初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしらせ

  • 2010/08/31(火) 21:50:05

  突然のことですが、来年から自分の仕事の責任が重くなることになりそうで、この9月からそのための準備に取りかからなければなりません。

よって、今後どうしても十分な情報収集や記事作成の時間が取れなくなりそうです。

これまで5年7ヶ月の間、ブログを毎日更新できない分、記事の質を最優先にしてきたつもりですが、記事の質を低下させるぐらいならいさぎよく政治ブロガーを引退しようかと考えています。

依然として日本の政治・外交の混迷が続くなかとても残念です。

未完に終わっている連載ものもあって心残りなのですが、幸い”博士の独り言”さんをはじめ、頼もしい保守系ブログがたくさんがんばっていますので、安心して後を託すことができます。

5年前は”外交”や”安全保障”という言葉さえマスコミに登場するのも稀で、「有権者が無関心だから外交は票にならない」と言われ、政治家自身も外交に無関心な人が少なくなかったのですが、その状況は多少は改善されたのかなとも思います。

 無料メールアドレスを取得してネット利益団体”草の根保守のパワー”に参加してくださった読者の皆さんにも心からお礼申し上げます。

民主党政権の誕生を阻止する目的で立ち上げた”草の根保守のパワー”でしたが、自分自身の力不足もありそれを果たせずとても残念でした。

”博士の独り言”さん”依存症の独り言”さん”中韓を知り過ぎた男”さんら保守系アルファブロガーの皆さんに協力と連帯を求めたのですが、彼らのブログに書きこんだコメントやトラックバックを一方的に削除されてしまいお返事も頂けず、ついにネットで大きな広がりを持つには至りませんでした。

信頼できる読者のお一人に交渉していただいて、リアルの保守系政治団体との協力も模索しましたが、先方にこちらの趣旨をご理解頂けず、うまく行きませんでした。

(火天大有さま、その節は本当にありがとうございました)

近いうちに”草の根保守のパワー”は閉鎖しようと考えています。

参加してくださった皆さまには重ねて深く感謝いたします。ありがとうございました。

 このブログについては当分残しておくつもりです。

主権の委譲や外国人参政権付与を推進する左翼法曹人の論理矛盾点や中国の外交テクニック、あるいは日本が朝鮮半島に置いてきた今のお金に直して60兆円とも言われる資産の一部など、データベースとして使えるものもありますので、何か日本の国益に関わる事件が起こった時に読み返して頂ければ幸いです。

コメント欄を閉じると皆さまの貴重なコメントも消滅してしまうのでそれも残しておこうと思いますが、そうなるとスパムコメントが次々と書きこまれそうなので、記事のアップが無くてもコメント・TB欄の管理はしていこうと考えています。

残念ながら時間の制約でコメントへのお返事はできなくなるかもしれません。

ただ自分の仕事が軌道に乗れば、そのうち黙っていられなくなって、また「あーでもない、こーでもない」と記事のアップを再開するかもしれません(笑)

 わざわざウチのブログのリンクを踏んでアマゾンから別の本や電化製品を買ってくださった方もありがとうございました。

質の高い記事でたくさんの読者さんが集まるようになり、アマゾンやグーグルなどのアフィリエイトで自分と家族が養えるようになればブロガー専業で食っていくのも悪くないと当初考えていたのですが、残念ながらこのビジネスモデルは成功しませんでした。

もし有料ブログを開いたらこのことについて書こうかと思っていたのですが、人やその集合体である国家を動かすパワーには4つか5つあると思います。

一つ目は経済力。つまりカネの力です。

サラリーマンがどんなに眠くても嫌な上司がいる会社に這ってでも行く理由はこれでしょう。

二つ目は資源力。

石油や食料といった資源はカネを出せばいつでも買えるとは限りません。

アラブの石油戦略のように売り手の主義主張に従わないと、人間にとって死活的に重要な資源を売ってもらえないこともあります。

三つ目は軍事力。

丸腰で銃を突きつけられ「手を上げろ」と言われて従わない無鉄砲な人はまずいないでしょう。

四つ目は思想力。(宗教を含む。情報力と言い換えても良い)

”魅力的”な思想は利害損得を超越して人を動かします。

誰だって長生きしたいものですが、宗教がらみで自爆テロが起こる理由はこれです。

五つ目は異性の力

これは説明の必要がないですね。

異性に惹かれるのは人間の本能であり、ハニートラップという古典的な手段がいまだに有効な理由です。

保守派の皆さんに日本を託すにあたり述べたいことは、こういったパワーを上手に組み合わせて戦略的に利用し、味方をたくさん増やし敵対者を”従わせる”ことなしには日本の国益を守ることはできない、ということです。

いわば戦略的保守派のススメです。

一部の人は組織化を拒み清貧を誇りとしているようですが、それでは日本の保守運動の成功は難しいのではないでしょうか。

”補給”なしに精神論だけで戦いに打ち勝つことはできませんし、反日勢力がこれらのパワーで勝った場合、日本という国や保守勢力も彼らに従わなくてはならなくなるでしょう。

だからこそ日本も保守勢力も世界で競争力を身につけ、できるだけ大きなパワーを獲得しなくてはいけません。

ところが”保守”の中には「競争は敗者と格差をつくりだすからダメだ」という人がいます。

正直情けないと思います。

脱亜論を説いたことでも知られる福沢諭吉先生は、「一身独立して一国独立す」とおっしゃっています。

国が国民になにかしてくれるのをひたすら待つのではなくて、国民一人一人が競争力をつけて、経済的にはもちろん精神・思想の分野でも自立・独立することで、はじめて日本という国も独立することができます。

思想力を身につけるには、めんどうでも自分で情報を集めて勉強し、自分の頭で物事を一つ一つ正しいかそれとも間違っているかを考えるという作業が欠かせません。

誰かの言うことに盲目的に従う信者になってしまうと、自らの思想力を失ってしまうことになります。

子供だましの○×陰謀論に乗せられて右往左往させられるのは論外でしょう。

”保守ブログ”の中には、アンチ反日マスコミの記事などを書くことで保守系読者の全面的な信頼を勝ち取り、読者をブロガーの言うことを絶対に疑わない信者化した後に、保守思想とは本来関係のない「自分が本当に言いたいこと」を信じこませるという手段を取っている人がいます。

どういう意図でそのような事をやっているのか知りませんが、最近ネット保守運動の方向性が微妙にズレ始めているのがちょっと気がかりです。

読者の皆さんは、特定のブロガーの盲目的な信者になるのではなく、常に自分の頭で考えるという作業を通して思想力を鍛え、競争力を身につけていって欲しいと思います。

自分のお気に入りのブロガーと違う意見を言う人を見かけると、条件反射的にムカムカと怒りがこみあげてくるようであれば、危険信号でしょうね。

経済力を高め、保守派の人々の社会的地位を向上させることも必要不可欠です。政治を動かすにはとにかくお金がかかりますから。

そうしたことが日本の真の独立につながっていくことでしょう。

 外交に関して言えば、日本社会全体もそうですが保守勢力もやや内向きになっているのが気になります。

外国にはそれぞれ彼らが考える国益というものがあり、時には日本と意見や利害がぶつかることもあるでしょう。

だからといって片っ端から「あの国は反日だ。国交断絶だ」とやっていたら本当に日本が孤立しかねません。

実際に領土・領海・海底資源を奪い日本国民に危害を加えた韓国・中国・北朝鮮の特定アジア三カ国以外に、日本の敵はいないはずです。

 これは余談ですが、この政治ブログをやってこの世に".mil"というドメインがあることを初めて知りました。

日本の外務省や防衛庁からたまに当ブログをご覧になっている人がいましたが、"navy.mil"や"army.mil"といったドメインからもお客さんがたびたびいらっしゃっていました。

"state.gov"の方もおみえになったことがありましたね。

ある目的から今まで読者さんにはそれを黙っていましたが"navy.mil"や"army.mil"の中の方、このブログの感想はいかがでしたでしょうか。

もしかしたらINSCOMやONIの生身の人間ではなくネット上の政治・軍事コンテンツを自動的に収集するロボットなのかもしれませんが、アメリカ政府・軍の情報収集にかける熱意には改めて驚かされました。

最近凋落ぎみとはいえさすがに世界の覇権を握る国家です。

逆に日本の内閣情報調査室がアメリカの民間ブログをいちいち調査しているとは思えませんので。

 というわけで、5年7ヶ月近く当ブログを応援していただきまして本当にありがとうございました。

日本国と皇室そして読者の皆さま一人一人の弥栄を心より祈念いたしております。



banner_04.jpg

↑長い間、心強い応援ほんとうにありがとうございました↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

初期の頃からずっと拝読しておりました・・残念ですが
また 落ち着かれたら 再開して下さい。

04,05辺りで盛んだった「チナオチ」さんにしても今からが書く時期でしょ・・!という時に筆を置かれるご様子 ・・。

秀逸ブログが消えてゆくのも時代なのでしょうか。

  • 投稿者: heiwa
  • 2010/08/31(火) 23:49:14
  • [編集]

自主独立の保守の気概

お疲れ様でした。現実的で論理的な分析と自主独立の気概がうかがえる文章を愛読しておりました。現実逃避、非論理性、依存性と真逆をいく著者の姿勢は、有る意味で反時代的なのかもしれません。仕事頑張って下さい。また余裕ができて、記事を読ませていただく機会があればと思います。

  • 投稿者: 愛読者
  • 2010/08/31(火) 23:49:49
  • [編集]

自分、意外に左系(情報視察)も読むし、右でもどうだろう?という主張にはなびかないのですが、こんなスタンスでやらんといかんということでいいでしょうか?
左系でもこれはというものもありますし、ポジションこそ違えど、尊敬できるものもあれば、右でも御花畑はいます。
自分で物を考えようというクロフネさんの根本にある意思は良く伝わりました。
今までお疲れ様です。
暇なときでいいので新たな記事が出るのを楽しみにしています。

  • 投稿者: Suica割
  • 2010/08/31(火) 23:52:17
  • [編集]

マスコミや学校や官庁に在日が配置されているように、保守勢力の統一化は、意図的に阻害されているのでしょうね。とは言え、全ての日本人が本音を語り始める事態となれば、結束は瞬時に達せられるとも思います。

永い間拝読させて戴き、本当にありがとうございました。
大変学ぶ所の多いブログでしたから、休止(そう願っております)は残念ですが、プログ主様のご健勝とお仕事のご成功をお祈りいたします。

  • 投稿者: ヒマンジ
  • 2010/09/01(水) 03:01:33
  • [編集]

クロフネさん
長い間ありがとうございます。
このところの保守の凋落は残念でなりません。
 小沢一郎と経済を結ぶと、彼が動き出すと景気が悪化します。永田町が権力闘争=内ゲバ状態になります。
 権力闘争がしばしば国策を誤らせてきました。かつての朝鮮半島も日本派、ロシア派、清国派の三つ巴の混乱でしたよね。小沢さんは中国を権力闘争に利用してアメリカに対しているように思えてなりまん。厳しい時代が始まると思います。
 
 

  • 投稿者: SAKAKI
  • 2010/09/01(水) 06:48:41
  • [編集]

クロフネ 様


青天の霹靂と申しましょうか、突然のことで驚いております。

クロフネさんが挙げておられる様々な保守系ブログも拝読しているのですが、それら中でも特に楽しみにしているブログでした。

わたしは、日本人は世界的に見てもとてもポテンシャルの高い民族だと思っていますが、しかし、同時に致命的な弱点を抱えていると考えています。そのひとつは慈悲を取り違える(あるいは拡大しすぎる)こと、もうひとつは状況の悪化に対してシステムの改変ではなく精神論で乗り切ろうとすることだと思います。

この傾向は巷で保守を自認する論者、現在公開されている保守系ブログの論にも見られます。日本の保守は民族主義的傾向が強い(あるいは民族主義そのもの)であるため、精神論が中心になるのは致し方のないことでしょうが、それだけでは難局を乗り切れないことは日本の歴史が証明しています。

以前クロフネさんは当ブログのアクセス数が伸びない、特にちょっと込み入った話題になるとその傾向が顕著になったり、コメントが返ってこなかったり・・・と嘆いておられたように記憶していますが、それは日本の保守が社会システムや政策に疎いことに起因するのではないかと思います。そういった意味では日本人らしいといえば日本人らしいのですが・・・(笑)

その点クロフネさんのブログは日本の法制度、労働制度、経済等のシステムのあり方に踏み込んでおり、保守系ブログの中では異彩を放ち大変貴重な存在でした。

わたしも現在は忙しく、資料収集や分析を行う時間がないのですが、そう遠くない将来に保守系ブログを立ち上げたいと密かに画策しています。実現できるかは神のみぞ知るところですが・・・

とにかく、長い間示唆に富む意見を提供してくださりありがとうございました。いつかまた良い機会がおとずれ、ブログが再開されることを願っております。

どうぞご自愛ください。

  • 投稿者: 月光
  • 2010/09/01(水) 09:29:07
  • [編集]

ショックです。

このブログは私が誰にでも推奨できる数少ない良心的ブログでした。
非常にショックで寂しいです、しかし同時にクロフネさんの社会的地位が向上するという事は社会的発言力も増すと言う事で、それはそれで良い事だなと思います。
別にクロフネさんが何かを発言する度に思想的バックグラウンドを御説明申し上げる必要は有りませんからね。
今後のクロフネさんの御活躍とできたらブログの再開を楽しみにしています。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2010/09/01(水) 09:34:35
  • [編集]

お疲れ様でした。
ほとんど読むだけで精一杯でしたが、毎回UPを楽しみにしていました。

お仕事のご活躍をお祈りすると共に、再登板を期待しています。

  • 投稿者: mini市民
  • 2010/09/01(水) 16:47:07
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2010/09/01(水) 18:58:55
  • [編集]

長い間、ご苦労さまでした。
いろいろと知ることが出来て、感謝しています。
止むに止まれない、気が向くまで、仕事に専念下さい。

  • 投稿者: とおる
  • 2010/09/01(水) 20:52:25
  • [編集]

コメントありがとうございました。

たくさんの温かい励ましのコメント、どうもありがとうございました。

このブログをやってきてネット上とはいえ、皆さまと交流するチャンスを得られたことが私にとって宝物となりました。

読者さんから学ぶこともとても多かったですね。それも大きな財産です。

 「アクセス数が伸びない」などという私の情けない弱音を覚えてくださっていた読者さんがおられるとは思いもよりませんでしたが、なんともお恥ずかしいかぎりです。

ブログをやるときは平易な内容の短い記事にして大衆向きにするか、それとも専門性と難易度の高い内容にして限られた人を対象にするか二つの方法があると思いますが、私は欲張りな性格なのでその両方を追及してしまい最後までどっちつかずになってしまったところがありました。

演説の名人であったチャーチルは「常に論点を一つに絞れ」と言っていますが、やはり欲張りな性格が災いして一つの記事に論点を複数つめこんでしまったのも失敗だったかもしれません。

頭ではわかっていたのですが、限られた記事数でより多くの事件を取り上げたいと思った結果、どうしてもそうなってしまいました。

保守系ブログを立ち上げようと策を練っていらっしゃる方がおられるとのことですが、応援しております。

日本人というかアジア人の弱点は「権威に弱い」ことで、「エライ先生やマスコミがこう言ったから」で思考停止してしまいがちです。

そういう弱点を打破するためにはブログというツールは有効なのではないでしょうか。

 突然ブログを更新できなくなるような状況がやってきて私も戸惑いました。半身をもがれたような喪失感も味わっています。

でも1日よく考えた結果、このような結論を出しました。

1度腹が決まれば、サバサバしたもので未練はありません。

 民主党の代表選がやはりあるようですが、このチャンスをうまく利用できれば売国奴から国政を奪い返すのはそう遠い話ではなくなります。

国を想う人達がどんなときもあきらめず、アイデアを出しそれを行動に結びつければ、きっといつか日本はまっとうな独立国家となって蘇ることでしょう。

ひとまず私は日本社会に”潜伏”しますが、陰ながら保守の皆さまを応援しております。

                      クロフネ

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/09/01(水) 23:00:34
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2010/09/02(木) 01:54:43
  • [編集]

さみしいです、、、、、数年前の8月数日間特別講座を夢中で読んだっけ、、、。
勉強になりました。たぶん厨房でも解るぞ、、、若い日本人は読
んでほしいです。なんてたって初心者向があるのだもの、、、


  • 投稿者: みやこ
  • 2010/09/02(木) 02:14:38
  • [編集]

びっくりです。

突然のことで驚いています。
信じられないという思いです。
クロフネさんの言葉が聞けなくなるかと思うと残念ですが、またいつか帰ってきて下さい。

  • 投稿者: donnat
  • 2010/09/02(木) 16:26:51
  • [編集]

スリーパーとしての活躍を期待しております。
「その時」は10年後かも、20年後かもしれませんが、自分だけ、と言う立場では済まなそうなので、そちらに注力してください。

  • 投稿者: クマのプータロー
  • 2010/09/02(木) 18:11:19
  • [編集]

残念です

レベルの高い保守派のブログだっただけに、閉じられると聞いて非常にショックです。
一度閉じてもまた再開されるブログもあります。
復活を期待しています。

  • 投稿者: 八目山人
  • 2010/09/02(木) 19:01:27
  • [編集]

お疲れ様でした。

2日~3日に一度ぐらいはアクセスして記事を読ませて頂いておりましたが、非常に高い見識を持たれた方だと感じていました。
今回、ブログを引退されるとのことで、非常に残念に思っています。
またお時間に余裕がある時にでも、月に1回ぐらいでも、気の向いたときに気ままに書いて下されば良いのではないかと思います。

  • 投稿者: ねっとうよく
  • 2010/09/03(金) 00:27:37
  • [編集]

一先ず、お疲れ様でした。
色々な政治系ブログを渡り歩き、こちらにお邪魔させて頂いてから五年。これだけの長期間に渡って言論の質を落とさず続けてこられたという事実に頭が下がる思いです。
偶にでいいので何か更新していただけると読者としては嬉しいです。

  • 投稿者: 初心者
  • 2010/09/03(金) 23:52:12
  • [編集]

またいつか…

しばらくご本業に注力されるとのこと、応援させていただきます。
そして、また(もちろん、直ぐにでも)活動を再開される時を楽しみにしております。
お時間のあるときに散発的でも歓迎です。
それと、格調高い貴方の過去の文書掲示もしばらく継続されるとのこと、これも大変うれしく思います。
またよろしくお願い致します。

  • 投稿者: notbs
  • 2010/09/04(土) 14:34:13
  • [編集]

お疲れ様でした

比較的初期の頃から,読ませていただいてました.
政治がおかしな方向にすすんでしまうなか,一小市民としてはやきもき,いらいらすることが多かったのですが,矛盾点を的確にを指摘し正論をズバリと発信するクロフネさんのblogは,自分にとって一服の清涼剤に近い働きがあったんだなと今更ながらに感じています.
納得させられることや勉強になることが多く,毎回楽しみにしていただけに,突然の休止は大変残念です.
十分に充電して,またパワーアップして戻ってこられることを信じています.お疲れ様でした.

  • 投稿者: 日々是音楽三昧
  • 2010/09/04(土) 16:25:19
  • [編集]

お礼を申し上げます

質の高い内容を維持してくださったブログ主様に感謝しております。

また,十分チャージされ,再び戻ってこられますこと,願っております。

素晴らしい日本を護持してまいりましょう。

  • 投稿者: 日本が大好き
  • 2010/09/05(日) 19:14:17
  • [編集]

ありがとうございました!いずれまた…

こんにちは。

久しぶりに来て見たら閉鎖との事で驚きましたが
このブログで勉強出来た事や、草の根保守のパワーに参加出来た事を財産に自分なりにこれからも勉強していきたいと思います。

残念ながら草の根保守のパワーはタイミングが悪かったのか、なかなか思う様に行かず厳しい現実を見た感じがします。
当時人気だった中韓ブログなどもスルーしていた感じがして不思議でした。

その件もあって、例のブログの当たり障りのない平坦な文章よりも、こちらのブログの方が好きでした。管理人さんの人柄も含めて。

更新は途絶えても、このブログがまだここに存在するというのも嬉しい事です。中身についてもまだまだ読みきれていないですし。

落ち着いた頃にまたサラッと現れていろいろお話を聞かせいただけるのを密かに楽しみにしております。

いろいろ勉強させていただき、ありがとうございました!

  • 投稿者: Fox2
  • 2010/09/13(月) 13:13:52
  • [編集]

若輩学徒の身ながら、非常に多くのものを学ばせていただきました。
氏の、論理的・戦略的で、バランス感覚のとれた保守思想は、我が骨の髄にしっかりと吸収しました。

……宿題の件については、結局提出できず、本当にすいませんでした。



皇室の繁栄と日本国民の幸福、そしてクロフネ氏の益々の飛躍を、願っております

                  みちのくの辺境より

  • 投稿者: 惰性参謀
  • 2010/09/15(水) 22:49:52
  • [編集]

あなたの人生はあなたの人生。

右翼とか左翼という御大層な言葉が多いのが政治のブログの特徴だね。
日本人・朝鮮人・中国人という言葉も好きだね。
疲れたでしょう。

もう少し違った概念でこの国の現実を考えられないのがいわゆる日本人の特徴だね。
何が日本人なのか誰も分からないのに、さしあたり日本人という話にしようか、多いよ。

これがなかなか外国人には良く分からない。
東京にいる外国人記者クラブの外国人がその典型だね。

三輪さんという方のプログは案外その辺りを分かっていますよ。

最後まで私とあなたは合わないね。

  • 投稿者: 金 国鎮
  • 2010/10/05(火) 23:32:10
  • [編集]

チャイナの明確なる間接侵略であります。m(_ _)m

拝啓、管理人様
お久しぶりであります矢張り尖閣侵略動画は流失したみたいです。

宣伝ご容赦下さい。
今回の週刊新潮 巻末近くの櫻井よしこ氏の連載記事に、新潟領事館拡張否チャイナ新潟租界建設に警鐘が鳴らされております。

、新潟チャイナ領事館チャイナ租界拡大について
元警視庁通訳捜査官坂東忠信氏ブログ
http://taiyou.bandoutadanobu.com/
「 外国人犯罪の増加から分かること 」 想像を絶する現実があります。
アメーバ版「 外国人犯罪の増加から分かること 」
「 坂東忠信、アメーバ、外国人犯罪の増加から分かること 」で検索出来ます。

加えて、 坂東忠信氏の新刊 「 日本が中国の自治区になる 」 産経新聞出版

リアルな在日外国人犯罪者とのやり取り、マスメディアで殆ど報道されない今此処にある日本の危機がございます。
ご高覧下さい。m(_ _)m乱文にて 敬具

  • 投稿者: (^o^)風顛老人爺
  • 2010/11/05(金) 23:43:53
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。