初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党不況

  • 2010/08/25(水) 00:57:23

 内閣府によると、今年4~6月期の物価変動の影響を除いた実質国内総生産(GDP)速報値は、民間の事前予想(年率換算2.4%増)を大きく下回る前期比0.1%増、年率換算0.4%増となった。

物価の変動を加味し、より生活実感に近い名目GDP成長率は前期比マイナス0.9%(年率換算マイナス3.7%)と、久しぶりのマイナス成長となった。

日本の景気失速が、国民生活に暗い影を落としている。

参考記事 

政府はどうしてこうなるまで経済を放っておいたんだというのが正直なところだ。

民主党政権は韓国に謝罪することで頭がいっぱいで、経済や国民生活のことはまったく眼中になかったのだろう。

"It's the Economy, Stupid!!"

 内閣府の発表したデータをより詳細に分析してみると、実質GDP成長率に対する寄与度は、輸出から輸入を差し引いた”外需”がプラス0.3%のプラスだったのに対し、内需はマイナス0.2%という数字が出た。

相変わらず日本の景気は輸出が頼みの綱で、09年4~6月期に景気の底を脱出してからずっとプラス成長を続けている輸出のおかげで、今年4~6月期の日本経済はかろうじて前期比0.1%のプラス成長となった。

だが企業の設備投資は0.5%増だったものの個人消費は横ばい、住宅投資にいたっては1.3%の大幅なマイナスと、内需の弱さが足を引っ張った。

これまで何度も批判しているが、民主党政権の経済政策は「日本経済は内需主導。子供手当てや高校無償化・高速道路無料化によって内需主導で景気を回復させる」というものだ。

民主党へ政権交代してから、子供手当て13000円支給や高校無償化、一部高速道路の無料化といった政策が実施されたが内需が拡大するどころか、かえって縮小している。

昨年の政権交代当時(09年7~9月期)、個人消費はプラス0.9%だったが、翌期には0.7%増になり、今年1~3月期に0.4%増、そして6~9月期にはとうとう成長が止まってしまった。

2009GDP統計

2010GDP統計 

「事業仕分けで政府の無駄をはぶき、子供手当てで内需主導の景気回復」が聞いてあきれる。

民主党の経済政策、ぶざまとしか言いようがない。

 さらに24日、日経平均株価が1年4カ月ぶりに9000円の大台を割り込んだ。

アメリカの景気鈍化懸念でドル円相場が83円台に突入するなど急速なドル安・円高が進んでいるにもかかわらず、菅首相と白川日銀総裁による電話会談でも何ら具体的な対策が実施されず、失望売りを呼んだようだ。

民主党は「内需拡大には円高が有利」と言っていたが、円高になればかろうじて日本経済をプラス成長に導いている輸出産業の収益が減ってしまい、トヨタやキヤノンはもちろん大企業と取引のある大多数の中小企業からも悲鳴があがる。

参考記事 

日本人が日本の株を買わないので、その6割を買っている外国人投資家も円高→収益ダウンという連想が働いて、日本株を売るので株価が下がる。

以前指摘した通り、円高で株価が下落することによる逆資産効果で内需(個人消費)までが減少してしまう。

参考記事・日本経済は輸出主導

百貨店協会によると「高額商品の購入層は株価の影響が大きい」と言う。

参考記事 

近所のスーパーでいま円高還元の安売りセールをやっているが、もちろん自国通貨高はデフレをいっそう悪化させる。

自国通貨高には良いものと悪いものがある。

その国の経済が好調で、物が売れ投資が増えて物価がほど良く上昇していき、既存ビジネスの拡充や新規ビジネスのためにお金を借りる人が増えて金利が高くなり、その結果としてその国にお金が流れ込んで通貨高になるのは良いケースである。

しかし、現在の円高はそういうパターンではない。

消去法でリスクの回避先として円建て債券が好まれ、日本にマネーが流れ込んでいるようだが、日本企業を苦しめる分不相応の円高になっている。

アメリカ経済は先行き不透明なのでドル安になっているし、金融不安でユーロも安く、そのおかげで輸出が好調なドイツの4~6月期GDP成長率はドイツ統一以来、最高となる2.2%成長だ。

中国や韓国、台湾は自国通貨を安くするための介入をしばしば行っており、何もしていないのは日本ぐらいだろう。

かくして日本の一人負け。

株価が一貫して右肩下がりなのは主要株式市場で日本くらいなものだ。

世界の株価 

 まさに民主党不況の到来。

外交・安全保障だけではなく、金融・通貨・産業の各政策でも菅・仙石のコンビは前任者に勝るとも劣らないルーピーと見た。

社会主義というのは「皆が不幸」という意味で平等な社会をつくりあげるシステムだが、周回遅れで登場した左翼政党・民主党のおかげで、日本は”最高不幸社会”へまっしぐらである。






↑民主党政権は早く退陣しろと思う方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

 こんにちは。

 株価一時9000円割れをはじめ経済面で大きな課題ばかりが増えてるのに、その対策には後手後手に回ってばかりいる民主党政権、「国民の生活が大事」と強調する政党なはずなのに、何の手も打たないのは国民を欺くものでしかないが。

 悪化する経済に歯止めをかけることが最大の課題です。菅総理は代表選ばかり目を向けず経済の立て直しにも目を向けるべきです。このままではギリシャと同じ轍を踏むだけ何もありません。

  • 投稿者: アジシオ次郎
  • 2010/08/25(水) 15:59:56
  • [編集]

円高が悪ではないのだが???

こんばんは、donnatです。

今朝、桜チャンネルで沖縄は“中国のものだ”という記事を見つけました。19世紀みたない武力で奪いとることはないですが、21世紀はセルビアのように独立させるという方法があり、政府にも危機感がほしいのですが・・・・・・あと3年が長いです。何とか今年の冬で決着させたいものです。

ともかく、円高が悪い訳ではありません。
国内の内需がしっかりしていれば、資材費や部品代、レアメタルや土の輸入が強くなり、よいことだらけです。
さらに、技術の流出をせき止め、生産は現地で行い利益のみ国内に引き上げることもできます。
また、海外への進出も円高による最少出費で行え、悪いことではありません。
つもり、外需、輸出産業への依存とデフレを抑止しない政府の問題なのです。

輸出依存を続けるなら通過安は譲れない政策であり、円高容認なら内需の回復を確実に行うことが必修条件です。
まったく、政府・日銀は無能しかいない。
(無能とは、能力がなのではなく、能力の使い方を知らないという意味)

  • 投稿者: donnat
  • 2010/08/25(水) 18:50:34
  • [編集]

こんばんは、アジシオ次郎さん

>「国民の生活が大事」と強調する政党なはずなのに、何の手も打たないのは国民を欺くものでしかないが。

あの政党にとって一番大事なのは、「国民の生活」ではなくて自分たちとその支持母体(左翼公務員労組・在日韓国人)の利益であることが、今回もまざまざと見せつけられましたね。



こんばんは、donnatさん

>外需、輸出産業への依存とデフレを抑止しない政府の問題なのです。

私は一応4年制大学の経済学科卒で、学生時代マクロ経済学はさんざんやりましたけど、外需か内需かという極端なゼロサム理論に陥って、「内需依存=善・外需依存=悪」みたいな主張をする人がいるようですが、私はそういう主張に組みしません。

日本の景気が上向くのなら内需はもちろん、外需で儲けさせてもらうことに何の遠慮がいるでしょうか。

「外需依存は海外のリセッションやバブル崩壊の影響を受けるからダメだ」という主張もあるようですが、たとえ内需依存オンリーに転換したとしても、社会主義計画経済が机上の空論に終わったようにリセッションのない経済というのはあり得ません。人間が全知全能にでもならない限りです。

そしてリセッションというのは多かれ少なかれ過剰生産・過剰投資が明らかになる(つまりバブル崩壊の)瞬間でもあります。

さらに輸出をまったく止めてしまえば、資源を自給できない日本は経常収支赤字国に転落し、最後には外貨準備や対外資産を使い果たしてしまうことでしょう。

将来日本が外国からお金を借りて外国から資源を買うようになるのは非常にマズイです。

内需依存や円高の良い面だけにクローズアップした極端なゼロサム理論が一部で横行しているようですが、それでは経済を正しく把握することはできないと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/08/25(水) 20:25:12
  • [編集]

誤解された?

おはようございます。donnatです。


>「内需依存=善・外需依存=悪」みたいな主張をする人がいるようですが、私はそういう主張に組みしません。


日本政府は輸出依存を続けるのか? 円高を容認したのか? 
どちらなのかはっきりしろと言いたかったのですが、もしかして、私が「内需依存=善・外需依存=悪」だと思われたのでしょうか?

私が「内需依存=善・外需依存=悪」とは思っていません。
円高に円高のメリットがあり、円安には円安のメリットがあります。円高には円高の条件があり、円安には円安の条件が整わっていないと意味をなさないと言っているつもりです。
私も今の日本で円高がどんなに悪影響ができるかは散々言っているので、そこを省略したことで誤解を与えてしまいましたか?

私が言いたいことは、政府も日銀も円高を否定するのか?容認するのか?
はっきりとしたメッセージを出さないととんでもない事態になる・・・・・・すでになりつつあると警告したいのです。

  • 投稿者: donnat
  • 2010/08/27(金) 09:25:43
  • [編集]

同じトンチンカンでも、円高は世界の期待や儚い願いの結果だ。
だから、それにかなう対策をするべく頑張ります。
くらいの事を言う方がましだ。
ただの無策より、前向きなイメージが伝わる分、何か良い事が起こる可能性はあるし、最低でも、精神衛生上ましである。

  • 投稿者: Suica割
  • 2010/08/27(金) 18:46:19
  • [編集]

こんばんは、donnatさん

>私が言いたいことは、政府も日銀も円高を否定するのか?容認するのか?
>はっきりとしたメッセージを出さないととんでもない事態になる・・・・・・すでになりつつあると警告したいのです。

了解しました。

>>ともかく、円高が悪い訳ではありません。
>>国内の内需がしっかりしていれば、資材費や部品代、レアメタルや土の輸入が強くなり、よいことだらけです。
>>つもり、外需、輸出産業への依存とデフレを抑止しない政府の問題なのです。

donnatさんがこのようにおっしゃっていたものですから。

で、民主党は内需依存で行きたいのでしょうけれど、株式市場は底割れするし現実が許さないといったところでしょう。


Suica割さん

アメリカと協調介入で合意しないと効果がないからやるだけ無駄だという人がいるのですが、北朝鮮への制裁と一緒で、日本政府として円高は許さないという意志を明確に表明する意味で、たとえ口先でも介入はやるべきだと思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/08/27(金) 23:47:22
  • [編集]

またマスゴミの誤誘導ですが

先日のニュースで日本企業の世界優等企業買収が円高のおかげで近年の5倍に達すると嬉しそうにキャスターがほざいてましたが。
我が国の大企業が他国の製薬会社やIT企業を買収しても国内の雇用環境が良くなる訳じゃ無し、国内で設備投資もしないし、それどころか民主党の遣り方だと買収した筈の日本企業の株価が大暴落して丸ごと中国や朝鮮に買い叩かれるストーリーを演出しているようで不快に為りますね。

  • 投稿者: 火天大有
  • 2010/08/28(土) 19:43:50
  • [編集]

火天大有 さん

>先日のニュースで日本企業の世界優等企業買収が円高のおかげで近年の5倍に達する

円高にも海外の資産を割安で買えるというメリットはあります。

>我が国の大企業が他国の製薬会社やIT企業を買収しても国内の雇用環境が良くなる訳じゃ無し、国内で設備投資もしないし

円高が国内の雇用増や賃金上昇になかなかつながっていかないのが大きなデメリットですよね。

むしろ円高で産業空洞化が起これば、ますます雇用減となって内需も先細りになってしまいます。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/08/28(土) 23:53:35
  • [編集]

40円になる危険性だったある。

こんいちは、donnatです。

経済の話はなるべく短く書くように心掛けています。(書き始めると止まらなくなるので・・・!? (笑))

今回はそれが返って誤解させてしまいました。申し訳ありません。

>国内の内需がしっかりしていれば・・・

【この言葉に色々な意味を込め過ぎました。】

主な意味は、日本政府が外需依存構造から脱却して、内需主導社会構造で転化していれば・・・
その移行期間は約10年と推測しております。その根拠は下記の例がそうだからである、
〔戦後(1945年)から高度成長期(1955年以降)まで10年で復帰を果たしている。満州国も水豊ダムが稼動した時期より推測して10年もあれば経済構造を作ることができた。ソビエト崩壊(1991年12月25日)からプーチンが大統領(2000年)となり再生を果たしたのも約10年くらい、そう考えると国家構造を変えるのは10年くらいで変えられると推測する。〕

さて、
20年前であれば、資源のない日本を内需主導の経済に変えるなんてことは夢物語でありました。
しかし、この20年間の技術の進歩はそれを可能な域まで引き上げています。
だからと言って、内需主導が正しいという訳ではありません。社会構造を変えるということは大きな社会実験であり、大きなリスクを伴います。その代わりに成功した場合のメリットも大きい訳です。

もっと私が政治家ならば、大きな冒険は避け、現在の円高対策を打ち出しながら20~30年の長いスパンで社会構造の改革を推進します。

内需主導の経済構造に変換できる根拠はこうです。
・石油価格の高騰でその他のエネルギー価格と均衡してきた。
・技術の革新が目覚ましく不可能だったエネルギーが手に入れることができる。
・すでに購入した資材の価格の高騰でリサイクルの価格と対等してきた。
・アメリカの衰退でシーレーン防衛が将来困難になる可能性が高く、内需生産できるものは内需生産ができる体制を整えておく方がリスク回避になる。
・日本社会のガラパゴス化を非難する方もいるが、内需主導ならば世界標準に合わせる必要がなく、国内製品の高性能化や特化を推進して、10年・20年先の社会実験的な国家を目指すことができる。
(世界標準と言えば聞こえがいいですが、これは安価で高性能な商品を意味します。日本が得意とする高価で超高性能な商品は世界的に需要が低く、生産するメリットが少なくなっています。日本の技術の劣化が心配しております。ならば逆も真であり、日本自身が特化した国家になれば、超高性能しか売れない国家が誕生すれば、需要が生まれ技術の維持も図れるという訳です。日本に輸入したい業者は常に技術革新を迫られ。日本の企業は常に追いかけられる者として前を行かなければなりません。)

いずれにしろ、
エネルギー価格の高騰がすべての発想の根幹であります。
10~30ドルくらいを推移している時点では、このような発想は不可能です。しかし、60~80ドルくらいになった現在では、採算ラインに乗って来ています。
・太陽光発電の実用性
これは疑いようもありません。すでに多くの家庭の屋根に設置され、発電中であります。これからは価格の問題と生産電気量の問題になってきますが、いずれは解決するレベルだと思われます。これの最も大きなメリットは夏の一番暑い時に最高電力を生産してくれることです。いわゆるピーク電力を抑えることができることは総電力計画にとって大きな要因であり、根本的に原子力や火力発電はピーク消費電力も元に発電所の数を計画しております。ピークが下がるということは発電所数を削減できることになるのです。
・風力???
こちらは勉強不足でどれくらいの発電が実用化できるか把握できていません。ただし、特殊地形の箇所については十分な発電所となっております。海上の風力発電の計画もありますが、海上における風力のデーターが公開されていないのでなんともコメントしづらいところです。ただ、海風・山風のように一定期間吹く風があるように、『六甲おろし』などと揶揄される特殊地形では一定量の風力を得られる可能性は十分あると考えられます。
・地熱発電
20年前の実情から見れば、壊滅的な技術力不足で実用は不可能と考えていた分野です。この20年でもっとも技術力が上がったのは地熱ではないかと思っております。その原因は高層ビルです。高層ビルを支えるには地下の岩盤と言われる所まで掘り下げて杭を打つ必要があります。巨大な構造物ほど杭は大口径になってゆきます。さらにトンネル工事などで岩盤を打ち破る技術も向上しました。この2つが1つ技術になると大口径のボーリングマシーンが完成します。日本中どこでも温泉が安価で掘れるようになったのはこの恩恵であります。これによって天然の貯留層を当てにしない掘削が可能となり、マグマ発電の可能性が現実になってきました。あと50年先と書かれるものがありますが、資金と資材と人材をつぎ込めば、10年で現実化、15年で実用化(もっと短縮できるかも)は可能だと推測します。(何よりも予算が少なすぎることが問題です。)実現すれば、日本の総電力の3倍が賄えると書かれていたりしますが、それは眉唾として、現在の3分の1、原子力発電と同じくらいは十分賄えると思っております。
・天然ガス
こちらは最近有名なメタンハイドレートです。採掘困難な太平洋沖の開発資金を日本海側に移すだけでも実用化は十分と言われております。太平洋側は未だに採掘実験にも成功していないらしく、実用ベースになるのはいつかまったく未定でありますが、日本海側の方は理論的に採掘可能であります。予算は太平洋側が年間約50億円に対して、日本海側は数千万~数百万円単位であり、日本政府が本気でメタンハイドレートの採掘をやりたくないのではないかと考えられます。日本海側に予算が付けば、日本海側の埋蔵量は推定7.4兆立方メートル、天然ガス約100年分にあたる世界最大規模の埋蔵量があると言われ、実現すれば天然ガスの輸入国から輸出国への大躍進を遂げることになりそうです。
・バイオエタノール
海藻等からバイオエタノールを生産する研究である。農林水産省所轄の財団法人【東京水産振興会】の試算では日本の領海と排他的経済水域(EEZ)をあわせた海域約447万平方キロメートルのうち1~2%を用いるだけで年間1.5億トンの海藻を養殖でき、この海藻から400万~500万キロリットルのバイオエタノールが生産できるという。これは現在の日本国内のガソリン使用量の約1割にあたると発表されている。その他にも湖の厄介もの水草をバイオエタノールにする。ウォーターレタスを除去費と考えれば、採算ラインが合わないものでも事実上の黒字化になる可能性もある。また、このバイオエタノールからペットボトルや化学繊維などを作る研究も進められているので、将来的にはガソリンにとって代わる存在になるかもしれない。
・リサイクル都市鉱山
レアメタル、レアアースの価格高騰によって、リサイクル費用が捻出できるようになりつつある。日本の都市鉱山の埋蔵量は約6800トンと言われ、現有埋蔵量の約16パーセントにあたる。実際、ここ数年の金の取引を見ても、日本は輸入国ではなく、輸出国に転換している。その他のレアメタルやレアアースもいずれ同様になりそうである。そう考えれば、リサイクル事業に力を注げば、国内再生産も可能になる。

大体、以上のようなことを実現すれば、輸入額が削減され、必要外貨も収縮される。
このような事業に10年くらい国力を注げば、円高とか、円安とかに戦々恐々としない国家になるかもしれない。

私の理想は内需依存でもなく、外需依存でもない。内需における自給率を確保しておいて、なおかつ、外需で外貨を稼ぐのが理想である。

ブロック経済は否定的だが、世界経済を見れば十分あり得ることで、保険をかける為にも内需、自給率の向上はやってもらいたいと思っているが、外需は捨てていいなんて思っていない。そもそも内需に転換する資金をどこから捻出するかを考えれば、外需を疎かにすることは死活問題になる。

今日のような極端な円高は、輸出産業を根底から排除される可能でがある。非常に危険である。

ただし、竹中平蔵などが提唱する金融立国を目指すのなら、強い円、強い日本は有利に運ぶ。この場合は、エコバブルかなにか撒き餌を作る必要があるが、バブルを乗り切って儲けるという豪胆な政治的・経済的手腕が必要となり、現政権に期待する方が無理であろう。

いずれにしても、極端な相場には常に対応してもらわないと円高は止まりようもない。現在、自国通貨の切り下げ合戦、経済戦争の真っただ中である。

戦争、戦争なのである。

国債を発行して新事業を立ち上げることや紙幣を刷って雇用対策などを行って、自国通貨の1枚の価値をすり減らす必要がある。何もしなければ、じわじわと通貨高になり、1ドル40円でもなりかねない。

自国通貨の通貨高で安い輸入品が出回り内需産業の崩壊、自国通貨高で輸出できなくなり輸出産業が海外へ移転。

ババを引くのはどの国だろうか?

「円高を放置してはいけない。」ということは、クロフネさんと言っていることは同じなのです。

円高の危険性を説くにはいい機会だから、国民に広く理解してもらい。「エネルギー・食糧の自給率を高める政策を重点的に進めてゆきます。」と説くには絶好の機会だとも考えています。

因みに、昭和・平成の初期はアメリカが強かったことと原油が安かったことを考えて、日本政府が外需中心に産業力を増したのは正解だったと思っております。

  • 投稿者: donnat
  • 2010/08/29(日) 13:20:48
  • [編集]

こんばんは、donnatさん

たいへんな力作、ありがとうございました。

ひとつ発想の転換をすれば、もし日本経済を内需主導オンリーにしたいのなら、円を世界の基軸通貨にすることができれば可能になります。

基軸通貨の発行権を握っていれば、理論上は輸入代金を自国通貨でいくらでも支払うことができるからです。

まあアメリカがそれを許さないでしょうし、日本の指導者にもそうした能力があるとは思えませんけど。

 現在の日本経済の不振の原因を突き詰めれば、日本の経営者が”売上高当期純利益率”をアップさせることをずっと怠ってきたこと、もっといえば商品の付加価値を高めて高い値段・高い利益率でも売れる商品を開発せずに、商品の値段を下げても利益が出るように製造原価を下げることばかりに努力するという間違った戦略をとったことにつきると思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/08/31(火) 00:09:53
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。