初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉首相、会談をすっぽかされる

  • 2005/05/23(月) 23:05:42

 今日23日、訪日中の中国の呉儀副首相が、小泉首相との会談を取りやめて急遽帰国した。

それに対して外務省首脳から、「マナー違反」との批判が出ている。

http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20050523-00000306-jij-pol


 ところで、皆さんは”割れ窓理論”をご存知だろうか?

これは犯罪学で「ある社会・地域が、公共施設の窓を割られたり、スプレーによって落書きされるような軽犯罪を笑って済まし、そのまま放置していると、強盗・殺人のような凶悪犯罪までエスカレートして激増してしまう」という理論で、

犯罪の多発と治安の悪化に悩むニューヨーク市が、この理論を適用して、公共施設の窓ガラスの破壊や地下鉄へのスプレーによる落書きを徹底して取り締まったところ、凶悪犯罪も劇的に減らす事ができた。

この”割れ窓理論”は、外交にも適用できるとクロフネは思う。

 2002年5月に、中国・瀋陽の日本領事館に北朝鮮の難民が亡命を企てて侵入し、それを阻止しようとした中国の警察官が領事館に侵入した事件があった。

外国の公館の敷地内に、何の同意も得ず中国の警官が侵入するのは、完全なウイーン条約違反であったが、現地の日本外務省員は中国側の犯罪行為に抗議するどころか、侵入した中国警官の帽子を拾って渡してやるという能天気ぶりであった。

確かに当時の中国が犯した過ちは、窓を割られた程度の小さいものだったかもしれないが、間違いなく日本の主権が侵されたのであり、国際法に違反する行為だったが、それを外務省は”笑って済ませた”のだった。

それ以後、中国による日本の主権を無視して侵害する行為はどんどんエスカレートしたが、日本側は相変わらず”笑って済ませる”だけであった。

東シナ海の日本の排他的経済水域に中国の海底資源調査船が侵入しても、せいぜいポーズだけの抗議をするだけで、中国の犯罪行為をやめさせるための実力行使をとらず、とうとう中国海軍の潜水艦が領海侵犯をしても当たり前の謝罪さえ中国にさせられない。

2004年のサッカー・アジアカップでは、日本の公用車が中国の暴徒に襲われて破壊されたにもかかわらず、いまだに警備責任のあった中国当局から謝罪も賠償金もとれていない。

そしてとうとう今年には、中国各地の日本公館が暴徒に襲われて大破させられたにもかかわらず、中国政府から公式に謝罪も明確な賠償金も得られていない。

犯罪に例えれば、割れ窓どころか、強盗傷害さえ、日本側は”笑って済ませている”のだ。

そして謝罪も賠償も無い中国に対し、ODAを供与して新幹線を中国につくるという提案が北京で行われた外務次官級の日中総合政策対話で、日本の谷内正太郎次官から戴秉国次官にされたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20050522-00000002-san-pol


犯罪をエスカレートさせればさせるほど、被害者が犯罪者においしいアメをやれば、もっと凶悪な犯罪をやってくださいと言っているようなものだ。

そして中国という犯罪者がのどから手が出るほど欲しいのは、日本からのカネだ。

中国各地の反日デモで日本からの投資・日本人観光客の落とす外貨が激減する可能性があった。あるいは日本からの報復としてODAの即時停止があるかもしれない。 中国が一番心配したのはそこだった。

しかし中国の副首相は訪日して、それが杞憂に終わった事がわかったのだろう。 カネの心配さえ無くなれば、あとは小泉首相と会う必要は無い。

むしろ中国に忠誠を誓う日本の政治家を手厚く保護し、中国に逆らう小泉氏のような政治家にはムチをくれてやればそれが有効なカードとなる。

 日本が外交における”割れ窓理論”を無視した結果、犯罪者は日本をなめきっているようだ。

何も”割れ窓理論”のようなものは新しい理論、セオリーではない。
「相手に誤ったメッセージを送らない」というのは、政治家やプロの外交官なら当然知っておくべき基本セオリーである。

自分達をどう思っているのか知らないが、日本外交をつかさどっている人間たちは、素人集団もいいところのようだ。

だから中国の何人かいる副首相のうちのひとりが、本来ならかなり格上のはずの日本の首相との会談をドタキャンするといったふざけたことをいとも簡単に許すのである。

小泉政権と日本のツケは重い。

----------------------------------------

愚鈍と無能に、悪知恵は無いが、はある。 

ウインストン・チャーチル

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

そうきましたか。

誰かがごみを置くともう止まらないってヤツですね。
さすがに小泉さんや外務省も「不快感」を表したようですが、結局は「抗議」と変わんないですよね。
ニューヨークの地下鉄では気合入れて一気にキレイにしたら、その後はいい感じになったと聞きます。
日本の外交もどこかで棚卸しなくちゃならないですね。
今回もでしょうが、いくつもの機会をフイにしちゃうのが苛立たしいです。

  • 投稿者: コリコリ
  • 2005/05/24(火) 01:10:25
  • [編集]

日露戦争に勝ったものの、ロシアから戦争賠償金を一銭も取れなかったことを考えますと、当時からの悪い慣例が続いているのかもしれません。

多くの日本人が考えるほど世界はお人好しではありませんね。ただ、中国ほど無礼で厚顔無恥な国も珍しい。日本政府も日本政府ですが。

  • 投稿者: 東京
  • 2005/05/24(火) 03:45:13
  • [編集]

コリコリさん、東京さん

連名で失礼します。

>日本の外交もどこかで棚卸しなくちゃならないですね。
今回もでしょうが、いくつもの機会をフイにしちゃうのが苛立たしいです。

コリコリさん、今、軌道修正しないと本当に国が滅びるんじゃないかと思ってしまいます。

>多くの日本人が考えるほど世界はお人好しではありませんね。

東京さん、日本の多くの人に、はやく気づいてほしいのがこれです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/05/25(水) 00:05:55
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。