初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去を直視せよ

  • 2010/08/07(土) 01:44:07

 日韓併合100周年にあたる今年の8月15日に、韓国に対する謝罪・賠償談話を発表させようと先頭に立って旗を振ってきた仙石官房長官。

その仙石官房長官の歴史認識が如実にあらわれているのが4日の記者会見だった。

参考記事 

「韓国併合の植民地支配の過酷さは、言葉を奪い、文化を奪い、韓国の方々に言わせれば土地を奪うという実態もあったということなので、そこは直視して考えていかなければいけない」

 しばしば左翼は歴史の断片的な情報から自分の頭の中で勝手なイメージをつくりあげて、歴史をすべて知りつくしたかのように勘違いし、他人に向かってやれ歴史を直視しろだの勉強しろだのとえらそうに説教を垂れる。

”原告”である韓国の方々の言い分だけを聞いてどういう”判決”が出るか決まってしまうのであれば、仙石氏のような弁護士という職業は存在すべき理由がない。仙石長官は今から弁護士の廃止運動でも始められたらいかがだろうか。

「アジアをめぐる帝国主義国家間の争いに、朝鮮半島、当時の李氏朝鮮が弱者の立場として翻弄(ほんろう)されて巻き込まれ、日本の植民地になってしまった」

弱者=正義というのも左翼思想を持つ人に典型的に見られる考え方だ。

現代の善悪・強者弱者という価値基準から過去を振りかえり、歴史上の事件を裁こうとすることほど愚かしいことはない。

私は侵略行為や植民地支配を悪だと思っているが、国際社会において植民地支配が明確に悪とされるようになったのは第二次世界大戦後、特にスエズ運河を支配するために英仏が出兵し失敗した1956年の第二次中東戦争以降だろう。

罪刑法定主義の原則から言えば、日本が韓国を併合していた第二次大戦以前、植民地支配を禁じそれに違反した国家に実効力のある罰を与える事を定めた国際法は存在せず、植民地支配が悪いことだとはされていなかった。

当時の国際社会はいわゆる”万国公法”というルールに基づく条約体制といわれるものであり、国家の大小に関係なく、主権国家は平等・対等であると規定されていた。

だが、ここで言う主権国家とは白人のキリスト教文明を持つ国家のことであって、有色人種差別が当り前だったこの時代それ以外の”非文明国”は無主の地とされ、ある主権国家が”無主の地”つまり有色人種国家に一番乗りすればそこに植民地を築いて自分のものとしても問題視されることはなかった。

問題があったとすれば、その無主の地をどの主権国家が支配するかということだった。

現代の価値観からすればとんでもない悪法だが、だからといってこのような歴史を初めからなかったことにすることはできない。

それは歴史の歪曲だ。

悪法も法であり、悪条約も条約である。

それが当時世界を支配していた超大国、英・仏・米などがつくりあげ世界に強制したルールだった。

 日本は欧米帝国主義列強の植民地にこそならなかったが白人キリスト教国家ではない以上、独立主権国家としては半人前以下と見られた。

そのため安政の五カ国条約のような不平等条約を強制的に結ばされたわけだが、諸外国と国交を開き国境を定めて国際社会の一員となり、国会を開設し憲法を発布、産業革命を達成してアジアで初の近代的な立憲君主国家となるなど、キリスト教世界の文明を取り入れることで有色人種の国家・日本は国際社会からようやく一人前の主権国家として認められるようになった。

それではなぜ日本が韓国を併合しなくてはいけないはめになったかと言えば、韓国軍コルベット撃沈事件に対する国連制裁発動を阻止するなど、いまの中国が南北朝鮮の統一をありとあらゆる手段をもって妨害しているのと同じ理由からだ。

中国は競争相手のアメリカ(とその同盟国)と直接国境を接したくないがために、何としてでも北朝鮮という緩衝地帯を確保しておきたいのである。

日本の民主党政権は中国のそうした外交に極めて寛大だが、それと同様、過去の日本も朝鮮半島というロシアとの緩衝地帯を確保し、なおかつロシア海軍に不凍港を与えたくないがために最終的に日韓併合という手段をとらざるを得なかった。

日本と違って韓国は世界史を動かす主要プレーヤーになったことがないせいか、そういった地政学的観点がすっぽり抜け落ちていて、日韓併合の理由というとすぐ「収奪」みたいな木を見て森を見ず的な議論に終始してしまう。

 もっとも日本は初めから朝鮮半島を併合しようとはしていなかった。

日本としてのベストシナリオは、アジアでいち早く近代化を達成した日本が朝鮮半島や中国の近代化を助けて、朝鮮や中国を万国公法体制でいうところの諸外国と対等な主権国家に成長させることで、日・中・朝の三国が協力して欧米のアジア侵略を防ぐというものだった。(大アジア主義)

しかし、日本の血のにじむような努力のかいもなく、朝鮮王朝はあくまでも万国公法体制における”非文明国”に留まろうとした。

初めは国際社会への参加を拒んで鎖国を維持しようとし、続いて華夷秩序のもとでの中国の属国という地位にしがみつき、日清戦争における日本の勝利で中国から独立させてもらっても、朝鮮は憲法も議会も持たない皇帝独裁によるアジア的専制王朝の道を選んだ。

これでは当時の国際秩序における”非文明国”のままであり、他の主権国家に植民地化されても文句の言えない、”無主の地”であった。

日本が朝鮮に開国を促してから日韓併合に至るまでの詳細は、当ブログの連載記事を参考にしていただきたいが、当時の朝鮮には主権国家となる意志も能力もなかったのであり、国際社会もそう認識していた。

以下はイザベラ・バード著”朝鮮奥地紀行”に掲載されている、当時ソウルにいて朝鮮の実情をつぶさに見ていたイギリス外交官のコメントである。

      ◆        ◇         ◆       

少しでも朝鮮を知る人には今やこの国の国家としての存立に絶対必要な条件は、どのような形式のものであれ後見(信託統治)である事が明らかになっている。

朝鮮が日本の力によって(清から)得た名目上の独立は全く名ばかりのものであった。

その間朝鮮は手の打ちようが無いほど腐敗した行政の重荷を背負って引き続き苦労していた。朝鮮行政の最も目だった悪弊を改革する日本の努力は少し乱暴だったが疑い無くまじめで誠実な物であった。しかし経験不足であった。

しかしながらまだしなくてはならない事がたくさん残されている。
発展・進歩(日本によって開始されロシアの賛助のもとに継続されたと公正に覚えておくべきである)のための唯一の希望は鉄のような支配を維持することにある。

朝鮮人の繁栄と安寧と幸福が文明化された列強諸国(日本やロシアなど)の拡大された支援のもとで、すばらしく増進することは疑問の余地の無いところである。

どのように名づけようともある種の支配なしには昔からの慣例である(朝鮮の)圧政・強奪とそれに付随して生じる悲惨な事態は避けがたい事である。

1897年10月 大英帝国朝鮮総領事 ウォルター.C.ヒリア


     ◇         ◆         ◇

ヒリアが「どのように名づけようとも」と言っているのは、「保護国化と名づけようが併合と名づけようが植民地化と名づけようが主権国家の朝鮮支配なしに」という意味であろう。

結局、最終的に日本は韓国を併合することになるが、ある国が他国を併合することは現代の価値観では悪とされ私もそう考えるが、少なくとも当時は道徳的にも悪とはされていなかったし、処罰の対象となる国際法上の違法行為でもなかった。

そこだけは確認しておきたいが、だからこそ日本以外の帝国主義列強は他国を侵略し植民地にしたことを謝罪もしなければ賠償金も支払わないのだろう。

その中で唯一、朝鮮半島に持ちこんだ資産をすべて無償で放棄し、韓国に謝罪と”賠償”をした日本は特筆に価する。

ところが仙石官房長官に代表される左翼日本人が、「世界で謝罪が足りていないのは日本だけ」と主張するのは滑稽としか言いようがない。 

 韓国側は官民をあげて日韓併合に至るまでに締結された諸条約を「締結を強制された悪の条約であり非合法。よって初めから無効」と主張、日本政府にも同意するよう要求している。

しかし道徳的な善悪と合法か非合法か、その条約なり法律が無効であるかどうかはまったく関係がないのであって、かつてアメリカ憲法が奴隷制度を許容していたように道徳的に悪であっても合法というケースはある。

「悪法も法なり、悪条約も条約なり」であって、日韓併合条約がたとえ”悪い条約”であったとしても、その条約を初めから存在しなかったことにすることはできない。

それは歴史の捏造だ。

また強制されたうんぬんも、不本意ながら条約を結ばなければならなかったケースはいくらでもあるのであって、もしそんな暴論が許されるなら、日本が結ばされたサンフランシスコ講和条約だって初めから無効だろう。

アメリカの軍事力によって日本は同条約を嫌々受け入れたのであり、当時の日本だって満州や台湾、フィリピン、インドネシアなど全占領地の継続支配を米英が認める内容の講和条約以外、結びたくなかったはずだ。

韓国側が「日韓併合条約は初めから無効」と主張するのは、日韓併合が日本による軍事侵攻ではなく、韓国首相・李完用が日本側代表と条約を結ぶことによって実現したからだろう。

日韓併合を韓国人自身の手で国際条約にサインすることで認めてしまったことを恥と感じた韓国側は、そうした歴史的事実を初めから無かったことにしたいのだ。

一進会という韓国最大の政治勢力が日韓の統一を主張していたこともある。

しばしば韓国人は「歴史を立て直せ」と言う。

日本人には意味不明な概念だが、要は現在から過去にさかのぼって自分が気に入らない歴史を書き換える、つまり歴史の歪曲・捏造をするということである。

韓国女性は、自分が気に食わないからといって顔面整形する人が大変多いことで有名だが、顔面整形は簡単にできてもいくら気に入らないからといって”歴史の整形”をすることなど不可能である。

韓国人が激怒する「日本人の歴史の歪曲・謝罪の不足」とは、実は「日本人が韓国人が望む形での”歴史の整形”に同意してくれないから頭に来た」という場合がほとんどだ。

韓国側が日本側に「日韓併合条約は初めから無効ということを認めろ」と要求してきても、菅政権は絶対に同意してはいけない。

韓国人が自らの手で日韓併合条約を結んだという事実は決して消えないし、同条約が一定の期間効力を持ち、国際社会も認めていたことは動かぬ事実である。

 万国公法体制下では、国際社会から文明的な一人前の主権国家と認められるには、その国が自らが結んだ条約や国際法を守る意志と能力を持っていなければならなかった。

第二次日韓協約を結んだにもかかわらず、韓国側がそれに反する行為(ハーグ密使事件)を起こしたために日本側はサジを投げ、自分が締結した条約を守る意志も能力もない韓国は独立主権国家としてやっていくだけの能力なしと判断したことも日韓併合の原因の一つとなったようだ。

1965年に過去の賠償問題は完全かつ最終的に解決されたと定めた日韓基本条約に自らの手でサインして締結しておきながら、いつまでも話を蒸し返し、「謝罪が済んでいない、賠償が済んでいない」と主張し続ける韓国。

昔も今も、韓国は自らが結んだ条約や国際法を遵守する意志と能力を持たず、一人前の独立主権国家としての資格を持たない、非文明国のままのようだ。

もっとも21世紀の今では無主の地として韓国が植民地化されるようなことはないが。

 菅政権は、韓国に対する謝罪・賠償談話の発表を止めよ。

仙石長官が希求する、賠償の上積みを認める”政治決断”など絶対に許されない。

もし韓国と菅政権が日韓基本条約を無視するなら、同条約締結以前の日本の韓国に対する請求権が復活するということである。

日本人が合法的に朝鮮半島に持ち込んだ資産は利子をつけてきっちり返してもらわなければならないし、1952年に韓国政府が不法にも”李承晩ライン”を設定して日本人漁民44人を射殺・4000人弱を強制連行、日本の漁船328隻を没収したことについて、韓国大統領の謝罪と賠償を求める運動を起こさなければならなくなる。

仙石官房長官と菅首相こそ、歴史を直視せよ。



   現在が過去を裁こうとすれば、現在は未来に裁きで負けることになろう。

                    ウィンストン・チャーチル












↑民主党政権は早く退陣しろと思う方はポチッとしてください↓
人気blogランキング

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

怒り心頭ですね!

おはようございます。 donnatです。

日韓併合100年を記念して首相見解を述べるのは問題ではありませんが、内容が不安としかいいようがありません。

クロフネさんも書かれている通り、日韓併合が朝鮮王朝の自爆行為によってせざる得なくなったことを内外に広く語るのはいいことです。首相見解として大いに語ってもらいたいものです。

仮に個人賠償の話に遷るとしても、
日韓基本条約で
3億ドル 無償金(1965年)(当時1ドル=約360円)
2億ドル 円有償金(1965年)
3億ドル以上 民間借款(1965年)
合計8億ドル以上
(当時の韓国の国家予算は3.5億ドル、日本の外貨準備額は18億ドル程度)
今の金額に換算して、70兆円以上のお金をすでに韓国に支払っていることを強調して頂きたい。

否、このことを強く韓国の国民に知らしめて貰いたい。
韓国国民もネット時代に突入しているので、ハングル語と英字の字幕を付けて、首相見解を述べて貰いたい。

これでも韓国側が蒸し返すようなら、厚顔無恥の醜態を世界にさらすのは韓国になるというものである。
逆に、謝罪するようならば、無能無知の中傷を日本が受けることになる。

という訳で、首相見解そのものは賛成なのです。上のことを明記して頂ければなのですが!

  • 投稿者: donnat
  • 2010/08/07(土) 08:48:25
  • [編集]

こんばんは、donnatさん

>今の金額に換算して、70兆円以上のお金をすでに韓国に支払っていることを強調して頂きたい。

韓国側が「日本は1度も謝罪も賠償もしていない」と大騒ぎしていたのですから、日本の首相なり外相なりがもっと早くこのことを韓国を含む国際社会に公表すべきでした。

また日本が朝鮮半島に莫大な資産を置いてきており、日韓基本条約をひっくり返すなら、韓国に対する請求権が復活することも言明すべきです。

そういうことをちゃんとやらないから抑止力が働かず、韓国にいつまでもいつまでもグダグダと過去の話を蒸し返されるわけです。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/08/08(日) 00:23:05
  • [編集]

もう辟易です

我が国に巣食う、リベラルや人権派、日本人を自称する守銭奴の屁理屈は本当に辟易です。
もしも朝鮮に金を送りたいのなら自分が半島に渡って土下座してから私財をすべて寄付するべきでしょう。
それからなら話を聞いても良いです。
但し聞くだけですけどねwww

  • 投稿者: 火天大有
  • 2010/08/08(日) 22:51:22
  • [編集]

明日、閣議決定!!!

こんばんは、donnatです。

明日、総理談話がでるそうです。
周りがどれほど騒いでも、話すのは菅総理です。
一度出された言葉は取り消せない。
不安です。
どんな謝罪がなされるのか???

  • 投稿者: donnat
  • 2010/08/09(月) 19:06:45
  • [編集]

火天大有さん

>もしも朝鮮に金を送りたいのなら自分が半島に渡って土下座してから私財をすべて寄付するべきでしょう。

おっしゃる通り。薄っぺらな自己満足のために他の国民を巻きこむなと言いたいです。


donnatさん

「日韓基本条約は有効。賠償問題はすべて解決済み」と答弁した菅政権ですが、完全に国民を裏切りましたね。万死に値すると思います。

  • 投稿者: クロフネ@管理人
  • 2010/08/11(水) 00:40:28
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。