初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真の友人

  • 2011/04/20(水) 21:58:44

 誰でも人生が順風満帆の時は、自分の回りに多くの人が寄ってくる。  

しかし、自分がどん底にいる時にこそ、そばにいて力になってくれるのが真の友人であるとは良く言われることだ。

東日本大震災という日本が一番困っている時に、世界の国々がどういう行動を取ったかで、日本の真の友人はいったい誰なのか、ハッキリと判った一ヶ月だった。

 日本が未曾有の大災害に襲われた後、世界各国や国際機関から被災者をお見舞いし連帯を表明するメッセージが届けられた。

アフリカの最貧国を除いたほとんどの国から日本に対して何らかの支援が寄せられた。

ヨーロッパ各国で開催されたサッカーの試合では日本人との連帯を示す日本語の横断幕がかかげられ、キックオフ前にはスタジアム全員で黙祷が捧げられた。

特に最大の支援をしてくれたのはアメリカだった。

アメリカの行動は早く、空母を含む2万人の人員を投入し、被災地の支援にあたってくれた。

津波に飲みこまれた仙台空港を復旧させる主力となったのがアメリカ海兵隊だったことは、皆さんも良くご存知だろう。

アメリカ軍による災害支援作戦は”オペレーション・トモダチ”と名づけられたが、多くの日本国民を感動させた。

東北の海岸に、被災者が津波による流木でつくったと思われる”ARIGATO”の文字が発見され、アメリカ人を感動させているとも伝えられた。

参考記事 

もちろんアメリカも単なるボランティア行為というだけなく、自国の利益を考え動いていた面もあろう。

だが、アメリカ人自ら放射線被爆の危険を冒して被災地の支援にあたるなんてことは利害損得だけでは出来るものではない。

日本がどん底にある時に友人として共にいてくれたアメリカに心から感謝したい。

 また欧州先進国やオーストラリア・イスラエルなどから50~100人規模の災害救助隊が早急にかけつけてくれ、行方不明になっている人の捜索に当たってくれた。

世界各国の震災対応は次の通りで、全ての国の全ての支援について触れることはできないが、世界中の国々が温かい支援の手を差し伸べてくれたことについて深く深く感謝したい。

世界各国の震災対応 

 ただ震災直後から感じていた事だが、アメリカにしろ欧州諸国やオーストラリアにしろ、日本人と違う人種がつくった、日本から遠い国の方が熱心に助けてくれていた。

アメリカの2万人規模はケタ違いとしても、欧州諸国は50人規模のレスキュー隊が震災直後に駆けつけてくれたが、日本に一番近いはずの韓国からは5人と犬2匹だった。

13日以降、数十人~100人規模のレスキュー隊が世界各国から日本に続々と到着するのを見てから、14日になって韓国は100人のレスキュー隊を派遣することにしたようだが。

(韓国は家畜伝染病や鳥インフルエンザが蔓延しているので、日本に大挙来られても被災地が困るかもしれない)

中国の銭其シン元外相がその代表だが、韓国・中国・北朝鮮が困っている時に日本が援助しても、「日本がくれるというからもらってやったのであって、我々が日本に感謝する必要は無い」といった態度で、彼らから日本の援助に対する感謝の声を聞いたことが無い。

「自分達より位が下である日本に頭を下げるなんて自らのメンツが傷つく」と考える、東アジア人(というか韓・中・朝3カ国)特有の悪しき”メンツ第一主義”だが、私にはそのようなくだらないこだわりは無い。

中国・韓国・北朝鮮そしてロシアからも義援金やさまざまな支援物資が日本に寄せられたことに対し、感謝の意を表明したい。

しかし、そうした災害支援と彼らが日本の主権を侵す行為を取ったことについては全く別の問題だ。

国際法に反して東シナ海全域を我が物としようとする野望を隠そうともしない中国は、震災後の先月27日、東シナ海公海上を航行する日本の護衛艦に対し、またしてもヘリを急接近させ挑発行為に出た。

参考記事 

韓国も震災後、日本から強奪した竹島近海に新たに海洋施設を建設しようとして外交問題となっている。

参考記事 

一番ひどかったのはロシアで、先月21日ロシアは電子偵察機や戦闘機を相次いで日本領空に接近させ、航空自衛隊の戦闘機がスクランブル発進する騒ぎとなっている。

電子偵察機は、災害支援に当たっている日米両軍の電波情報の傍受が目的であろうし、戦闘機は現在の日本の防衛能力を試す目的があったものと推測される。

なんにせよ、大震災で日本が一番苦しんでいる時にロシアが軍事機密を入手するチャンスとばかりに日本に軍用機を接近させれば、被災地に回せたはずの燃料を消費して日本は戦闘機を飛ばしてロシア軍機に対応しなくてはならなくなるわけで、それだけ燃料不足で寒さに凍える東日本大震災の被災者が苦しむことになる。

ロシアは「放射能測定のため」と見え透いた嘘で正当化したが、自衛隊がロシア機にスクランブルというニュースを見て私は激しい怒りを感じた。

たとえ本当にそれが目的であったとしても、日本に無断で戦闘機を接近させ被災者を苦しめることなど決して許されることではない。

自ら放射線被爆のリスクがあるなかで決行されたアメリカによる”オペレーション・トモダチ”と、日本が一番苦しんでいる時に傷口に塩をすり込んできた中国・韓国・ロシア。

日本の真の友人が本当は誰なのか、誰の目にも明らかになった一ヶ月だった。




↑「中国・韓国・ロシアの卑怯者」と思った方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

韓国中国は救援隊じゃ無いでしょ

ニュージーランドが震災の時韓国の救援隊の入国を拒否しました。その本当の理由を知りたい。

  • 投稿者: 八目山人
  • 2011/04/21(木) 18:53:25
  • [編集]

八目山人さん

>ニュージーランドが震災の時韓国の救援隊の入国を拒否しました。その本当の理由を知りたい。

やっぱり口蹄疫じゃないですか。

ニュージーランドは「牛や羊の背に乗った国」ですから。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2011/04/21(木) 23:45:08
  • [編集]

この執拗さは・・・

今回も台湾に対する冷たい対応は常軌を逸してましたね。
終戦直前に大量の毛布を送ってくれたチベット王国に対しても斯くの如し。
いったい我が国の執拗で冷酷な陰湿な友好国への対応と反日国への以上に卑屈な対応は誰が決めて実行し続けているのか本当に理解に苦しみます。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2011/04/26(火) 11:56:14
  • [編集]

火天大有さん

>いったい我が国の執拗で冷酷な陰湿な友好国への対応と反日国への以上に卑屈な対応は誰が決めて実行し続けているのか本当に理解に苦しみます。

本当に理解できません。マゾヒストの集団なんでしょうか。

そういえば「ぶって!ぶって!」と言っていた民主党議員がいたような。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2011/04/27(水) 00:43:06
  • [編集]

>日本の真の友人はいったい誰なのか、ハッキリと判った一ヶ月だった。
少なくとも韓国じゃないことだけは震災当日のうちに分かりましたね。
「支援なんて恩着せがましいことしないで、日本が貸した金を返せよ」と言いたいです。
韓国の救助隊は、また瓦礫の撤去に重機を使おうとしたとか…それで中国に追い返されたというのに、まったく覚えていないんですね。

中国にいたっては、日本が黄砂対策として出すと宣言していた2兆円の確約を再度宣言させていましたね。
日本政府としては、一度出すと言ってたものを何の理由があろうが引っ込めるわけにはいかないかもしれなせんが、それにしても震災から数日で「2兆円は減額すること無く出します」なんて言う必要があったのか疑問です。
3/17の京都で、中国に「出すよな?」とでも念を押されたとしか思えない。

ロシアは…親が北海道出身なもので、元から「卑怯者の露助」と聞かされております。
今でも北海道を狙ってるんじゃないかと思います。
ガスを日本優先で…なんて言ってますが、共同開発した際にだまし討ちされてますから、恩着せがましく感じてしまいました。

この3カ国の共通点は、自国の国益の為なら恥も外聞も無いってとこでしょうか。
日本は隣国に恵まれませんね、そもそも外交上で隣国は一番警戒しなくてはならない相手なんですが、今の政党は分かってない気がします。
今の政党は、袖の下をくれた人が居る国が友人だと思っているのでは?

  • 投稿者: まい
  • 2011/05/16(月) 01:35:28
  • [編集]

まい さん

>中国にいたっては、日本が黄砂対策として出すと宣言していた2兆円の確約を再度宣言させていましたね。日本政府としては、一度出すと言ってたものを何の理由があろうが引っ込めるわけにはいかないかもしれなせんが、それにしても震災から数日で「2兆円は減額すること無く出します」なんて言う必要があったのか疑問です。

そんなことがあったんですか。

それにしても中国は、いくら経済発展してもケチ臭いというかセコイというか...。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2011/05/16(月) 22:55:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。