初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第20回 中国の外交テクニック(その5)

  • 2005/06/06(月) 23:58:19

7.友好人士―中国とのパイプ(その1)

 中国は、交渉相手国の内部深くに中国の利害の代弁者・代理人を送り込んで、相手側の分裂・撹乱・誘導をはかることによって、交渉を中国にとって有利に導こうとする。

それでは具体的に例をあげて、そのテクニックをみていこう。

 まず中国は、みずからの利害の代弁者・代理人にふさわしい人物―”友好人士”候補を、交渉相手国の人間の中に設定する。

その人物は、中国共産党の「人類の平等社会と人民のための地上の楽園の建設をめざす」といった左翼思想・社会主義思想や、”三国志演義”に代表されるような”中国の悠久の歴史”といったイメージや、神秘性に高い好感・深いシンパシーを持っているような人物が、特別に選ばれる。

”友好人士”の候補は、与野党すべてを含めた政治家、外交官などの官僚、経済界の実力者、学者・ジャーナリストを含む知識人など、官民を問わず幅広い分野にわたってピックアップされ、交渉相手国の政治・経済・文化に強い影響力を持つ人物ほど重視される。

”友好人士”に選ばれた人物はさっそく北京に招待され、気配りが隅々まで行き届いた、贅の限りを尽くした接待を受ける。

そのような豪華な接待のクライマックスは、中国VIPじきじきのお出ましによる”友好人士”との会談である。

本来、単なる一政治家・一民間人なら会談のセッティングなど到底不可能な、首相あるいは国家主席クラスが登場し、時間こそ5分から10分程度と短いながらも、会談の間に中国国家主席などのVIPから

「○×先生(”友好人士”に選ばれた人物のこと)は、中国とあなたの国との間の太いパイプです。
「○×先生がおられるからこそ、中国とあなたの国との友好関係が維持できるのです」

と”友好人士”は、さんざん持ち上げられる。

あるいは「中国とあなたの国との太いパイプである○×先生にだけ、お教えします」と言って、中国内部の”極秘情報”がもたらされることもある。

(もちろんたいていは、正確ではあるが中国にとって、出しても差し障りのない程度の情報である)

 このような中国VIPによる”特別扱い”と豪華な接待によって深いマインド・コントロールを受けて帰国した”友好人士”は、

「私は中国とのパイプだ。私の人脈のおかげで、中国とわが国の友好関係が維持できるのだ。」

「中国との太いパイプを持ち、中国の首脳からもたらされる貴重な情報にアクセスできる私だけが、中国の真の姿を知りうる立場にいるのだ。」


と強く思い込むようになる。

こうして中国は、交渉相手国に自らの利害の代理人・代弁者あるいは、工作員(彼ら自身はまったく自覚していないが)を”合法的”に潜入させるのである。

つづく
---------------------------------------

<敵は同調者を求めている>

 国を内部から崩壊させるための活動はスパイと新秩序のイデオロギーを信奉するものの地下組織を作ることから始まる。

この組織は最も活動的で、かつ危険なメンバーを、国の政治上層部に潜り込ませようとするのである。

彼等の餌食となって利用される「革新者」や「進歩主義者」なるものは、新しいものを持つ構えだけはあるが社会生活の具体的問題の解決には不慣れな知識階級の中から目を付けられて引き入れられる...(略)

数多くの組織が、巧みに偽装して社会的進歩とか正義、全ての人々の福祉の追求、平和というような口実の元に、いわゆる「新秩序」の思想を少しづつ宣伝していく。 

この「新秩序」は全ての社会的不平等に終止符をうつとか、世界を地上の楽園に変えるとか、文化的な仕事を重んじるとか、知識階級の耳に入りやすい美辞麗句を用いて...。

不満な者、欺かれた者、弱者、理解されない者、落伍した者、こういう人たちは、全てこのような美しい言葉が気に入るに違いない。

ジャーナリスト、作家、教授たちを引き入れることは、秘密組織にとって重要なことである。

彼らの言動は、せっかちに黄金時代を夢見る青年達に対して、特に効果的であり、影響力が強いから。

これらのインテリたちは、ほんとうに非合法な激しい活動は全て避けるから、ますます多くの同調者を引き付けるに違いない。彼等の活動は「表現の自由」の名のもとに行われるのだ。

<敵は意外なやり方で攻めてくる>

ある国家元首の「政治的告白」と題する著書から

彼らを容赦なく滅ぼそう。武器による戦いに比べ費用のかからぬやり方で、敵を滅ぼすことができるのだ。

「魅力」でひきつける宣伝は、我々の手のなかにある効果的な武器だ。
我々は意図するところを美しい装飾で包み隠さなくてはならない。文化は立派な隠れみのに利用できる。

音楽・芸術・旅行などの口実で仲間をつくろう。スポーツの祭典を組織し利用しよう。わが国に旅行者を引き寄せ、彼らに我々の優越性を納得させよう。これらの「文化交流」は一方通行とせねばならぬ。

わが国に、我々にとって好ましくない退廃的思想、新聞、書籍、テレビ放送の、どのようなものも入れさせないようにしよう。

彼らは愚かで退廃的だから我々の企てのなすがままになるだろう。我々が彼らに与えるフリをすればいい気持ちになってしまうだろう。

このようにして我々は彼らの心をとらえてゆく。彼らはワナに陥り、首に彼らをしめつける輪をかけるのだ。

(スイス政府編 ”民間防衛”から抜粋)

banner_04.jpg

↑管理人が元気になりますので、もっと記事が読みたいという方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

中国外交って、お話を聞く限りではすごく戦略的だけどものすごく泥臭くもありますね。個人対個人の付き合いしか私には身近には感じられないので何とも言えないですが、三国志の頃と大して差はなさそうですね。
私には彼の国のおっしゃるようなやり方は不気味さしか感じません(笑)。あんなやり方では誇りをもてない気がするし。敵のやり方はやり方として学び、日本はもっと世界に受け入れられるような戦術戦略を取って貰いたいです。

  • 投稿者: コリコリ
  • 2005/06/07(火) 19:58:44
  • [編集]

コリコリさん

>中国外交って、お話を聞く限りではすごく戦略的だけどものすごく泥臭くもありますね。

私もそう思います。その原因はなんと言っても中国社会の後進性にあると思います。

法律が無力で、正義と人々の権利を守ってくれない”人治社会”だからこそ、相手の情をコントロールする戦術が極度に発達したと言えるでしょう。

ですから近代的な法治社会に住む我々日本人から中国外交を見れば、「こんなことをして人間としてのプライドはどうなのよ?」という疑問が当然わいてくるのですが、彼らにはこのようなことを恥とするような文化はありません。

何しろ中国人は”法治文化”ではなく、”人治文化”の人間ですから。

中国には「お釣りをごまかされたら、ごまかす方より、ごまかされる方が悪い」ということわざもあるとか。

ですから、日本人とは顔かたちが似ていても「中国人は日本人とは文化が全く違う外国人である」ということを肝に銘じなければ、日本の対中外交は何度でも失敗すると思います。

実際、多くの日本人が中国人を「中国語を話す日本人」ぐらいにしか考えていないので、政治やビジネスにおけるネゴシエーションで数々の失敗を繰り返しているように思えます。

また近代化したはずの日本社会・日本人も依然、中途半端にアジア的でウエットな”情”をひきずっており、これが”情のコントロール”に長けた中国外交につけこまれる一因ともなっていると思います。

「情にさおさして流される」というやつです。

その点欧米はドライで、ウエットな”情”などに流されることは少なく、実利が無いと見れば、サッと中国と手を切ることが出来ます。

この点で、中国外交の”魔力”にはいくぶんか免疫力が強いと言えるでしょう。

>敵のやり方はやり方として学び、日本はもっと世界に受け入れられるような戦術戦略を取って貰いたいです。

おっしゃるとおり、日本としては中国のやり方を全てマネする必要はありませんが、中国の戦術というものを十二分に理解した上で、それにひっかからない、同じ失敗を繰り返さないということが重要なポイントになってくると思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/06/08(水) 01:37:01
  • [編集]

反日許して未来はない

もう中国朝鮮が日本の善意を利用した情報操作で偽りの平和運動に騙されたくない。
もう日本国民が日本民族を誇りに思ってもいい程に世界のどこよりも戦争責任として賠償をしてきた。
もうこれ以上中国朝鮮民族に日本民族を卑下され続けるのは嫌だ。
もうアジアの友好と言う言葉に騙されて中朝に利用されたくない。
中朝以外の世界と友好関係を作る以外に道は無い気がする。
こんなにも酷い反日政策で日本を内部から侵略しようとしている国と友好などありえない。
教育政財界宗教まで汚染されている。
帰化でさえ利用されかねない。
反日活動国を日本に入れる事自体認めてはいけない位だ。
もう日本は魂まで抜かれてしまうかも知れない。
この個人主義と偽平和左翼社会の裏に国を愛する事すら罪である風潮が流れ防衛対策もスパイ防止法さえもない国となった。
反日国のやりたい放題だ。
日本人よ政府よ財界人よ祖国なくして平和も幸せもない。
この小さな島国日本を守ろう。
精神まで犯されないように。

  • 投稿者: とんぼ
  • 2005/06/12(日) 16:28:21
  • [編集]

はじめまして、とんぼさん

日本周辺の反日国家との問題は、外交問題であると同時に、国内問題でもありますね。

国内に反日国家と同調し、日本社会の分裂を狙うような個人・組織さえなければ、この問題の対処は遥かに容易なのではないでしょうか。

確かチャーチルだったと思いますが、

一番厄介なのは有能な敵では無く、味方の勤勉なバカである。

と言っています。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/06/13(月) 22:58:26
  • [編集]

お久しぶりです。

具体的に許さない方法って何でしょうか?反日感情を持っている人たちに独り言で憤りをぶつければいいでしょうか?
それとも、ブログに嫌だいやだとただと書き続ければいいのでしょうか?

僕は理由なき反日は嫌いなので自分の身をもって体験することによって知日派になりたいと思い日本生活を10年したつもりです。口だけの愛国者も嫌いですが。

先日、日本の建築家安藤忠雄さんが韓国で講演しまして、1000人の講演会場に2000人以上の人が集まって、結局無駄足した人が1000人を超えていました。

反日の感情を持っている人たちがいたのかもしれないし、いなかったのかも知れませんが、オーディエンスはとても集中しながら安藤さんのお話を聞いている印象でした。笑いを誘うことを意識されていて、オーディエンスもかなりわれっていました。その会場では反日は感じられなかったのです。

僕にも理由なき反日を許さない具体的な方法を教えてください。僕にできる範囲で実践します。

ただ、団体から何らかのお金を貰って活動いる人たちは、反日を演じているだけなので対象外ですね。日本にもいるはずですよね。団体からお金を貰って愛国を叫ぶ人たちって。両方ともタレントであり、反日でも愛国でもないですよね。

  • 投稿者: キム
  • 2005/06/16(木) 08:40:19
  • [編集]

あるサイトで、韓国の幼稚園児?が書いた反日がテーマと思われる絵がどこかのロビーにたくさん展示されているのを見ました。その絵を描いたのはまだ分別も付かない子供ですから、誰かが積極的に指導しない限りああいう絵を描くわけがありません(もっとも「団体からお金をもらって活動している」ならば別ですが)。バリバリの反日教育は「意味のあること」だから認めてもいいのでしょうか。こんなことはある意味社会の方向性の問題、言い方を変えれば「子供をどう教育してどこへ行こうとしているのか」という国としての理念だと思うので、他国があれこれ口を突っ込む筋合いはないと思われます。逆に日本の教育ではどこか特定の国に憎悪を植えつけるようなことはしません。これも国としての理念です。

「反日を許さない!」=「それなら具体的な方法があるのだろう」というのはいささか短絡的ではないかと思います。許さないからといって日本が口を突っ込むのは教科書と同じで内政干渉でもあります。「反日教育をしている理由をよく考えろ」という理屈はそれこそ論外ですね。ヤクザの恫喝となんら変わりません。

私は日本としては国益という意味合いからも筋論から見ても、「反日教育を積極的に施すような国家とは一定の距離を置くべきだ」と考えます。「具体的に反日を許さない方法」などありませんし、考えるだけナンセンスな話です。

ちょっとキツイ言い方ですがホンネです。

  • 投稿者: コリコリ
  • 2005/06/16(木) 09:54:33
  • [編集]

分かりました。ありがとうございます。コミット方法は口をだすことではなく距離を置くことですね。それはそれでいいと思います。

ところで、「距離を置く」も抽象的ですが例えば何がそれに当たりでしょうか?人の交流や経済交流や文化交流は積極的に行われるべきですよね。安藤忠雄さんが韓国の仕事請け負って韓国で講演するのは文化の交流に当たりますよね。日本の経団連の会長さんはそういう見解を持っていると思います。日韓友情の年とかで雰囲気を盛り上げようとしている人たちもいますよね。

僕も理由なき反日は好きではありませんが、日本人のなかにも理由なき嫌韓する人たちがいないことを願っています。

今は日本国籍の孫正義さんは推さないとき理由なき嫌韓にかなり苦しめられたとか言ってますからね。

僕は国籍なんかどうでもいいと思う人間です。大阪府民が来月引っ越して東京都民になるようなもんだと思ってる人間です。

僕みたいな人もいれば、自分は国を愛していると信じている方々もいるだろうし、このブログのオーナーさんも参加者の多くの方もそうだとおもいますので、いろいろ知りたいですね。

長くなりましたが、「距離を置く」ってどんなコミットメントを伴うでしょうか?

  • 投稿者: キム
  • 2005/06/16(木) 18:44:50
  • [編集]

こういう形でやり取りすることに慣れていないのでこれ以上は控えさせて頂きますが、一つだけ。
「日韓友情年」、結構なことだと思います。国同士がいがみ合っていたとしても、個人レベルで誤解が解けるのならばそれはそれでいいことだと思います。ただ気になるのは、それをするにあたっての素地が出来ているのか?という点です。つまり危険ではないのか?ということです。
報道されているものもされていないものもあると思いますが、列挙してみます。
・日本人の女性旅行者が強姦される
・警察官の目の前で米兵が暴行を受ける
・EEZ侵犯をした密漁漁船が帰国後に英雄視される
・外国人犯罪に占める韓国人の犯罪者数の増加・凶悪化
・「竹島の日」への抗議と称して日本の国旗に火を付ける
・子供たちは日本を敵視する絵をかく教育を受けている
・日本人の小さい子が韓国で暴行を受けた時、韓国人が「日本人だからしょうがない」という旨の発言をしていた

などを総合すると、私は「友情」を求めて韓国へ訪れる旅行者は相当の危険を覚悟しなくてはならないだろうなあ、と思います。安直な交流は危険ではないかと思うのですが、そう考える方がおかしいのでしょうか。

こうしたことに警鐘を鳴らすのは政府の仕事、あるいはマスコミの仕事であると思います。まずはそういった実態を国民に知らせることが、私の言った「距離を置く」ということです。

  • 投稿者: コリコリ
  • 2005/06/16(木) 23:35:49
  • [編集]

またお前かキム

 アクセスを禁じると命じただろうが。

それに、自分で宣言した「もうこない」という約束をいとも簡単にやぶるとは、あきれ果てる。

それでも「このブログを利用させてください」と言うのなら、

まずアクセス禁止のルールを破ったことを謝罪した上で、当ブログを「時間のムダ」「空理空論なのはミエミエ」などと侮辱したことを完全撤回し、頭を下げて私に許しを請うのが、人間として当然持つべき倫理・道徳だろうが。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/06/17(金) 00:00:42
  • [編集]

無礼だなあ

どうしてキムくんは無礼で、矛盾だらけなんでしょうか。

>具体的に許さない方法って何でしょうか?反日感情を持っている人たちに独り言で憤りをぶつければいいでしょうか?
>それとも、ブログに嫌だいやだとただと書き続ければいいのでしょうか?

前回もそうですが、今回もまるでこのブログが無意味だと言わんばかり。
だとすると、キムくんがここでほえたところで、無意味でしょう。

しかも、このブログは「日本国の外交」をテーマとしているのですから、個人とは別次元の話です。

>人の交流や経済交流や文化交流は積極的に行われるべきですよね。
>安藤忠雄さんが韓国の仕事請け負って韓国で講演する
>日本の経団連の会長さんはそういう見解を持っていると思います。日韓友情の年とかで雰囲気を盛り上げようとしている人たちもいますよね。

という風に勝手に論を進める。
なぜ、日本と韓国が交流する必要があるのか、さっぱり分らない。
そういう交流を減らしていくというのが、具体的方法だな。
近いうちに、そうなるでしょう。

ましてや、キムくんは、

>僕は国籍なんかどうでもいいと思う人間です。

という無責任な人間です。
だったら、日本がどういう対韓外交政策をとろうが、韓国籍が不要な人間には関係ない事項である。
キムくんが好きに生きていればいいだけの話です。外交を論じる資格はない。

しかも日本のことをこれっぽちも知らないのに知日派だとか自慢する前に、韓国を知った方がいいと思うなあ。
韓国が外交上、世界の孤児になっていることはご存知でしょう。
韓国の友好国なんて、世界中探してもどこにもありませんよ。
韓国人は千年属国としての歴史も知らずにでたらめな歴史を捏造し、ヒステリックな反日遊びばかりで、日本は迷惑している訳ですから、日本は韓国から儲けさせてもらう以外には、興味がありませんというのが本音だなあ。

最後に、キムくんの無礼な態度によって、非常に韓国人に対するイメージが悪化しています。
年齢や性別に関係なく礼儀正しいするのが国際的なエチケットです。
まず、議論の前に人間としての誠実さを勉強しましょう。

キムくんは、このブログに立ち寄らないのが、最低限の礼儀です。

クロフネさん、当該記事と無関係な私のコメントは一定期間後、抹消して下さい。
ご迷惑をお掛けしました。

  • 投稿者: trip
  • 2005/06/17(金) 03:00:31
  • [編集]

管理者さん、前回のことは謝ります。すみませんでした。前回は気分で喋りました。今回もとても無礼だと思います。頭を下げます。しかし、言いたいのは言いますね。これはなにとぞよろしくお願いします。

それから「クン」呼び、好きですね。学んでいる姿勢を認めてくれているし、日本では親近感をこめて言う言葉ですよね。自分が若々しく感じられます。カットして見くびっていう言葉ではないですよね。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。そう意味で「お前」は好きではありませんね。(笑)


にもかかわらず、やさしく対応してくださいましてありがとうございます。tripさん。

>どうしてキムくんは無礼で、矛盾だらけなんでしょうか。
すみません無礼で、矛盾が多くて。
認めます。おおめに見てください。


>日本は韓国から儲けさせてもらう以外には、興味がありませんというのが本音だなあ。

これはとてもいい考えだと思います。僕も韓国から儲けたいし、今もそうしてますね。日本からはもっと儲けたいですけどね。商売人は儲けることを使命としないといけませんね。うまい儲け話があれば教えてください。

>しかも日本のことをこれっぽちも知らないのに知日派だとか自慢する前に、韓国を知った方がいいと思うなあ。

ご指摘ありがとうございます。しかし、僕は政治史にはさほど興味がなく、韓国の技術とか日本の科学とかに大変興味が深いです。過去は記録で作られるが未来は技術や科学で支えられるところが多いと思うからです。ということで、日韓の技術と科学のことなら普通の日本人以上に日本語で喋られると思います。もちろん韓国語でも喋られますが。技術を深く勉強したことのない人々に技術を語らせても、勝手な想像ばかりするだろうし、矛盾だらけのことしか語れないことと一緒だと思います。

政治史にさほど興味がない理由は、僕の未来にあまり役に立たないということです。お互いに自国に有利な主張ばかりして前に進もうよという気持ちが少ない。未来を築くための政治史があるのなら積極的に勉強してもいいですね。

政治史にさほど興味がないということなので少しは興味があります。歴史家はある程度の事実に基づいて歴史のシナリオを書いているし、一般人・新聞等々は浅い知識の上で興味本位で勝手に語っているのも事実です。僕もその程度だと思います。だから、いろんな人々の意見を聞きたいし、惑わされない程度の知識は身に付けたいですね。

だから知日派でありたいのは自慢ではなく、今後も日本を知る努力をし続けたい意味です。ということでここのブログの参加者方々のような日本を愛する立場の話も積極的に聞きたいわけです。

それから伊藤博文さんの朝鮮併合慎重論に関してはとても興味があります。もし余裕があれば、書いてください。それは日本の政治にとても詳しい友人から簡単に聞いたことがありますが、自分で調査しようとしても(努力も少なかったと思いますが)手に入りませんでした。

よくは分かりませんが、慎重論者だったなら暗殺しなかったほうがよかったかも知れませんね。しかし、歴史上の「もし」はあくまでもフィクションなのであまり意味がないですよね。プロ野球の解説と似てしまいますよね。もし、走者が盗塁を試みなかったなら今回のHRは1点ではなく2点なのに。逆転さよならになるのが同点に終わってしまった・・・って感じになりますからね。


>最後に、キムくんの無礼な態度によって、非常に韓国人に対するイメージが悪化しています。
(笑)それは残念でしたね。しかし、好きにしてください。去年ビジネス的な理由から日本に帰化しようかと思ったことがあります。僕みたいな人を韓国の代表だと簡単に考えて嫌韓感情を高めるのは、ちょっと一般化しすぎではないでしょうか?昔、貧しくて教育を受けてない朝鮮人何人かを見て、まるで朝鮮人はすべてが馬鹿だと考えて「朝鮮人」という言葉が「手前」というニュアンスに近く使われたと聞いてもいます。しかし、好きにしていいですよ。僕は左の意見も右の意見も中立的な意見も幅広く聞く努力をして、性急な判断はしたくないですね。少なくも、一人二人を見て、一人二人の意見を聞いて国全体を判断する行為は愚かだと考えています。

1965年の日本に日韓協定がありましたっけ?そのとき、日本人はとても沢山のお金を韓国に無償に近く上げたから感謝しなさいという雰囲気もありますね。詳しいことはよく分かりませんが、簡単に考えてお金を無償で上げることって世の中にありますか?それが本当に無償だったら、批判される対象は感謝しない韓国ではなく、税金を隣国に「無償」で渡した当時の日本政府が馬鹿だったでしょうね。日本政府は馬鹿ではなかったでしょうから、それなりの経済的若しくは政治的リターンを期待したお金だった思います。経済的リターンといえば、そのお金で日本から機械やプラントを韓国が買ったのではないでしょうか?そうすることで韓国へ原料の輸出も可能になる・・と思っているのが僕です。今のODAと似たようなもんだと思います。ただであげているようだが、その使い道は日本企業への再投資・・って感じですよね。あれ以降韓国は日本の貿易対象国として日本がかなり収益を上げる国のひとつになりましたよね。

歴史が政治の面だけに焦点が合わされるから興味が深まらないわけで、経済の面での分析とかが詳しくなると、過去に対する感情論での戦いが続くのではなく、未来を築いていくためのアイデアがいっぱい出てくると思います。歴史家は貧しいという印象を受けていますが、それは歴史家は経済をよく知らないからだと思っています。お金持ちになった後、歴史家になると自分の金であっちこっちいけて情報が収集できるから、順番として歴史家になってお金持ちになるより、お金持ちになって歴史家になるのが情報収集の面ではいいと思っています。

歴史家が商売人にとして成功した人がいるでしょうか?商売人の中では歴史から学びたがる人たちがいますよね。政治史ではなく経済史なら僕も積極的に学びたいですね。司馬遼太郎さんとか塩野ななみさんとかはビジネスマンたちからも尊敬される歴史家ですよね。精一杯客観的な立場にいようと努力し、自分の足で収集した情報で綴られた本が多いからだと思います。

他国で生活したこともないくせに、その国の文字も読めないレベルくせに、つまりその国の生の情報が取れない状況で、他国を罵倒する歴史家が尊敬されるとは思いませんね。

僕は今年から中国語を勉強しようとしています。数年前、約1ヶ月半、中国各地を歩いたことがあります。とても活気の溢れる国ですね。政治的にはこれから解決していかないといけないところも多いでしょうが、活気に溢れているとてもダイナミックなくにです。こういうエネルギーを積極的に活用してアジア全体の繁栄につながるといいですね。

で、ポイントは何だ?でしょうか?あまりないですけど、しいて言うのなら、前回の言葉は撤廃してこれからもたまに遊びに来ますですね。

今後ともよろしくお願いします。
僕のブログにも遊び来てください。

  • 投稿者: キム
  • 2005/06/17(金) 07:10:19
  • [編集]

コリコリさんご丁寧にありがとうございます。

>こういう形でやり取りすることに慣れていないのでこれ以上は控えさせて頂きますが、一つだけ。
気分を害するつもりはなかったので、謝ります。

・日本人の女性旅行者が強姦される
・警察官の目の前で米兵が暴行を受ける
・EEZ侵犯をした密漁漁船が帰国後に英雄視される
・外国人犯罪に占める韓国人の犯罪者数の増加・凶悪化
・「竹島の日」への抗議と称して日本の国旗に火を付ける
・子供たちは日本を敵視する絵をかく教育を受けている
・日本人の小さい子が韓国で暴行を受けた時、韓国人が「日本人だからしょうがない」という旨の発言をしていた


悪いネタをさがそうとすれば切りがないと思います。日本人に知らされる韓国の情報に上記のような類のものが入っていて、警戒されるのは当然だと思います。

2ヶ月前僕の日本の友人がビジネス的理由で韓国に来たことがあります。ちょうど竹島(独島)問題で反日感情が頂点に達したと報じられていた時期でした。彼は殺されるかもしれないと恐れていました。しかし、その時期に殺された日本人はひとりもいません。嫌がらせを受けた日本人も報じられてないですね。子供の事件は明らかに精神異常者によるものでした。

僕は感情に基づいた反日教育を受けました。根拠の薄いネタで日本は悪いよという教育を受けました。それから、日本の悪い面だけを取り上げた情報ばかりでした。今は韓国の書店に日本関連書籍が増えていますが、僕が大学に入学した18年前は日本を罵倒している割には日本の情報がゼロに等しかったのです。僕は情報がないのが反日教育の根底にあると思いました。

関東大震災の時に朝鮮人が沢山殺されたのも無知と歪んだ情報のせいでしたよね。

現在の日本の書店には驚くほど韓国の情報が溢れています。

暗い情報を取り上げてコミュニケーションに消極的な姿勢をとるか、明るい情報を取り上げてコミュニケーションを積極的にとるかは自分の選択だと思います。

お互いに無知であることを認識して明るいネタを探して勉強して発展的シナリオを沢山描いてほしいもんですね。

いろいろ教えてください。

  • 投稿者: キム
  • 2005/06/17(金) 09:14:27
  • [編集]

>キム

 お前という言葉を使ったのは、あなたがルールを破った人間だからです。
私は無法者を敬称で呼ぶほど奇人変人ではありません。

しかしいいでしょう、謝罪を受け入れます。日本の隣りに住む偏狭な人達と違って、私は寛大ですから。

あなたに最後のチャンスを与えましょう。もしもう一度サイトポリシーに違反する行為があった場合は、本当にアクセス禁止にします。 こっそり来てコメントを書きこむようなことは絶対に許しません。警告しておきます。

 さて、あなたが今やっていることを例え話にすると、魚屋に来て「牛肉を売ってくれ」と言っているようなものです。

そして「なんで牛肉を売らないのか? 魚を売るなんてつまらないからやめなさい」と要求している。

私は魚を欲しがっている人に魚を売るために魚屋を始めたので、「牛肉を売れ、魚を売るな」というあなたの要求が、そもそも間違っているし、牛肉が欲しいなら肉屋に行けば良い。私の魚屋に来ること自体、間違っています。

 私は外交と安全保障について日本国民の知識を向上させるためにブログを立ち上げました。
安全保障とは日本国民の命をどうやって守るかという話です。

そのためには常に最悪の事態を予想して、対策を考えておかねばなりません。「先憂後楽」という中国の言葉の意味を調べてみなさい。

たとえば、「北朝鮮のスパイが日本に侵入することについて何の対策も考えていませんでした。その結果として日本国民が百人も誘拐されて殺されてしまいました」なんてことは安全保障・外交の専門家・プロには許されません。

安全保障とは楽しいか楽しくないか、金がもうかるかもうからないかといったことは、はっきり言って関係ありません。

「楽しくないしつまらないから、そしてお金がもうからないから、安全保障をなにも考えてませんでした。その結果、国民が何千人も死んじゃいました。ごめんなさい」じゃすまされません。

何回あやまったって死んだ人は帰ってきません。死んだ人の命をお金で買い戻すことも不可能です。

だから安全保障問題は経済の法則とは直接関係がありません。

 このブログは、そのような特殊な性格を持つ安全保障・外交についての知識が得られるよう、日本語が不自由無くできる日本国籍を持つ人のために、作られました。

ですから、このブログに対して、楽しい話やお金もうけの話を要求するあなたの行動自体がそもそも間違っているのです。

楽しい話がしたければ、自分のブログでやりなさい。このブログがつまらないと思えば来なければいいでしょう。

それをわざわざ私のブログにしつこく、しかもコッソリ来て「楽しくないからヤメロ」と書きこむのは猟奇的としか言いようがありません。キモチ悪いです。

私はあなたに向けて楽しい話を提供するためにこのブログを運営しているわけではありません。

これ以後、「このブログの内容は楽しくないし、つまらないからやめろ」といったたぐいの話は許しません。

あなたが私のブログに来なければ良いだけの話であって、私には日本国憲法で保障された思想・表現の自由があり、外国人のあなたにこれ以上つべこべ言わせません。

ただでさえ、ブログの本質的な内容とは関係の無いコメント、あるいは既に記事に書いてあることについての質問など、あなたに対応するために記事の更新が難しくなっています。

以後この話題に一言でもふれたら「荒らし」と認定して追放処分とします。

 伊藤博文に関しては、日本でいくらでも伝記が出ているので気に入ったやつを何冊でも買って読んでみたらどうですか。

もっと本格的に調べたいのなら、”日本外交文書”という専門書が出ているのでそれに当たるのもよいでしょう。

 あなたは誤解しているようなので確認しておきますが、「伊藤が暗殺されなければ日韓併合は無かった」とは私はどこにも書いていません。
「併合に消極的な伊藤が暗殺されたことで日韓併合が早まった」と書いたのです。

日本語が不自由で、文章が正確に理解できないのならば、あなたはコメントするべきではありません。

 それから、あたかも「自分の知らないことについては、事実では無い」かのような、あなたの考え方は間違っています。

”日本外交と韓国”の第14回を、もう一度読んでみなさい。

1965年に締結された日韓基本条約の全条文へのリンクもつけたのでクリックしてすべてを読んでみなさい。

この条約では、日本の韓国統治について謝罪と賠償問題をどうするかが決定されました。

日本が朝鮮半島に持っていた財産17兆円分を韓国にプレゼントすること、5億ドルの経済援助を韓国が受け取ることで韓国は将来永久に、日本に対して賠償を要求しないとするいわば”契約書”です。

いいですか、日本がタダでプレゼントしたのではありません。

日本が韓国に与えた損害を認めた上で、それを賠償するお金として与えたのです。

韓国の受けた”被害”金額-日本の賠償金の額=0

この計算式を韓国は認めますと”契約”したのです。

そして韓国はそのお金を受け取り、もう永久に日本にお金を要求しませんと認め、その”契約書”に李東元・金東祚の二人の特命全権大使は、サインしました。

あなたは、日韓両国がお互い有利なことを主張しているだけと言いましたが、違います。

この問題は韓国だけが自分達に有利なようにウソをついているのです。

韓国は日本から受け取ったお金を被害を受けた韓国国民一人一人にあげるのではなく、まとめてポハン製鉄所や京釜高速道路・ソウル地下鉄を作るために、使いました。

韓国は日本から賠償金を受け取ったのですから、どこから物を買おうと関係ありません。

たとえ韓国が日本から物を買ったとしても、韓国は自分のお金ではなくて、日本があげたお金で日本から物を買ったのですから、日本が物で韓国に賠償したことと同じになります。

あなたは足し算・引き算が苦手なようです。会社を経営するなんて大丈夫ですか?

しかし、韓国政府と新聞・TVは日本と条約を結び、お金を受け取り、”契約書”にサインをしたことを韓国国民にかくしました。あなたが1965年の条約を知らないのが何よりの証拠です。

そして韓国政府は自分達だけが有利になるよう「日本は韓国にお金を払っていないし、だから謝罪したことにもならない」とさんざん韓国国民と日本人にウソをついてきた。

そのことが原因で多くの日本国民がとても怒っているわけです。 これが嫌韓日本人が急増している理由のひとつです。

あなたが私のブログの楽しくないと言う部分は、はっきり言ってあなたの祖国・韓国のそういった醜い部分、ウソをついて日本人をだますような汚い部分でしょう。

韓国に反日の人達は少数だし、「日本マスコミがフィルタリングしているだけ」とあなたは言いました。

今は便利な世の中で、東亜・朝鮮・中央日報といった韓国マスコミの報道が日本人でも読めます。

日本を擁護して靖国神社へ行った歌手・趙英男氏が、たったそれだけで仕事を失い、擁護したこと反省しましたよね。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=64627&
servcode=400§code=400

これは日本のマスコミも韓国のマスコミも同じように報道してましたが。
別に日本マスコミだけが報道しているわけではありません。

韓国が反日国家であり、偏狭な民族主義のためなら言論・思想の自由さえ奪うファシズム国家だという動かぬ証拠でしょう。

あなたは韓国の醜くく、汚らしい部分から目をそらすべきではありません。

私は以前あなたに、>韓国に自由主義があるのかどうか証明してくれませんか?

>あなたの経営する韓国の会社で「竹島は日本のものだから日本へ返そう。 そして東海は日本海が正しい名前だから愛国歌の歌詞を”白頭山がすりへり日本海が干上がるまで”に変更しよう」という運動をおこしてもらえませんか?

>あなたが、竹島は日韓どちらのものと思っているかは関係ありませんよ。 あなたが言った「韓国に自由主義がある」ことを証明するのです。

と言いました。
でもあなたは実行することが出来なかった。

なぜかと言えば、あなたの祖国・韓国が反日国家であり、言論や思想の自由の無い恐ろしい国家だということをあなたは痛いぐらいに良く知っているからだ。

だからそういった韓国の醜さを目で見ることが出来ない。目をつぶってしまうわけです。

韓国で反日で民族主義の人間は少数だと言うならそれを証明してください。

韓国語で「独島は日本のものだから返還しよう。東海は日本海が正式名だから愛国歌の歌詞を変更しよう」と書かれたプラカードを持って、

ソウルの東大門から鐘路区、乙支路のタプゴル公園へ行き、明洞から漢江をわたって、国会議事堂前へと歩いてください。

とにかくソウルの人の多いところをプラカードを持って朝から夕方まで1日歩いてきてください。
青瓦台へ行ってみるのも良いでしょうね。

それですべてがわかるでしょう。そしてあなたがすべきことも。

くりかえしますが、これらの行動を実際にやって、どのような結果が起こっても、当方は一切責任をとらない事を宣言します。

まあ、どうせあなたは”ビッグ・マウス”だから口だけで実際に行動は出来ないでしょうけど。前回も出来なかったですしね。

あなたは過去には関心が無いと言ったが、実際は自分の祖国の汚らしい過去と醜い現在に目をつぶっているだけだ。

お互い無知だからとあなたは言った。

自分が全知全能だとは思わないが、あなたの無知の程度はひどすぎると思う。

チャーチルだったかな、「過去から学ばないものは未来を失う。」と言ったのは。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/06/17(金) 22:31:46
  • [編集]

tripさん

ご心配をおかけしました。
温かいご配慮に感謝します。

tripさんさえよろしければコメントは残しておきたいのですが、どうでしょうか。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/06/17(金) 22:46:14
  • [編集]

ありがとうございます。

まず、量にびっくりしました。文章ソフトにコピーしたらA4で5枚を超えました。やさしい配慮、事実に基づいた説明、誤解に基づいた憶測、過大評価・過小評価、挑発的な発言等々とても一生懸命に書いてくださいましたね。

ご誠意に感謝します。
クロフネさんはとても純粋で繊細で素直な方だと思いますね。
少し臆病なところも持っていらっしゃる印象です。
もし、日本軍でしたら理由を問わず日本国に命をささげる方だろうなと思います。

ご質問に対しては2つだけ↓
僕の会社は日本法人です。
僕は足し算・引き算をするときに電卓とか表計算ソフトを使います。

こっそりこないでというのは無理だと思います。ブログを書くときにメールを一本入れるか電話を先にしなさいということでしょうか?
それは勘弁してください。

それではたまに遊びに来ますので今後ともよろしくお願いします。それから日本人限りとおっしゃいましたが、僕は日本人ではありませんが、日本法人のオーナーではありますのでそれはお許しください。

  • 投稿者: キム
  • 2005/06/18(土) 01:39:40
  • [編集]

上記に対し

礼儀知らずにも程がある。
いちいち揚げ足をとり、一言が多く、読んでいて不快。
このブログを内心気に食わないのであれば読まなければいい。
選択の自由があるのだから。
大人げないことはするな。

紳士協定を結べる国と結べない国とがある。
日本が国交を結んでいても紳士協定を結べない国の一つが韓国です。
相変わらずコロニー意識、スレイヴ意識が抜けず、旧宗主国に頼るようでは一国家としてまだまだ自立ができていない。

  • 投稿者: 東京
  • 2005/06/18(土) 03:29:38
  • [編集]

なんかもう×××

皮肉なのか天然なのか、、、。確信犯なのだとは思いますが、無礼もたいがいにすべきですよ。

キムさん。もう一つだけ言わせて頂きます。「人や経済の交流は促進されるべき」というのも分からないでもないのですが、だったらあなたは口を開かない方がよろしいかと思います。ますますヒビが入るだけです。棄国民とはいえ、私にとって韓国の方との「ファーストコンタクト」でしたが、正直なところガッカリです。「韓国民はみんなお互いに土足で踏み込み合うものだ」というのであれば、日本にモラルハザードが逆輸入されますので、それこそ断交を望みます(金儲けだけをさせてもらう、という発想も当事国の人に対する言葉ではありませんよ)。

クロフネさんごめんなさい。突っ走ってしまいました。

  • 投稿者: コリコリ
  • 2005/06/18(土) 05:05:20
  • [編集]

訂正

最後の「金儲け」云々はtripさんの発言でしたね。強烈だったので混乱しました。

  • 投稿者: コリコリ
  • 2005/06/18(土) 05:10:44
  • [編集]

蛇足

クロフネさんへ

>コメントは残しておきたいのですが、どうでしょうか。

それは別に構いません。
以後、ブログのテーマに沿ったコメントを心掛けます。


キムくんへ

言葉がきつかった点は謝ります。
しかし、少なくとも以下の点に気を付けられてはどうでしょうか。

①ブログの記事(テーマ)に合ったコメントを入れる。

②コメントは手短に。

③韓国人としての意見を述べる。
キムくんの意見でなくても、日本の報道と異なり、韓国ではこう考えている。あるいはその逆の場合。という情報なんかもいいと思います。

④外交戦略の中には、経済戦略も入っている訳ですから、その観点から意見を述べる。
でも、無理にその話題に持って行かないで下さい。

⑤ここは日本の安全保障と外交を論じるクロフネさんのブログで、「日本の国益」という観点から真剣に論じられています。
時として、韓国とは利害が対立するテーマであることを認識して下さい。

⑥最後に、日本には、「九つほめて、一つけなす」という言葉があります。
これは子供の教育の教訓ですが、人間関係や会社経営でも有用な方法です。相互に信頼関係が築けるからです。
「あれもダメ。これもダメ」と欠点だけを指摘するよりは、「あれは素晴らしい。これは立派。しかし、この点は反対です」という方が、反論にも耳を傾けてくれるものです。

  • 投稿者: trip
  • 2005/06/18(土) 10:48:19
  • [編集]

コリコリさんへ

>最後の「金儲け」云々はtripさんの発言でしたね。強烈だったので混乱しました。

「金儲け」云々は売り言葉に買い言葉です。
それと以下の意味を含んでいます。

クロフネさんも指摘されているように、韓国も中国も、契約や法律を守ろうとする「近代国家の精神」がまだまだ希薄な国家です。
そのため、人間関係を重視する外交や商取引です。
日本や欧米諸国ではまず契約や法律を遵守して初めて、信用や信頼関係が生れる社会であることを、韓国も中国も早く学ぶべきです。
そうでない限り、日本はクールな金儲けに徹するしかないと思います。
カントリーリスクが大き過ぎます。

  • 投稿者: trip
  • 2005/06/18(土) 11:34:23
  • [編集]

>ありがとうございます。

 連載と時事コラムの2本の記事をとばしてあなたに対応したのに、なんかアホらしくなってきました。

個別の質問に対し、根拠をあげて説明したつもりですが、はぐらかすような答えばかり。

反論がなかったので、伊藤博文と1965年の条約の問題、韓国が偏狭な民族主義国家で思想の自由が無い問題はご理解いただけたと判断します。

それからあなたの会社が日本法人ならば、

>韓国語で「独島は日本のものだから返還しよう。東海は日本海が正式名だから愛国歌の歌詞を変更しよう」と書かれたプラカードを持って、

>ソウルの東大門から鐘路区、乙支路のタプゴル公園へ行き、明洞から漢江をわたって、国会議事堂前へと歩いてください。

>とにかくソウルの人の多いところをプラカードを持って朝から夕方まで1日歩いてきてください。
青瓦台へ行ってみるのも良いでしょうね。

こっちはできるでしょう。韓国に本当の思想・表現の自由があるならば。
そして多くの人が賛成してくれるでしょうね、反日の人が少数ならば。

ソウルで「独島は日本のもの」というプラカードを持って1日歩いてきたらどうなったかレポートを期待します。

 それから「コソコソ来るな」という意味は、私から「アクセス禁止」と言われたにもかかわらず、ルールをやぶってアクセスしてコメントを残すような姑息なマネはするなということです。

 さらに「日本人かぎり」なんて言っていません。

このブログは日本語が最低限できる日本国籍を有するものが読むことを想定して作られているといっただけです。

外国人が来てもかまいませんが、日本語を正しく読んで理解できること、最低限の人間としてのマナーと礼儀を求めます。

その意味で、このブログを利用する資格があなたにあるかについて、私は非常に疑わしく思っています。

>誤解に基づいた憶測、
>過大評価
>過小評価

根拠をあげず、いきなりこういうことを書くのをレッテル張りと言います。
サイト・ポリシーで禁ずると書いたでしょう。

どこかどう憶測なのか、過大・過小評価なのか根拠をあげて私を説得してみなさい。

これが最後通牒です。次のレス次第で本当にアクセス禁止にします。

再び関係の無いことを書いて、答えをはぐらかす、質問を無視する等したら即アウトにします。

期限は6月21日とします。それまでにレスが無かった場合無視したと解釈します。

プラカードを持ってソウルを歩くレポートは無くてもかまいませんよ。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/06/18(土) 15:19:30
  • [編集]

キムに告ぐ

 釈明の期限であった6月21日は過ぎました。

 あなたの、なんら根拠の無いレッテルはりによる他人への侮辱行為をサイト・ポリシー違反と認め、”ペルソナ・ノングラータ”を再宣告します。

あなたの遵法精神の無さ、傲慢不遜、夜郎自大、無知蒙昧さには、ほとほとうんざりしました。

以後、当ブログにアクセスすることを禁じます。これは最終決定であり、覆ることはありません。

以上。

-------------------------------

この件に関して、コリコリさん、東京さん、tripさんには、ご心配をおかけしました。

ただ、最初は「時間のムダ」とも思った彼とのやりとりですが、このブログのすべての読者さんも含めて、

(外国人である)韓国人と交渉するということはどういうことか?

日本人が大好きな「話せばわかる」神話が、果たして韓国人(外国人)に通用するのか?

モラルの低い相手に自制心を期待し続けることが賢いことなのか?

といったことの「生きたサンプル」をお見せできたので、よしとしたいと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/06/25(土) 23:57:08
  • [編集]

正直に言うと、キム氏のことはすっかり忘れてましたw
あのノリが全てとは思えませんが、なかなかに強烈なファーストコンタクトでした。これが性格の違いなのか、それとも文化の違いなのか、6000万分の1では結論は出せませんが、それでも針が一気にマイナスに振れたことは間違いないですね。
貴重な経験、ありがとうございました。

  • 投稿者: コリコリ
  • 2005/06/26(日) 00:12:08
  • [編集]

コリコリさん

 私はネットで自称韓国人と何度か議論したことがありますが、10~20人に1人ぐらいではないでしょうか、まともに議論できるのは。

とにかく論理的に物事を考える、意見が違う人を尊重するという文化が希薄なので、韓国人との議論は本当に難しいです。

あと、日本では「ケンかを売られても買わないのが大人」みたいな考え方が根強くありますが、「外国人にケンカを売られたらできるだけ買う」のが鉄則だと思っています。

実際、キムの最初のルール違反を見逃さず追放処分としましたが、ヤツにとってこのブログが価値あるものならば、必ず帰ってくるという読みが私にはありました。

そしてヤツは帰ってきた。そこで「前回の非礼を謝罪しろ」と言って、頭を下げさせたわけですが、このプロセスがめんどうでも外国人には絶対に必要だと思うのです。

もしこのプロセスを避け、最初にケンカを売られたときにそれを買わなかったら、キムに「このブログでは他人をコケにしてもいいんだ」という誤ったメッセージを与えてしまい、なおいっそう荒れる原因となっていた可能性があります。

(たとえるなら玄海灘で密漁をしていた韓国漁船をことなかれで逃がしてやるようなものです)

もっとも、ヤツに汚名挽回のチャンスを与えたのにそれを生かすことはできませんでしたが...

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/06/27(月) 22:52:31
  • [編集]

残念ですね。
クロフネさんもお疲れさまでした。

私も大韓民国の掲示板で、多くの韓国人や在日韓国人・朝鮮人と思われる人たちとの議論に参加し、ROMして来ましたが、議論そのものが成立しない場合がほとんどですね。

まず、真実を見ようとしない。
史実であれ、統計資料であれ、真実を追い求め、それを基に議論しようという真摯な態度がまるでないという不可思議な人たちです。

また、議論の方法を理解していないと思われる例が多いですね。
主張には証明責任があり、根拠の開示や相手の主張の間違いの指摘など論理的科学的で、証明可能でなければなりません。

それができない。
そのため窮地に陥り、相手の意見を読もうともしないで、自分の主張だけを繰り返し、やがて罵倒に走るというパターンです。

中国や韓国の外交手法も多くは、この例にあてはまります。
元々、中国や韓国の主張そのものを自分たち自身で検討し、批判に耐えられる論理的なものにするという作業ができていないと思います。
それは、国内に自由な議論がないためだと考えています。
その意味で、本ブログも自由で闊達な意見交換を望みます。

納得できない、説得できない部分が残ったとしても、双方の違いが何に基づいているのかを理解するだけでも議論の意味は高まるはずですが、無礼な外国人相手では何の益にもなりません。

  • 投稿者: trip
  • 2005/06/28(火) 20:38:13
  • [編集]

tripさん

>相手の意見を読もうともしないで、自分の主張だけを繰り返し、やがて罵倒に走るというパターンです。

>元々、中国や韓国の主張そのものを自分たち自身で検討し、批判に耐えられる論理的なものにするという作業ができていないと思います。

 私も同じようなことを感じています。
だから中・韓・朝では反対意見は抹殺するという方向へと進むのでしょう。

コラムで日の丸・君が代問題を取り上げたとき、国歌演奏のとき起立は必要か否かで議論になりましたが、一切の罵倒・侮辱も無く、ああいう形が望ましいですね。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/06/29(水) 22:53:28
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。