初めていらっしゃった方へ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回 統一という名の宴のあと

  • 2005/05/02(月) 23:56:53

 前回では、南北朝鮮が統一した場合に考えられるシナリオを3つほど、想定してみた。

しかしながら、混迷を深める現在の朝鮮半島情勢から、どのシナリオが現実のものとなるのかは、筆者には予測がつかない。

ただ、どのようなシナリオで南北朝鮮の統一が実現しても、日本としてどういった外交を取るべきかは、考えておかねばならない。

 まず南北朝鮮の統一に際して、最大の問題となってくるのが、統一の費用負担をどうするかという問題だ。

韓国の国民の間では「南北統一によって、日本に匹敵する強国が出現する。だから日本は統一を妨害しているのだ」といった話が根強く信じられているが、笑い話にもならない。

現在の経済の状態のままで北朝鮮と南北統一となった場合、1960年代からほとんど改善していないとみられる、粗悪・貧弱な社会インフラの交換・整備、資本主義社会を全く経験していない全国民の再教育、失業者予備軍ともいえる110万朝鮮人民軍将兵や国営企業労働者の再雇用問題、紙くずに等しい北朝鮮ウオンの韓国ウオンへの交換などなど、統一のための費用にいくらかかるか見当もつかないのが現状だ。

「強国の出現」など現在の状況では夢にも思われない。 もし統一となった場合、その費用を一体誰が負担するのかが最大の焦点となろう。

 次に、統一朝鮮がどういった外交政策を持つ国になるのかという問題が焦点となる。

もし南北統一となれば、現在の韓国・北朝鮮の外交方針が、その後も継続されるという保証はどこにも無い。

場合によっては米軍の完全撤退も含めて、それまでの外交方針が完全にリセットされて、まったく新しい外交政策を取る事もありうる。

 そして最後に、もし北朝鮮が核兵器を本当に保有していたとして、統一後その核兵器はどうなるのかといった問題だ。

日本では「核兵器は持つべきでない」という強い国民的ムードがあるために、往々にしてすべての外国もそう考えているに違いないと思いがちだが、核兵器の保有や核実験の成功を国民的偉業・強大国の証しととらえ、わざわざ教科書に載せて国民に教育している国(たとえば中国)が厳然と存在しているのが世界の現実である。

80年代に韓国政府が核兵器開発をしていた事実が、最近国際社会の明るみに出たのは記憶に新しいところだし、韓国国民の間にも「統一したら北朝鮮の核は我々のもの」と考える人がいるように、統一後の北の核兵器の行く末は不透明である。

 日本にとって、”統一朝鮮最悪のシナリオ”は、「日本がほとんどの南北統一のための費用を負担しながら、国民には一切知らされないために感謝もされず、『統一は朝鮮民族の偉大な力によって成し遂げられた』という誤った朝鮮民族史観が定着してしまう」ことだ。

(実際、戦後日本の韓国への経済援助は韓国国民にまったく知らされず、”漢江の奇跡”も韓国政府五ヵ年計画の成果と歴史教科書で教育されている。)

そして「統一によって刺激され昂揚した偏狭な朝鮮民族ナショナリズムである”朝鮮民族原理主義”と、統一による経済不振で高まった国民の不満がないまぜになって、”大朝鮮主義”へと発展し、彼らの主張する”失われた朝鮮”(高句麗・渤海の旧領であるロシア沿海州から中国東北地方、あるいは対馬まで)を回収せよという一大運動となり、北朝鮮から引き継いだ核兵器で周辺国を威嚇するようになる」と東アジアは最悪の情勢をむかえる。

(武大偉中国外交部副部長が、中国東北地方の朝鮮族自治区、いわゆる”間島”の領有権を、南北統一後もいっさい主張しないよう韓国政府に要請したところ、韓国高官が拒否したのには、筆者は驚かされた。

韓国政府は中国東北地方の回収をあきらめていないという公式宣言に等しいからである)

 しばしば、韓国の政治家が「南北統一の時に、日本が多額の経済援助をする事によって歴史に名を残す事ができる」などといった発言をするが、このような発言に日本人が無邪気に踊らされてはいけないのは、ちょっと想像力を働かせればすぐにわかる事であろう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する


・いつもコメント&TBありがとうございます。

アダルト系ブログからの、サイトポリシーに違反したコメント・TBが後を断たないため、受信したコメント・TBを管理人が審査することにしました。

サイトポリシーに違反したものについては予告無く破棄します。

また問題の無いコメント・TBを頂いても表示されるまで少し時間がかかります。 悪しからず御諒承ください。

「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると、管理人だけが読める非公開コメントになります。 非公開コメントを下さる方のプライバシーを尊重し、あえてお返事をしておりませんが、「公開コメントでも良いのでレスが欲しい」という方は、非公開コメントにその旨をお書き添えください。
                

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。