初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特集 日韓国交正常化交渉の裏側(その2)

  • 2005/08/09(火) 23:22:53

 李承晩政権がたおれ、張勉内閣が成立した1960年に再開された第5次交渉でも国交正常化が達成されることはなかったが、

このとき日本側が「韓国人被害者個人に対して、日本政府が何らかの措置を取りたい。」と申し出ると、韓国側が「補償金は韓国政府が一括して受け取り、韓国政府が被害者個人個人に支払いをする。」という趣旨の発言をした。

これ以後、韓国側は「日本側が支払った金は韓国政府が一括して受け取り、個人補償は韓国政府が行う」という方針を明確にした。

 61年に韓国の軍人であった朴正煕がクーデタを起こし、張勉内閣を打倒して独裁権力を握った。

当時の韓国は、アジアでも最貧国レベルであり、国民一人当たりの年間所得はわずかに82ドルと貧困に苦しんでいた。(日本が約380ドル前後)

日本が統治していた時代、水力発電所や重化学コンビナートを重点的に建設した朝鮮半島北部は戦後独立して北朝鮮となったが、韓国とは対照的に、それなりの水準を維持した工業国としてスタートし、当時の国民の年間所得も韓国の2倍はあったようである。(韓国統計庁の推計データ「南北韓経済社会相比較」1997年12月)

日本からの社会資本投資が無かった場合の朝鮮というのは、半島全体が日韓国交回復前の韓国のような状態であったろうと思われる。

 そのような苦しい状況のもとで、朴正煕大統領は日韓国交回復を決断する。

番組中の金鍾泌元首相の証言によれば、朴大統領は「韓国が生きるために、日本から協力を得るために国交正常化しなくてはならない。」「韓国の近代化・工業化のため日韓国交回復をなしとげようじゃないか」と言ったという。

さらに朴大統領は金元首相に「日本から8億ドルもらってこい」と言うと、金元首相は「私のつかんだ情報では、日本の外貨準備は公称で14億ドル。でも実質的には7億ドルぐらいで、(8億は)難しいでしょう。でも、やってみます。」と言って日韓交渉再開が決定されたという。

 金元首相の証言によって改めて確認されたのは、韓国が日韓併合の過去の歴史を乗り越えて、日本との国交断絶状態を終わらせ、友好関係を樹立しようとしたのは、何も「悪い日本人を許してやろう」といった善意ですべてを決断したのではなくて、

むしろ「日本との国交回復で得られるカネで貧しい韓国を立て直そう、そうすれば韓国が得をするじゃないか」という経済的実利面が強い動機となっていたということである。

そして当時の韓国の首脳陣が、日本が韓国に現実的に出せる金は7億ドルと考えていたことも明らかになった。


 そうしたいきさつで1961年から始まった第6次・7次会談だが、あくまでも日本に対して請求権による補償金7億ドル(おそらく7億ドルの根拠は金元首相が推測した日本の保有するドル準備全額だろう)の支払いを要求する韓国と、

現在の価値で約17兆円の資産を朝鮮半島に残してきた以上、相互に請求権を行使すれば支払い義務があるのは日本ではなく韓国であるという立場から、「韓国の請求権は認められない。しかし経済協力・独立祝い金という名目で7000万ドル出そう」と主張する日本側とのミゾは埋まらなかった。

しかし、時の大平外相が有償2億ドル・無償2億ドルという譲歩案を示し、
金元首相が「有償2億ドル・無償3億ドル・民間クレジット1億ドル以上でどうだ」という最終案を出し、金額の面では大筋で合意ができた。

(日本のドル準備の大半を失うような金額を提示して譲歩した大平外相は、その後だいぶ叩かれたようだが)

 それでも、最後まで交渉が難航したのが、日本が出す金の名目で、日本側が「請求権にもとづく補償金ではなく、経済援助もしくは韓国独立の祝い金として出しましょう」と主張すると、

韓国側が「我々は請求権にもとづく補償金として受け取る。日韓両国はそれぞれ自分たちの良い様に解釈して国民に説明すればいいじゃないか」と言って、
日本が韓国に支払う5億ドルの名目は玉虫色のまま決着し、「日韓双方の請求権問題は完全かつ最終的に解決された」という文言を入れた日韓基本条約は、日韓両国の合意のもと1965年締結されたのであった。

 韓国が日本から受け取った5億ドル+民間クレジット3億ドルは、当時の韓国の国家予算まるまる1.5年分以上にあたる巨額なものであり、金元首相の証言にある通り、韓国政府が日韓交渉の目標とした8億ドル請求が、ほぼ認められた”満額回答”であった。

当時はまだ円が弱いソフト・カレンシーだった時代で、国際決済にはドルが必要不可欠な日本にとっても、8億ドルは限界に近い重い負担であったろう。
(これも金元首相の証言が裏付けている)

 日本政府から受け取った5億ドルは、韓国政府や経済企画院によって、農業基盤や社会インフラ整備、工業発展と輸出振興のために重点的に使われることが決定された。

(具体的には浦項製鉄所建設に全体の約4分の1が投入され、残りを京釜高速道路・ソウル地下鉄建設などにまわされた)

 韓国は工業化のための投資に使う資本の蓄積が無かったために、アジアの最貧国に甘んじていたが、日本から受け取った5億ドル+3億ドルを元手に、韓国経済は年率10%の高度経済成長期に入り、”漢江の奇跡”と呼ばれた。(実際は奇跡でもなんでもない。必然である

1970年に韓国経済は、一人当たりGNP252ドルと、北朝鮮(一人当たり230ドル)を追い越した。(日本が1500ドル前後)

 番組の中で、韓国経済企画院から韓国外務部に対する問い合わせと、その回答についての公式文書も紹介された。

その文書の中で、韓国外交部は「日本への請求権には個人補償分も含まれる。よって(一括して金を受け取った)韓国政府が韓国国民個人個人に補償する義務がある。」と明記している。

この公式文書によっても、あらためて韓国国民個人の対日賠償請求権は消滅し、韓国政府自身もそれをはっきりと認めていた事実が確認できた。


 金元首相の証言によれば朴大統領は「韓国が豊かになって余裕ができ、日本にいちいち助けを求めなくてもよくなった時に、(韓国政府が韓国人被害者)個人のめんどうをみよう。」と言ったという。

 それでは実際、韓国政府はどれくらい個人補償をおこなったのであろうか?

1975年7月から77年7月までの2年間もの長きにわたって、個人補償の受付が行われ、日本から受け取った金額のわずか5.4%が個人補償分として支払われたという。
 
しかし、番組の中でわかった重大な事実は、

韓国人被害者・個人補償対象者のうち、多くの人が補償金を受け取れなかった原因が、韓国政府が個人補償受付開始の告知を国民に充分しなかったことと、

受付開始を知った多くの韓国人被害者も、2年間もの時間がありながら、補償要求手続きをしなかったことにもあったということである。


その理由は「手続きが複雑だから。」

こんなふざけた理由で何の手続きをせず、補償金を受け取る権利を失ったのは、韓国人被害者自身もしくは韓国政府の責任であって、日本側は一切関係が無い。

さも日本が歴史の清算を何もしてこなかったように言い、日本政府・民間企業を相手取って訴訟を起こすような韓国人被害者の言動は、日本に対する名誉毀損もいいところで、それに対して見て見ぬふりを繰り返していた韓国政府のやりかたは犯罪とさえ言える。

 結局この番組によって日韓交渉の裏側から改めて見えてきたものは、日本は責任を十分過ぎるぐらいに果たしていたという事実だった。

 請求権をお互い行使すれば、韓国が日本に金を支払わなければならなくなる。

かといって韓国だけに請求権の行使を認めるのは、国家間の平等の原則から日本としては絶対に認められない。

だから日韓基本条約締結時に、日韓双方が請求権を放棄した。

そして日本は韓国に5億ドル+民間3億ドルを、経済援助もしくは独立祝い金の名目で与え、韓国政府はそれを一括して受け取り、韓国が豊かになるために使った。

よって韓国人被害者個人の補償義務は日本ではなく、一括して金を受け取った韓国政府にあり、

個人補償問題で韓国国民から不満が出ているのは、受け取った金の使い道を決定し、個人補償手続きの告知を充分やらなかった韓国政府と、その手続きをみずから怠った、いい加減な韓国人被害者本人に、原因があったのである。


 こうした事実をふまえれば、「日本からの賠償金は少なすぎた。日韓基本条約を破棄して交渉をやり直せ。」とか「日本は補償を充分やっていない。条約を結んだからといってこれで終わったと思うな」といった、政府から民間世論までの、最近の韓国の主張が、いかにふざけたものかが改めて浮き彫りになってくる。

番組の最後に金元首相はこう締めくくった。

「あのときの日韓交渉は(韓国にとって)最善の結果だ。後であら探しはいくらだって出来る。日韓国交正常化によって韓国は最貧国から
世界11位の経済力を持つ国になれた。これでいいじゃないか。韓国の国民にはそう思っていただきたい。」

私も金鍾泌元首相の意見に強く同意するが、日本語で日本国民に向かって呼びかけるのではなくて、どうして韓国語で韓国国民に向かって呼びかけないのか?

金元首相には正義と公正のために勇気を持って自国民に語りかけていただきたい。

banner_04.gif

↑あなたのワン・クリックで管理人に少しだけパワーを分けてください。



関連記事

第6回 金正日とどう交渉するか?

第14回 次の時代にふさわしい日韓関係のために

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

クロフネさん、good jobです。

丁寧に日韓国交正常化の交渉経過をなぞっておくことは、日韓外交では大切ですね。

韓国はこうした悪辣さを誤魔化すために、歴史認識において「日韓併合は無効」という主張を今でも続けています。
民族のプライドの欠片も無い、情けない国家です。

日本政府も韓国を沈黙させうるに充分なこれらの資料を利用して、韓国民に向けてアピールすべきですね。
その前に、日本の政治家や国民にこの韓国の実態を知って貰う方が先ですか。

  • 投稿者: trip
  • 2005/08/11(木) 22:36:50
  • [編集]

ご無沙汰してます。件の番組は「アンケート騒ぎ」の番組ですよね。実際に番組内容がどんなだったかはほとんどネットでも見聞きすることができなかったのでありがたいことです。
金元大統領が韓国民に向かってこの件について話をするのはちょっと無理っぽい気がします。末代まで叩かれるんじゃないでしょうか(笑)。でもこの連鎖というか呪縛はどこかで断ち切らないと先に進めないですよね。

  • 投稿者: piyo_nt
  • 2005/08/12(金) 00:38:50
  • [編集]

tripさん

>日本政府も韓国を沈黙させうるに充分なこれらの資料を利用して、韓国民に向けてアピールすべきですね。

おっしゃる通りですね。日本政府もただ「条約締結で問題は解決済み」と繰り返すのではなくて、根拠をあげて韓国政府や補償を要求している韓国国民個人の問題点もあげながら、事実をたんたんとアピールすべきです。

それを黙りこくったり、下手に謝罪したりするから問題が泥沼化するわけでして...

>その前に、日本の政治家や国民にこの韓国の実態を知って貰う方が先ですか。


当の日本国民の大半が、この事実を知らないということが一番問題ですね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/08/12(金) 22:29:15
  • [編集]

piyo_ntさん

>件の番組は「アンケート騒ぎ」の番組ですよね。

私はその番組を見ていないのですが、piyoさんのおっしゃっている番組は、NHKの討論形式の番組ではないでしょうか?

私が見たのは、日韓交渉の裏側をとりあげたドキュメンタリーですので、おそらく違うと思われます。

>金元大統領が韓国民に向かってこの件について話をするのはちょっと無理っぽい気がします。

そうなんですよね。韓国人のなかには、日本人に向かって「韓国にはこんな問題がある。この点では日本が正しい」と言える人もたまにいます。

最近では「殴り殺されるのを覚悟して書いた本」とかいう日本擁護本を出した、韓国人歌手がいました。

しかし、その韓国人歌手の主張がマスコミに取り上げられて、それを知った韓国国民から「ぶっ殺せ」とか「韓国から追放しろ」という声がいっせいに上がって、実際に仕事をおろされたりすると、「私が間違ってました。韓国が絶対正しいです。」と、途端になよってしまいます。

結局「殴り殺される覚悟」なんて始めから無いんですよね。

韓国の人は基本的にビック・マウスの人が多いですから、有言不実行を恥とも思いませんし。

でも、それでは日韓関係の不幸の連鎖は永久に消えないでしょう。

やはり韓国人に勇気を持って過去を直視して欲しいと思います。

ところでpiyoさん、当ブログと相互リンクしませんか?

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/08/12(金) 22:44:05
  • [編集]

3億ドルの援助

はじめまして、razy.cと申します
いつも面白い記事をありがとうございます
この記事の3億ドルの援助についてなんですが
現金でも一括でもないということを書いている方がいらっしゃいます
こちらです
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=NW&action=5&board=1143582&tid=a4a4a4ha4a4a4h4z9qbeclga4xa5aba5a6a5sa5ha5c0a5a6a5sa1aa&sid=1143582&mid=3298
けっこうリアリティがあリます
事実はどうなんでしょうね

  • 投稿者: razy.c
  • 2006/10/02(月) 08:45:28
  • [編集]

razy.c さん

>この記事の3億ドルの援助についてなんですが現金でも一括でもないということを書いている方がいらっしゃいます

ええ、援助の一部が”物納”だったという話は私も聞いています。

日本だってまだまだ貧乏だったんですからドル準備を一括で支払ったりしたら大変です。

それでも韓国が認めた契約に基づき3億ドル分の物納が行われたわけで、何の問題もないと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2006/10/03(火) 00:08:58
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。