初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアからの声

  • 2005/08/25(木) 23:05:29

 中国や韓国が、日本の国際的な地位向上へのしっと、あるいは、日本が自らの国力を十二分に発揮するチャンスを永久に奪い、相対的に自国の対日外交を有利にして日本を意のままに操るために、

または、自国政府の失政を原因とする国民の不満や怒りを、イケニエとしての日本へと向かわせて、支持率を向上させるために、

日本の歴史教育や戦没者追悼といった事をネタにして、反日デモや暴動をあおり、

絶対にまちがいをおかさない”正義の味方の中・韓”が、アジアを代表して”悪の権化たる日本”を懲らしめるかのような、言動を繰り返してきたのは、よく御存知だろう。

 このような中国・韓国のやり方に対して、アジアの目が少しづつ変わってきたようだ。

インドのヒンダスタン・タイムズ紙4月28日づけに、「中国の指導者が日本から受けた苦しみについて、主張するのはもっともかもしれないが、他のアジアの人々について語るべき立場にはない」という主張が掲載されたことについては、以前ご紹介した。

この記事は、中国が常々「アジア全体を代表して、過去を反省しない悪い日本をこらしめてやる」と言ってきたことに対して、「中国よ、お前は決してアジア全体の代表では無い」とのインドからの叫びであった。

 このようなインドの新聞の呼びかけは、まったくの正論であるが、実はもっと踏み込んだ主張をしていた新聞があった。 ちょっと長いが引用する。


「ほかのアジア諸国同様、フィリピンも日本軍により多くの国民を失った。我々はその事実を忘れることは無い。

しかし、かかる”歴史的犯罪”をもって、旧敵国(注:日本のこと)との友好関係を育て、維持していく障害としたことはない。 その理由は明らかだ。

日本は敗戦後、国策としての戦争から背を向け、アジアと世界のよき力となることを国の目標としたからである。(略)

中国は特に、弱小国を中心とする他の諸国が、日本を非道徳的な国であると見ることを望んでいる。

しかし、むしろ、ほとんどのアジアの国は中国が攻撃的であることの方に不安を抱いている。 中国は日本から学ぶべきだ。

(マニラ・タイムズ4月21日づけ社説)

 民主党の岡田代表をはじめ、みずからの中国とのビジネスが大切でしょうがない一部の財界人などは、日本と中国や韓国との関係が悪化するたびに、パブロフの犬的反射で、「悪い日本が反省し、全アジアの代表である中国や韓国の言うとおりにしなければ」といった反応をしがちだ。

 しかし実際は、アジアの声は決して一つではなく、中・韓の主張に真っ向から反対するものもある。

この点をふまえれば、民主党は”アジア重視政策”をうたっているが、彼らの言うアジアとはせいぜい中・韓だけで、実際のところ”中・韓だけ重視政策”というだけにすぎない。

しかも、中・韓政府の対日批判や、反日デモや暴動を起こす背景となった、中・韓国民の世論・感情というものが、決して正しいわけではないということを、マニラタイムズ紙は見切っているのである。

真実を見ぬく眼をもった人々が、日本よりむしろ中・韓を除く、その他のアジア諸国で声を上げはじめているというのは、非常に興味深い現象だ。

 このような事実をふまえれば、中国や韓国を”アジア全体を代表する正義の味方”のように考えて、「日本の政策を彼らの望みどおりにしなければ、アジアから孤立する!世界から孤立する!」などと心配することが、いかに愚かなことであるかが、わかる。

日本は、真実や正義、公平さを愛する世界の人々とだけ、共に歩めば、それで充分ではないだろうか。 

banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックがこの国を変えます。


関連記事

韓国TVの反日プロパガンダ番組デッチ上げが発覚

日本外交がこれまでしてきたこと

日本は外国と、どうつきあったらよいのか?(その1)

日本は外国と、どうつきあったらよいのか?(その2)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小泉首相の言動に見る日本の将来的外交

日本の常任理入りをけん制 中国主席http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050916-00000004-kyodo-int 【ニューヨーク15日共同】中国の胡錦濤国家主席は15日、国連総会特別首脳会合で演説、安保理

  • From: WEBLOG de 鳩尾 |
  • 2005/09/18(日) 13:23:26

この記事に対するコメント

エントリからかなり時期がたっておりますが、TBさせていただきました。また、文中にリンク先貼り付けいたしましたことお許しください。

  • 投稿者: vollleben
  • 2005/09/17(土) 15:13:29
  • [編集]

volllebenさん

TBありがとうございました。のちほど、こちらからも逆TBいたします。

また、基本的にリンクもフリーです。

正直、外国のF5攻撃の常習犯のHPみたいなところには、貼って欲しくはないですけど。(苦笑)

では、今後ともよろしくお願いします。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/09/19(月) 14:10:00
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。