初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の政治家の発言の耐えられない軽さ

  • 2005/05/24(火) 23:38:07

 昨日のコラムでとりあげた、中国の副首相による小泉首相との会談ドタキャンは、やはり靖国参拝を示唆した小泉首相に対する報復であることが、明らかになった。

http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20050524-00000023-san-int


また、訪中した武部自民党幹事長が、王家瑞中央対外連絡部長との会談で、「中国の靖国参拝中止要求は内政干渉である」と発言したこともドタキャンの理由のひとつだったようだ。

 しかし武部幹事長の発言はまったくの正論である。
以前から思っていたのだが、

だいたい、中国による靖国参拝や教科書検定への介入、デモ隊による日本公館への攻撃は、1972年の日中共同声明の基本原則である「主権及び領土保全の相互尊重、相互不可侵、内政に対する相互不干渉」への明確な違反である。

であるならば、日本政府・外務省はあわてず騒がず、中国に対し「中国が”日中共同声明の基本原則”を遵守するつもりが無いなら、日本とてそれを守るつもりは無い」と相互主義の適用を宣言してやればよいのである。

共同声明が無効になれば、「日本は中華人民共和国政府が中国の唯一の合法政府であることを承認する。」という基本原則も一緒に消える。

日本が台湾と政治・経済の関係を強めるのを阻んでいた国際公約もとけるというわけだ。

つまり日本は中国に対し、基本原則を守ってこれまでどおり、日本に中国とお付き合いして欲しいのか、それとも基本原則を破棄して日本が台湾とヨリを戻してもよいのか、二つに一つの踏絵を踏ませてやればよいのである。

 しかしである。武部幹事長は激怒した王中央対外連絡部長に一喝されると、いとも簡単に発言を撤回したのである。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=poli&
NWID=2005052301003202


なんたる軽さであろう。自らの信念を貫徹する意志が無いなら、はじめから何も言うべきでない。

 「靖国に行くな」と言う中国の指導者に面と向かっては何も言わず「お説ごもっとも」と承って帰国してから、「靖国に行く」という首相がいるかと思えば、与党幹事長は「中国は内政干渉」と言ったあと、相手が激怒したからと前言をすぐひっこめる。

 彼らの発言の軽さにクロフネは耐えられません。
外交の基本ともいうべき、主張の一貫性が皆無だわ、簡単に言質を与えるようなかっこうになるかと思えば、それをいとも簡単にひっくりがえしてみせるわ。

(決して相手に言質を与えず、ミスター・ニエット<ミスターNO>と言われた旧ソ連のアンドレイ・グロムイコ外相のつめのあかでも飲ませてやりたい)

”外交のおきて破り”の連続に、中国側も日本の真意が読めないのではないだろうか。

そのせいか、今回の中国副首相のドタキャンだけでなく、暴動再発の危険があるにもかかわらず、小泉首相の靖国参拝を示唆する発言を中国マスコミが国内で報道する許可を出すなど、中国外交も迷走気味にみえる。

たまには、「よくやった日本外交」という記事をアップしたいのだが、よくもまあ、毎日毎日...。 連載が進みゃしない。

関連記事

小泉首相、会談をすっぽかされる

遅いよ小泉さん。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ビザの件、結局こっちから話を持ちかけたようですね。自虐的な寸劇を見てるようで気分が悪いです。
慎太郎さんが復帰!?という記事がありましたが彼なら緩んだネジをビシッ!と締めてくれそうな気がします。

  • 投稿者: コリコリ
  • 2005/05/24(火) 23:55:58
  • [編集]

はじめまして

>クロフネさん、みなさん
こんにちは。はじめまして。
クロフネさん、外交官になられたらいかがですか?(笑)

それにしても、「自分の発言内容をコロコロ変えるようでは、人間社会では信用できない。そんな人が、他人に対して“礼”云々言う資格はない。」なんて言われても仕方のない言動ですね。

  • 投稿者: Noir
  • 2005/05/25(水) 19:37:58
  • [編集]

Noirさん、はじめまして

>クロフネさん、外交官になられたらいかがですか?(笑)

外交官も官僚の一種ですが、選挙の洗礼を受けていない官僚が、外交にしろ内政にしろ、国家の針路を決定するのは民主主義のルール違反だと思っております。

ですから、官僚は国民の代表である、首相の方針に黙々とひたすら従うべきでありますので、官僚・外交官には興味ないですね。

第一、国家一種や外交官試験に受からないでしょうし、向こうから塩まかれるんじゃないですか。

アメリカでよくみられる、政治家にくっついて政策立案をやるスタッフみたいなのには、興味ありますけど。

そうすれば、自分の立てた政策を国民の皆さんに審判してもらうことが可能になりますし。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/05/25(水) 23:39:23
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。