初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人民元の切り上げと日本

  • 2005/07/23(土) 23:57:26

 中国は21日夜、自国通貨・人民元の対ドル固定相場制をやめて、管理変動相場制へと移行した。 これによって人民元は現在ドルに対して2%ほど切りあがっているようだ。

国際社会から「通貨ダンピングだ」と集中砲火的に非難をあびていた中国の通貨政策は、ようやく適正な方向へと転換をはじめたと言えるが、まだまだ中国経済の実力から言えば、人民元の評価は安いのではないだろうか。

(小泉首相いわく、1ドル=360円で固定されていた円がニクソンショックで切り上げられたときは1ドル=約308円と約17%も切り上がったそうだ)

一刻も早い人民元の適切な評価と、もし必要ならば完全変動相場制への移行を国際社会は求めていかなればならない。

 この人民元切り上げ問題は、以前から中国経済問題の話題の中心のひとつであり、経済専門誌などでも盛んに取り上げられていた。

それらの雑誌で気になったのは、日本人エコノミストらの間に「人民元切り上げは日本にとって良いことは一つも無い」といった偏った見方が少なくなかった点だ。

確かに、安い労働力・生産コストを目当てに中国に進出した日本企業にとって、人民元切り上げは自社製品の価格競争力の低下を意味し、その点ではマイナスだろう。 中国の輸出産業全体にとっても競争力が落ちることになる。

しかし輸出主導型で、ある国の経済が発展していく場合、経済成長と貿易黒字の増加に伴ってインフレが起こり、ドルに対してその国の通貨の価値が切り上がっていくのは、ごく自然なことである。

むしろそのような自然な現象を人工的に防ぐようなことをすれば、世界経済にもその国の経済にもマイナスの影響を与えてしまう。 中国のように経済規模の大きい国ならばなおさらだ。

 物事には必ず良い面と悪い面とがあるものだ。
人民元切り上げは決して日本にとって悪いことだけでは無いと思う。

人民元が切り上がれば、中国人の購買力の上昇をもたらすのだから、日本でつくられた高付加価値商品(例えば贈答用の高級果物など)の需要が高まり、日本の対中貿易赤字が減少するかもしれない。

あるいは中国における生産コスト上昇で、工場を日本に配置しても採算が取れる分野が出てくるかもしれず、もしそうなれば雇用が創出され、日本の失業率が改善するかもしれない。

そして中国よりも生産コストの安い国などに工場を分散させれば、日本企業の投資のリスクも分散させられる。

反日暴動や従業員ストなど近年中国の投資リスクは高まっており、日本の投資が中国に一極集中するようなことは避けたい状況である。

一方、ASEANと中国の間のFTA交渉が進みつつあり、今後の展開によっては日本企業が中国市場を狙う場合、日系企業を狙った暴動の危険性や、ちょっとしたきっかけから労使紛争が起こることもある中国国内に生産拠点を置くよりも、対日感情の良好なASEAN諸国に置いたほうが有利になる可能性も出てくる。

日本のエコノミストも「コップの水がもう半分しかない」と嘆くのではなくて「コップの水がまだ半分もある」と人民元切り上げを前向きにみたらどうだろうか?

 それはともかく、人民元の切り上げ、中国における生産コストの上昇とそれに伴う外国からの投資減少など、中国経済は今、変革のときを迎えているのかもしれない。

日本企業や日本人投資家も、中国の経済情勢の実態にみあった投資戦略の策定が望まれよう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人民元切り上げと通貨バスケット

人民元、対ドルで2%切り上げ・通貨バスケット制導入http://www.nikkei.co.jp/kaigai/asia/20050721D2M2103121.html 昨夜、中国政府が元の2%切り上げを発表したのには驚いた。その時は旧知の友人と再会し、酒を酌み交わしていた。友人は数回電話に出ていたが、もしかした

  • From: WEBLOG de 鳩尾 |
  • 2005/07/24(日) 21:54:29

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。