の戦闘艦を出してきたように、日本もイージス艦を含む、海上自衛隊最強の艦艇を、中国にみせることが必須である。

 日本の権力の空白期という、リスクの一番低いこの時期に、中国が軍艦を派遣してきたことからもわかるように、中国政府は日中武力衝突が現実になることは今のところ望んではいないだろう。(一部の軍人はどうかしらんが)

なぜなら、中国へ向かう原油タンカーや中国から輸出される工業製品を積んだ貨物船が通る東シナ海が戦場となれば、中国経済は大打撃を受けて、株価・通貨人民元・土地は暴落し、バブル気味の経済は瞬時に崩壊する。

中国は利益にならないことはしないし、イージス艦4隻を保有する日本相手に海軍力で勝てる見込みが薄いこともわかっている。しかし、それも「日本がビビッたところを見せない」というのが大前提であるのをダメ押ししておく。

 そして二番目の理由だが、日曜に行われる衆議院選挙の投票日をひかえた、日本の有権者に対するメッセージもあるのではないか。

つまり、「中国に逆らう小泉氏ひきいる自民党が今度の選挙で勝つと、日中の対立は悪化して、取り返しのつかないことになるぞ。戦争になるかもしれないぞ。」という中国の、日本の有権者に対するメッセージではないだろうか。

「中国はかわいそうな被害者で悪いことはしない」と信じて疑わない、一部の人達は「また妄想デンパを飛ばして」と笑うかもしれないが、残念ながら歴史的な前例がいくつもあるのである。

 1996年に台湾で、はじめて総統(大統領)をえらぶ選挙が行われたが、当時の現職の李登輝候補は、中国政府にとって気に食わない不倶戴天の敵だった。

そこで中国は、なんと驚いたことに台湾の沖合い数十キロに、軍事演習と称して、核弾頭をはずした弾道ミサイルを撃ちこんで、「中国に逆らう、李登輝が再選を決めたら、台湾と中国は戦争になるかもしれないぞ」というおどしを、台湾の有権者達にかけたのだ。

http://www.mainichi.co.jp/
syuppan/economist/040302/1.html


(ミサイルの落下地点は日本の領海や与那国島にも近く、巻き添えにならないよう、沖縄の漁師さん達が、しばらく漁をできなくなって大損害をこうむった)

 しかし、台湾の有権者は、中国の露骨なおどしに、ビビるようなことはなかった。  台湾国民は、中国に”逆らう”李登輝氏に投票し、彼を再選させたのである。

それで「あんなことして反省している。台湾にすまなかった。」などとは夢にも思わないのが中国という国である。

次の2000年の総統選挙のときは、中国の朱鎔基首相がテレビに登場して、凄まじい形相で「(中国に逆らう)陳水扁が総統に当選したら戦争になる」とほのめかして台湾国民をおどし、戦争危機を煽ったが、台湾国民は中国のおどしをはねのけて、陳水扁氏を総統に選出した。

 あす投票日をむかえる、日本の次のリーダーを決めることになる衆議院選挙。

中国海軍の最強軍艦の派遣という、おどしのメッセージを受けた、日本の有権者も、1996・2000年の台湾国民と同じように、試されていると思う。

中国からのおどしを跳ね返して、日本人が自分達のリーダーを自主的に決められるか

それとも

中国のおどしに負けて、中国のお気に入りの人間を日本の首相にするか

日本国民は、自分達の将来を決める、重大な分かれ道に立たされている。


関連記事

民主党に日本の将来を任せることは出来ない

ハリケーンと日本の主権

主権を委譲した香港の悲劇

---------------------------------------

中国海軍艦艇の詳細な写真はこちら(海上自衛隊提供)

 クロフネ特製のrecognition book(本来は各国海軍が備えている、外国海軍の艦艇の名前を割り出す資料のこと)をめくってみると、ペナントナンバー137の艦艇は、ロシアで建造されたソブレメンヌイ級(中国では現代級と呼ぶ)駆逐艦”福州”であり、

江湖(ジャンフー)級フリゲートの二隻は、ペナントナンバー515が”厦門”、517の方が”南平”で、いずれも東海艦隊の所属。 東海艦隊は上海周辺の複数の軍港を母港としている。

ペナントナンバー886の大型艦は、2003年に建造されたばかりの新造補給艦で、最近になって東海艦隊に配備されたのだろう。

そして851は、東海艦隊に所属している、仮想敵国の軍艦や基地から出る電波を傍受して解析するスパイ艦・”東調232”と艦型がそっくりなので、その同型艦か、単に”東調232”のペナントナンバーが変更されただけかもしれない。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

春暁ガス田に中国艦隊、日本への示威行動か

「春暁ガス田に中国艦隊、日本への示威行動か」に関連するブログ記事から興味深いもの...

  • From: ブログで情報収集!Blog-Headline |
  • 2005/09/10(土) 22:25:59

左右のリーダ

地球が太陽系に誕生してから46億年、植物や動物の死骸が、気の遠くなるような長い年月をかけて変質し、化石燃料となった。化石のうち、植物性のものは石炭に、動物性のものは石油や天然ガスになった。 46億年かけて蓄積された石油が本格的に採掘されて約100年。1900年頃、ア

  • From: Hotta World:: 「活・喝・勝」 |
  • 2005/09/11(日) 14:35:24

台湾の国連加盟へ支持をお願いします。

32 名無しさん@6周年 New! 2005/09/12(月) 10:39:34

  • From: 映画 |
  • 2005/09/13(火) 09:52:23

この記事に対するコメント

>中国に逆らう小泉氏ひきいる自民党
安心してください!これからの小泉自民党は親中党ですよ!
これからは国売ってでも車売りたいト○タ奥田経団連が
郵政族なんか足元にも及ばない位、献金とバックアップしていきますからね。

  • 投稿者: hide
  • 2005/09/10(土) 14:16:14
  • [編集]

hideさん

>これからの小泉自民党は親中党ですよ!

>これからは国売ってでも車売りたいト○タ奥田経団連が
郵政族なんか足元にも及ばない位、献金とバックアップしていきますからね。


これは経団連が自民党に圧力をかけて、親中政策をやらせるという意味ですか?

具体的なソースがある、お話なのでしょうか?

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/09/10(土) 19:20:04
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。