初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露・中・朝・韓の4カ国枢軸の結成?

  • 2005/05/09(月) 23:09:45

 対独戦勝利60周年記念式典が、9日モスクワで開かれるが、それにともなう首脳外交が活発となっている。

 言論弾圧や自分への権力の集中などで強権体制を強めるロシアのプーチン大統領は、ソビエト連邦の対独戦勝利という過去の歴史を利用してロシア国民の愛国ムードを高め、

それによって年金問題などの国民の不満をそらし、自らの強権支配の正当性をアピールしようとしているようだが、

独裁国家だったソ連による支配の犠牲者ともいえるバルト三国や東欧諸国からは批判の声が上がり、ウクライナやグルジアとも関係がうまくいっていない。

 アメリカのブッシュ大統領は、ヤルタ合意はあやまちだったとして、プーチン大統領のロシア愛国主義史観と真正面から対立し、ロシアの民主化問題についてもミゾが埋まらなかったようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20050509-00000507-reu-int


http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20050509-00000001-san-int


 一方、こちらも過去の歴史と民族主義で自らの権力基盤を強化しようとしている中国の胡錦濤国家主席と韓国のノ・ムヒョン大統領は、歴史問題における”対日同盟”を結成した。

http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20050508-00000088-mai-int


 また北朝鮮の核開発・核実験の問題でも、あくまでも六カ国協議の場での解決(つまり北朝鮮の核保有と金正日体制の存続を黙認するということ)を目指すロシア・中国・韓国と、より強硬な策を求めるアメリカとの立場のズレも目立ち始めている。

アメリカは先月、六カ国協議への復帰を拒否する北朝鮮に対する圧力とするために、北朝鮮への原油供与を停止するよう中国に求めたが、中国はこれを拒否している。

http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20050507-00000142-kyodo-int


 韓国も対北朝鮮有事の際の、米韓共同作戦を拒否する姿勢を鮮明にしはじめた。 北朝鮮の核施設に対する米軍の先制攻撃を、ノ大統領が恐れているのは明白だ。

台湾海峡有事を想定した、在韓米軍の投入を含む米韓協力をノ大統領は今年の3月に拒否したばかりで、韓国の自由主義陣営からの離脱傾向に歯止めがかかる兆しは無い。

http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20050508-00000010-san-int


 不透明さを増す、国際情勢の霧の向こうに、「民族・愛国原理主義による思想・言論統制と独裁政治の正当化」を共通のイデオロギーとして、ユーラシア大陸に露・中・朝・韓4カ国枢軸の結成という、ありがたくない未来がうっすらと浮かび上がっている。

関連記事

北朝鮮の核兵器開発問題にどう対応すべきか

北朝鮮の拉致問題・核問題と日本の対韓外交(その1)

北朝鮮の拉致問題・核問題と日本の対韓外交(その2)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

対独戦勝60年 戦勝国の戦後

『読売新聞(05/05/08)』対独戦勝60年-参列する小泉首相の微妙な立場 ロシアの働きかけを受けて、昨年の国連総会でも、5月8、9両日を「追悼と和解の時」とする決議が採択された。  小泉首相は、式典に出席する理由について、国連決議に言及しながら、「各国とも戦争

  • From: =社説は語る= |
  • 2005/05/10(火) 07:39:55

この記事に対するコメント

本当に4国の民族主義大陸同盟の傾向が強くなってきましたね。

日本、欧米の自由主義的な諸国と対立する構図が鮮明になるような気がします。民族主義の国とは普遍的な価値観を共有できません。

しかも、4国いずれも日本に対して領土問題を抱え、戦争被害や植民地被害を叫び、日本の経済援助を引き出そうとしている。

日本の政治家もよほどしっかりした戦略を持たないと、後世に禍根を残すことになりそうですね。

  • 投稿者: trip
  • 2005/05/09(月) 23:31:29
  • [編集]

>中国の胡錦濤国家主席と韓国のノ・ムヒョン大統領は、歴史問題における”対日同盟”を結成した。

話はそれますが、韓国の教科書では、日清戦争以前の朝鮮が清の属国であったことを隠しているようですが、中国の教科書ではその辺の歴史をどのように教えているのでしょうか。
中国と韓国の教科書においてもズレがるように思えますが。
もし、ご存知であれば教えてください。

また、日本とろくに話をしないロシアと、どのように領土問題や石油パイプライン問題を解決すべきだとクロフネさんはお考えですか。

  • 投稿者: 東京
  • 2005/05/10(火) 02:29:36
  • [編集]

tripさん

>本当に4国の民族主義大陸同盟の傾向が強くなってきましたね。

歴史のアナロジーをとりあげて大騒ぎするのはあまり好きではないのですが、

世界最初の産業革命による”世界の工場”から安定成長期へとはいったイギリスに対して、大陸では排他的民族主義のナチス・ドイツやファシスト党のイタリアが台頭する20世紀初頭の状況になんだか似てきているようでゾッとします。

>日本の政治家もよほどしっかりした戦略を持たないと、後世に禍根を残すことになりそうですね。

我らが宰相閣下が、ナチスへの宥和政策で全世界を戦争にひきずりこんだイギリス首相・チェンバレンとダブってしょうがありません。

私が宰相閣下に諫言申し上げるために、再三チャーチルの言葉を引用していますが、実にしっくりくるのがさらにコワイです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/05/10(火) 22:10:33
  • [編集]

東京さん

 中国の教科書では、中国の朝鮮半島に対する侵略と属国化というのは、ほとんど触れられておらず、スルーされています。

その代わり、”偉大な中華文明”がいかに半島に文化を伝えたか、それによって中韓がいかに友好関係にあったかが強調されます。

また渤海王朝の建国者・大祚栄は韓国では韓民族の祖先あつかいですが、中国では”中華民族”ですし、渤海の旧領そのものが”中国の不可分の領土”ですから、ズレまくりです。

日露関係については、”日本外交とロシア”シリーズで詳しく述べようと思っているのですが、実は日本もロシアもお互いを必要としています。

しかし、北方領土問題がボトルネックとなってうまくいきません。

そのボトルネックを解消するには、四島返還というロシアの決断いかんにかかっているのですが、そのためには日本と手を組むメリットを目に見える形で示してやらねばなりません。

そこで目をつけるべきなのは、”ヤクート・サハ共和国”です。

このシベリア内奥にあるロシア連邦内の民族共和国はガス田やダイヤなど天然資源の宝庫です。

ここをモスクワの頭越しに、日本が開発して豊かな国とするのです。

気をつけなければならない点は、日本の資本と技術で豊かになるのはロシア人ではなくてヤクート人でなければならないということです。

日本のカネでロシア人には1コペイカだってもうけさせてやるわけにはいきません。

もしヤクート共和国がシベリアでも群を抜く豊かな国となれば、それをみせつけられたシベリアの他地域のロシア人たちが「俺達も日本と組ませろ」と主張するでしょう。

そこで日本が「じゃあ北方領土を返還してくれ。あんた達が豊かになれるかどうかはそれ次第だ。」ともちかけるわけです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/05/10(火) 22:39:45
  • [編集]

>モスクワの頭越しに、日本が開発して豊かな国とするのです。

想像力が乏しいのでイメージが浮かばないのですが、
単なる技術援助、インフラの整備ではロシア人に侵略されて食い尽くされそうな気がします。
それ以外に(含めて)日本ができることって例えばどんなことでしょうか?

なんだか「教授とゼミ生」みたいになってきましたね(笑)

  • 投稿者: コリコリ
  • 2005/05/10(火) 23:34:34
  • [編集]

コリコリさん

具体的には、日本が必要とする天然資源(石油がベストですが)開発を日本の資本・技術で行うというのが一つです。

(現在でも日本はサハ(ヤクート)共和国から石炭を輸入しているそうです。)

これらの地域は資源の埋蔵が確実視されるものの油田を発見し、油井を構築する資本と技術が不足しているのです。

また掘り出しても日本やアメリカなど消費地に運ぶ手段がありません。

そこが目のつけどころです。

サハ(ヤクート)共和国から日本にとって不可欠な資源を購入し、それによってサハ共和国が豊かになれば言うことありませんが、

もしかしたらロシア中央政府が横ヤリをいれてくるかもしれません。

たとえばサハの油田開発のために莫大なカネを払えとか、石油パイプライン建設は全部日本持ちだとか、開発が失敗してもリスクは全て日本が負うとかです。

しかしあせって、石油開発しても日本に利益が出ない条件で契約するような愚をおかすべきではありません。

その場合はサハ共和国大統領にモスクワとの交渉を一任します。決して日本がプーチンと直接交渉して解決しようなどと考えてはいけません。

それでもモスクワがつけた条件が日本にとって厳しいものならば、サハ共和国大統領に「残念だがモスクワのせいでビジネスチャンスは失われた」と言っていさぎよく撤退します。ひとまず今はこれで充分でしょう。

あとできることは、サハ共和国内に限ってODAを投入することです。 
このODAはあくまでもサハ共和国だけがうるおうものでなければ意味がありません。

この地域は中国も目をつけているので注意が必要です。しかし前述の通り、あせって日本が不利な条件を飲む必要は無いと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/05/11(水) 22:16:22
  • [編集]

長い解説ありがとうございます。

うーん。。。
かなり息が長くて根気の要る戦略ですね。
それでも「こっちの言い分もちゃんと聞いてくれ」って言うメッセージは伝わりそうですよね。
日本の政治家がうまくやれるかどうかが最大の「ボトルネック」だったりして。

  • 投稿者: コリコリ
  • 2005/05/13(金) 00:15:26
  • [編集]

下記の記事を読みましたが、ロシアは臭いものには蓋をするような、虫がいいことを毎度やってきますね。
ロシア外交には、これといった決め手がないのがつらいところですね。

「ロシアが外交で日本格下げ 領土で嫌気、中印を優先」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050512-00000114-kyodo-int

  • 投稿者: 東京
  • 2005/05/13(金) 01:46:59
  • [編集]

東京さん

ロシアは日本に対しムチを振るってきたわけですね。

「アメが欲しくば、北方領土で譲歩せよ」と。

ロシアとすれば当然の対応ですが、日本側としては別段焦る必要もないでしょう。

小泉首相には、プーチン訪日のために領土問題で譲歩するような愚はおかして欲しくありません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/05/14(土) 00:49:43
  • [編集]

「北方4島返還に賛成51%・・・露」という記事がありました。
ロシア世論調査機関「国際社会学研究センター」の調査によるとロシア国民の過半数が北方領土返還に賛成とのことです。
この調査結果が領土問題解決の後押しをしてくれればと思っています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050623-00000315-yom-int

  • 投稿者: 東京
  • 2005/06/24(金) 03:10:44
  • [編集]

度々すみません。
民主党の鳩山氏が北方領土をロシアと共同統治すればいいなどと、いい加減な事を言っているようです。
200海里資源の問題等、具体的なことには一切触れず、簡単に発言する その神経を疑います。余りにも無責任。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050623-00000098-mai-pol

北方領土、尖閣諸島、竹島から他国が完全に手を引くことを願っています。

  • 投稿者: 東京
  • 2005/06/24(金) 03:42:32
  • [編集]

東京さん

>「北方4島返還に賛成51%・・・露」という記事がありました。

おもしろい記事の紹介、ありがとうございます。

北方四島を返還しても、日本との経済関係を深めることが可能になることで、トータルではロシアの国益になるということをロシア国民に納得させられれば、問題解決も不可能ではないと思います。

 でも最近発表された、トヨタの大規模なロシア投資は、四島返還が達成されてからでも遅くは無かったような気がします...

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/06/25(土) 00:09:41
  • [編集]

>ユーラシア大陸に露・中・朝・韓4カ国枢軸の結成という、ありがたくない未来がうっすらと浮かび上がっている。

下記の記事を読み、「ありがたくない未来」が現実になりつつあるような気がしました。

『領土問題は「侵略」の帰結 露、歴史認識盾に返還拒絶』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050702-00000111-kyodo-int

  • 投稿者: 東京
  • 2005/07/04(月) 02:56:27
  • [編集]

東京さんのこれ↑、私も気になってました。中国あたりに何か吹き込まれたんじゃないかと。ロシアには「首突っ込むな」くらい言ってもよさそうなもんです。
まさか悪乗りして「賠償しろ」とか言い出さないかとちょっと不安です(何についてか分かりませんが)。というより、どんなムチャクチャなこと言われても「四島が帰ってくるなら」とか安直な発想でやっちまいそうな日本政府のほうが不安です。

  • 投稿者: コリコリ
  • 2005/07/04(月) 03:40:31
  • [編集]

>コリコリさん

>中国あたりに何か吹き込まれたんじゃないかと。

したたかな中国に吹き込まれてそうですね。

今回の時事コラム「危険な仏・独の中・露接近」と重複してるところもあるようですね。
ロシア(ソ連)と言えば、かつて日本と日ソ中立条約を結んでおきながら、条約をあっさり無視して第二次大戦終戦の数日前に参戦した卑怯な便乗戦勝国というイメージが拭えません。
今回も中韓の日本叩きに便乗して領土問題を絡ませてくる要領のよさに不快感と怒りを覚えます。
日本政府はロシアに「首突っ込むな」と言うべきだと思います。

  • 投稿者: 東京
  • 2005/07/05(火) 04:08:48
  • [編集]

東京さん、コリコリさん

連名で失礼します。

ソ連時代から日ソ中立条約違反と北方領土占拠を正当化するため「日本の軍国主義が悪いのだ」といったようなことは主張していたと思いますが、靖国や教科書問題など歴史認識問題とからめてくるのは、異例のことだと思います。

東京さんのおっしゃる通り、ソ連の日ソ中立条約違反は決して許されるものではなく、日本に理があるのは明らかなので、日本政府も対露外交の場で徹底的に主張すべきだと思います。

バルト三国のような国土も人口も少ない国でさえスターリンの悪逆非道を非難しているのに、どうして日本だけが口をつぐんでいるのかワケがわかりません。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2005/07/06(水) 00:14:12
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。